未分類

ドラマ『シロクロ』7話の視聴率とネタバレあらすじ感想や考察!2月23日放送

このページでは、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第7話(2月23日)の視聴率とネタバレあらすじをまとめています。

7

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第7話の視聴率

第7話(2月23日)視聴率:7.4%

※ビデオリサーチ調べ:関東地区

ドラマ『シロクロ』1話〜最終回全話視聴率&ネタバレあらすじ感想まとめこのページでは、2020年1月〜3月に放送されるドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の視聴率とネタバレあらすじを第1話〜...

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第7話(2月23日)ネタバレあらすじ

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第7話(2月23日)予告あらすじ

レンとして生きていたリコ(清野菜名)は、眠っていたリコ自身の意識を取り戻す。リコは、自分がパンダの姿をしている事情が理解できずに混乱。直輝(横浜流星)はリコに、ミスパンダが生まれた経緯を話す。すべてを知ったリコは、直輝を驚かせる反応を示す。さらに、門田(山崎樹範)が殺されたと聞かされてショックを受けるリコ。彼女にとって、門田は恩人だった。リコは門田を殺した犯人を見つけてほしいと頼む。直輝はリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることに。リコは再び眠りにつき、レンが戻った。レンは直輝と別れた悲しみに耐え、囲碁に打ち込む。

直輝は、門田を殺した犯人を突き止めるため、門田の自宅に潜入。門田の書斎には、激しく争った形跡があったが、犯人につながる手がかりは見つからない。
神代(要潤)は、8年前にあずさ(白石聖)がコアラのマスクをかぶった男に誘拐された事件について調べていた。あずさは無事に発見されたものの、コアラ男は逃亡し、未だに逮捕されていない。当時、捜査した刑事が哲也(田中圭)だった。神代は、あずさの父である佐島(佐藤二朗)が、この未解決事件の闇に関わっているのではないかと推理する。

一方、リコは、ミスパンダとして直輝に呼び出される。直輝は、門田を殺した犯人にたどり着いていた。リコは直輝から「誰が犯人でも後悔しないね?」と告げられる。ミスパンダとなったリコは直輝に導かれ、犯人の正体に迫っていく――!

ミスパンダになったリコは門田の診察室に忍び込み、その様子をパンダちゃんねるで生配信する。それは、門田を殺した犯人をおびき寄せるために直輝が考えた作戦だった。犯人の目的がレンとリコの記憶のすり替えに関する門田の論文だと推理した直輝は、論文のデータが診察室に残っていることを犯人に対して配信で伝えたのだった。診察室で待っていた直輝とリコの前に現れたのは、麻衣子(山口紗弥加)だった。

麻衣子は春男(升毅)から、10年前の火事で生き残ったのはレンではなくリコだったと知らされた。彼女は門田の家を訪ね、記憶をすり替えたリコをレンのままにしておいてほしいと懇願する。しかし門田は、論文を発表した後にレンの記憶を消してリコに戻すつもりだと拒否。麻衣子は、レンを失いたくないという異常な思いに突き動かされ、門田をナイフで刺した――。

リコは「本当に殺したの? お母さん…」と、パンダのマスクを取って麻衣子と向き合う。麻衣子は、10年前の火事の真相を明かす。10年前のキャンプで、麻衣子はリコだけを別のバンガローに泊め、リコが眠ったのを見計らって火を放った。しかし、母がリコを殺そうとしていると知ったレンは、リコのバンガローまで助けに行っていた。

リコは麻衣子から虐待を受け続けた末、レンがいなくなれば自分が母に愛してもらえるに違いないと嫉妬していた。レンとリコは、バンガローの中で火にまかれる。レンは、リコを逃がして息絶える。助け出されたリコは、レンを求める麻衣子に、レンではなくリコだと名乗ることができなかった。リコはレンを見殺しにしたという罪悪感を抱き、自分を消してレンになろうとしたのだった――。

麻衣子は、レンとリコへの思いを語り始める。彼女は双子を身ごもった時、幸せも2倍になると思い、心から喜んだ。しかし出産後、2人を同時に育てることに疲れ果てた麻衣子は「最初から1人だったらいいのに…」と精神がむしばまれていった。麻衣子の告白に、リコは「お母さん、大丈夫だよ。もういなくなるから」と告げる。

「さっさとあたしを消しちゃってくんない?」と言うリコに「俺はまだ、君と一緒にいたい」と伝える直輝。リコは、消える前に直輝の復讐に協力することを受け入れ「その代わり、レンのことを幸せにしてあげて」と頼む。

コアラ男誘拐事件の犯人が哲也(田中圭)だというニュースが流れる。自分がコアラ男だと告白する哲也の遺書が見つかったという。ニュースを見た佐島(佐藤二朗)は、あずさ(白石聖)が誘拐された8年前、パンダのマスクをかぶった“ミスターパンダ”と対面した時のことを思い出す。一方、直輝は、衝撃を受けていた。コアラ男の正体は、父だったのか!? 激しく動揺する直輝は、哲也の形見であるパンダのぬいぐるみを投げ捨て、慟哭する――。

引用:ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』HPより

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第7話ネタバレあらすじ感想

20代女性
20代女性
リコは記憶を戻ったが、レンである事を望んでいたリコは直輝を殴り、門田に催眠をかけてもらいに行こうとするが死んだことを知らされ、殺した犯人を見つけてほしいと言います。直輝は門田と同じ催眠をかける事ができる為すぐにリコをレンに戻しました。神代はコアラ男の行方を直輝と追っています。父と関わりがある事件を解決することにようやく動き出します。神代は佐島に突撃してコアラについて質問します。直輝は門田の犯人を捕まえる為、ミスパンダを呼び学校に忍び込んみます。門田のpcを壊しデータを破壊する事が目的の犯人をおびき寄せると正体はマリコでした。加賀はマリコにレンとリコの記憶を変え論文を発表しようとしていることを伝えていたからが理由。レンが欲しいマリコは記憶を戻さないで欲しいという願望から犯したことでした。ミスパンダの姿からリコになり母親に会い初めてレンではないと伝えると、マリコは自分が火事で殺そうとした事やリコを愛していないと言われ、リコはその場を去ります。誰からも必要とされないからレンの姿に戻してと直輝に言うと、直輝はリコとして力を貸して欲しいと言います。リコはレンを幸せにすることを条件に直輝の復讐に付き合うことに。しかし直輝の父はコアラ男だったとニュースで報道されました。
30代女性
30代女性
レンはリコになってしまいました。
昔門田先生がレンが死んだときにリコにレンになるように催眠術をかけたのでした。
それには気付いていた森島さんはリコと話をして事情を話します。
そしてリコにミスパンダになってもらって、門田先生を殺した人物を見つける手助けをしてもらいます。
パソコンのデータの狙っているのを知って、犯人をおびき寄せることにします。
しかしそのやってきた犯人とはレンのお母さんだったのです。
カフェのおじさんから、門田先生がレンとリコのことを論文として発表しようとしていることを聞きます。
さらに門田先生が死んだレンの代わりにリコに催眠術をかけたことによってリコがレンになってしまったことを知ります。
それを聞いたレンのお母さんは門田先生が論文を発表するのを何とか止めようとしました。
しかし門田先生は意見を変えることがなかったので、怒って殺してしまったのです。

お母さんがリコを殺そうとした経緯を話したシーンは衝撃的でした。
さらにお前のせいでレンが死んだとリコに怒るセリフは印象的でした。

20代女性
20代女性
前回の終わりでミスパンダが川田リコと気づいてしまったミスパンダは、自分に催眠をかけてくれていた精神科医の医師が殺されていた事を知ります。その精神科医の医師を誰が殺したのかを暴いてほしいと横浜流星さん演じる主人公に頼むのでした。このグレーゾーンを暴く事でミスパンダとしてのラスト1回にして欲しいと…。そして、その医師は川田レン、リコの母親だった事がわかります。また、並行してコアラ事件を追っているディレクターの神代は過去の捜査履歴を調べ法務大臣に突撃するのでした。そして、横浜流星さん演じる主人公の父親がコアラ男なのではないかとニュースで報道されてしまいます。真実はいったいどうなのでしょうか?
感想としては、今回の話しはそろそろ終盤になってきたなーと思うような感じでした。川田レンを担当していた医師が殺された事について徐々に暴かれていくのをみていてドキドキしてしまいました。まさか、川田レンとリコの母親が犯人だとは思わなくてびっくりしました。そして、コアラ事件についても法務大臣の自作自演だったのではないのかという展開にやっぱりそーか!と思ってしまいました。どんどん話の内容の奥が深くなってきてとても面白かったです。
20代女性
20代女性
第7話では、記憶をレンに変えられたリコの潜在的欲求からミスパンダが生まれたということが明らかになりました。リコは再度門田先生に記憶を変える催眠を掛けてもらおうと考えますが、死んでしまった今は直輝しか催眠をかけることができません。リコは記憶を完全に消す前に門田先生を殺した犯人を探し出すために、パンダチャンネルを使い犯人を誘き出しますが、なんと犯人はレンとリコの双子の母マイコさんでした。マスターから門田先生が論文を発表しようとしていることを聞いたマイコさんは、幼少の頃から可愛がっていたレンが死に、嫌っていたリコが戻ってくるのを防ぐため、論文を発表しようとする先生を殺害したのでした。更に10年前の火事も母マイコが意図的にリコを殺害するために起こした事件だと判明しました。最後は、過去にコアラ男を名乗る人物が起こした法務大臣の娘を誘拐し1億円身代金を要求した事件の犯人が、死んだ直輝の父である可能性が高いと報道され、直輝は衝撃で膝から崩れ落ちていました。父親はヒーローだと思っていたため、観ている私も衝撃でした。
30代女性
30代女性
門田先生がれんのことをなかったことにしようとしていると知った母は、門田先生を殺してしまいました。パンダになり、直樹と犯人を追っていると母が犯人だと分かりました。そして、自分がれんではなく、りこだと母に伝えました。そのときのりこの気持ちを考えると切なすぎます。実の母に同じ双子でも、1人は可愛がられて、1人は虐待を受け、殺そうとまでするとは、酷すぎます。りこはれんだと偽って生きてきたのも仕方がなかったのではないのでしょうか。気持ちを考えるだけで、切なくなります。また、助けに来てくれたれんを、見殺しにしたと思っていましたが、それは違うと思います。あの場にいても2人が焼けるだけです。逃げても仕方ありません。そんなりこを必要としていると告げた直樹ですが、人のことを信じられなくなっているりこにとっては、なかなか信じられないでしょう。また直樹の父の遺書が見つかったとありましたが、パンダの正体が気になります。
20代女性
20代女性
催眠が解けてレンからリコに戻ってしまったリコは、直樹からミスパンダとして世の中をシロクロつけてきたことや、門田先生が何者かに殺害されたことなどについて話を聞き今の状況を把握した。リコは、ミスパンダや門田先生のことよりもまずレンに戻せるなら戻して欲しいことを直樹に伝える。直樹からのお願いでミスパンダをもう一度だけすると約束してリコはレンに戻り、門田先生を殺害した犯人を直樹はリコを呼び出しミスパンダとしてつきとめる。
印象的だったシーンはリコじゃなくてレンに戻りたいと直樹にお願いするシーンです。それほどお母さんという存在がリコにとって必要な存在なんだなと感じました。幼少期にあまり良くない教育を受けてきてもお母さんに必要とされたいという想いでずっとレンになってきたと思うと心がとても苦しいです。まだまだ将来がどうなるかわかりませんが、直樹やお店のマスターに必要とされてリコとして生きていって欲しいです。
ドラマ『シロクロ』おもしろい?つまらない?視聴者の感想口コミや評判まとめ!今回は、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』を視聴した人々の感想についてまとめてみました。 2019年に大ブレイク...

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第6.5話【パンダは笑い、死んだ門田は語られる】

チェインストーリー #6.5「パンダは笑い、死んだ門田は語られる」
東京誠立大学のとある教室。授業が終わり誰もない教壇を見つめる小園(中田圭祐)と前川(祷キララ)。二人は死んだ門田(山崎樹範)のことを思い返すが…。

引用:『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』GYAO!より

第6.5話【パンダは笑い、死んだ門田は語られる】

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』キャスト相関図

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。|ドラマキャストや原作あらすじは?清野菜名&横浜流星W主演2020年1月からスタートする日本テレビ系列の日曜ドラマは、清野菜名さんと2019年大ブレイクした横浜流星さんのダブル主演で送られる『シ...
2020年冬ドラマ|全話視聴率まとめ!評判や評価が高いオススメ人気ドラマはどれ?2020年1月スタートのドラマも面白そうな作品が盛り沢山ですね! この記事では、月曜日から日曜日の順番で2020年1月スタートドラ...
2020年冬ドラマ|1月スタート番組一覧まとめ!月9や高視聴率などおすすめはコレ2020年1月スタートのドラマも面白そうな作品が盛り沢山ですね! この記事では、月曜日から日曜日の順番で民放ゴールデンタイムに放送...
5
RELATED POST