催事

【餃子フェス2019 OSAKA】大阪で使える電子マネーの種類とiD登録方法!

2019年のゴールデンウィークは、4/27〜5/6と長い人だと10連休にもなるようですね。連休に合わせてイベントや旅行に出かける人も多いのではないでしょうか?

全国各地で連休に合わせたイベントや催し物が開催されていますね。B級グルメフェスや肉フェスなど、フード系のフェスも人気のイベントとなっています。

全国各地の名店が一堂に会する食のイベントって、普段食べられない美味しいものを食べるのが楽しいし、どんなお店があるのかを見て回るだけでもワクワクしますよね!

楽しい反面、人が多いイベントほど行列に並ばなくてはならなかったり、支払いのシステムが不便だったりという不満を多く見かけることもあります。

最近では、電子マネー決済を使ってスムーズに支払いができるイベントが増えてきているようです。

そこで今回は、東京、大阪、広島で開催される餃子フェスの電子マネーについてまとめてみました。

餃子フェス OSAKA 2019 支払い方法

餃子フェスOSAKA2019のような、フード系のイベントだとどうしても手間なのが支払いですよね。

フード系イベントの多くでは、食券チケット制などで各お店で現金のやり取りをしなくて良いように効率化を図っているものが多いですよね。

しかし、利用する側としては食券チケット制はちょっと面倒ですよね。

  • 食券チケットを購入するのに一度並ぶことがある
  • 食券チケットの金額を使いきれない&中途半端な額のチケットが余る
  • 食券チケットが足りなくて、購入しに行かないといけない

などなど、フード系のイベントに行かれたことがある方なら一度は経験があるのではないでしょうか?

餃子フェスOSAKA2019でも食券チケットがあります。
食券と合わせて支払いの方法は全部で2パターンです。

  • 食券チケット(600円/枚)
  • 電子マネー(iD)

1枚600円のチケットなので、自分が使う額だけ購入しなくてはなりません。しかし、食券チケットを買ったはいいものの、食券チケットが余った or 食券チケットが足りない。ということもあり得ますよね。

 

それを避けるためには、電子マネーでの支払いが便利です。

すでに、スマートフォンでiDが使える状態であれば食券を購入することなく直接支払いができるので、食券チケットが無駄になることも足りなくなる心配もありません。

餃子フェスOSAKA2019 ファストレーン・ファストチケットとは?

餃子フェスOSAKA2019では、食券チケットと共に1枚500円でファストチケットも販売しています。

ファストチケットとは、USJやディズニーランドなどでもおなじみのファストパスのようなものですね。

各店舗毎に、人気店では行列ができます。それに並ぶことなく、一般の行列の横に設置されたファストレーンで優先的に購入ができるチケットです。

しかし、1店舗で購入するのに500円のチケットが1枚必要なのです。

餃子フェスOSAKA2019 ではiDでの支払いがオススメ!

お手持ちのSuicaやPASMOなどの交通系電子マネーとnanaco、楽天Edy、WAONなどの流通系電子マネーが利用できます。
電子マネーのチャージを済ませてご来場いただくと、食券専用窓口に並ぶことなく
スムーズにお目当てのメニューをご購入いただけます。

餃子フェスOSAKA2019では、「iD」の電子マネーで支払いが一番おすすめです。

 

なぜか?

それは、iDで支払いをする人はファストレーンが無料で利用可能なのです!

iDが共催で入ってますからねw

iDで支払いをすれば、その手数料がiDに入るのでiDユーザーを差別化してくれているのでしょう。

現金餃子ブースで使用不可
食券600円/枚で購入。ファストレーンが使えるファストチケットは500円/回。
iD
各店舗で決済可能。食券不要。ファストチケット500円/回不要。

 

むしろ、iDを使わせるためにファストチケット・ファストレーンを作ったようにも感じられますねw

餃子フェスOSAKA2019でiDを使う方法・登録方法は?

餃子フェスOSAKA2019に行こうと思われている方は、支払い方法で悩まれると思います。

しかし、クレジットカードを持っている人iPhoneを持っていてApple Payが使える方は、iDでの支払いが一番おすすめです。

iD対応のクレジットカード

  • イオン銀行
  • NTTドコモ(dカード)
  • オリエントコーポレーション
  • クレディセゾン
  • JFRカード
  • セディナ
  • ソフトバンクカード
  • 大和ハウスファイナンシャル
  • ペルソナSTACIAカード
  • ポケットカード
  • 三井住友カード
  • UCカード
  • ゆうちょ銀行
  • ライフカード
  • VJAグループ

iDでの支払いをするには、iD対応のクレジットカードを持っている必要があります。

しかし、クレジットカードを持っているだけでは使用することはできません。iDでの支払いを使えるようにするには、下記の3パターンでの登録が必要です。

  • iphoneのApple Payで使う
  • AndroidのiDアプリで使う
  • iD対応のクレジットカードを使う

それぞれについてまとめますね。

iPhoneで iDを使えるようにする

Applepay対応のカードは上記となります。

Apple Payの登録方法に従って、クレジットカードを登録しクレジットカードの表示にiDと表示されていれば問題ありません!

AndroidのスマートフォンでiDを使えるようにする

アンドロイドでiDが使用可能なクレジットカードは上記です。

iDアプリ、もしくはおサイフケータイアプリでクレジットカードを登録すればOKです!

  • ※その他カード発行会社についてはiD公式サイトをご確認ください。
  • ※iDを利用できる端末はこちらでチェック!

iD対応のクレジットカードで支払う

お手持ちのクレジットカードにiDのマークがついていれば、スマホを使用することなく電子決済が可能です!

フードフェスでの過去の行列


お店や時間帯によっては、行列がないこともあるようですね。しかし、人気店は行列が絶えないこともあるようで、お目当のお店が混んでいるかどうかで変わってきそうですね。

まだiDを使用することでファストレーンを使えるということを知らない人も多いようなので、行列に並ぶ人たちからは羨望の眼差しで見られるかもしれませんね。

2019年のゴールデンウィーク前半の天気は、残念ながらあまり好天ではなさそうです。そのため、晴天の時に比べると並ぶのはしんどくはないかもしれませんね。

餃子フェスOSAKA2019で使える電子マネーの種類と登録方法!まとめ

餃子フェスOSAKA2019に行かれる予定の方で、クレジットカードをお持ちの方やiD対応のクレジットカードをすでに持っている方は、肉フェス2019の支払いはiDで支払いをするのがおすすめです。

  • ファストレーンが無料で何度も使える
  • 食券チケットを並んで購入する必要がない
  • クレジットカードのポイントがつく

普段クレジットカードを使わない方も、餃子フェスOSAKA2019に限って使っても十分に元は取れるのではないでしょうか?

現時点でiD対応のクレジットカードを持ってない人は、餃子フェスOSAKA2019までにiD対応のカードを契約して手に入れるのは難しいかもしれませんね。。。。

iDのクレジットカードを持っている人と一緒に行くという選択も手段の一つかもしれません。

読んで頂きありがとうございました!

【餃子フェス2019 TOKYO】東京で使える電子マネーの種類とiD登録方法!2019年のゴールデンウィークは、4/27〜5/6と長い人だと10連休にもなるようですね。連休に合わせてイベントや旅行に出かける人も多い...
【2019肉フェス】東京お台場ライブのステージタイムテーブル&出演者まとめゴールデンウィーク中に出かける場所はもうお決まりでしょうか? 国内旅行に行かれる方、海外旅行へ出かけられる方、特に遠出はせずにゆっ...
【2019肉フェス】大阪長居公園ライブのステージタイムテーブル&出演者まとめゴールデンウィーク中に出かける場所はもうお決まりでしょうか? 国内旅行に行かれる方、海外旅行へ出かけられる方、特に遠出はせずにゆっ...
RELATED POST