スポーツ

イラン20番アズムンラフプレー動画!大迫・柴崎・室屋に暴行し試合後謝罪

2019年1月28日に行われた、アジアカップの準決勝日本対イラン。

アジア最強を決めるこのアジアカップで、事実上の決勝戦と言われていたイラン対日本でしたが結果は3-0で日本が勝ち決勝へと駒を進めました。

しかし、試合内容とともに終了間際の乱闘騒ぎのきっかけとなったイランのFWアズムン選手のラフプレーが話題となっています。

以前からラフプレーが多いことで有名なサルダル・アズムン選手ですが、エースストライカーとしてこの試合では無得点だったためフラストレーションが溜まっていたようです。

日本人選手の室屋成選手の耳を引っ掻き、大迫勇也選手の足を踏み、柴崎岳選手に平手打ちをしたというのです。

試合の流れとともに、

  • 室屋成選手の耳を引っ掻いたシーン
  • 大迫勇也選手の足を踏みつけたシーン
  • 柴崎岳選手に平手打ちをしたシーン

それらのファウルシーンの動画をまとめてみました。

アズムン選手ラフプレー動画まとめ!

試合の流れとしては、前半はお互いにチャンスを作るものの得点シーンは生まれませんでした。

イランのメッシとも言われており、エースのサルダル・アズムン選手は日本のディフェンダー吉田麻也選手と冨安健洋選手にことごとく封じられ無得点でした。

後半になり、日本が大迫選手の2得点、原口選手が駄目押しの得点を取り勝利をたぐり寄せた後からイランのラフプレーは多くなっていきました。

アズムン選手が室屋成選手の耳を引っ掻いたシーン

プレーのもつれで共に倒れた後、先に起き上がったアズムン選手がまだ倒れている室屋成選手の顔を叩くように耳のところを引っ掻いています。

意図的に全く、プレーに必要ないラフプレーですよね。

アズムン選手が大迫勇也選手の足を踏みつけたシーン

3点目を取られた直後、センターサークル下(手前)で大迫勇也選手の足を踏みつけるシーンが確認できます。

ボールも一切関係ないシーンでこのようなファウルをするなんて、ただの子供ですよね。

思わず、不良中学生サッカー部かよ!?と突っ込みをしたくなりました。

アズムン選手が柴崎岳選手に平手打ちをしたシーン

引用:https://www.football-zone.net/archives/166485/2

 

かなりイライラしてる様子ですね。しかし、このように手を出してはダメですよね。

解説の中山さんもサッカーをやっていないと批判していました。

アズムン選手が自身のインスタグラムで謝罪

試合終了後、イランのアズムン選手はさすがにヤバイと思ったのか自身のインスタグラムで謝罪を表明しました。

 アズムンは試合終了から約2時間後、自身の公式インスタグラムを更新。イラン代表を応援してくれる人々に感謝を述べつつ、「本当に恥ずかしいし、申し訳ない」と謝罪の言葉を綴った。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00166521-soccermzw-socc

アジアカップという大舞台、エースとしての責任感から結果を出せていないフラストレーションがこのようなプレーになってしまうのは非常に残念です。

イラン20番アズムンは過去にも清武にラフプレー

過去の日本との親善試合でもラフプレーをしており、話題になっていました。


この試合では、清武選手に後ろからタックルを仕掛けており、その後も突っかかってますね。
そもそもの素行が悪い選手のようです。

イラン20番アズムンをイラン母国メディア「醜くて非道な行動」と批判

流石のラフプレーの連続と証拠写真があるので、母国でも批判は出ているようですね。

アズムンラフプレー動画!大迫を蹴り柴崎に平手打ち、室屋を引っ掻くまとめ

いくら負けていて悔しくても、このようなプレーはスポーツマンシップに反しますよね。

このようなラフプレーはプロのスポーツ選手としてもふさわしくなく、プレーが上手でも素直に応援できませんね。

AFCにもこのラフプレーの数々に批判の声が上がっているようなので、後ほど罰金などの処分が下される可能性もありますね。

日本の南野選手も予選でのイエローカードに罰金が下されています。

これだけしっかりと動画で証拠が残っているので、何かしらかの処分は必要だと思います。

イランは長年アジアで無敗であったため、よっぽど悔しかったんでしょうがこれを糧にまたアジアの強豪として、日本のいいライバルとして堂々とフェアプレーで再戦したいですね。

RELATED POST