テレビ

ドラマ「トレース」第2話ネタバレ感想やまとめ 原作コミックス第6巻は1月19日発売!

2019年の話題の月9ドラマ、錦戸亮さん主演のトレース第2話が放送されましたね。

今回は、ドラマ「トレース」第2回の放送を見ての感想、気になる次回以降のあらすじなどをまとめたいと思います。

ドラマ「トレース」第1話の感想や漫画との違い 船越が原作と違いすぎるとの声が多数ついに、2019年最初の月9がスタートしましたね。 主演が関ジャニ∞の錦戸亮さんということで、錦戸さん目当てでドラマを見ていると言...

フジテレビ系列のドラマトレース〜科捜研の男〜を見逃したという方は、第1話〜放映後の最新話までFODで配信されています。

今なら、初回の登録後31日間無料で視聴可能です。

見逃してしまったという方は、31日間は無料で視聴可能ですよ。

【FOD】今なら31日無料

ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」とは?

「鑑定結果こそが真実だ」-被害者が最後に残した“真実のカケラ”を見つけるため、科捜研法医研究員が事件を追う!新感覚科捜研ドラマ

放送局 フジテレビ
放送開始日 1月7日
放送時間 月曜 午後9時〜
脚本 相沢友子
演出 松山博昭、相沢秀幸、三橋利行
音楽 Ken Arai
主題歌 crystal/関ジャニ∞

 

トレース〜科捜研の男〜の見どころ

原作のコミックスの作者である古賀慶さんは、なんと元科学捜査官。元科捜研の視点から丁寧で地道な捜査を描いた新しい警察漫画として人気です。

その実写ドラマ化ということで、テレビ的な派手で非現実的な事件ばかりではなく、リアルな描写が期待されます!

トレース 原作コミック

 

ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」第2回あらすじ

2019.1.14 放送 第2話(15分拡大)

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸 亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される。

事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。そのとき有里は、現場から逃走する男の姿を目撃していた。真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永 渉(篠原 篤)を拘束していた。現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。しかし、照合の結果は不一致だった。

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。

ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」第2話の感想

今の所ただ無能なベテラン刑事 虎丸良平

第一話に続き、現場で怒鳴り散らすだけで事件の解決には貢献していないベテラン刑事虎丸良平(船越英一郎)。

毎回このパターンだと、本当に存在価値を疑うくらいのベテラン刑事です。

上司には、定年までのあと2年デスクワークで過ごすか?と言われるほどプレッシャーを掛けられています。

そのプレッシャーから、第1話同様に主観と直感で事件の捜査をしており、真野礼二にも八つ当たりをしているだけに見えます。

そのうち、どこかの回では活躍する話もあるんでしょうが・・・

SNSでも、軒並み不評ですね。

錦戸亮の笑顔に女性ファンが賛美

主演の錦戸亮さんの笑顔に萌える女性が多いようですね。

クールな役柄にも関わらず、最後には悩み多き新人のノンナに「お前はよくやった」と褒めるシーンでは、ツンデレ炸裂ですw

ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」第2回あらすじ・感想まとめ

推理モノのドラマとしても、確実に犯人であろう人物のDNAが一致しないという難事件の解決は見事でしたね。

臓器移植によるキメラ(異なる遺伝子を個体で持つ)の存在や子を思う親の愛情からタブーを犯してしまう医師など、複雑な人間模様がドラマを盛りたてていました。

また、原作からアレンジもしてあり、原作コミックを読んでいる方でも結末を予想することができる脚本になっていることも良いポイントだと思います。

現抱くコミックスだと、検査や鑑定などをもっと細かく詳細を描いているので、リアルな描写や理系が得意な方はコミックスはハマると思います。

ノンナがメインで描かれているトレースですが、事件現場で鑑定中に貧血で倒れてワインを何本も割ってしまうシーンがあります。

医者の自宅で保管されているワイン。。。。

損害は一体いくらなんだ!?と心配になってしまいましたw

心労からくる貧血ということで、事件の真相に深く関わる被害者の娘であり医師である有里とノンナの関係性を深めるためのシーンでもあったと思います。

現場でそれだけのことをやらかして、なんのお咎めも叱責もないのか?と思ってしまいました。

ノンナも作中で言っているように、ワインのせいで重要な証拠が見つからなかったら・・・

と考えると、普通は上司も現場には送らないと思うんですが。

しかし、悩めるノンナに共感し、真野礼二(錦戸亮)に癒される女性が多いのも頷けます。

 

今後の展開としては、真野礼二の兄が幻想で出てくるのが気になる伏線です。

家族が惨殺されたが、そこに隠された秘密とは?

トレース 原作コミック最新刊第6巻は1月19日発売!

ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」第3回予告

2019.1.21 放送 第3話

科捜研の真野礼二(錦戸 亮)は、絞殺されたものと思われる9歳の少女・松戸ココ(高松咲希)に関する鑑定を依頼される。

ココは、同級生の三島唯(稲垣来泉)と公園内の山林に基地のようなスペースを作って遊んでいた。夕方、唯は先に帰ったが、ココの母親から娘が帰宅しないとの通報があり、翌朝、ココは遺体となって発見されていた。死因は窒息死だった。また被害者の通う小学校付近では不審者の目撃情報もあったという。ノンナ(新木優子)とともに付着物のDNA鑑定などを行った真野は、被害者に暴行された形跡がないことを確認する。するとそこに、虎丸(船越英一郎)の先輩でもある刑事・鶴見茂(大地康雄)が現れる。鶴見は、20年前と10年前に起きた連続幼女殺人事件を追っており、今回のケースも犯行手口が酷似していることから情報を求めにきたらしい。実は鶴見たちは、10年前に被疑者として西内智幸(池内万作)をマークしたが、証拠不十分で逮捕出来ずにいた。その西内は、ココも時々訪れていた児童館のボランティア職員だった。

虎丸は、ココの両親・志津香(松本若菜)と直樹(永岡佑)に会いに行く。だが、志津香と直樹は、お互いに責任をなすりつけ、ケンカを始めてしまう。

そんななか、真野たちは証拠を求めて臨場に行く。そこで、木の枝が折れていることに気づいた真野が周辺を調べると、タバコの吸い殻が落ちていた。吸い殻から採取した検体のDNA型は、西内のDNA型と一致し…。

引用:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/story/index.html

ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」第2回を見逃した人無料で視聴する方法

フジテレビ系列のドラマトレース〜科捜研の男〜を見逃したという方は、第1話〜放映後の最新話までFODで配信されています。

今なら、初回の登録後31日間無料で視聴可能です。

見逃してしまったという方は、31日間は無料で視聴可能ですよ。

【FOD】今なら31日無料
RELATED POST