未分類

ドラマ『テセウスの船』最終回10話視聴率&ネタバレあらすじ感想!3月22日放送分paraviオリジナル動画無料で視聴

1月にスタートして、多くの話題を提供してくれたドラマ『テセウスの船』も、ついに最終回を迎えてしまいましたね。

このページでは、2020年3月22日に放送されたドラマ『テセウスの船』最終回第10話の視聴率とネタバレあらすじをまとめます。

7

ドラマ『テセウスの船』最終回第10話(3月22日)の視聴率

2020年3月22日に放送されたドラマ『テセウスの船』最終回第10話の視聴率が発表されました。

ドラマ『テセウスの船』最終回第10話(3月22日)の視聴率:19.6.%

最終回では、第9話からさらに大幅に視聴率をアップしましたね!!

ビデオリサーチ調べ:関東地区

ドラマ『テセウスの船』1話〜最終回視聴率&ネタバレあらすじまとめ!原作とストーリー一緒?違う?このページでは、2020年1月〜3月に放送されるドラマ『テセウスの船』の視聴率とネタバレあらすじを第1話〜毎話アップしていきます。 ...

ドラマ『テセウスの船』最終回第10話(3月22日)予告あらすじ

駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。「俺が犯人だ」。心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。
大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……?
そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。それは、心に究極の選択を迫るものだった。過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。やがて迎える黒幕との対峙。そこで事件のすべての真相が明らかにされる。心と家族の未来はどう変わるのか……?

引用:ドラマ『テセウスの船』HPより

ドラマ『テセウスの船』最終回第10話(3月22日)ネタバレあらすじ

20代女性
20代女性
庭とワープロから証拠となるものが見つかって、佐野文吾が捕まります。

ワープロの文字でお父さんが犯人だとは言い切れないという子どもたちの言葉のおかげで、手がかりを見つけるために、みんなでタイムカプセルからお父さんの手紙を出します。

手紙を見て、お父さんが悪いことはしていないと判断して、お母さんは子どもたちに救われ、心さんは、家族を救うために動き出しました。

みきおが目を覚まし、小学校で話し、すずのことを追いかけていてすずのヒーローになるのは俺だけでいいってことでボイスレコーダーにその内容を残し、青酸カリを飲んだ時は、そんな理由でこんなことをしたのかと思って腹正しかったです。

佐野文吾は差し入れの本に書いてあった家族を殺すという言葉のために俺がやったと言っていたという理由だった。校長先生とさつき先生は教え子という繋がりで、お腹にいた子どもをダメにしてしまったからとみきおに先入観があったんだと思います。

心さんとお父さんは警察日記を見て、恨まれている内容を探していたが、唯一手掛かりになったのは校長先生の息子が来ていたということだった。

校長先生に会いに行くと、校長室に絵がぐちゃぐちゃに置いてあり、息子が何か関係しているのではないかというのとが分かります。

佐野文吾宛に手紙が届きました。それをお父さんには見せずにいたが、内容がすずとしんごと奥さんが殺されたという記事だった。

心さんをお父さんは追いかけ、神社についた心さんは、誰もいないことに気づき、佐野文吾が心さんを追いかけて行った場所で何者かに刺されます。

それは、まさしだった。

まさしはお母さんと妹を殺されたと話していて、佐野文吾が「家族を大切にしろ」と言った言葉がこの事件を侵したきっかけになったということでした。

ナイフでまさしを刺そうとしたが止め、逆に心さんが刺された時は胸が痛くなりました。

30代女性
30代女性
佐野文吾は警察に逮捕されてしまいましたが、子どもたちは父親のことを信じていました。

しかし、急に佐野文吾は自分がやったと自白してしまいました。それを聞いた妻と心は不安になってしまいます。心はみきおに会いに行きます。すると、みきおは今までの事件を起こしたのは、鈴のヒーローになりたかったからだ、でもそんな鈴が周りにいじめられていることを知り、作戦変更だと伝え、この話を録音しており、青酸カリを飲んで自殺をしようとします。

なんとか命はとりとめることができました。この録音を警察に持っていき、佐野文吾は釈放されます。心が家に帰ると真犯人からの佐野文吾宛の手紙を読みます。次の日の朝に一人で来い来ないと家族を皆殺しにすると書いていました。心は父に内緒で自分で家族を守ろうと一人で行くことに。

すると、犯人はそれに気づいたのか、佐野文吾をつけていき、背後から刺します。

犯人の罠だと気付いた心は父の元に行くことに。犯人の正体はまさしで、昔の事件の恨みから佐野文吾を狙っていたことを伝え、佐野文吾を挑発し、自分を殺すようにしようとします。

揉み合っていると心が来て、心を刺したところで、現代に戻ってきます。すると、家族幸せそうな姿がありました。真犯人は校長先生ではないのかと思っていましたが、まさかのまさしだったので驚いて笑いそうになりました。現代があまりにも幸せそうだったので良かったです。

40代女性
40代女性
取り調べを受けていた文吾に犯人から本の差し入れがあり、罪を認めないと家族皆殺しとメッセージがあったため、文吾は自分が殺人犯だと証言しました。みきおは意識を取り戻し、心へのメッセージを残して病院から脱走しました。

音臼小で心と再開したみきおは自分のした罪を全部自白し、転校した時いじめられてすずに助けてもらったのですずのヒーローになりたかった、それにはすずの正義の味方である文吾が邪魔だったと動機を告白します。みきおは心との会話をボイスレコーダーに録音しており、青酸カリを飲んで自殺しようとしました。心が警察にレコーダーを提出し、文吾は釈放されました。

12年前の音臼村祭の事件の駐在日誌を見直し、校長の息子が関係しているかもしれないと疑った文吾と心は校長を訪ねますが留守でした。校長は疎遠になっていた息子に孫ができたと聞き、会いに行っていただけでした。

佐野家に文吾宛のメッセージが犯人から届いており、それを見た心は家族を守るために自分が犠牲になることにしました。待ち合わせの時間に待ち合わせの場所に行った心でしたが、犯人には会えず、和子に連絡すると文吾が心らしき人物が倒れていると通報があったので慌てて小屋に行ったと話します。

心を探していた文吾が後ろから刺され、振り返るとそこには正志がいました。正志は音臼村祭で毒キノコを入れてしまった母親とそのことでイジメにあって自殺した妹のことで文吾が点数稼ぎをしたと恨んでいました。父親の介護のため戻ってきた正志に家族は大事にしねぇとな、と話しかけた文吾を逆恨みしての犯行でした。

正志は心と文吾が親子なのを知っており、心を殺したと嘘をついて文吾の気持ちを逆なでします。怒り狂った文吾は正志のナイフを奪って馬乗りになりましたが、心のこの人の息子で良かったと言う言葉を思い出し、踏みとどまりました。

そこへ心が駆けつけ、3人でもみ合いになった結果、心にナイフが刺さり、亡くなってしまいました。

時がたち、さつきとみきおは元気にカフェで働いていました。

心は由紀と一緒に家族との食事会に出向き、おめでたであることを発表しました。文吾が生まれてくる子供の名前を未来と書いてみくと読む、と提案すると心は驚いて自分の考えていた名前と同じだと言いました。

30年前にタイムカプセルに心が入れた結婚指輪を文吾が持っていてそっとポケットにしまいました。

30代女性
30代女性
みきおの殺人容疑で投獄された文吾のもとに詩集が差し入れされました。それ機に、文吾は自分こそがみきおの共犯者であり、家族とは絶縁すると言い放ちます。家族に押し寄せるマスコミを追い返した井沢は、和子に実家の仙台へ里帰りするよう助言します。翌日、登校した子供たちは学校でトラブルを起こし、そのことに背を押されるように和子は里帰りを決意します。和子自身、文吾の無実を信じきれなくなっていたのです。そんなとき、娘の鈴が以前文吾を疑って後悔したことを明かします。そのとき、家族で埋めたタイムカプセルで文吾の筆跡が確認できると思いついた心は、それを掘り返します。家族は30年後の自分たちに向けた文吾の一途な思いを知り、村に留まる決意を固めます。

文吾を取り戻すため、心はみきおの病室を訪れます。そこで心が見つけたのは、The Endと書かれた一枚の紙でした。心が夜の小学校へ忍び込むと、みきおが待ち構えていました。みきおは、鈴のヒーローになることが目的であり、そのためには鈴が正義の味方だと話す佐野文吾が邪魔だったと告白します。しかし、状況が変わったため、みきおは鈴を喜ばせるに佐野文吾の無罪を証明しようと、自ら青酸カリを飲みます。

みきお自らが録音していた自白音声が警察署の手に渡り、文吾の容疑は完全に晴れます。帰宅した文吾は、自分が共犯者だと嘘の証言をしたことについて、差し入れの詩集のなかに「つみをみとめろ 家族みなごろし」の文字を見つけただめだったと明かします。家族を守るために、犯人の要求を飲もうとしたのです。

夜中、心と話をしていた文吾は、十二年前の音臼村祭の食中毒事件について、あることを思い出します。当時、議員に立候補しようとしていた田中義男の頼みで、文吾は事件として調査をすることになりました。そして、毒キノコを混入させたのが、皮肉にも義男の妻で正志の母親だということを突き止めたのです。事実を知った義男は、県警にかけ合って事件をもみ消そうとしました。

古い駐在日記を調べるうち、文吾は、石坂校長の息子である徹が里帰り中で、音臼村祭の最中にケンカでケガを負っていたことに行きつきます。

一方、みきおの病室では石坂校長がさつきと話をしていました。さつきは高校一年生のとい、石坂校長の助言で子どもを堕ろしていたのです。

徹について、文吾と心は井沢に話を聞きにいくことにしました。そこで二人は、十年前、徹が東京の勤め先でいじめに遭っていて今では生存すらわからないということを知ります。校長室を訪れた二人は、机上に散らばった黒塗りの子供たちのスケッチを見つけ、愛用のナイフがなくなっていることに気付きます。夜になり、一人帰宅した心は佐野文吾宛ての茶封筒の中に、紙の束を見つけます。それは、心の未来の妻である由紀が事件の記事をまとめたノートのコピーと、「死亡日は3月19日 皆殺しが嫌なら1人で来い 音臼神社 明朝8時」という真犯人からのメッセージでした。

命に代えても家族を守ると決意した心は、翌日、一人で神社へ向かいます。心を探しに出た文吾と入れ違いに、石坂校長がやってきて、和子に息子の話を始めます。連絡を断っていた息子から、孫が生まれたと連絡を受けたと言います。文吾と心を見ていて、自分も息子との関係を修復したくなったと明かします。

心を探して音臼岳の山小屋へ向かった文吾は背中を刺され、真犯人である正志と対面します。正志は、文吾に長年にわたって恨みを抱いていたのです。ただキノコを入れただけのことで殺人犯にされた母親が死に、残された妹のために必死に生きてきたが、どこまで行っても殺人犯の子だと呼ばれた妹が自殺したことを明かします。当時、妹はまだ小学生でした。やがて父親の介護のために村を訪れるようになった正志は「家族は大事にしないとな」と言った文吾に、自分と同じ地獄を味わあわせることを決意します。

心と文吾が親子関係にあると知っていた正志は、心を殺したと嘘をつき、自分への文吾の殺意をあおります。ナイフを振り上げた文吾ですが、葛藤のすえ、心を裏切れないと思い留まります。

一方、神社に真犯人が来ないことを知った心は、和子に電話をして山小屋へ向かいます。正志の長年の苦しみに気付いた文吾に心が呼びかけたとき、正志の手がナイフをつかみます。制止する文吾と心でしたが、もみ合ううちにナイフは心の腹に刺さり、心は文吾の腕のなかで息を引き取ります。

数年後、身重の由紀と佐野一家は食卓を囲み、タイムスリップを含む一連の出来事をすべて知る者は文吾だけとなりました。孫娘ができたと知り、文吾は「明るい未来へ進んでいけるように」との願いをこめて未来と名付けたいと告げます。

30代女性
30代女性
文吾は、駐在所に置いてあったワープロの記録が犯人の書いた日記と一致したことから、馬淵に逮捕されてしまいます。

文吾は、「自分がみきおと組んで犯行を犯した。もう自分を家族と思うな。」と心と和子に宣言し、心は父が逮捕され、「あの人を父親と思うな。」と母が言っていた言葉と似ていると感じます。

ショックを受けた和子を励ましたのは子供たちで、それを見ていた心は、「昔とは違う。」と感じ、「絶対にこの家族を守ろう」と動き出すところが、以前と比べて前向きに成長したのかなと思えました。

文吾が逮捕された後、文吾に関わる家族は世間の悪口に肩身を狭くしていました。それでも、子供たちが学校を休まないと言い出し、逆にいじめっ子を倒そうとしたところが、凄いなと思いました。

一方、スタンガンと首を絞められたことで倒れていたみきおが復活し、心は誰が黒幕なのかを突き止めるも、断固として言おうとせず、みきおは毒物を飲もうとして再び倒れます。

犯人が心から奪ったレコーダーでこの時の会話をみきおが録音していたため、警察は文吾を釈放します。そこで犯人は過去に行われた音臼祭に関わる人で、校長も知っている人だろうと考え、更には文吾に何らかの恨みを持った人だろうと心は推測します。

文吾は、以前、田中の母親が誤ってお祭りの汁ものに毒キノコを入れてしまい、そのせいで食中毒が起こった事件を心に打ち明けます。

当時田中の父親が議員に立候補している時期だったため、田中の家族は警察に公にしてほしくないと言い寄りましたが、文吾が正義を貫こうとしていたため、

田中は父の介護で村に戻ってきた時、複雑な気持ちだったのかもしれないと文吾は言いました。更には、校長には訳ありの息子がおり、親子関係がうまくいっていないことを心は、文吾から聞きます。

校長の机の上には、親子を描いた謎の絵が残っており、いつも使っているナイフがないことに気づいた文吾は、校長も犯人かもしれないと考えます。

校長目線で視聴してみると、親子みたいに見える、実際は親子である文吾と心を校長は羨ましく感じ、二人を狙っていたのかなとも思える場面でした。

文吾と別れて駐在所に戻った心は、犯人から文吾にあてた手紙を読み、それを文吾に見せませんでした。

その夜、楽しそうな家族を見た心は、文吾の代わりに次の日神社に出向き、父を守るために死のうと決意します。ところが翌日、心が突然失踪したことを知った文吾は心を探し回り、心と思われる男性を見つけたという通報を受けます。

それは人違いで、神社にやってきた心はなかなか現れない犯人に対し、これは作戦であって、文吾の命が危ないと感じます。
心がいたとされる神社に向かう文吾は、犯人である田中に刺されて倒れそうになります。

この場面からとても泣けてきました。

文吾が死にそうになりながらも、犯人から刃物を奪い、犯人を殺そうとしかかった時、「本当に自分が犯人になってどうするんだろう。」と思いました。

だけど、「父さんを助けに未来から来た。」と以前心が文吾に発した言葉が文吾の頭をよぎり、とどまったところが泣けました。
ところがさらに揉み合いになったところに心が止めに入り、心の腹部にナイフが深く刺さったため、心は息を引き取ってしまいました。

30代女性
30代女性
犯人の一人であったみきおが意識を取り戻し、心に絵でメッセージを送って学校におびき寄せる場面が序盤でありました。みきおが心を殺そうとしているのかと思いましたが、みきおが罪を自白して青酸カリを飲んだのは驚きました。

そしてもう一人の犯人が誰なのか、最後まで引っ張る展開が続きました。校長先生の息子の話も途中で結構出てきたので、最後まで校長先生が黒幕なのではないかと思わせられ、とてもドキドキしました。黒幕は結局正志でしたが、動機が単なるサイコパス的なものではなかったのは良かったと思います。最後に正志と文吾、心がもみあって心が刺されてしまったシーンは涙なしでは見られませんでした。

田村心は殺されてしまったけれど、当時和子のお腹にいた佐野心が予定通り無事に生まれ、再び現代のシーンになりました。未来が変わる前と同じで由紀と結婚していたこと、生まれる予定の子どもの名前が「未来」になったことは良かっと思います。鈴も慎吾も和子も幸せそうに笑っていて、とても嬉しくなりました。罪を認めて自殺しようとしていた子どものみきおも、現代でさつき先生とカフェで楽しそうに働いていて、事件後に更生したのだなと思えてよかったです。家族の絆について考えさせられるドラマでした。

 

ドラマ『テセウスの船』動画最終回10話見逃し配信の無料視聴&再放送予定3月22日分この記事では、2020年月3月22日に放送する日曜劇場ドラマ『テセウスの船』最終回第10話の見逃し配信動画の視聴方法についてまとめていま...

ドラマ『テセウスの船』最終回第10話(3月22日)ネタバレ感想

20代女性
20代女性
毎回謎が多すぎて、次回が来るのが待ち遠しかった。佐野文吾という心さんのお父さんが本当に事件を明かしたのか、真犯人を見つけるために、お父さんと息子の奮闘がハラハラドキドキするものが多くて、見入ってしまうし、それと同時に家族の大切さ家族愛が沢山見られるドラマだったなと思う。全話を見てどの会も、奥さんのことを純粋に好きでいられる佐野文吾がかっこよかった。

警察に捕まった時に迎えにきてくれた奥さんに対してちゅーしていい?という言葉はこっちまでニヤニヤした。心さんの家族の未来を守るために30年前に来たんだという意志が強くて、お父さんにそっくりだなと応援したくなった。真犯人が家族を守りたいということで、まさしだったことがとても意外だったし、みきおは子どもだから単純でよかったと言いながら、佐野文吾のことを憎む姿は恐ろしかった。

心さんがナイフで刺されてしまった時悲しすぎて辛かった。だけど、最後には幸せな未来が描かれていて本当に良かったなと全話見て安心した。

30代女性
30代女性
最初は暗いドラマなのかと思っていましたが、家族のことを信じる力や、守ろうとする姿、支えようとする場面がたくさん見られ、元気をもらうことが多かったドラマでした。また、毎回ドラマを見た後には犯人が誰なのか、気になって仕方がありませんでした。

勝手に予想してはその人が殺されたりと全然読むことが、できませんでした。また、加藤みきおが犯人だと知って驚きましたが、それよりも子役なのにあの演技力に引きつけられました。素直な可愛らしい男の子から、何を考えているのか分からない犯人を見事に演じていたと思います。

また、鈴と慎吾の2人も父を信じる姿や、セリフを聞いていてもとても思いが入っていると感じました。それに、榮倉奈々さん演じる妻がとても頼もしく見えました。

どんなことがあっても旦那を信じようとするところや、笑顔で支えようとするところ、特に記者に向かっていうところでは、とてもかっこいい奥さんだと思いました。もう一回初めからみたいと思うドラマでした。

40代女性
40代女性
毎回毎回みきおが事件を起こしてハラハラドキドキして、みきおの協力者が誰なのかが気になって仕方がなくて、村の誰もが怪しく見えてしまうような展開だったので目が離せませんでした。途中から校長先生が気味が悪くて怪しいと思っていたけど、犯人じゃなくて何かホッとしました。

賢いはずのみきおが事件を起こした理由がしょうもなさすぎるのと、正志が文吾を恨むのが逆恨みでしかないことでここまでおおごとにしなくても、と思ってしまいましたが、意外な人物が犯人で最後までドキドキさせてもらえました。せいやの演技も迫力が有ってなかなか良かったです。

現代の世界で、みきおが普通に働いているのがなんとなく嫌でした。罪を問えない子供の頃とは言え、連続殺人犯なので恐ろしいです。心が過去の世界で亡くなってしまったので、現代の世界では何も知らない設定なんだと子供の名前のことを話している時に分かりましたが、暗い過去の佐野家を知らない心は幸せそうで良かったです。

死んでいたはずの慎吾もちゃんと生きていて良かったです。澤部が適役だと思いました。

30代女性
30代女性
 登場人物の多さや次々と明かされる過去、人々の思惑に毎回ハラハラさせられました。特に、歯に衣着せぬ娘の感情表現にぐさりときたり、小学生が犯行の一部を担っているという事実に冷や汗をかいたりと、子供という存在を巧みに生かした作品だったと思います。

また、文吾が家族とおちゃらける場面はアドリブとも思われ、声を出して笑えました。また、そうした子役や若手俳優のまわりを実力俳優陣が何層にも固めていて見ごたえがありました。また、家族で食卓を囲むシーンが多く、カニが丸ごと一匹入ったラーメンは、さすが北海道だなと思いました。食べられるところがあるなら試してみたいです。

ただ、毎回、回想シーンや家族愛を熱く語るシーンがあり、それ自体はこのドラマのテーマでもあるので良いとは思うのですが、やや長々しく感じることもありました。個人的には、最終話で死にゆく心に文吾が放った言葉や感情があれば視聴者は想像を膨らませられると思います。最終話で、文吾だけが事実を知っているというくだりは鮮やかでした。

30代女性
30代女性
印象的に感じたシーンは、3話の心がタイムスリップした時の父親に対し、自分の正体と父の未来について話す場面です。

自分が冤罪を着せられて犯人になっているところはショックだとしても、それすら呑み込めない状況だというのに、目の前にいる男性が実の息子だと言われたら、

やはり何が何だか分からなくなると思うので、文吾の取り乱し方は、共感できると思いました。
また、わかってくれないならいいよ!と言った感じで、心がその後、犯人かもしれない空気を出している金丸と手を組もうとした場面も良かったです。

なぜなら、幼い頃父と接する機会のなかった心が、初めて過去で父親に反抗した感じがするからどこか微笑ましくなったからです。

全体的な感想としては、ノートを始めとして、由紀は心にとって一番大切な存在として登場しているところが良いなと思いました。

また、心の兄は未来がところどころ代わってしまうため、あまり登場しないけれど、最後に出てきた時、「この俳優さんで来たか!」と思えるところが、笑えました。

そして、ドラマの後半戦に突入する回では、姉が名前を変えて登場し、パッと見てすぐに心に気づいた場面も、「よく覚えていたな。」と思えて驚きました。

30代女性
30代女性
全体的に、最後まで犯人の手がかりを残しながらも犯人自体は分からないという展開が続いたので、毎回毎回「早く犯人が知りたい!」という気持ちになりました。犯行の手口もとても手が込んでいるように思えて、放送が終わるたびに心や文吾と一緒に真犯人を考察していました。

ドラマのキャストがとても豪華で、これまでに殺されてしまった人物の演技も含めて上手だなと思いました。これまでで一番印象的だったシーンは、大人の加藤みきおが慰霊碑の前で心を殺そうとしたシーンです。とても迫力があり、また、味方だと思っていたみきおが犯人だったので予想外の展開すぎて衝撃を受けました。また、木村さつき役の麻生さんの演技も狂気を感じさせたり、凄味があって素晴らしかったです。

毎回怖いシーンがありましたが、一方で泣かせるシーンが必ずあったので、ただハラハラするだけではなくて感動もあったことがこのドラマの一番良かった点でした。主人公の心も少し抜けているところがありましたが、正義感があって優しいキャラクターがとても好きでした。

テセウスの船|加藤みきお役 柴崎楓雅のwiki経歴プロフィール!真犯人の子役キャスト?2020年1月スタートのドラマ『テセウスの船』では、舞台となる音臼小学校の生徒役でたくさんの子役が出演しています。 その中でも、目...
テセウスの船|ドラマ原作漫画のあらすじネタバレ結末!黒幕真犯人ワープロは誰?2020年1月スタートのドラマ『テセウスの船』では、竹内涼真さんが主演の本格派クライムサスペンスミステリーとタイムスリップが組み合わさっ...

ドラマ『テセウスの船』キャスト相関図


出典:ドラマ『テセウスの船』公式HPより

テセウスの船|キャスト・出演者やドラマあらすじ!竹内涼真主演の日曜劇場2020年1月にスタートするTBS日曜劇場のドラマ『テセウスの船』では、主演の竹内涼真さんを始め主要キャストが発表になっています。 ...

ドラマ『テセウスの船』全話視聴率とネタバレあらすじ

ドラマ『テセウスの船』第1話ネタバレあらすじ全話視聴率

ドラマ『テセウスの船』1話〜最終回視聴率&ネタバレあらすじまとめ!原作とストーリー一緒?違う?このページでは、2020年1月〜3月に放送されるドラマ『テセウスの船』の視聴率とネタバレあらすじを第1話〜毎話アップしていきます。 ...

ドラマ『テセウスの船』第2話視聴率とネタバレあらすじ

ドラマ『テセウスの船』2話視聴率&ネタバレあらすじ感想!原作との違いせいやは絶対犯人じゃないこのページでは、2020年1月〜3月に放送されるドラマ『テセウスの船』第2話の視聴率とネタバレあらすじをまとめます。 第1話では、...

ドラマ『テセウスの船』第3話視聴率とネタバレあらすじ

ドラマ『テセウスの船』3話視聴率&ネタバレあらすじ感想!真犯人考察2月2日放送分このページでは、2020年2月2日に放送されたドラマ『テセウスの船』第3話の視聴率とネタバレあらすじをまとめます。 第3話では、物...

ドラマ『テセウスの船』第4話視聴率とネタバレあらすじ

ドラマ『テセウスの船』4話視聴率&ネタバレあらすじ感想!真犯人は木村さつき?考察2月9日放送分このページでは、2020年2月9日に放送されたドラマ『テセウスの船』第4話の視聴率とネタバレあらすじをまとめます。 第4話では、田...

ドラマ『テセウスの船』第5話視聴率とネタバレあらすじ

ドラマ『テセウスの船』5話視聴率&ネタバレあらすじ感想!考察2月16日放送分このページでは、2020年2月16日に放送されたドラマ『テセウスの船』第5話の視聴率とネタバレあらすじをまとめます。 第5話では、...

ドラマ『テセウスの船』第6話視聴率とネタバレあらすじ

ドラマ『テセウスの船』6話視聴率&ネタバレあらすじ感想!録音を犯人に伝える無能ぶりが話題2月23日放送分このページでは、2020年2月23日に放送されたドラマ『テセウスの船』第6話の視聴率とネタバレあらすじをまとめます。 第6話では、...

ドラマ『テセウスの船』第7話視聴率とネタバレあらすじ

ドラマ『テセウスの船』7話視聴率&ネタバレあらすじ感想!3月1日放送分このページでは、2020年3月1日に放送されたドラマ『テセウスの船』第7話の視聴率とネタバレあらすじをまとめます。 第7話では、田...

ドラマ『テセウスの船』第8話視聴率とネタバレあらすじ

ドラマ『テセウスの船』8話視聴率&ネタバレあらすじ感想!3月8日放送分このページでは、2020年3月8日に放送されたドラマ『テセウスの船』第8話の視聴率とネタバレあらすじをまとめます。 第8話では、田...

ドラマ『テセウスの船』第9話視聴率とネタバレあらすじ

ドラマ『テセウスの船』9話視聴率&ネタバレあらすじ感想!3月15日放送分このページでは、2020年3月15日に放送されたドラマ『テセウスの船』第9話の視聴率とネタバレあらすじをまとめます。 第9話では、...
テレビ
2020年春ドラマ4月スタート番組情報!キャストや放送開始日を調査2020年4月にスタート予定の春ドラマも、徐々に情報が明らかになってきましたね。 人気作の続編から、原作漫画の作品、オリジナル作品...

ドラマ『テセウスの船』原作漫画・コミックス

今ならU-NEXTやe-books japanで、漫画『テセウスの船』の電子書籍第1巻と第2巻が無料で読めます!!

U-NEXTの無料お試しに申し込む

e-books japanで無料購読する

テセウスの船|ロケ地撮影場所カフェ&ホテル場所や店名を特定!RoyalGarden飯田橋ドラマ『テセウスの船』第4話では、現代に戻ってきた心が事件について調べる回でしたね。 妻であった由紀や、事件から30年後容疑者で捕...
テセウスの船|ロケ地撮影場所 音臼小学校は足利市 旧松田小学校と特定!ドラマ聖地巡礼もドラマ『テセウスの船』では、現代と過去を行き来するストーリー展開となっています。 第1話で主人公の田村心(竹内涼真)は、霧に包まれ...

ドラマ『テセウスの船』最終回第10話動画見逃し配信の視聴方法&ネタバレ感想まとめ

毎週金曜日夜放送中のドラマ『テセウスの船』最終回第10話3月22日放送分の見逃し配信の動画を見る方法についてまとめてみました。

最新話は下記の見逃し配信で、放送終了後1週間の期間限定で無料視聴が可能です。

ドラマ『テセウスの船』最終回第10話の見逃し配信動画はこちら
  • Tverで視聴する(最新話のみ視聴可能)
  • TBS FREEで視聴する(最新話のみ視聴可能)

※視聴期間は、放送終了後1週間のみです!

 

無料視聴期間を過ぎてしまった、それ以前の過去の話はTBS公式の動画配信サービスである『Paravi』の無料視聴期間2週間を利用しての視聴がおすすめです!

また、放送終了後に発表された『テセウスの船 完全ネタバレ!犯人の日記大公開』の動画もParaviで公開中です。

田村心役の竹内涼真さんと、佐野文吾役の鈴木亮平さんのお二人が、物語の流れに合わせて犯人視点の日記をもとに裏話をしています。

ドラマでは語られなかった設定やストリーなどもあり、疑問や謎もこの動画で解消されそうですw

他のTBSで放送されているドラマやバラエティなども視聴可能ですよ。

登録方法、解約手続きもカンタンです。

  • 登録も解約もカンタン!
  • 無料視聴期間が2週間もあるので、その期間のみの利用でもOK!
  • 無料視聴期間に解約してもOK!違約金登録費用も掛からない
  • Paraviオリジナルドラマも人気
  • ドラマ、バラエティ、映画など、見れる作品も豊富

\ドラマ『テセウスの船』第1話〜/
\ 動画は
Paraviで全話配信!/

『テセウスの船』
動画を無料視聴する

5
RELATED POST