芸能

【嵐・会見】無責任・大野智は悪者に?質問した記者にメンバー、ファンが怒り

2019年1月28日にジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「嵐」が活動休止を発表しました。

同日、午後20時より会見を開きメンバーの口から詳細が語られました。

会見の中の質疑応答で「無責任ではないか?という声も」

会見中の記者からの質問の中で、「無責任ではないか、という意見もあるのでは?」という質問あった。

櫻井翔さんは断固たる決意の表情で、

「およそ2年近くをかけて感謝の気持ちを伝えていく期間を設定したのは我々の誠意です。」

「それが届くように沢山のパフォーマンスを見てもらい、姿勢と行動をもって無責任かどうか判断して頂きたい」

と活動休止までの2年間の活動で伝えていきたいとした

会見の中の質疑応答で「無責任ではないか?という声も」

続いて、2020年で一旦芸能活動を休止する大野智リーダーについて、悪者になる可能性があるのでは?と言う質問が投げかけられ、メンバーの二宮和也さんが強めの口調で答えた。

「僕はなかったです」

「“リーダーのせいでこうなった”とは同じくらいゼロに感じてます」

「もちろん人間なので絶対はないですし、無限ではないですし、あるほうが気持ち悪いと思いますが、どこかでポイントは置かなきゃいけないけど、僕はありがたいことに楽しく活動させて頂いていたので、(休止したい気持ちは)ないです」

「1人がやりたくないときは『何故か?』と徹底的に話し合って皆で共有して決断するのでリーダーが矢面に立って悪者に見えているのであればそれは我々の力不足です

と、リーダーである大野智さんを思う強い気持ちで答えたようにも見えました。

記者会見の質疑応答での「無責任」「悪者」質問を見てSNSの反応

 

【嵐・会見】無責任・大野智は悪者に?質問した記者にメンバー、ファンが怒りまとめ


この会見で、メンバー5人がしっかりと話し合いを重ねて来たことやファンやスタッフたちに対する誠実な対応をしようと言う姿勢が感じられましたね。

記者からの質問に対する回答で、メンバー同士の絆を表してくれたような気がします。

多くのファンも今回の活動休止の報告に対して、悲しみながらも5人の決断を暖かく受け止める意見が多いようです。

また、日テレの青木源太アナのツイートのように無責任やリーダーが悪者扱いとなると言うのは、見当違いだと質問をした記者に対しても厳しい意見が多く見られましたね。

 

RELATED POST