ニュース

美ST炎上で謝罪!編集長久保田(桐野)安子顔画像&イエベとブルベ批判で理由と掲載内容

女性誌である美ST「美ストーリー」5月号のイエベ、ブルベ相互の批判した掲載内容が酷いと炎上しています。さらに、その炎上を受けて編集部が謝罪をしました。

 

そこで、雑誌「美ST」に掲載されたイエベとブルベとは一体なんなのでしょうか?

雑誌「美ST」に掲載されたイエベとブルベがなぜ炎上したのでしょうか?その掲載内容と理由は?

雑誌「美ST」に掲載されたイエベとブルベの掲載内容について、SNSの反応や読者の声

雑誌「美ST」に掲載OKした編集長久保田(桐野)安子さんと顔画像など

についてまとめてみました。

 

美ST炎上で謝罪!イエベとブルベとは?

イエベブルベとは、イエローベースブルーベースの略称ですね。

美容業界の用語で、女性の肌を色味や状態で分けてメイクの色味などを自分の肌に合ったものにしましょうということを推奨しているものです。

美ST炎上で謝罪!イエベとブルベの掲載内容

ブルベさんってこんな人

  • 色素薄い系の白い肌
  • 口癖は「日に当たると赤くなっちゃうんです」
  • ピンク、ラベンダーなど青みのある色や真っ白真っ黒も似合う
  • ファンデはなるべく明るい色を選んでもらいたい
  • ピンク好き、可愛い系かキレイ系
  • 女らしいとか若いね、は嬉しい
  • ファンデどこの?メーク褒められると嬉しい
  • 美容好き

イエベさんってこんな人

  • 好きな言葉はハンサム、ヘルシー、オーガニック
  • 男の子ママ多し
  • アースカラー、オレンジやベージュ系の服が似合う
  • 赤リップが苦手。茶系の赤リップはハマる
  • 社交的で明るい
  • 口癖は「私地黒だから」。陽に当たると黒くなる
  • 頑張ってる、イタいと思われるのが何より嫌

美ST炎上で謝罪!イエベとブルベの掲載炎上で謝罪

早々に謝罪を発表しましたが、紙媒体で出版後にこれだけ叩かれて炎上するのも珍しいですよね。

美ST炎上で謝罪!イエベとブルベの炎上理由

あまりに決めが偏っていて、対立関係を煽っている記事内容に批判が集中しています。さらに、イエベとブルベの認識の違いや、パーソナルカラーのプロから間違いなども指摘されていますね。

この記事の担当者は、プロの監修などを受けていなかったのでしょうか?

美ST炎上で謝罪!編集長久保田(桐野)安子 顔画像

雑誌「美STORY」は光文社の女性誌ですが、昨年末2018年の11月1日から編集長が変わったばかりのようですね。

光文社「美ST」編集長交代 井上編集長は「ヴェリィ」編集部担当部長に

そして、変更後に編集長となったのが副編集長であった久保田(桐野)安子さんが昇格されました。

引用:https://www.oricon.co.jp/photo/4522/203294/

美STORY編集長 久保田(安子)さん 46歳(2019年時点)

美ST炎上で謝罪!イエベとブルベ掲載内容について読者の反応

この記事の担当者、編集長に対する信頼がゆるいでいるような気もしますね。

本来、情報発信をしなくてはいけない雑誌編集者が、読者に素人扱いされています。。。

美ST炎上で謝罪!マッキー白髪にいい記事で炎上、謝罪も


過去には、白髪隠しにマッキーを使うという特集を組んで炎上しています。

そもそも、マッキーは文房具であり頭髪に使用するものではありません。この掲載時にも、マッキー製造会社であるゼブラに許諾や確認などもとっておらず、マッキー側は髪に使用するものではないと使用を止めるように発表しています。

美ストは何かと問題が多いようですね。

雑誌なので、ある程度話題性は必要ですがこのような形で炎上してしまってはいけませんよね。

美ST炎上で謝罪!イエベとブルベ批判で理由と掲載内容は?マッキー事件の再現まとめ

美スト5月号では、イエベとブルベの解釈間違いや対立構造を作り出していることで読者から反感を買っており炎上しています。

早々に謝罪文の発表はしていますが、あまりに理解していない内容に素人扱いされています。編集長はこの内容に問題がないと判断したということですよね。

読者からの支持を回復するには、今後の記事次第でしょうね。

読んで頂きありがとうございました!

 

RELATED POST