CM

ベッキーのゲッツが不快!バンドルカードCMの評判で打ち切り?結婚後も好感度上がらず

不倫騒動以前は好感度が抜群に高いタレントとして活躍していたベッキーさん。不倫騒動以来、お茶の間からの好感度は下がったままのようですね。

バンドルカードのCMに出演されているベッキーさんに対し、世間からは厳しい声が多く挙がっています。

バンドルカードCMにベッキーが出演

■ツイッター再開も自嘲的なつぶやきを連発

タレントのベッキー(35)が事務所の先輩であるダンディ坂野に扮した決済サービスの新CMが話題だ。黄色いスーツに身を包み、「ゲッツ!」「お久しブリーフ」と捨て身のモノマネ芸を披露しているのだ。

 そんなベッキーだが、最近は自虐的なつぶやきも多い。5月20日のツイッターでは、ラーメン屋に並んでいる際、自身の曲が流れたことに「恥ずかしい」とツイート。「どうしよう。今ラーメン屋さんで並んで待ってるんですけど、有線で自分の曲かかってる。恥ずかしい」とつぶやいたベッキーだが、流れていた楽曲は「手紙」というマニアックなアルバム曲で、「何が恥ずかしいって、誰もベッキーの曲ってわかってないことが恥ずかしい。私の恥ずかしさが無駄なことが恥ずかしい」とつぶやいた。

ある意味、「自分の曲なんて誰も知らない」という自虐ともとれるツイート。ベッキーの自虐ネタといえば、一昨年の大晦日に放送された「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」(日本テレビ系)で不倫騒動の禊としてタイキックを受けたりと、3年前の“ゲス不倫”にまつわるネタが代表的だが、最近は不倫以外のことでも自虐交じりの発言が多いのだ。

不倫騒動以降、更新を止めていたツイッターを昨年の10月に再開させたが、直後から自虐的なつぶやきが目立っている。昨年のハロウィン当日の10月31日には、「誰にも誘われず 仮装することもなく ただただ鶏肉を焼くというハロインナイトになりそう」と、悲哀漂うツイート。さらに、2月5日には、「もうだめ。二次会行くげんきなんてもうない。34歳。お酒飲んでても飲んでなくても一次会でもう帰宅希望。そんな年齢ゾーン」と、年を重ねたことによる衰えを吐露。5月4日のツイッターでは、レストランの長い行列に並ぶも、先頭に到達した時、サイフを忘れたことに気付いて帰宅したことを明かし、「自分のポンコツさにガッカリ」と嘆いていた。

最近ではテレビ番組への出演も増えてきたベッキーだが、不倫騒動前の自分について自虐的に語ることもある。

「スタジオに入る時はお辞儀をする」「黒い服は着ない」など、過去自分に課していた「ベッキールール」について聞かれた際は、「いっぱいあったんですけど全部取っ払った。そういうのあるからダメ」と明かし、「初代ベッキーのいけないところ」と、過去の自分を自虐的に表現(「行列のできる法律相談所」2月10日放送)。以前はピンマイクに付ける風防が黒だった場合、自分で持ってきた好みの色の風防に替えていたというが、そうした過去の行動に対し、共演者から「触れづらかった」「ヤベェと思ってたよ」と突っ込まれると、「初代ベッキーってそういうところありましたよね」と、同じく自虐的に振り返っていた(「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」4月19日放送)。

■自虐ネタを突破口に起死回生を狙っている

今年2月に読売巨人軍の片岡治大コーチとの電撃婚を発表したが、若かった自分を冷静に評価している姿を見ると、結婚を機にベッキーに心境の変化があったということなのか。。しかし、一方で「不倫自虐ネタは、未だ視聴者からの反発を招くことも多い」と話すのはテレビ情報誌の編集者だ。

「4月に出演したバラエティ番組で、宮迫博之さんと一緒だったところを週刊誌に撮られそうになったと告白していました。これにMCから『面白い』とイジられると、ベッキーは『面白くないよ』『人生変わるんだから』と、不倫騒動を匂わすリアクションで笑いを誘っていました。そんなベッキーの不倫自虐ネタは面白いのですが、ネット上では『ネタにしてるのが許せない』『笑い話にできない』など、辛辣な意見も多いんです。また、自虐ネタは好感度アップに繋がることがある一方、重過ぎると周囲に気を遣わせ微妙な空気になります。ですから、今後は不倫以外の軽い自虐ネタも明るく言えるようになれば、次第にアンチは減っていくと思いますよ」

TVウオッチャーの中村裕一氏は、そんな彼女の今の状況をこう分析する。

「身から出た錆とはいえ、相変わらずの世間の風当たりの強さには思わず同情したくなるほどです。今はやることなすことすべて裏目に出てしまっているので、この負のループから抜け出すことはまだまだ難しいかもしれません。ただ、彼女に限らず、一度失敗した人にチャンスを与えることには大いに賛成ですので、その突破口になりそうなのが自虐ネタと言えます。自らを貶める場合、周りがひかずに笑える絶妙なさじ加減が求められますが、長らくバラエティの第一線で活躍してきた彼女なら大丈夫でしょう。めげずに、やけにならずコツコツ露出を続けていれば、いつか起死回生の一手が飛び出すかもしれません」

周りを傷つけることなく笑いを取れる自虐ネタ。上手く使えば、バラエティ番組の出演機会もより増えるかもしれない。(丸山ひろし)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00000013-sasahi-ent&p=2

テレビコマーシャルはイメージが大切なので、バンドルカードとしては思い切った起用となりましたね。

ベッキーさんはまだ不倫のイメージがあり、世間からは厳しい声も多いです。

むしろ、好感度が高かったからこそ、不倫という行為が世間の主婦や家族持ちの層には反感を買ったのもあるでしょう。

ベッキーのゲッツが不快!バンドルカードCMの評判

もうテレビ出てくんなって 反感かうから。 結婚して幸せになったんだから静かにくらせよ、子ども生まれて幸せアピールなんかしたらまた叩かれるぞ。

まず、不倫してから復帰が早すぎたのだと思う。何年か経って「あ、そういえば…」くらいの時に出てきた方がよかった。それを「自分は新婚で幸せ〜」って感じでバラエティに出て、さらにはこんな痛いCMまでやって、好感度がどんどん下がるだけ。

キモいなぁ! 本当もうテレビ出なくていいから(笑) 不倫女が結婚できたんやから 引退して静かにしてなさい!


ベッキーさんと、元ネタの持ち主であるダンディ坂野さんはサンミュージックで同じ事務所ですね。

そのため、ダンディ坂野さんのネタを思いっきりベッキーさんがやっているのでしょう。

しかし、これに対してSNSや口コミなどではベッキーさんに対する嫌悪感がある人も少なくないようですね。

ダンディ坂野さんの好感度は高そうで、むしろこのCMにもダンディ坂野さんで良かったのでは?という声もありました。

ベッキーのゲッツが不快!バンドルカードCMの評判で打ち切り?結婚後も好感度上がらずまとめ

今回はベッキーさんの出演しているゲッツのバンドルカードCMが不快という声が多いことをまとめました。

2015年に不倫があり、2016年の年始に文春砲がありました。

2人のLINEが流出したり、不倫相手だった川谷絵音さんの奥さんに嘘をついていたりと、その際の対応のまずさが反感を買い、世間からはイメージの悪さがより強くなってしまいました。

2016年5月には中居正広さん司会の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」へ出演するまで103日間の活動自粛。

その後、BSでレギュラー番組に出演して芸能活動を本格的に復帰しました。

この自粛期間の短さと、復帰の早さから不倫のイメージが払拭されておらずにいたのかもしれません。

2019年に元プロ野球選手の片岡治大さんと結婚されましたが、お祝いムードがあったのも一瞬で、以前ほどの好感度は無いように感じます。

今更活動休止や自粛はないと思うので、このまま賛否両論がありながらも活動を続けていくしか無いかもしれませんね。

読んで頂きありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています