知らなくていいコト

ドラマ『知らなくていいコト』母親 真壁杏南役 秋吉久美子の経歴&プロフィール

ドラマ『知らなくていいコト』のキャストが続々と発表されています!

主人公である真壁ケイト(吉高由里子)は、自分の父親が某ハリウッドスターであることを知ったことから、大きく人生が変わっていくというストーリーの様です。
そのきっかけとなる、真壁ケイト(吉高由里子)の母親・真壁杏南役を演じる女優に秋吉久美子さんが決定したことが発表されました。

ドラマ『知らなくていいコト』ヒロインの母親の真壁杏南役に秋吉久美子さんが出演

2020年1月8日 よる10時スタートとなる日本テレビ系新水曜ドラマ「知らなくていいコト」。主人公の週刊誌記者・真壁ケイトを演じる吉高由里子に続き、豪華出演者陣が続々と決定!

主人公・ケイトの元カレで動物カメラマン・尾高由一郎を演じるのは柄本佑。運命に翻弄されるケイトに深く影響する人物となる。
「週刊イースト」編集部の連載班に所属するケイトの年下彼氏・野中春樹を演じるのはジャニーズWESTの重岡大毅。ケイトとは交際2年、そろそろプロポーズ?という雰囲気だが…。
映画評論家で字幕翻訳の第一人者、ケイトの母・真壁杏南を演じるのは秋吉久美子。突然、脳梗塞で倒れ、混濁する意識の中、ケイトに驚くべき父親の名前を告げてこの世を去る。
ケイトが所属する「週刊イースト」の編集長・岩谷進を演じるのは佐々木蔵之介。売上部数1位をキープする「週刊イースト」の顔として部下から厚い信頼を得ている。
そして、ドラマの中盤から物語を大きく動かす謎の男を演じるのは小林薫。

ほか、ドラマの舞台「週刊イースト」編集部の部員に、山内圭哉、今井隆文、小林きな子、関水渚、和田聰宏、森田甘路、本多力といった個性豊かなキャストが登場!
詳しくは、番組公式HP(https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/)にて。
〔中略〕
秋吉久美子 コメント
「知らなくていいコト」は、とても良いタイトルですね。ツボにハマりました。
今回、私は、吉高さん演じる主人公ケイトに、知らなくていいコトをドッサリと残して死んでいく杏南という母を演らせてもらいます。
品もよく、馬鹿じゃないのに突飛な事を言う魅力的な役柄です。
今回は暴き出す側の内幕が中心のドラマ。
私自身は女優として普段は人前に晒される立場にありますが、逆の立場から見るドキドキ、ハラハラ、スリリングな展開は楽しみです。
吉高さんは儚さと強さの両面を見せるヒロイン『ケイト』にピッタリ。
アクの強い週刊誌の記者を演ずるわけですが、彼女の透明感はより貴重だと思います。。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/17493960/

秋吉久美子の経歴・プロフィール

名前・本名秋吉久美子
生年月日1954年7月29日
出身地静岡県富士宮市
所属事務所無し
公式サイト・SNS公式HPBlog

秋吉久美子 (あきよしくみこ)さんは生年月日1954年7月29日、出身地は静岡県富士宮市の女優さんです。

現在も凛とした雰囲気の方ですが、若いころは当時求められたアイドル女優像にはまらない言動で注目をされたりもしました。ご本人は当時を振り返って「不器用だったのかな」とお話しされています。プライベートは2回の結婚と離婚、息子さんが事故で亡くなる等波乱万丈な人生のようです。

芸能界入りの最初のきっかけは、高校3年生の受験勉強中に聞いたラジオ放送、吉田拓郎さんの『パックインミュージック』で、吉田さんが音楽を担当した映画『旅の重さ』のヒロイン募集を耳にして親に内緒でオーディションを受けたことでした。

このオーディションでは主役には次点で落選してしまいますが、自殺する文学少女役で映画初出演をされます。

その後一度は再び大学進学に向かうのですが、受験に失敗、予備校通いをする中で観たアングラ劇場、はみだし劇場に感銘を受け、同劇場の劇作家夫人に身柄を預けて上京します。
こうして秋吉久美子さんの本格的な芸能活動がスタートすることとなりました。

かつて道半ばだった大学受験ですが、個別の入学資格審査を経て2007年9月から早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程公共経営学専攻に入学し、2009年には修了、公共経営修士を取得されています。大人になってから、また本業もある中で再び学びの道を選ばれたとは、すごいですね!

趣味は旅行、特技は英会話だそうです。

秋吉久美子の代表作・出演履歴

テレビドラマ

  • 1973年 陽にほえろ! 第53話「ジーパン刑事登場!」
  • 1975年 家庭の秘密
  • 1976年 寺島町奇譚
  • 1976年 結婚するまで
  • 1977年 花神
  • 1977年 あにき
  • 1978年 土曜ドラマ 「松本清張シリーズ・火の記憶」
  • 1979年 オレンジ色の愛たち
  • 1980年 陽気な逃亡
  • 1980年 しあわせ戦争
  • 1981年 加山雄三のブラック・ジャック
  • 1981~1984年 夢千代日記シリーズ
  • 1983年 ミステリー Wの悲劇
  • 1984年 やさしい闘魚たち
  • 1987年 TBS大型時代劇スペシャル「太閤記」
  • 1987年 独眼竜政宗
  • 1987年 女優競演サスペンス「ホテル」「別れの予感」
  • 1987年 年末時代劇スペシャル「田原坂」
  • 1988年 とんぼ
  • 1989年 俺たちの時代
  • 1989年 黒の斜面
  • 1992年 さよならをもう一度
  • 1993年 ホテルドクター
  • 1994年 課長島耕作2 雨の京都慕情編
  • 1995年 終らない夏
  • 1997年 獄門島
  • 1999年 ケイゾク「死者からの電話」
  • 1999年 恋の奇跡「Stage 1」
  • 2000年 シンデレラは眠らない
  • 2000年 刑事
  • 2001年 ムコ殿
  • 2003年 スカイハイ
  • 2005年 電車男
  • 2005年 キソウの女
  • 2006年 戦国自衛隊・関ヶ原の戦い
  • 2006年 のだめカンタービレ
  • 2007年 悪魔が来りて笛を吹く
  • 2007年 有閑倶楽部
  • 2013年 八重の桜
  • 2016年 ドラマ10「愛おしくて」

映画

  • 1972年 旅の重さ
  • 1976年 十六歳の戦争
  • 1974年 赤ちょうちん
  • 1974年 妹
  • 1974年 青葉繁れる
  • 1974年 バージンブルース
  • 1974年 炎の肖像
  • 1975年 昭和枯れすすき
  • 1976年 挽歌
  • 1976年 さらば夏の光よ
  • 1976年 不毛地帯
  • 1976年 あにいもうと
  • 1977年 八甲田山
  • 1977年 姿三四郎
  • 1980年 地球へ…
  • 1981年 の・ようなもの
  • 1981年 冒険者カミカゼ -ADVENTURER KAMIKAZE-
  • 1982年 さらば愛しき大地
  • 1982年 凶弾
  • 1982年 誘拐報道
  • 1982年 ウィークエンド・シャッフル
  • 1982年 制覇
  • 1983年 あいつとララバイ
  • 1984年 地平線
  • 1984年 チーちゃんごめんね
  • 1985年 ひとひらの雪
  • 1987年 夜汽車
  • 1987年 男はつらいよ 寅次郎物語
  • 1988年 異人たちとの夏
  • 1989年 誘惑者
  • 1993年 紅蓮華
  • 1994年 レッスン LESSON
  • 1995年 深い河
  • 2001年 死びとの恋わずらい
  • 2003年 青の炎
  • 2003年 月の砂漠
  • 2004年 透光の樹
  • 2012年 ビターコーヒーライフ
  • 2012年 「わたし」の人生 我が命のタンゴ
  • 2013年 インターミッション

女優として長いキャリアを築いていらっしゃる秋吉久美子さん。本格的な映画デビューは松本俊夫監督の『十六歳の戦争』での主演でした。

1970年代には映画『赤ちょうちん』で世に名前が浸透し、立て続けに主演映画が製作されることになります。これらの作品では『第12回ゴールデンアロー賞』映画新人賞にも輝き、美人で独特の存在感のある女優さんとして注目を集めました。

その他受賞歴には『男はつらいよ 寅次郎物語』の『日刊スポーツ映画大賞』助演女優賞、『異人たちとの夏』の『第62回キネマ旬報賞』『第31回ブルーリボン賞』助演女優賞、『深い河』で『第19回日本アカデミー賞』優秀主演女優賞、『「わたし」の人生 我が命のタンゴ』で『モナコ国際映画祭』主演女優賞等があり、若い時代から現在に至るまでその演技が広く評価をされています。

また、近年はバラエティ番組で活躍されている姿もお見掛けします。

TBSの『プレバト』では俳句査定や料理査定に挑戦され、両方の先生から高評価を受け、その才能を披露していらっしゃいました!ご本人はブログで『プレバトでクタクタ』というタイトルの下、「もう体に悪いかも」でも「良い経験なのかもしれない」、「久しぶりに心細い心地した。と、同時にすごく勉強になった。」とコメントされています。何事にも向上心のある方なのですね!

ドラマ『知らなくていいコト』の番組情報

ドラマ名知らなくていいコト
放送日時2020年1月8日(水)
夜10時スタート
主演吉高由里子
スタッフ脚本:大石 静
プロデューサー:小田 玲奈
久保田 充
大塚 英治
公式サイトドラマ『知らなくていいコト』公式サイト
SNSTwitterInstagram

吉高由里子さん演じる主人公「真壁ケイト」は数多くのスクープを世に送り出す週刊誌『週刊イースト』の女記者です。彼女は自信家ながらも持ち前の人当たりの良さで仕事も恋も万事良好の毎日を送っていました。しかしながら、彼女を女手一つで育てた母親「真壁杏南」(秋吉久美子さん演)が急死したところから事態は一変します。

母親が死の直前に告げたのは、今まで一度も触れられなかった真壁ケイトの父親の名前、しかもそれは誰もが知る「あのハリウッドスター」の名前だったのです!

今まで政治家や芸能人等他人の”知らなくていいコト”を暴いてきた週刊誌記者真壁ケイトが、今度は自分自身についての”知らなくていいコト”にぶち当たり、その運命に翻弄されていくことになります。

脚本は『家売るオンナ』等ヒット作を生み出してきた大石静さん。『知らなくていいコト』はヒューマンドラマでありながら、週刊誌の現場を描くお仕事ドラマでもあるそうです。
ハリウッドスターに週刊誌と物語の展開が読めない本作、タイトルである『知らなくていいコト」が意味する真実もとっても気になります!

ドラマ『知らなくていいコト』相関図・その他キャスト

知らなくていいコト|キャストやあらすじ!2020年1月8日スタート新水曜ドラマ2019年12月になり、今年も早いものでもう終わりですね。 着々と来年の準備が始まっている方も多いかもしれませんが、ドラマも来年の...

知らなくていいコト|真壁杏南役 秋吉久美子さん まとめ

女優として長いキャリアを積まれてきた秋吉久美子さん。今回2020年1月8日(水)夜10時スタートの『知らなくていいコト』では、ヒロインの母親「真壁杏南」役を務めます。

「真壁杏南」は映画評論家であり字幕翻訳の第一人者で、シングルマザーとしてヒロイン・真壁ケイトを育ててきたという役どころです。「真壁杏南」はその急死の直前にケイトの父親の名前を初めて口にするのですが、それが何と誰もが知る”あのハリウッドスター”の名前であったため主人公の運命が急展開していくことになるのです!

「真壁杏南」の仕事柄を考えると、”ハリウッドスター”とお近づきになる機会も無くはなかったかもしれないですが、真相は如何に…?!

秋吉久美子さんご自身は今回の「真壁杏南」という役どころを「品もよく、馬鹿じゃないのに突飛な事を言う魅力的な役柄」と評価されています。

母親がなぜ娘に父親のことを今まで話してこなかったのか、母親が自身の死を悟ったときに”知らなくていいコト”が”知るべきコト”に変わったのか…突飛な発言の真意の中に見えるのはどんな母親の想いなのでしょうか。

吉高由里子さんと秋吉久美子さんが描き出す母娘の関係性も見どころですね!

知らなくていいコト|キャストやあらすじ!2020年1月8日スタート新水曜ドラマ2019年12月になり、今年も早いものでもう終わりですね。 着々と来年の準備が始まっている方も多いかもしれませんが、ドラマも来年の...
2019年秋ドラマ|全話視聴率ランキングまとめ!首位はドクターX注目はグランメゾン東京と同期のサクラ2019年10月スタートのドラマも面白そうな作品が盛り沢山ですね! この記事では、月曜日から日曜日に放送されているドラマの順番で、...
2020年冬ドラマ|1月スタート番組一覧まとめ!月9や高視聴率などおすすめはコレ2020年1月スタートのドラマも面白そうな作品が盛り沢山ですね! この記事では、月曜日から日曜日の順番で民放ゴールデンタイムに放送...
RELATED POST