シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

ドラマ『シロクロ』5話の視聴率とネタバレあらすじ感想や考察!2月9日放送

このページでは、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第5話(2月9日)の視聴率とネタバレあらすじをまとめています。

7

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第5話の視聴率

第5話(2月9日)視聴率:6.7%

※ビデオリサーチ調べ:関東地区

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の第5話(2月9日)は、第4話の7.7%からまた0.1%がってしまいましたね。

ドラマ『シロクロ』1話〜最終回全話視聴率&ネタバレあらすじ感想まとめこのページでは、2020年1月〜3月に放送されるドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の視聴率とネタバレあらすじを第1話〜...

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第5話(2月9日)ネタバレあらすじ

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第5話(2月9日)予告あらすじ

7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口が、護送中に連れ去られた。護送車のドライブレコーダーや現場に居合わせた人が撮影した映像には、ミスパンダと飼育員が護送車を襲撃する様子が映っていた。マスコミは、ミスパンダが浜口を連れ去った可能性が高いと報道。警察は、ミスパンダを追う。
7年前、あるショッピングモールで発生した爆破事件は、多くの死傷者を出す大惨事だった。犯人として浜口が逮捕された。しかし、浜口は死刑確定後に無罪を主張。近々、再審請求が認められる見通しだった。

ミスパンダへの疑惑が深まる中、パンダちゃんねるから動画が配信される。ミスパンダは、拘束された浜口を彼の顔を水槽に浸けて残酷に責め立てる。そして「パンダ国民投票を実施しまーす!」と宣言。48時間以内にインターネットを通じた投票の結果で浜口が“クロ”か“シロ”かを決めるという。もし“クロ”なら、ミスパンダは浜口を殺しかねない。そんな状況で“クロ”への票がどんどん増えていく――。
レン(清野菜名)は、門田(山崎樹範)の診察に行かなくなっていた。門田はレンを訪ね、なぜ病院に来なくなったのかと問い詰める。レンは門田から、10年前の火事の幻覚を見るようになって症状が悪化したのは直輝が原因と言われる。レンは門田に反発し、自分の気持ちを直輝に伝えたいと訴える。

一方、直輝は佐島(佐藤二朗)に、何者かがミスパンダになりすましていると知らせる。浜口を連れ去り、国民投票を募っているミスパンダは、偽者だったのだ。直輝は、偽のミスパンダが浜口を誘拐した手口が、あずさ(白石聖)がコアラ男に誘拐された8年前の事件に似ていると指摘する。
レンは初めて、自分から直輝を呼び出す。「直輝さんのことが…好きです!」レンは勇気を振り絞って、直輝に思いを伝える。レンの告白に、直輝は――? そして、偽ミスパンダと偽飼育員さんの正体は、一体誰なのか?

偽ミスパンダが現れたことを知り「ボコボコにしてやるから!」と張り切るミスパンダ。パンダちゃんねるが配信され、ミスパンダの隙を突いてキリンの面をかぶせられた浜口(谷田部俊)が逃げ出す映像が流れる。それは、直輝が偽ミスパンダと偽飼育員さんをあぶり出すための嘘の映像だった。
神代とあずさは、陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈)にインタビューをする。弟を殺した浜口を許せないと、強い口調で語る陽一と恭子。彼らは、空手の有段者でもあった。神代は直輝に、偽ミスパンダと偽飼育員さんの正体は陽一と恭子かもしれないと伝える。

偽ミスパンダによる配信が始まり、締め切りより早く国民投票の結果を発表すると言い出す。投票の結果は“クロ”が多数。「浜口さんはクロに決定しました!」と宣言する偽ミスパンダ。必死で無実を訴える浜口の姿を映し、配信は途切れる。
配信された映像を手掛かりに、直輝はミスパンダを連れて偽ミスパンダのいる倉庫へ向かった。2人は、偽ミスパンダと偽飼育員さんと対面し、本物VS偽者の戦いに。偽ミスパンダを追っていたミスパンダは、ナイフで刺されて死んでいる浜口を発見する。そこにはすでに警察が来ていた。

逃げようとするミスパンダと直輝の前に、SITを率いる警視庁捜査一課の刑事・三津谷(高橋努)と坂下(江口のりこ)が現れる。ミスパンダと直輝は、大人数を相手に大乱闘を繰り広げる。2人は、やっとの思いでその場を逃れる。「飼育員さん、あたしたち、はめられたの?」とミスパンダ。偽ミスパンダと偽飼育員さんは、直輝たちに居場所を特定するヒントを与えておびき寄せ、浜口殺しの罪をなすりつけようとしたのだった。

ミスパンダは、浜口殺害容疑で指名手配されてしまう。世間では、ミスパンダへのバッシングが高まる。一方、レンとリコを実験材料に論文を発表しようとしていた門田が自宅で惨殺される――!

引用:ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』HPより

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第5話ネタバレあらすじ感想

20代女性
20代女性
レンに優しくしていた神代の裏切りや、直輝には告白したにも関わらずごめんと言われていてどうして辛い思いをしていた彼女を苦しめてしまうのだろうと悲しくなりました。

直輝がレンの顔を思い浮かべたシーンは好きという気持ちがあってな事なのか気になりました。Mr.ノーコンプライアンスはなぜ娘のあずさと直樹を交際させているのかも気になりました。

彼氏ではないと言ったことや、関係を秘密にしているのは何故なのか分かりませんがMr.ノーコンプライアンスの正体を怪しく感じました。指名手配されてしまったレンはどうなってしまうのか気になりますが神代の死は直輝が行ったことなのかも気になりました。

ミスパンダのならすましが爆破事件の兄弟たちだとすれば、警察と繋がっているのかエースと言われている2人でも兄弟の姿を見破れなかったのかと思いました。

復讐のためにやっているとなれば、死刑となったのになぜ自ら殺してしまうのか気になりました。最強とされていたミスパンダが一般人に騙されてしまったのがショックです。

30代女性
30代女性
今回はなんと、偽物のミスパンダが登場します。

七年前に起きた爆弾犯が当時は罪を認めたにもかかわらず、現在再審請求をしています。

そんな爆弾犯が偽物のミスパンダに誘拐されてしまうのです。本物のミスパンダと飼育員さんに成りすました2人組は、この爆弾犯を違法な方法で裁こうとするのでした。

必死にそれを食い止めようとする飼育員さんは、現場へミスパンダとともに乗り込むのですが、間に合わずに爆弾犯は殺されてしまってしました。

ミスパンダと飼育員さんが偽物だとは知らない警察たちは、二人を犯人と決めつけて逮捕しようとしますが、二人はどうすることも出来ずに必死に逃げるのでした。

そして最後にはレンと森島の共通の知り合いである門田先生が殺されてしまうのでした。
今回は門田先生に森島のことを悪く言われたレンが必死に森島をかばうシーンが、恋する乙女という感じで印象的でした。
あと、突然最後に出てくる門田さんの殺されていたシーンがあまりにも突然すぎて驚きました。

40代女性
40代女性
▼あらすじ
森島直輝が飼育員さんだと 神代一樹にバレましたが、森島直輝はコアラ男の正体を探るように神代一樹に頼み、神代一樹はそれを了承します。

過去に爆破事件を起こした死刑囚・浜口が、ミスパンダと飼育員さん風の人物に護送中に連れ去られましたが、彼らは偽物でした。

パンダちゃんねるが偽物パンダたちに乗っ取られ、偽物パンダたちは浜口を水責めにします。

門田明宏は診察に来なくなった川田レンに診察に来るように言いますが、川田レンは受診を拒否しました。川田レンは森島直輝を呼び出して告白しますが、告白の途中で森島直輝にミスパンダになるように催眠をかけられてしまいます。

浜口による爆破事件の遺族のきょうだいが空手の達人でした。

森島直輝は彼らが偽物のミスパンダと飼育員さんではないかと疑います。パンダちゃんねるに新しい動画がアップされ、その動画の音などから、森島直輝は偽パンダたちの居場所を突き止めます。

ミスパンダと飼育員さんがその場所に行くと、偽パンダたちと鉢合わせ、偽物と戦闘になりますが逃げられてしまいます。浜口は刺殺されており、ミスパンダはナイフの柄を握ってしまい、さらにナイフをそのまま持ち去ってしまいます。

その場所には警察が待ち伏せており、ミスパンダと飼育員さんは警察との戦闘の末、ようやく警察から逃げ切りました。ミスパンダと飼育員さんは偽パンダたちにハメられたのでした。

その後、門田明宏は死体(?)となっていました。

森島直輝とMr.ノーコンプライアンスの2ショットが、顔の大きさの違いのせいで、森島直輝がMr.ノーコンプライアンスのはるか後方にいるように見えて面白かったです。

川田レンが森島直輝とカフェで話しているシーンで、ドラマでは珍しいカメラ目線のワンショットがあり、ちょっとドキドキしました。
清野菜名さんと横浜流星さんは、カメラ目線での撮影は恥ずかしくて演じにくかったのではないかと思いました。

川田レンの「好きです」の途中で催眠をかける森島直輝は「ひどい!」とショックを受けました。

Mr.ノーコンプライアンスの運転手は、佐島あずさの兄だったのですね!
似てない家族ですね。
佐島あずさは本当に血がつながってます?

門田明宏はやっぱり嫌な人でした。

本物パンダたちと偽パンダたちの空手の達人同士の戦闘シーンは圧巻でした。
飼育員さんの、ハイキックをよけてのハイキック、かかと落としにシビれました。

ラストで門田明宏が死んでいて(?)衝撃でした。

20代女性
20代女性
今回は、過去に無差別殺人爆破事件を起こした犯人を輸送者から誘拐したニセパンダを成敗しにいくというエピソードでした。

ミスパンダと飼育員さんの偽物が今回の事件を起こしたのですが、精巧にパンダチャンネルも偽装して配信をします。

殺すか殺さないか、国民投票を実施してその結果をまた中継するという悪質な内容です。一方、偽物の暴走を止めるべく本物の飼育員さんとミスパンダが現場に駆けつけますが、警察と鉢合わせをしてしまいます。

恐らく、偽物が2人をはめるためにわざと仕組んだ一連の流れだと思います。実は警察のエースがミスパンダを逮捕するべく本腰を入れて捜査し始めたのですが、上代さんと組んだ直輝は事前に情報交換をしており、爆破事故の被害者兄弟が怪しいことや、捜査一課が動き始めたこと等も知っていました。

ただ今回ばかりは、気づかず嵌められてしまったようです。最後は衝撃的なシーンで、レンの主治医の門田先生が自宅で死んでいました…。

0代女性
0代女性
神代に、森島直輝がミスパンダの飼育員だと気付かれてしまいました。しかし直輝は動じませんでした。

直輝は神代に、ミスパンダの正体よりコアラ男の方がスクープになると言います。警察官だった直輝の父親が、コアラ男を追っているときに殺されたことを話し、コアラ男を捕まえたらミスパンダの正体を教えると言います。

目的のためなら手段を選ばないと決めている直輝。神代は、コアラ男の正体を暴いたら、約束を守ってミスパンダについて教えるよう直輝と約束しました。

ボンドモール東京爆破事件で死刑が確定した死刑囚の浜口公則が、護送中に、ミスパンダらしき人物に連れ去られるという事件が起きました。

浜口は死刑が確定した後に無罪を主張し、被害者家族にも不安が広がっていました。そんな時、インターネットのパンダチャンネルで、ミスパンダと飼育員が、水槽の水に顔を押し付けるというひどいやり方で、浜口に自白させようとします。

そして国民投票で白か黒か決めようと言います。医師の門田が加賀に、レンが直輝に操られたミスパンダだから、直輝に会わせるなと言います。

このままだとレンのなかに眠っているリコが目を覚ますかもしれないと。二人のことを論文に書いているという門田に憤りを感じる加賀はレンのことが気になって仕方がありません。

門田は病院に来なくなっていたレンに、酷いことを言って診察に来るように言います。レンは自分から直輝に会いに行き、自分のことをどう思っているか聞き、好きだと告白します。勇気がありますね。

しかしすかさずシロップの直輝がけが始まり、ミスパンダの登場です。場所を突き止め、二人は偽パンダを退治しに向かいます。偽パンダや、大人数のシットを相手に戦うシーンは迫力あってかっこよかったです。

しかし、偽パンダを追いかけていた先には浜口が死んでいて、血の付いたナイフ持たされてしまった本物のミスパンダは、殺人の容疑で全国に指名手配されてしまいました。

ネットの映像を見ながら「自分が白黒付けられる気分はどうですか」という、ミスターノーコンプライアンスの言葉には気味悪さを感じました。

0代女性
0代女性
7年前のショッピングモール爆破事件で死刑となった浜口が偽のミスパンダと飼育員に連れ去れました。

浜口は無罪を訴え、再審請求しているところでした。偽のミスパンダはパンダチャンネルから動画を流し、浜口の顔を水につけたり、国民投票で浜口を死刑にするか、視聴者に呼びかけたりしていました。

囲碁棋士の川田レンは精神科医の門田にアルバイト先で会い、どうして門田のところに来なくなったのか聞かれ、レンが10年前の火事の幻覚の症状が悪化したのはメンタリストNの森島直輝のせいだと言いました。

一方、法務大臣の佐島は直輝にミスパンダが偽物であると言い、直輝も8年前の佐島の娘が誘拐された事件と似ていると言いました。直輝は偽の動画を作り、偽のミスパンダをあぶり出しました。

偽のミスパンダの動画が始まり、直輝は偽のミスパンダの居場所を突き止めました。本物のミスパンダが行くと、血のついたナイフを握らされ、浜口は首を切られ、死んでいました。

ミスパンダと直輝は浜口を殺した容疑で警視庁捜査一課の三津谷らに追われました。また、門田も何者かに殺されていました。
印象的だったシーンはレンが直輝に「好きです」と言ったシーンです。

ドラマ『シロクロ』おもしろい?つまらない?視聴者の感想口コミや評判まとめ!今回は、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』を視聴した人々の感想についてまとめてみました。 2019年に大ブレイク...

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第5.5話【パンダは笑い、佐島ファミリーは企む】

チェインストーリー #5.5「パンダは笑い、佐島ファミリーは企む」
死刑囚殺害に関するコメントを狙い、父・佐島(佐藤二朗)のいる法務大臣室を訪れたあずさ(白石聖)。さりげなく聞き出そうとするあずさに佐島は…。

引用:『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』GYAO!より

第5.5話【パンダは笑い、佐島ファミリーは企む】

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』キャスト相関図

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。|ドラマキャストや原作あらすじは?清野菜名&横浜流星W主演2020年1月からスタートする日本テレビ系列の日曜ドラマは、清野菜名さんと2019年大ブレイクした横浜流星さんのダブル主演で送られる『シ...
2020年冬ドラマ|全話視聴率まとめ!評判や評価が高いオススメ人気ドラマはどれ?2020年1月スタートのドラマも面白そうな作品が盛り沢山ですね! この記事では、月曜日から日曜日の順番で2020年1月スタートドラ...
2020年冬ドラマ|1月スタート番組一覧まとめ!月9や高視聴率などおすすめはコレ2020年1月スタートのドラマも面白そうな作品が盛り沢山ですね! この記事では、月曜日から日曜日の順番で民放ゴールデンタイムに放送...
5
RELATED POST