ニュース

ドコモ新料金はどこが変わった?格安SIMに変えたほうが良い人、変えない方がいい人比較

NTTdocomoから新料金の発表がありましたね。格安SIMのスマホが増えてきて、料金で言えば大きな違いが出てきた中での新料金プラン。

どこが変わったのでしょうか?

これまでドコモを使用してきた人もこの新料金プランは、お得になったのかが気になるところですよね。

私自身も、現在ドコモを使っていたのですが格安SIMに変更を検討していたので、この機会にドコモの新プランのメリットデメリット、格安SIMに変更した方が良いのか?変えない方が良いのか?について調べてみました。

ドコモの新料金プランが発表

NTTドコモは4月15日、新しい料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」を発表した。従来のプランで提供していた、特定の端末購入と回線契約をセットにした割引である「月々サポート」などの新規受付を終了し、代わりに回線料金を従来から最大4割値下げしたという。6月1日から提供する。

新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」などの月額料金

従来のプランは、「カケホーダイプラン」などの基本プランと通信量を選択するパケットパックなどの組み合わせで料金が変わっていたが、新料金プランではこれらを合わせ1つのパッケージで提供する。

ギガホは月額6980円(税別、2年契約)で30GBまでデータ通信を速度制限なく利用できる。30GB超過後は速度制限がかかるものの、送受信1Mbpsで通信できる。9月30日までに加入した場合、加入から6カ月間月額1000円を割り引く。

ギガライトはデータ利用量に応じて料金が変わる段階制プラン。1GBまでは月額2980円、3GBまで月額3980円、5GBまで月額4980円、7GBまで月額5980円。7GB以上は送受信128kbpsに制限される。

ギガホ、ギガライトとも、家族の利用回線数に応じて回線当たりの料金を割り引く。3回線以上の場合、回線当たり月額1000円が割り引かれる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000063-zdn_n-sci

毎月30GB近く使う人にとっては、ドコモの新プランでも良いのかな?という印象ですが、かなりのデータ通信量ですよね。

会社や自宅にWi-Fiが全くない人などは、こちらのギガホプランも検討の余地がある気がします。

ドコモの新料金プランで何が変わったのか?

ドコモの新プランは、以前に比べてシンプルにはなりました。使用する機種によって多少変わるようですが、今回は手持ちのiPhoneを使用する場合の料金でシミュレーションしてみました。

ギガホプラン

  • 30GBまで使い放題
  • 定額6,980円

ギガライトプラン

  • 1GB以下 2,980円
  • 〜3GB      3,980円
  • 〜5GB      4,980円
  • 〜7GB      5,980円

月額サポートがなくなる

今回の料金変更で、一番大きな点は月額サポートがなくなった点ではないでしょうか。これまでは、スマートフォン本体料金を月額サポートで割引になっていました。

それがなくなるということは、本体はまた別料金で購入しないといけなくなるのでその分は割高になりますね。そうなると、結果的に月額の費用は安くはなっていないようです。

ドコモの新料金プランのシミュレーションは、こちらで試しに計算できます。気になる方はこちらからシミュレーションしてみてくださいね。

 

ちなみに、私個人の現在使用しているドコモの料金の明細は、

  • 基本使用料 カケホーダイプラン(スマホ)2,700円
  • パケット定額料 Xiウルトラデータパック定額料 5,900円
  • ずっとドコモ割プラス -100円
  • spモード使用料 300円
  • ケータイ補償 750円
  • ドコモWi-Fi使用料(spモード)300円
  • 永年キャンペーン割引料(ドコモWi-Fi)-300円
  • ユニバーサルサービス料 2円
  • eビリング割引料 -20円
  • 消費税 770円

税込 10,420円

こう見ると結構高いですね。。。

ドコモの新料金発表でSNSの反応

ドコモの新料金で格安SIMに変えた方がいい人

  • 毎月のデータ使用量が1〜30GBの人で月々の通信費を安く抑えたい人
  • 携帯で電話をそんなに掛けない人

ドコモ最大のメリットは電波範囲の良さでしょう。しかし、格安SIMでもドコモのエリアでの通信は可能です。

ただ、難点は使用する人が増える時間帯の通信速度が制限される可能性があるということです。しかし、現状使用している人の意見を見る限りさほど問題ではなさそうです。

ドコモの新料金で格安SIMに変えない方がいい人

  • 毎月のデータ使用量が30GB以上になる人
  • 毎月のデータ使用量が1GB以下の人(自宅での使用がほとんどで、Wi-Fiでしか使用しない人)
  • 田舎に住んでいたり、出張などで電波の届かないところによく行く人。

ドコモから変えない方がいい人は、ドコモの電波と通信環境を最大限使用している人くらいだと思われます。

ドコモ新料金はどこが変わった?格安SIMに変えたほうが良い人、変えない方がいい人まとめ

使用環境や目的によってどこの会社の携帯が良いかはわかりませんが、今回の料金プラン変更を機会に格安SIMを検討してみても良いのかなと思いました。

私自身はデータ通信量は月に10GBぐらい。電話も受けることが多く、こちらから掛けるとしてもあまり長い時間ではないので、カケホーダイのようなプランは必要ないかなと思っています。

そうなると、マイネオあたりで料金計算すると10GB使えるプランでもドコモよりは2、3,000円は安くすみそうです。

現在ドコモを使用していて、キャリアの変更を検討されている方はぜひ参考にされてみてくださいね。

読んで頂きありがとうございました。

RELATED POST