トップナイフ

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』1話〜2話視聴率&ネタバレあらすじまとめ

このページでは、2020年1月〜3月に放送されるドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』の視聴率とネタバレあらすじを第1話〜毎話アップしていきます。

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』1話〜最終回の視聴率

放送回視聴率
第1話(1月11日)13.0%
第2話(1月18日)12.4%
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』キャスト相関図


出典:ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』公式HPより

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』1話〜最終回のネタバレあらすじ

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第1話あらすじはこちらをタップ

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第1話予告あらすじ

東都総合病院で“女帝”と名高い脳神経外科医の深山 みやま瑤子 ようこ(天海祐希)は、脳外部長の今出川 いまでがわ孝雄 たかお(三浦友和)から、新しく赴任する3人の脳神経外科医のまとめ役を押し付けられ、ストレスを抱えていた。

“世界のクロイワ”の異名を持つ世界的名医だが私生活では女癖の悪さで有名な黒岩 くろいわ健吾 けんご(椎名桔平)、外科とカテーテルの二刀流で三度の飯よりオペが好きな西郡 にしごおり琢磨 たくま(永山絢斗)、そして医学部を首席で卒業した自信家だが現場での実力が伴っていないことに自覚のない専門研修医の 小机 こづくえ幸子 さちこ(広瀬アリス)。

この日、赴任早々、急患の対応を任されフリーズした幸子の前に現れた深山は、的確な判断と鮮やかな腕で患者の危機を救う。一度傷つけば取り返しのつかない“脳”を扱う脳神経外科は執刀医の腕が全て。深山は現場で使い物にならない幸子に早速苛立ちを覚える。さらにナースたちの間では腕の立つ“トップナイフ”である黒岩と西郡が“女帝”と衝突するだろうと噂されており……。

そんな中、深山は黒岩がオペを担当する脳腫瘍患者の妻・宅間みどり(堀内敬子)から「もっとしっかり患者を診てくれる先生に手術をやってもらいたい」と急遽オペの中止を頼まれる。これまでの経過を診てきた深山が代わりにオペを請け負うものの、みどりの反応はなぜか冴えない。さらに深山は簡単に自分の患者のオペを譲る黒岩と、患者との向き合い方をめぐって衝突!黒岩にライバル心を燃やす西郡がサポートに入り、宅間浩のオペが行われることになる。だがオペ直前、“ある秘密”を抱えたみどりが再び手術の中止を申し出る……。

性格、物事の捉え方・感じ方・・・
その全てを決めるのは大脳辺縁系 だいのうへんえんけいと前頭連合野 ぜんとうれんごうやという場所。
そこが腫瘍などの異物で影響を受けると温厚だった人が粗暴になったり、
真面目な人がだらしなくなったりすることがある。

前頭連合野はヒトをヒトたらしめ,意思決定や創造性を担う脳の最高中枢とされるが,前頭連合野は 「認知・実行機能」,「心の理論・社会性機能」,「情動・ 動機づけ機能」など多様な機能をもつ。「認知・実行機能」に関して,損傷患者は状況を深く理解したり,推理したりすることが困難になる。
大脳辺縁系は、人間の脳で情動の表出、食欲、性欲、睡眠欲、意欲、などの本能、喜怒哀楽、情緒、神秘的な感覚、睡眠や夢などをつかさどっており、そして記憶や自律神経活動に関与している。
☆★人の性格などは自分自身の意思では決めることはできず、それを決めているのは脳なのである★☆

次に“トップナイフ”たちの前に現れる脳の秘密とは―――

引用:ドラマ『トップナイフ』HPより

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』1話ネタバレあらすじ

30代女性
30代女性
東都総合病院脳神経外科で「女帝」と称され、これまでキャリアと実績を積み重ねて脳外をまとめてきた深山 瑤子(天海祐希)。ある日、そんな東都総合病院の脳神経外科に、3人の医師が赴任してくる。1人目は黒岩健吾(椎名桔平)。 「世界のクロイワ」の異名でマスコミにもたびたび取り上げられるスター脳外科医。脳外科医としての手術の技術は素晴らしいが、仕事以外は自分第一主義という人間。2人目は小机幸子(広瀬アリス)。医大を首席で卒業した専門研修医だが、実技はまったくできない。しかし本人にその自覚はなく、「自称天才」となっている。3人目は西郡琢磨(永山絢斗)。外科もカテーテルもでき、手技に絶対的な自信を持つ。技術はあるが同僚にも患者にも心を開かない孤高の医師で、深山にも敬語を使わず強気な態度を見せる。そんな3人の医師が一度に赴任してきたことで、頭を抱える毎日を送る深山。ある日、黒岩が手術担当する予定だった脳腫瘍患者の妻が、手術を中止したいと深山に相談してくる。中止を希望する理由を「もっとしっかり患者を診てくれる先生にお願いしたい。」と言う家族に、深山は黒岩に代わって自分が執刀することを提案し了承を受ける。しかし手術を目前に控えて、再度家族が手術中止を申し出てきた。患者は入院前まで家族に暴力を振るったり金遣いが荒い状態だったが、入院後からは穏やかな性格になっていたため、手術をすることで元の暴力的な性格に戻ってしまうことを、家族は恐れているのだった。
天海祐希さんが主演というだけで期待が高まる本作ですが、脚本がドラマ「コード・ブルー」や「医龍」、「離婚弁護士」、「BOSS」を手がけた林宏司さんだということを聞くと、それぞれのドラマが面白かったことに加え、特にBOSSは天海さんが主演したドラマでも私は大好きなものだったので、林さんとの再タッグとなると期待が高まります。また、演出は「女王の教室」も手掛けた大塚恭司さんとなっており、女王の教室同様にエンディングではキャストたちのダンスシーンが見られます。患者や医師たちの人間ドラマというシリアスな本編とは違って、元宝塚の天海さんの軽快なダンスが見られるというのも、一つの楽しみとなりそうです。脳神経外科という難しい領域で命と向き合う医師たちが、それぞれにどのような問題や苦悩を抱えているのか、それを背景としてどんなドラマ展開がされていくのか、今後が楽しみです。
40代女性
40代女性
天海祐希さん演じる、東部総合病院脳神経外科医の深山瑤子は、三浦友和さん演じる脳外部長の今出川孝雄から、新しく赴任する3人の脳神経外科医のまとめ役を押し付けられます。
椎名桔平さん演じる、“世界のクロイワ”の異名を持つ世界的名医、黒岩健吾。黒岩は、女癖が悪くて有名です。
永山絢斗さん演じる、外科とカテーテルの二刀流で手術をすることが大好きな西郡琢磨。西郡は、年上の深山にもタメ口で、生意気なタイプです。
そして、広瀬アリスさん演じる、医学部を首席で卒業したことが自慢の、研修医の小机幸子。彼女は自分の学歴に自信はありますが、手術現場ではあたふたしてしまい、深山にも呆れられてしまいました。

そんな中、深山は、脳腫瘍患者の宅間の妻・宅間みどりから「もっとしっかり患者を診てくれる先生に手術をやってもらいたい」と急遽オペの中止を頼まれます。
宅間の担当医師は黒岩ですが、彼は病気のみを気にして、患者に寄り添うことはしません。深山は黒岩にもっと患者の気持ちも考えて欲しいと言いますが、黒岩は聞き入れませんでした。そこで、宅間の入院時から経過を診てきた深山が、黒岩の代わりにオペを行うことになりました。
宅間の脳腫瘍は、前頭葉、海馬の近くにあり、難しいものですが、深山は緻密に計画を立てて、宅間の手術に備えます。
しかし、宅間の妻みどりから、手術を中止してほしいとのお願いをされます。
話を聴くと、みどりは、宅間が以前から家族に対して暴力を振るっていたこと、病気がわかってから、嘘の用に穏やかになったこと、手術が成功したら、前のように暴力的になることが怖いということを告げられます。
深山は、病気のせいで宅間が粗暴になったかもしれない、と手術を行います。
結果として、脳腫瘍ではなく、サナダムシが寄生してできた病巣で、手術は無事に成功します。
一方で、急に手足がうごかせなくなった患者が現れますが、黒岩は天才的なカンで、腫瘍の場所を突き止め、オペを成功させます。
深山と黒岩、どちらがトップナイフになるのか、という展開でした。

40代女性
40代女性
脳外科医の深山瑤子が働く大病院に、同じく脳外科医の3人の医者がやってきました。
一人はオペしかやらない天才脳外科医。もう一人は部下のくせにタメ語を使う自信満々な男。最後の一人は研修医の使えない若い女。
なぜこんな3人を連れてきたのか、瑤子は部長に問い詰めます。しかし部長が言ったのは「君に、必要だからだ」と。
納得のいかない日々を過ごすなか、瑤子が担当する患者が手術をすることになりました。脳にできた大きな腫瘍を取り除く、とても難しい手術です。執刀医は、天才脳外科医の黒岩医師がやることになっていました。
ところが直前で、患者の妻が「黒岩先生は嫌なので手術をやめてほしい」と言ってきます。話し合いの末、担当医である深山瑤子が執刀することに決まります。ですが、当日、手術準備が進められている最中に、また「やはり手術はやらないでほしい」と言ってきたのです。
深山瑤子は、患者の妻に詳しい話を聞きます。以前の夫は、暴力をふるい、女やギャンブルに明け暮れる日々であったが、脳に腫瘍ができて入院してからは、とても温厚な人になったのだと。それが、手術をして腫瘍をとってしまったら、また元のDV夫にもどってしまうのでは、ということが怖い、ということでした。
深山瑤子は話します。元は優しい人だったのでは?腫瘍ができたから性格が変わってしまったのかもしれない。手術をすればまた優しい人に戻るかもしれない、と。
その後、手術は進められ、無事に終了しました。術後の様子は、温厚な人柄のようでした。
一方で、手術の執刀をはずれた黒岩医師は帰ろうとしていましたが、別の患者の緊急手術をすることになり、普通であれば気付かないであろう損傷に気付き、手術を成功させました。
それでもまだ黒岩医師を認めようとはしない深山瑤子。「次のトップナイフは私がなる」と、黒岩医師に宣言しました。
40代女性
40代女性
天海祐希演じる脳神経外科医、深山瑤子を中心としたのう医療ドラマです。深山が勤める東都総合病院に、新たに3人の脳神経外科医が赴任する所から、物語がスタートします。「世界のクロイワ」こと黒岩健吾(椎名桔平)、三度の飯よりオペが好きな西郡琢磨(永山絢斗)、そして医学部を首席で卒業したが、現場では全く役に立たない小机幸子(広瀬アリス)。深山が小机に向かって言うセリフの中に、「普通のオペはチームプレイ。でも、脳外は執刀医の腕が全て。脳は一度傷ついたら取り返しがつかない」というのがありますが、そんな繊細な臓器である「脳」と、毎日対峙している脳神経外科医を通して、人間の「脳」に焦点を当てているドラマです。第1話では、脳腫瘍患者の宅間が手術を受けることになったのですが、何故か宅間の妻は、黒沢の執刀を嫌がり、手術を拒否します。「もっと患者を診てくれる医者にお願いしたい」というので、深山は「私が執刀します」というのですが、それでも宅間の妻は、直前になって「やっぱりやめてください」と手術を拒否。実はそこには、家族の問題が隠れていて・・・という内容です。
50代女性
50代女性
地域の基幹病院でもある東都総合病院では、脳外科を長い間仕切ってきた優秀な脳神経外科医の深山瑤子(天海祐希)が女帝と呼ばれるようになっていました。
その状況に風穴を開けようと、脳外部長の今出川(三浦友和)が新たに三名の医師を招き入れたのです。世界的な脳外科の権威・黒岩健吾(椎名桔平)、手術大好きで外科とカテーテルを駆使できる西郡琢磨(永山絢斗)、そして成績はトップなのに全く使えない新人医師の小机幸子(広瀬アリス)です。
しかし、まったくかみ合わない三人と深山の様子に、新しい風どころか、スタッフにも不協和音が広がります。
そんな時、ドクターヘリで緊急性の高い患者が運ばれて来たり、脳腫瘍を取り除く手術を受ける患者・宅間が家族とともにその時を待っていました。
深山はオンコールでないにもかかわらず、呼び出され、緊急オペに駆り出されたのです。
そして目の前のことにただ呆然と立ち尽くす役立たずの小机の代わりにギリギリのところで患者を救いました。
小机が身動きできないで、ドクターヘリのクルーに託された患者の切断された”右腕”を抱えていたら、看護師(アキラ100%)が「こっちの出血もひどいな、腕!そこおいといて!右の瞳孔散大してるけど?!」と畳みかけますが、そこに登場したのが深山です。
「頭やったって?」
彼女が登場したことで、現場の流れが一気に変わりました。
「あと二分で死ぬよ!」
フリーズした小机を叱咤し、深山はオペを進めていきました。
全てが終わって我に返った小机が「あ、あのう!私は何をすれば…?!」と聞くと、ストレートに深山は言い放ちました。
「消えて」
前途多難な東都総合病院の脳外の、それは一日の始まりだったのです。
60代女性
60代女性
天海祐希さん演じる主人公、脳外科医深山ようこが目覚めるシーンから始まる第1話。「お前のせいだ!お前のせいで・・・」という意味深な言葉を頭の中で聞きながら起きる深山医師、すると携帯に着信音が鳴り響きます。表示画面には「バカ上司」このバカ上司は三浦友和さんが演じていて優しい家庭的な医師といったイメージです。深山医師から勝手に3人の医師を配属したと文句を言われていますが優しく押し通します。一方、新人医師3名の中には椎名桔平さん演じる女好きの天才医師、広瀬アリスさん演じる新米医師、永山絢斗さん演じる上下関係を全く意識していない脳外科医、と豪華なキャストで進行していきます。ドクターヘリで担ぎ込まれた事故で重傷の患者を広瀬さん演じる医師は救急隊員や看護師たちに指示を要求されてもお手上げ状態!そこに天海さんが颯爽と登場し、テキパキとスタッフたちに指示をして手術まで完了させます。新米医師のアリスさんが「私はどうすれば・・・」と聞くと「消えて!」と一言。それを聞いたアリスさん演じる医師もメソメソするわけでもなく「はい」といって立ち去る、きつい言葉が飛び交う中、皆さんさらりとした演技で気持ちよく楽しめます。そんな中、椎名さん演じる天才医師の黒岩医師が病院内を歩いている女性に違和感を持つ、その女性は廊下の椅子で横になっているのを看護師が発見。手の痺れと脱力感を訴えるその若い女性に診察を試みるアリス女医、しかしみるみる症状は悪化、帰ろうとしていた黒岩医師を看護師が引き止め、その患者を診ることになるがその患者は黒岩医師が違和感を覚えた女性でした。緊急オペが必要となり女性は命を救われます。一方では主人公の医師が手術をしようとしていた患者の手術を妻が拒否、それは夫のDVが原因でした。しかしDVは数年前からだということで脳疾患が治れば元の性格に戻るかもしれないという望みをかけて手術を続行します。術後の家族の様子を見て安堵する深山医師でした。1話は医師や看護師たちが広いバーで飲んでいる中、天海さんの踊るシーンで終わります。さすが、宝塚です。まさか天海さんのダンスを観れるとは・・。手術シーンは本物の手術シーンを見ているような迫力があり、目が離せません。今後も楽しみです。
30代男性
30代男性
脳神経外科に3人の新人が入ってくるところから話は始まります。
1人は、トップナイフの称号を持ち診察はせずに手術しかしない腕は確かな黒岩です。
さらには、自信過剰で敬語も使わない医師、西郡にそして、完全な新人の小机でした。
女帝と呼ばれる深山は反対しますが、部長には言いように言われて受けれ入れる事になります。
今回の患者は、脳腫瘍で入院している患者ですが、家族はどうも手術に前向きではありませんでした。
患者が病気になる前の性格は荒々しく問題がありましたが病気後は温厚な性格になり、又前みたいになる事を危惧していました。
しかし深山の説得で、手術する事になりますが腫瘍ではなく、サナダムシの卵が脳幹に埋まっていました。
虫の卵が脳にできるという非常にレアなケースなので驚く光景でしたが、見事に手術は成功しました。
一方で、バイクが転倒してCTやレントゲンでは異常がなかった患者が倒れこみます。
黒岩が首の脊髄に問題がある事を直感で見抜き見事に患者を救いました。
トップナイフと呼ばれる天才たちが見事に患者を助けて話は終わりました。
50代男性
50代男性
脱サラしたひとが海外へ行った後、一家の主が8年後には脳に大きな腫瘍となり、腫瘍が脳幹近くまで迫り、一刻も早く手術をするというストーリー。
家族は、脱サラしてから暴力を振るうようになった父親が手術後、今の温和な性格から元の暴力を振るうようになるのではないかという不安から、手術に同意がなかなかできずにいる。手術をしないと一命を落とすと説得し、なんとか同意を得たのち、患者が手術室に入ります。しかしながら、やはり、患者の家族は中止を依頼します。
西郡医師が手術を開始し、頭蓋骨を取り、側頭葉まで切除完了までおこなう。
手術前の同意を得るために深山は、元々、温和な性格ではなかったのかと説得し、なんとか同意を得ました。
深山医師も手術室に入り、脳腫瘍切除を開始するが取り出したら、腫瘍でなくて、”タマゴ”でした。
海外へ行った際に食べたものからそのタマゴが大きくなったというオチです。
手術後、患者に説明する際、性格が変わるのかどうかは言えず、手術は成功したとだけ告げます。
主人公の深山医師の”次、それいったら、殺す!”とか部長やほかの部下となった脳外科医に対しても”殺す!”のセリフをところどころにあります。
最後は、小机研修医の歓迎会でドラマは終わりますが、ダンスシーンが最後のシーンです。
ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第2話あらすじはこちらをタップ

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第2話予告あらすじ

「女は脳外に向いていない」と公言する黒岩 くろいわ(椎名桔平)と、自信家だが実力のない幸子 さちこ(広瀬アリス)、さらには黒岩にライバル心剥き出しの西郡 にしごおり(永山絢斗)と、足並みの揃わないドクターたちに手を焼く深山 みやま(天海祐希)。

相変わらず調子のいい部長の今出川 いまでがわ(三浦友和)は“共感性”の高い深山なら他のドクターの気持ちもわかる、と深山の話を取り合わず……。

そんな中、深山は1年前に脳挫傷を負って回復した後、頭痛が取れなくなったという外来患者・牧羽由香里 まきばゆかり(松本若菜)を診察する。由香里は、実は脳外のドクターにつきまとわれて困っていることを相談に来たと話し、診察室の集合写真に写った黒岩を指差す!深山から女性関係のトラブルを指摘され心当たりの相手がいる黒岩。しかし翌日、黒岩につきまとわれていると話していたはずの由香里が、黒岩とすれ違っても全く反応しない様子に深山は違和感を抱く……。

一方、自殺未遂を繰り返し屋上から転落した患者・桑原和子 くわばらかずこ(濱田マリ)を担当する西郡は、自殺願望を持つ和子に強い嫌悪感を感じていた。10年前から顔面に強い痛みを感じる“三叉神経痛 さんさしんけいつう ”を抱えながらも誰にも理解されてこなかったと話す和子は、「“痛み”は誰にもわからない」と諦め顔で語る。西郡は和子のその言葉が気にかかる様子。“痛み”に関する何かが西郡の過去にはありそうな予感で…

引用:ドラマ『トップナイフ』HPより

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第2話ネタバレあらすじ

50代男性
50代男性
黒岩医師の脳外ドクターは女に向かない発言はセクハラ発言であり、ドジな小机医師は手術に役に立たず、困惑する深山医師は、部長である今出川に話をしますが、人間関係を取り繕うのが深山医師の役割と言い、取り合ってもらえません。

ある時、深山が患者の牧羽由香里を診察する際に、この病院の医師に付きまとわれていると言われ、黒岩の写真を指します。黒岩に確認すると、身に覚えがあると言うが人違いでした。実物の黒岩には無反応であり、何かおかしな感じがします。

次には、西郡医師がセクハラの実行者だと言われます。西郡も身に覚えのある女性に電話で確認するが、人違いでした。

一方で、西郡は自殺未遂患者を診ていますが、態度が大きく患者からなじられる始末です。

深山医師は由香里と話をすると、事故の影響で一方的に好意を寄せていた人が医師の姿で現れるという幻想を見ているのでした。

そして、由香里は倒れてしまいます。西郡は診ていた自殺未遂の患者桑原和子の慢性的な痛みの原因を見抜き手術を実施しますが、途中で本人の手に痛みが出てしまいます。手術は成功し、慢性的な痛みを消すことに成功します。

場面は変わり、黒岩医師の愛人が子供を連れてきて、黒岩の子だと告げます。また、深山医師の自宅には若い女性が待っています。いったい誰なのでしょうか。

40代女性
40代女性
「傷ついた心はCTでは見れないからね。」脳神経外科医の部長の何気ない言葉はなんとなく、しんみりと私の心に響いたので自分でも不思議です。自殺未遂してしまう人は心から弱いと昔はよく言われましたが心の病いだと思います。

自分自身や家族、友人が何のきっかけで病にかかるかわからないのでひと事には決して考えられないです。今回の患者さんも精神的な痛みと言われた原因がまさかの脳の中の神経圧迫だとは。「長く辛かったでしょうね。」と心が痛みました。

もう一人の患者さんも、好きな人と別れをしっかりできていなかったことが原因かはわかりませんが、少しのきっかけで好きな人へ見えてしまうなんて、老人だけの現象だと思っていましたが、若い人にでも起こるんですね。凄く勉強になるドラマです。

今回脳の神経の圧迫が取れて10年以上ぶりに化粧をし旦那さんが病室に訪れるときの旦那さんからの一言の「綺麗だよ」心から感動し涙が溢れて止まりませんでした。

30代男性
30代男性
女性が自殺未遂を起こし緊急搬送される所から話は始まりました。
数カ月の間に何かいも自殺未遂を犯している事をしり、治療に駆け付けた西郡はやる気がなかったが、深山に責任をもって治療する様に言われる。
一方で、別の女性は医者に付きまとわれているという訴えを起こしていた。
相手は黒岩先生というか、黒岩先生には面識がなかった。
後日確認すると、西郡先生に付きまとわれてるいうが、西郡も面識はない様子だった。
よくよく検査をしてみると、全ての男性の顔が同じに見える症状に侵されている事をわかった。
自殺未遂を繰り替えす女性は、三叉神経痛の原因が脳腫瘍だという事がわかり、それぞれのオペが行われた。
西郡は途中まで完璧だったが、フラッシュバックが起き腕が動かなくなってしまった。
深山がフォローに入り事なきを得たが危機一髪の状況だった。
全ての男性が同じ顔に見える女性のオペは黒岩が担当して見事に成功した。
意識が混濁する患者に、過去の男のフリをして別れさせてあげた黒岩は珍しくオペ意外の仕事をした。
見事に手術が成功したが、トップナイフ達には過去の闇がある所が垣間見えた所で話は終わった。
20代女性
20代女性
脳に異常があることで、全身に痛みを伴い顔を洗うことも出来ないほどになり死にたくなるまで追い込まれているのに対し、何件の病院に通っても気のせいだと言われ続けて生きている人が沢山いるのではないかと思いました。頭痛で病院に通ってもストレスだと言われ原因を調べる医者を見たことがないからです。確かにそうでも全員がそうではないのだろうと思いました。旦那からの綺麗の一言で涙を流したシーンが感動しました。パートナーをいつでも信じてあげることが大切だと感じました。また、男性が全員元恋人だと思い込みストーカーされていると本気で悩むも、人の脳の異変に気づく人がいなければただの変人だと思われてしまい救ってくれる人がいなければ、一生苦しみに追われながら生きていくのだろうと思いました。脳の病気は無限で今回も知らない事ばかりでした。脳外科の先生達のプライベートがあり誰にでも悩みや秘密があることが明かされていきそうです。
20代女性
20代女性
相変わらず問題だらけのチームをまとめるよう言われている深山(天海祐希)ですが,部長今出川(三浦友和)は深山なら他のドクターの気持ちもわかる、と深山の話を取り合いません。

そんな中で,深山は過去に脳挫傷を負って回復後、頭痛が取れなくなったという外来患者・牧羽(松本若菜)を診察します。由香里は、診察の真の目的は深山のチームのドクターにつきまとわれて困っていることの相談と言い、診察室のチーム集合写真に写った一人を指差します。しかし翌日、つきまとわれていると話していたはずの由香里が、その医師とすれ違っても全く反応せず,深山はその様子に違和感を抱きます。

一方、自殺未遂を繰り返し屋上から転落した患者・桑原和子(濱田マリ)を担当する西郡(永山絢斗)は、自殺願望を持つ和子に強い嫌悪感を感じていました。10年前から顔面に強い痛みを感じる三叉神経痛を抱えながらも誰にも理解されてこなかったと話す和子は、「痛みは誰にもわからないから…」と諦めています。そんな話を聞く西郡も,右手が震え始め…,何やら過去の問題を感じさせます。

20代男性
20代男性
2話で一番印象的だった言葉は人は見かけによらないです。「女は脳外に向いていない」と公言する黒岩と、自信家だが実力のない幸子、さらには黒岩にライバル心剥き出しの西郡と、足並みの揃わないドクターたちに手を焼く深山とのシーンもすごく見どころです。

そんな中、深山は1年前に脳挫傷を負って回復した後、頭痛が取れなくなったという外来患者の牧羽由香里を診察することになります。

由香里は、実は脳外のドクターにつきまとわれて困っていることを相談に来たと話し、診察室の集合写真に写った黒岩を指差すのはびっくりです!深山から女性関係のトラブルを指摘され心当たりの相手がいる黒岩。しかし翌日、黒岩につきまとわれていると話していたはずの由香里が、黒岩とすれ違っても全く反応しない様子に深山は違和感を抱くのです。

一方の自殺未遂を繰り返し屋上から転落した患者・桑原和子を担当する西郡は、自殺願望を持つ和子に強い嫌悪感を感じていたのです。

10年前から顔面に強い痛みを感じる“三叉神経痛 を抱えながらも誰にも理解されてこなかったと話す和子は、「痛みは誰にもわからない」と語ります。西郡は和子のその言葉が気にかかるのです。

“痛み”に関する何かが西郡の過去があきらかになります。2話のゲスト濱田マリさんがすごくリアリティの演技で天海さんとのシーンが見応えがあり、ぜひみていただきたいです。

40代女性
40代女性
とある中年女性が、ベランダでウイスキーのボトルを持ち、ボトルから直接飲もうとするもぼたぼた垂れてしまう・・・その女性の部屋はメイク道具が乱雑に散らばっていて精神疾患を持っているのかな?と思っていた矢先、その女性はベランダ、なんと3階から転落してしまいます。

その女性、和子が運ばれたのは東都総合病院で担当は西郡先生となります。

しかし、和子は3か月前にも同様の状態で病院に搬送された、という情報を看護師から聞くと、「俺は自殺志願者を助けるためにここにいるのではない、難しい手術をするためだ!」と言って担当を外れようとしますが、そこは深山先生から指導されて担当を継続します。

和子からの症状を聞いた西郡先生は、三叉神経痛の原因が、脳の中の小さな影、脳腫瘍が原因である、と考えて10年間誰からも理解されず、気の持ちよう、とまで言われていた和子の症状を救うことに成功します。

しかし、その手術の最中に西郡先生は何かの痛みから逃げている、との女性の声を思い出し手が震えだしてしまう・・・
そして、深山先生のもとには娘?と思われる学生さんが訪れてます・・・・。

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第3話あらすじはこちらをタップ

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第3話予告あらすじ

引用:ドラマ『トップナイフ』HPより

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第3話ネタバレあらすじ

ドラマ放送終了後に更新します!

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第1話〜最終回の見逃し配信動画

放送終了後1週間以内であれば、Tverと日テレ無料TADAで視聴可能です!

視聴サービス視聴期限
Tverで視聴する最新話の放送終了後1週間
日テレ無料TADAで視聴する
Huluで視聴するなし

しかし、見逃し配信動画は視聴期限が1週間です。

視聴期限を過ぎている場合は、公式のドラマ動画配信サイトであるHuluでの視聴をお勧めします。

違法アップロードサイトでも、ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』の動画がアップされていることがありますが、自覚がないままにウィルスに感染していることもあります。

そういったリスクもあるので、あくまで自己責任での視聴となりますのでお気をつけくださいね。

FODプレミアムでも、無料視聴期間を利用すれば、安全に高画質なドラマ動画を全話確実に視聴可能です。

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』の全話動画をお試し期間でHuluで視聴する

\ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』動画が第1話〜/
\Huluで全話配信中!/

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』
動画を無料で見る

Huluでは、ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』
全話完全無料で視聴が可能です!

14日缶の無料視聴期間中に解約すれば、
一切費用はかかりません。

  • 日テレのドラマ、バラエティ、アニメなどコンテンツが盛りだくさん!(コナン、進撃の巨人、マツコ会議、あなたの番です、3年A組、GOTなど)
  • 映画やHuluオリジナルコンテンツが追加料金なしで利用可能!
  • スマホやパソコン、テレビでも利用可能!
  • 解約手数料、登録費用も掛かりません
  • 登録、解約手続きも簡単!

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の情報はHuluホームページにてご確認ください。

2020年冬ドラマ|全話視聴率まとめ!オススメや人気ドラマはどれ?2020年1月スタートのドラマも面白そうな作品が盛り沢山ですね! この記事では、月曜日から日曜日の順番で2020年1月スタートドラ...
2020年冬ドラマ|1月スタート番組一覧!話題性や注目月9などおすすめはコレ2020年1月スタートのドラマも面白そうな作品が盛り沢山ですね! この記事では、月曜日から日曜日の順番で民放ゴールデンタイムに放送...
2019年秋ドラマ|全話視聴率ランキングまとめ!首位はドクターX注目はグランメゾン東京と同期のサクラ2019年10月スタートのドラマも面白そうな作品が盛り沢山ですね! この記事では、月曜日から日曜日に放送されているドラマの順番で、...
RELATED POST