2019夏ドラマ

『ボイス110』1話〜見逃し動画を全話無料視聴&感想!再放送予定まとめ

2019年7月13日の土曜日夜10時からは、日本テレビの新ドラマ『ボイス110緊急指令室』が放送スタートします。

原作は韓国ドラマで大人気だった「ボイス〜112の奇跡〜」であり、サスペンスドラマ好きには見逃せないのではないでしょうか?

ストーリーは原作の韓国ドラマと全く一緒なのか、それとも日本オリジナルなのかも気になりますね。

今回は、日本テレビの新ドラマ「ボイス110緊急指令室」の第1話を見逃してしまったという方のために、見逃し配信動画のご紹介をします!

 

ドラマ『ボイス』第1話〜 Huluで全話配信中!

 

ドラマ『ボイス110』を無料視聴する

 

Huluでドラマ『ボイス』を完全無料視聴可能です。

14日間の無料視聴期間中に解約すれば、一切費用はかかりません。

  • 日テレのドラマ、バラエティ、アニメなどコンテンツが盛りだくさん!(コナン、進撃の巨人、マツコ会議、あなたの番です、3年A組、GOTなど)
  • 映画やHuluオリジナルコンテンツが追加料金なしで利用可能!
  • スマホやパソコン、テレビでも利用可能!

2019年8月時点での情報です。詳細はHuluのホームページにてご確認ください。

 

Contents

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第1話〜最終話見逃し動画を視聴する方法

再放送はある?

残念ながら、『ボイス110緊急指令室』の再放送予定は発表されていないようです。

地方局などでは、深夜や違う曜日で放映されているところもあるかもしれません。

放送終了後1週間以内

『ボイス110緊急指令室』最新話の放送終了後、1週間以内であれば下記サービスにて無料で視聴が可能です。

 

第1話から視聴したい

すでに放送が終了して1週間以上が経ってしまっている話は、Tverや日テレオンデマンドでは視聴できません。

しかし、民放のドラマが視聴できる動画配信サービスはいくつかあります。

ドラマ『ボイス110緊急指令室』の見逃し視聴ができるのは、日テレドラマの公式の動画配信サービスでもある「Hulu」です!

公式ホームページにも書かれていますが、ドラマ『ボイス110緊急指令室』の見逃し動画を全話フル視聴できるのは「Hulu」のみです。

 

「Hulu」には、無料視聴期間が14日間あるので、その無料視聴期間のみの利用であれば費用は1円もかかりません。

 

  1. Huluに無料視聴期間(14日間)を利用して契約する
  2. ドラマ『ボイス』の見逃し動画配信を視聴する
  3. Huluの他のコンテンツも利用可能!
  4. 無料視聴期間(14日間)のうちに、解約手続きをする

これで掛かる費用=0円!

 

無料動画アップロード投稿配信サイト

YouTube、Dailymotion、Pandora、9tsuなど、動画アップロードサイトでも日本のドラマやアニメの動画がアップされていることがあります。

無料で見れるのは非常に魅力的ですよね。誰だって、無料で手に入るものにお金を払いたくはないものです。

しかし、無料で見ることができるという背景に、そのウラがあることも忘れてはいけません。

なぜ無料で見ることができるのか?便利さの陰にはリスクも伴います。

個人で視聴するには個人責任となりますので、何か損害があっても泣き寝入りするしかありません。これらで視聴される場合は、あくまで自己責任でご視聴ください。

  • Pandoraやデイリーモーションなどにアップされている動画は違法
  • ウィルス感染のリスク
  • 個人情報が漏洩するリスク
  • 画質や音質が良くない
  • 動画があるとは限らない

 

ドラマ動画を無料アップロード動画配信サイトで見るのは違法?視聴利用者が罪になることもある?テレビドラマや映画をインターネットでよく見るという方は多いと思います。 動画の配信サービスも多く、無料でアップロードもされておりユ...

ドラマ『ボイス110 緊急指令室』第1話〜全話あらすじ

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第1話ネタバレあらすじ

3年前、横浜―。検挙率トップを誇る港東署強行犯一係の係長・『ハマの狂犬』の異名を持つ樋口彰吾(唐沢寿明)はその日、犯罪グループの張り込み中、妻・未希(菊池桃子)からの着信に気づくものの、業務を優先してしまう。その着信が妻からのSOSだとは知らずに……。

その頃、再開発地区では、謎の殺人鬼に追われ恐怖の中で息を潜める未希が、110番に助けを求めていた。

港東署の緊急指令室で未希のSOSに応じた警部補・橘ひかり(真木よう子)は、その声に緊急性を感じるが、一度切れた通話にコールバックしたことで殺人鬼に居場所を知らせ、電話越しに未希が惨殺される一部始終の音を聞いてしまう―。後輩の石川透(増田貴久)から事件の連絡を受けた樋口は、同期の強行犯二係・沖原隆志(木村祐一)の制止を振り切り、惨殺された妻の姿を目の当たりにして言葉を失うのだった。

1ヶ月後。法廷には未希殺害の被疑者・相良(平原テツ)の姿が。事件当日は泥酔状態で何も覚えていないという相良に対し、検察側の証人として証言台に立ったひかりが、相良の声が電話で聞いた犯人の声ではないと証言する。通話記録を調べればわかると話すひかりだが、提出された証拠には犯人の声は記録されておらず……。相良の犯行を確信する樋口は、ひかりの証言に逆上し、法廷は混乱に包まれる。

3年後―。交番勤務に配置換えになった樋口は、かつての同僚たちからも煙たがられるほど落ちぶれていた。一方、科捜研で難事件を解決し実績を積んだひかりは、自ら希望を出し港東署の緊急指令室長に就任。被害者を迅速に救出するためのチーム、“ECU(Emergency Call Unit)”の設置を警察幹部たちに提案する。ひかりは樋口を新しいチームの現場リーダーにするつもりだと話すが……。

そんな中、緊急指令室に若い女性・萩原夏美(吉川愛)から通報が入る!事態が一刻を争うことを察知したひかりは自ら指揮を執り、樋口に指示を出すが……!?通報者の身に危険が迫る緊迫のカウントダウンはすでに始まっていた!!

引用:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

警察への電話となる110番。

そこで電話を受ける緊急指令室が舞台となる、本格的なサスペンスドラマになりそうですね。唐沢寿明さんの刑事役は久しぶりです。

歳を重ねて、さらに円熟味を増していそうですね。

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第2話ネタバレあらすじ

電話から聞こえる微かな音を頼りに被害者の監禁場所を突き止めたひかり(真木よう子)
女子大生連続殺人事件解決後、ひかりは3ヶ月の条件付きでECUの設置を許可される。

しかし、普通は聞こえるはずのない音だけを頼りに監禁場所を突き止めたというひかりを信用できない樋口(唐沢寿明)は、現場リーダーへの誘いを突っぱねてしまう。

一方、署長の田所(小市慢太郎)から指示を受けた強行犯係の沖原(木村祐一)は、緊急指令室に戻ってきたひかりが自分のチームに樋口を入れようとしている目的を探っていた……。

翌朝、長らく入院している一人息子・大樹(鳥越壮真)の病室で夜を明かした樋口は、後輩の石川(増田貴久)からの電話でひかりが自分たちをECUに異動させたことを知る。苛立つ樋口は、電話からの音が聞こえたというひかりの耳を試すため、離れた距離からひかりに呼びかける。すると、ひかりは普通は聞こえるはずのない樋口の声を聞き取って……。

樋口に詰め寄られたひかりは、自分の聴力の秘密を打ち明ける。そして、3年前に妻の未希(菊池桃子)が殺害された事件の陰に、ひかりを巻き込んだもう一つの痛ましい事件が隠されていることを知る樋口。その内容はあまりに衝撃的なものだった……!!果たして、ひかりが樋口をECUに呼び寄せた真の目的とは!?

引用:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第3話ネタバレあらすじ

県警に勤める栞(石橋菜津美)の妹・葵(矢作穂香)が拉致され、緊急指令室に通報が入る。
ひかり(真木よう子)は直ちに樋口(唐沢寿明)に指示を出し、葵の携帯のGPS情報を頼りに現場の捜索態勢を整える。

犯人の車で移動中と思われる葵の詳細な位置を掴むことが難しい中、葵の携帯と通話がつながり、タオルで口を塞がれたようなうめき声が聞こえてくる。

ひかりは通話口から漏れ聞こえる周囲の音に集中し、葵の乗せられた車の車種や位置を推測する…。現場で捜索を続ける樋口は、ひかりの能力を信じ、該当する車を追跡。その車両ナンバーから車の所有者が葵のかつての交際相手・大森だと判明する。犯人の車を停車させ説得を試みる樋口だが…。

一方、ECUをよく思わない強行犯係の沖原(木村祐一)は、ECUを潰すべく犯人確保に部下を動員する。捜査網が錯綜する中、樋口はあることが気になり署に引き返していた。栞と葵の叔母・志津(YOU)と、葵の恋人・新田(森永悠希)も署に駆けつけ、妹の相談に乗らなかったことを悔やむ栞と共に不安な時間を過ごす中、ある手がかりを得た樋口はひかりと共に事件に仕組まれた罠に気づき始めていた……。

被害者の身が危険にさらされる中、緊迫の追跡劇が繰り広げられる!そして、ひかりを最大の危機が襲う!その時、樋口は……!?

引用:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第4話ネタバレあらすじ

葵(矢作穂香)の居場所が掴めぬまま、事件発生から4時間近くが経過。

新田(森永悠希)が海外への逃走資金を稼ぐために葵のレイプ動画のライブ配信を予定する時刻が迫っていた。

沖原(木村祐一)たち強行犯係は新田の逃亡ルートとなる港の張り込みに動くが、樋口(唐沢寿明)らECUと沖原たちが衝突!ECUは強行犯係とは別行動で葵の捜索に全力を注ぐ。

葵の身に刻々と危険が迫る中、ひかり(真木よう子)は新田が樋口の妻・未希(菊池桃子)の殺害事件について関与をほのめかしていたことを樋口に話す。

一方、緊急指令室で新田の過去を洗っていた緒方(田村健太郎)は、その意外な正体を突き止める。それを聞いた栞(石橋菜津美)は、妹の葵は廃校になった中学に監禁されているはずだと言い出し……。樋口とひかり、石川(増田貴久)は廃校へ急ぐ!闇に飲まれた廃校で、緊迫の救出劇が始まろうとしていた……!!

引用:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第5話ネタバレあらすじ

3年前の事件の真犯人が新田(森永悠希)を殺したと考えるひかり(真木よう子)は、警察内の協力者として沖原(木村祐一)を疑う。

現場で証拠を探す樋口(唐沢寿明)とひかりは真犯人のある特徴を突き止めるが……。そんな中、ECUでは新しく加わった栞(石橋菜津美)が、6歳の子供・歩(正垣湊都)から、母親(ソニン)に刺されて洗濯機の中に隠れていると通報を受ける!!

ひかりは事件の異常性を察知し、樋口と石川(増田貴久)に出動を指示。しかし、歩は母親の名前も知らないばかりか、部屋から出たことがないので住所もわからないと話す。電話口から歩を探し回る狂気に満ちた母親の声が漏れ聞こえてくる中、歩の生死を分けるクライシスタイムが始まる……!!

樋口と石川は、歩が見た窓からの景色とGPS情報を頼りに特定した団地に駆けつけるが、目の前には歩の部屋を突き止めるのは不可能なほど巨大な団地群が広がっていた……。さらに歩を励まし続けるひかりだったが、その断片的な情報から次第に事件のおぞましい全貌が見えてくる…。

そして、通報から10分が経過。緊急指令室に歩の悲鳴が響く……!!被害者の絶体絶命の危機にECUのチーム能力が試される!さらに、3年前の事件の核心に迫る樋口に、黒い影が忍び寄っていた……。

引用:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第6話ネタバレあらすじ

真犯人の情報を掴んだ樋口(唐沢寿明)が襲撃され消息を絶つ。

愕然とするひかり(真木よう子)沖原(木村祐一)を疑いつつも強行犯係の力を借りて樋口を探す。石川(増田貴久)は樋口の携帯のGPS情報を頼りに現場へ急行。しかし、樋口の携帯を持っていたのは思いもよらない人物で……。

その頃、廃工場に監禁された樋口は“カチカチと顎を鳴らす男”(手塚とおる)と対面していた。自分が樋口の妻を殺したと言う男は、部下たちに樋口の殺害を命じる……!!
男の部下に囲まれた樋口は、不利な状況でも諦めずに戦い続けるが、男の側近が構えた銃が樋口を狙う。発砲音が響く中、沖原たち強行犯係が駆けつけるが……!!

田所(小市慢太郎)から3年前の事件の勝手な再捜査について再び勧告を受けたひかりは、新田の殺人と樋口の襲撃についての被疑者の指名手配を求める。そして沖原は捜査の動向をある人物に報告していた。

一方、大企業・本郷ホールディングス本社では、会長の本郷辰夫(伊武雅刀)による再開発地区のリゾート建設の記者会見が開かれていた。上機嫌の本郷の元にやってきた秘書が、ある人物が指名手配されたことを告げて……。徐々につながる点と点……。そんな中、新たな標的が狙われる!

引用:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第7話ネタバレあらすじ

“カチカチと顎を鳴らす男”(手塚とおる)を追っていた沖原(木村祐一)の変わり果てた姿を発見したひかり(真木よう子)。

病院で大樹(鳥越壮真)を襲った男・長坂(敬太)を確保した樋口(唐沢寿明)は、沖原の訃報を聞き凍りつく。

そんな中、樋口とひかりは、一連の事件の残忍な手口から真犯人は他にいると気づき始めていた……。

その頃、本郷グループの社長にして真犯人の本郷雫(伊勢谷友介)は、暴力と恐怖で支配した義理の兄に濡れ衣を着せ、悠々と日常生活を送っていた。

樋口とひかりは未希(菊池桃子)が殺された時の犯人の「調子に乗るからだ」という言葉から、事件が通り魔的犯行ではなかったと考え捜査を進める。

そして、ソーシャルワーカーとして当時自立支援センターで働いていた未希と真犯人を繋ぐ意外な接点にたどりつく!!

そして、ECUに“人質を道連れに屋上から飛び降りようとしている男・高木“から通報が入る。派遣の土木作業員である高木は、自分を取り囲む会社の男たちに「殺される‼」と騒ぎ、しきりに助けを求める。

樋口と石川(増田貴久)が現場に到着。会社の人間が説得しようと高木に近づくが、その様子に現場の樋口と緊急指令室のひかりは違和感を感じ……。

引用:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第8話ネタバレあらすじ

上杉(手塚とおる)の遺体がペンションで見つかった。

真犯人への手がかりを失い怒りに震える樋口(唐沢寿明)の姿に、ひかり(真木よう子)と石川(増田貴久)は心を痛める。そんな中、殺人に使った凶器をコレクションしている雫(伊勢谷友介)は、留守中に自宅の戸棚を開けた形跡があることに気づく……。

未希(菊池桃子)が生前抱えていたものに耳を傾けなかったことを悔やむ樋口は、真犯人逮捕を改めて誓う。
そして上杉の側近の話から、『本郷ホールディングス』が上杉の会社経由で路上生活者に違法な働かせ方を強いていたことが明らかに。

そして樋口とひかりは、本郷の息子・雫が、沖原(木村祐一)が殺害された時同じ店にいながら参考人聴取の呼び出しに応じていないことに疑問を感じー。

そんな中、失踪した路上生活者の謎を追う樋口のもとに検察庁特捜部の強制捜査が入る!樋口の処分次第で解散の危機に追いやられるECU!しかし、ひかりは不自然な理由で突然圧力がかけられたことを不審に感じ、ECU内部に真犯人と通じる内通者がいることを疑う。その人物は、あまりにも意外な相手でー。

その夜、自宅に帰ったひかりはドアの外から鉄球のような物を持った人物が近づいてくる足音を聞き、恐怖を感じる。ドアスコープを覗いたひかりが見たのは、不気味に覗き返す殺人鬼の目で……!!

大胆不敵な殺人鬼・雫がついに樋口とひかりの前に現れる!
真実を追う二人の闘いはいよいよ次のステージへ!

引用:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第9話ネタバレあらすじ

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第9話のネタバレあらすじ・ストーリー

本郷ホールディングスが関わる地下鉄駅拡張工事の現場でトンネル崩落事故が発生!

現場に駆けつけた樋口(唐沢寿明)は緊急指令室に救助要請を指示するが、ひかり(真木よう子)はトンネル内から漏れるガスの音に気づく。
樋口と石川(増田貴久)は爆発の危険が迫るトンネルに入り、ひかりが聞き取った音を頼りに暗闇の中で生存者を探すが、ガス漏れによる爆発が襲い……!

消防隊が消火にあたる中、樋口は開発反対派の一人から、本郷ホールディングスが絡んだ別の工事現場でも事故が起きていたという話を聞き、疑念を抱く。そこに雫(伊勢谷友介)が現れて……。雫の挑発に怒りを感じる樋口の隣りで、密かに雫と通じる石川は身を強張らせていた……。

本郷ホールディングスが絡む工事について調べていたECUは、ずさんな管理体制を突き止める。そして、雫の殺人の証拠を探す樋口とひかりは、未希(菊池桃子)が残したボイスレコーダーから微かに海の音が聞こえることに気づき、雫が殺人を繰り返している場所が海のそばにある、と推測する。ひかりは内通の疑いがある石川をチームから外した方がいいと主張するが、樋口は石川が犯人に取り込まれた理由を自分が探ると話す。

樋口は、本郷ホールディングスの下請けリストに石川の父親がかつて勤めていた会社の名前があることが気にかかっていた。
その頃、施設にいる父親を見舞った石川は、一人苦悶の表情を浮かべ……。苦悩する石川が選ぶ道とは……!?
そして、殺人鬼・本郷雫誕生の秘密が明かされようとしていた……!

引用:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第10話ネタバレあらすじ

雫(伊勢谷友介)の別荘に急行した樋口(唐沢寿明)は、雫の車と血痕を見つけ、消息の途絶えた石川(増田貴久)が中にいると確信。

室内に人気は無いものの、現場音を聞いたひかり(真木よう子)が地下室の存在に気付き、向かう樋口。
すると、そこで樋口を待っていたのは血まみれで倒れている石川だった…。

怒りに震える樋口に奇襲を仕掛ける雫!
樋口と雫の激しい銃撃戦が繰り広げられる!激闘の末、駆けつけた強行犯係によって取り押さえられた雫は、怒りの治まらない樋口を楽しげに挑発して…。

現場の樋口に合流したひかりは「怪物を作るのは人」だと話し、歪んだ父子関係によって殺人鬼となった雫の心中を想像する。そんな中、雫の容態が急変し意識不明だと無線が入りー。

不審に思った二人は病院へ向かうが、処置中に雫が服毒自殺を図って死亡したと告げられる……!!
周到な筋書きに疑念を抱く二人は、雫を乗せたストレッチャーが地下駐車場から運び出されたことに気づくが……!
最後まで目が離せないスリルと衝撃の最終回!

引用:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第1話〜全話ネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第1話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第1話のネタバレ感想

40代男性の口コミ
40代男性の口コミ
複数の事件をリアルタイム風に絡ませて進行させていくドラマは、日本ではあまり作られていません。ですので日本の捜査官物のドラマとしては珍しく常に緊張感を感じる仕上がりでした。

アクションシーンもそれなりに迫力ありましたので近年ではなかった派手な刑事ドラマが展開されています。

プロローグ的な意味合いの樋口の妻・未希の殺人事件。

いくつもの謎がありこれの真実究明を進めつつ、目の前で起こる事件に対応していくめまぐるしい展開が見所です。

日本ではこういった作品はあまり作られないため慣れない視聴者が多いかと思います。ですが複数の事件と時間を意識させた作りは視聴者をひきつける要素が強いです。

このドラマまだ荒さが目立ちますが、洗練されて来れば話題作になることでしょう。

40代女性の口コミ
40代女性の口コミ
主人公の唐沢寿明は持ち味の明るく、軽いキャラクターですが自分の妻を殺されたことからその表情は一変するところは見ていてリアルさを感じました。

殺され方もウェイトトレーニングに使うような鉄の塊で思い切り顔を殴り認知出来ない状態にまでされるというなんとも残酷なシーンもあり目を背けたくなる場面があります。

110番通報がいかに緊急性が高くまた想像力を必要とし間違った判断をして取り返しのつかない結果を招くか学ぶことも出来ます。

このドラマにでは凶悪犯罪に焦点をあて1話の終わりまで連続殺人犯に近いところまで来ていて、誘拐されている女性を助けだせるか、また間に合わずに殺されてしまうのかというところで終了してしまうため、次回見ずには入られないようなつくりで話しが進むにつれて妻を殺した犯人に近づくのかも期待したいところです。

20代女性の口コミ
20代女性の口コミ
通報があってから10分以内に通報者のもとに駆けつけると言っていたのに中々場所が分からないまま結局監禁されていた女の子は殺されてしまったから少しイライラしました。

電話をしながらも警察官の女の人は「大丈夫、大丈夫。」と言っていましたがあの状況で大丈夫な訳がないと思いました。

ギリギリ旦那さんの刑事が間に合って助かるのかと思ったけど間に合わなくて残念でした。これからはきっとあの二人が協力していいコンビネーションで犯人を捕まえていくんだろうなと思います。

ドラマの中での話だけど実際にもこういう事はあると思うから本当に10分以内に被害者のもとに駆けつけれたらもっと助かる人は増えるだろうと思いました。

20代女性の口コミ
20代女性の口コミ
とても緊迫感のある、日本のドラマとは思えない感じでした。わたし個人としては、NEWSの増田くんがなよなよ新米刑事なので、唐沢さんの下でどれだけ強くたくましくなるのか、とても楽しみです。

一話のゲストの吉川愛さんの演技もとても迫真の演技で、怖さがより伝わりました。今後のゲストの方、どんな方が出で、どんな緊張感を出してくるのかとても気になります。

とにかく、怖くてスリルのあるドラマでした。むしろ、映画のような臨場感もあり、真っ暗な部屋で一人で見たら本当に怖いなと思うリアルな映像でした。そして、唐沢さんのさすがな演技にも注目です!

40代女性の口コミ
40代女性の口コミ
唐沢寿明と真木よう子の2人を軸にし、ぶつかり合いながら事件を解決し、唐沢寿明の奥さんを殺した犯人辿り着くのだろうと。

予想ストーリーはこんな感じですが。

警察の縦社会をどれだけ変えたり、破れるのかも 見所だと思います。韓国バージョンではアクションや爆発も派手でしたが、日本なので抑え気味になりそうです。

配役の年令も高めなので、アクションではなく、心にも訴えるような内容を期待しています。

1話が終わり、被害者の傷や血が、リアルというか、美術さん上手過ぎるので、子供には見せられないと思うのが残念です。

目に入る傷がライトって 難しいですよね。対象年令が難しいですね。

40代女性の口コミ
40代女性の口コミ
最初は、サスペンスやホラー映画によくあるシーンだなあと思って見ていましたが、あまりの緊迫した演出に見入ってしまいました。

そして、実際にこのような凶悪事件があっている現代なので、凶悪犯から逃げる未希や若い女性を見ているとドラマといっても、現実味を感じてしまって、とても怖くなりました。

まだ、始まったばかりで、なぜ、裁判で橘が証言したことと違って、通話記録が途中で終わっていたのか、未希の犯人は誰なのか、また若い女性も殺されてしまうのか気になります。

未希の犯人はもしかしたら、彰吾に恨みを持つ人間だったりすると、また話に深みが出て面白くなりそうだなあと思います。

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第2話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第2話のネタバレ感想

20代女性
20代女性
夏美が誘拐犯に襲われているシーンは血だらけでボロボロでたくさん殴られてあまりにも酷く心が痛かったです。
樋口が助けに来てくれた瞬間はこちらも本当にホッとしました。

犯人との攻防もかなり激しく、過去の被害者たちの酷い写真もたくさん散らばっているのを見て樋口が犯人を殺してしまいたいという気持ちもよく分かりました。

一番驚いたのはひかりの父も樋口の妻と同じ犯人に撲殺されていたということ。
それも何度も何度も殴られていてどれだけサイコパスな犯人なんだろうと恐怖を覚えました。警察内部に内通者がいるとのことだったので一体誰が内通者なのだろうと疑心暗鬼になりながら見ていくことになりそうです。

20代女性
20代女性
事件シーンが暗いのは相変わらず。そして日本の警察ドラマとしては明らかにおかしい設定が山盛りでしたが原作に近づけるとするならそれはしょうがないですかね。

アクションシーンを長々としたり残酷なシーンを所々入れるなど本来なら深夜枠な作りのドラマをこの時間に持ってきたのは評価する点でしょう。

設定は日本の事情に近づけるべきだとは思うのですがそれだと迫力不足になってしまいかねません。賛
否はあるでしょうがこれでいくのでしょうね。今後も残虐事件が立て続けに起きるのでしょうが、警棒で立ち向かうのは斬新ですので続けてもらいたいです。
アクションシーンを取るのは大変でしょうが次回も期待しています。

40代男性
40代男性
前回のグロテスクなものを想像していたので、今回はそんな場面は少なく、とても穏やかに見ることが出来ました。

橘の聴力がものすごいところや、父の過去、また樋口と同じで真犯人の被害者であることが印象的でした。
だからこそあの事件を解決したいのだろうし、ECUを設立して、同じような立場にある人を救いたいのだろうと思います。

今後ベースとなっているあの事件の進展、警察が絡んでいるのか、なにか隠蔽しているのかというとこに期待しています。
また、森下葵の姉が次の話の進展によってECUに加盟するのかが、見どころだと思います。

20代女性
20代女性
三年前の真犯人は警察を操れるほどの大物ということで、未希殺害後スーツに着替えていたことから、政治家もしくは大企業役員、弁護士、医者あたりではないかと思いました。

協力者は、沖原も怪しいですがちょっと弱いので、田所かそれ以上の警察幹部ではないでしょうか。
もし透が協力者だったら泣きます。

彼にそんな器用なことできなさそうなんですが、やたらひかりを敵視してるのが気になります。
真犯人が医者だった場合、樋口の息子が入院する病院の医師かもしれないので、ハラハラしてしまいますね。

ひかりの聴覚がどのくらいすごいのか、数値化してもらえると実感しやすくていいのですが、今後明かされるか期待しておきます。

森下などのECUのメンバーが次週で確定して、小言を言い合いながらも団結して事件を解決し、被害者の命を救ってくれる展開をはやく見たいですね。

30代男性
30代男性
夏美を拉致し殺害しようとした、凶悪で狂暴な犯人と樋口の格闘は手に汗握り、犯人をノックダウンさせたまでは良かったのに、被害者たちの写真を見た瞬間の樋口が怒りに震えだして一線を越え闇に入ろうとした瞬間はゾッとしました。

樋口はひかりの超人的な聴力を聞いても理解できず、確かめた後も上層部に改ざんされた事を聞いても証拠がないの一点張りは警察官らしくはあるものの見ていて悔しくなりました。

樋口が未希殺害の真犯人と考えていた極悪人の相良が自殺するわけがないのに、署長の田所が強行犯の沖原と自殺と発表する事で、やっと樋口が理解し始め、ひかりと協力関係がうっすらと出来上がったのが良かったと感じました。

ひかりの発案したECUに一定の理解を示したと感じた署長の田所が、すぐさまひかりの動向を強行犯係の沖原にさせる所を考えると、樋口の妻の未希とひかりの父親の殺害をした真犯人と繋がっている感じを強く受ける。

腐敗した組織なのかと思えてしまい、警察組織が縦社会とはいえ、相良の死を自殺と発表する場に沖原も同席して淡々と伝えるのが情けなく、真実を求める樋口とひかりは前途多難にしか見えず、頼れるのは自分の中にある正義だけなのかと思いました。

新たに発生するECUメンバー候補の森下の妹の葵の誘拐事件を、強行犯のメンツをかけて係長の沖原が解決しようとする事で大混乱になり、強行犯とほぼ一緒のECUには苛立ちしかなく、これからもちょくちょく邪魔な存在となりそうで、ひかりが考えたクライシスタイムの想定は10分が限度としているのに、ギリギリな展開になり毎回ハラハラさせられる気がしています。

40代女性
40代女性
また新たに女性が拉致されてしまいます。しかも新しい警察組織への参加を断っている5か国語を話せる女性警官の妹です。

彼女は妹と電話で話をしている最中に、犯人に拉致されてしまったようです。

一体犯人は誰なのか、警察に圧力をかけられる人物のようですが、見当もつきません。

また、なぜ犯行を続けるのか、何が目的なのか、被害者が狙われてしまう理由があるのか、ないのか、こちらも全然わかりません。

妹さんが助かるのかどうか次回の見所になるかと思います。助かるにしろ、そうでないにしろ、言語にたけている女性警官がチームの新たな一員になりそうな気がします。

新たなチームが結成され、どうなっていくのかが楽しみです。それぞれ得意分野があり、その強みをいかせるチームが結成されそうです。

樋口の妻であった未希(菊池桃子)の殺害現場に、いち早く駆けつけていた警察官が光の父親であったという衝撃の新事実が判明しましたね。

さらに、その警察官であった父親も同じ犯人に殺されていたということも。

ひかりが話した電話の録音データが消されていたり、飛び降り自殺だと発表された容疑者相良の不審な死。

樋口が警察組織に疑いを持ち始めて、ここからは真犯人と事件の真相がどうなるのか?が話のポイントになっていきますね!

なんか沖原係長(木村祐一)も何気に怪しそうですし、上層部の人間はみんな怪しく見えますよねw

次回も楽しみです!!

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第3話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第3話のネタバレ感想

50代女性かまぼこ猫さん
50代女性かまぼこ猫さん
ひかりの驚異的な「音が見える」力によりグイグイ犯人を追い詰めたにも関わらず、せっかく停車させた車に樋口が余裕かまして近づいたため発砲されて逃げられる。

ひかり自身も怪しいと思った今カレをひとり駐車場に追っていって拉致されてしまう。そんな風に「すごい!」と盛り上がって「詰めが甘い!」とがっかりして、の繰り返しで相当やきもきさせられます。

でも、このやきもきが段々クセになってくるんですよね。

真木よう子さん演じるひかりの「音が見えるほど耳がいいのに滑舌が残念」なところも絶妙にやきもきさせてくれて、これもクセになるから不思議。

しかし、ひかりの目を見開く表情は、滑舌の悪さを補って余りあるので一見の価値があります。

スタッフもそのあたりよくわかっていて、今回なんて袋詰めにされて運ばれていくひかりの袋の中の表情をこれでもかと見せてくれて。

土に生き埋めになる表情までアップ出見せるというサービスぶり。ひかりの目に強い意志と闘志が現れているので、ハラハラはするけど悲壮感はない。

とはいえ、樋口はスコップで埋め終わったところを発見したのに、逃げ去る犯人の車を走って追いかけてしまって、やはり視聴者はやきもきすることになります。

「ひかりを掘り出してやれよ」とみんなテレビの前で一斉に突っ込んだことでしょう。そして、ここで次週に続く…!

見事にドラマに翻弄されてしまう快感は、今期の他のドラマの追随を許しません。連続ドラマの最大の醍醐味・やきもき感を満喫したい方は、ぜひ一度ご覧になっていただきたいと思います!

20代女性えりさん
20代女性えりさん
あいかわらず橘さんの能力はすごいなと思いました。

助けを求める人の声を聞き、今その人がいる情景が見える能力すごいなと改めて感じました。

しかし、橘さんまでも襲われてしまうのにはビックリしました。

確かに疑っていたものの、本当に襲われると思ってなかったのでビックリしてしまいました。

卑劣なことばかりしたきたから何でも出来てしまい、人を埋めてしまうのかとちょっとムカついてしまいました。

来週は犯人捕まってほしいなと思いました。

まだ森下室長の妹も見つかってないし、橘さんも土の中から発見されてないので早く2人とも見つかってほしいなと思いました。

20代女性菜々さん
20代女性菜々さん
ひかりの音が見えるという発言にはとても驚きましたがその発言通りに携帯越しに場所も特定し車と車の接近を突き止め犯人に辿り着けていたので流石だなと感心しました。

緒方もホワイトハッカーとして流石の情報分析能力を発揮し、栞も語学堪能であるのを生かし犯人に迫っていってやっとECUがチームとして機能してきたなという感じでした。

スペシャリスト達が集まって来ていてもっと信頼しあって行けたらとてもいいチームになりそうな予感がします。

簡単に人がどんどん死んでいくし、こういった拉致事件が簡単に起きてしまうのは現実にあったらと思うととても恐ろしいです。新田の豹変ぶりには驚いてしまいました。

人は見かけによらぬもので第一印象とは程遠くとんでもないクズな男だったので早く捕まって欲しいと願います。流石に生き埋めは勘弁して欲しいものです。ひかりを早く助けてあげて樋口!

30代女性まいさん
30代女性まいさん
前半は、それほど緊張感なく見ていましたが、新田が犯人だとわかり、真木よう子さんが拉致されてからは手に汗握る展開でドキドキしてしまいました。

新田の変貌ぶりが怖くて、ゾゾっときました。緊張感半端ないです!

しかも、せっかく唐沢寿明さんが埋めている現場に間に合うことができたのに、真木さんは新田の車の中で拉致されているままだと思っているなんて、「そんなぁ?」と思ってしまいました。

土の中の真木さんの命のリミットは迫っているので、どうか早く気づいてほしいと願わずにはいられませんでした。一番良いところで次週に続くという、憎い演出ですね。(笑)

真木よう子さんが犯人にとらえられてから、土に埋められるまでの表情に緊張感があり、こちらも思わず息を飲んでしまうようなリアリティがありました。

40代男性イカロスさん
40代男性イカロスさん
前回までで、設定の甘さや、ストーリー展開など、少し内容がしっくりこないと思っていた人にも、安心して見られる仕上がりになっていると思います。

今回は、終始クライマックス的な展開が続いて、引き込まれる感じで、本当に良かったと思います。

事件的にも2転3転あり、緊張感が続いてスリリングです。

犯人は銃を持っていたり、連続レイプを繰り返していたり、警察無線を傍受したりと、本当に狡猾で悪すぎます。

そして、やはりなんといっても唐沢寿明さんの感情がこもっている演技が本当に素晴らしいです。

30代男性ぷーさん
30代男性ぷーさん
二人の警察官の大切な人の死からスタートしました。

一人は唐沢さん演じる警察官の奥さんを、もう一人は真木さん演じる110番緊急指令室の室長のお父さん(警察官)を同じ日にほぼ同じ場所で殺されてしまいます。

しかし室長のお父さんは事故死扱いにされてしまいます。

警察の上層部の闇と二人の警察官の大切な人を殺した犯人との関係はどうなのかと唐沢さん演じる警察官は真木さん演じる室長の能力である小さな音を聞き取れる力を信じていないまま同じチームとして動き始めました。

この二人の関係と室長が目に留めた二人の警察官がどのような働きをして犯人の情報を見つけたり今後警察の上層部や犯人をどう見つけて闇を暴いていくのかが楽しみです。

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第4話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第4話のネタバレ感想

30代女性ちこさん
30代女性ちこさん
犯人がいきなり出てきそうでヒヤヒヤドキドキしながらも最後まで見てしまいました。
一人で見るにはちょっと怖いドラマです。

橘室長が助け出されてまずホッとしました。主人公なのでこんな早く死ぬことはないとはわかっていましたが焦りました。
人を殺したり女性をレイプしたりするのをなんとも思わない人なんてどこかおかしいと思います。

新田の顔が本当に腹が立ちます。表情といい、あの俳優さんが生理的に無理になりそうです。
それに、親が不倫しているのは一緒なのにその後の人生があんなに違うんだなということに複雑な気持ちになりました。

20代女性yuさん
20代女性yuさん
監禁されていた女の人がどうなるのかハラハラドキドキしました!

嫌な時があったときに歌っていた歌を歌い助けを求め、それに答えるように橘さんの耳にきこえ見つけだすことができたときはよかったー!となりました。

樋口さんが犯人を殺すのかと思いましたが思いとどまってくれてよかったです。まさかの犯人が奥さんとお父さんを殺した犯人を知っていて見ていたのには驚きました!!

せっかく見ていた人が現れたのにその犯人を聞き出せずに殺されるとは思いもしなかったです。せっかくのチャンスだったのに可哀想です。

そしてまさかの最後に沖原刑事が鍵を取っていて犯人の仲間だったなんてびっくりです。これからどのような展開になるのか楽しみです!!

20代女性みーたんさん
20代女性みーたんさん
誘拐されて、助かるまでに色々あって…見つけたと思ったら違う部屋で、見つけたと思ったらアクションでドキドキが止まりませんでした。

見つけるまでの、ゆっくり歩いてバッと振り返って確認してといった動きのひとつひとつにいちいち「はっ!!…いない」とリアクションしてしまうくらい一緒に探してました!

犯人が捕まって、途中でトイレに寄って逃げるぞ!と思ったら樋口さんの奥さまを殺害した真犯人が使用禁止トイレから満を持してドーンと登場したときは「ラスボスきたーーー」ってなりました(笑)

顔もがっつりうつって、薄気味悪いなーと寒気がしました。

20代女性愛奈さん
20代女性愛奈さん
人間を人間とも思っていないような犯人が多く出てきて、いつもとても胸糞が悪いです。

女性の悲痛の叫びと恐怖の表情が、いつも真に迫っていてハラハラドキドキさせられてしまいますが、樋口の男らしさには安心感があり、ひかりの聴力は頼りになり、必ず助けに来てくれると信じています。

今回も拉致された被害者が救出されたときはホッとしましたが、真犯人に近づけそうだったのに新田が殺害されてしまい最期の言葉もひかりは聞き取ることが出来ずまた振り出しに戻ってしまってもどかしいです。

新田を殺害したのは手塚とおるさんだったので、真犯人は伊勢谷友介さんだと思っていたのですが一体どういうことなんだろうとモヤモヤしています。

木村祐一さんの最後の怪しい笑みも内通者は彼なのだろうかとまだはっきりと分からないので早く続きが見たいです!

40代女性なつみんさん
40代女性なつみんさん
廃校での葵の救出シーンは、石川、樋口、ひかりが別行動になったので、誰か襲われてしまうんじゃないかと、ヒヤヒヤ、ドキドキしました。

それに爆破シーンもあってド迫力でした。

2話にわたってやっと新田を逮捕できたにもかかわらず、彼が樋口の妻やひかりの父を殺した犯人に殺害されてしまって、ビックリしました。

樋口やひかりは、この先どうやってその犯人を追いつめるんだろうと、気になって仕方ありません。

しかも、どうして沖原(木村祐一)が、新田が持って行った手錠のカギを隠すように拾って行って、含み笑いをしたのか考えると、この先も見逃せないなあと思います。

50代女性みつきさん
50代女性みつきさん
葵とひかりが救出されてほっとしたのも束の間、新田がひかりの父親を殺害された現場にいて、犯人の顔を見ていたという衝撃的な事実が判明しました。

黒いコートを着た男もはっきり分かりました。多分、樋口の妻を殺した犯人もその男が実行犯に違いないと思います。

新田は犯人の顔を見てしまったので、口封じの為に殺されてしまったんだと思います。

それより、樋口の元同僚の沖原が、事件に関係があるのかなと思いました。最初から怪しいと思っていたのですが、この人物が犯人なら理由は分かる気がします。

そして、早く真実をつかみ、樋口とひかりの無念を晴らして欲しいと思いました。次回も楽しみにしています。

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第5話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第5話のネタバレ感想

20代男性しひり
20代男性しひり
緊迫しながらもこの世の中の問題をテーマとしているので見応えがありました。子供虐待という社会問題をテーマにしています。虐待が親から子に受け継がれる可能性があるということが見て伝わりました。

さらに、母親が洗脳されていることもわかりました。虐待は自分たちだけでは解決できないということがわかりました。

班長と司令室長の見事な連携は今後にも期待になりました。どんな状況であっても深呼吸することで見えるものが増えるからこそ落ち着いて行動することが必要だとメッセージが伝わりました。

同じ境遇の2人が今後どのような道を歩むのか楽しみです。そんな楽しみもありながら、次回はハラハラする内容でした。本間の犯人に近づいたかもしれないのです。

20代女性玲奈
20代女性玲奈
血の付いた包丁を片手に息子を血眼で探している母親がとても恐怖でした。歩を見つけた時のみぃつけたという表情がとんでもなく怖かったです。

しつけという名目で言うことを聞かない子供を包丁で脅し更には刺してしまうだなんて、人としてあってはならないことです。

しかし、現実にも過度な虐待で子供を殺害してしまうような親がたくさんいて、こんな世の中は間違っていると改めて考えさせられました。

団地であんな事件が起こってしまうと、他にも似たような家庭があり見つけ出すのが困難になってしまうのだなと思いました。

お腹を刺されて、髪を掴まれ、首を絞められてもごめんなさいと謝り続ける歩が本当に可哀想でたまりませんでした。

ひかりが足音で年齢と性別までを判別できるとはかなり驚きました。まさかの人物が犯人だったので、人は見かけによらないなと改めて感じました。

薬を飲まなかったり僅かな情報で歩の監禁場所を特定できる樋口の判断力の凄さも改めて感じられて歩を無事助けられてホッとしました。

40代女性なーたん
40代女性なーたん
同じぐらいの子を持つ母として、歩君の終始痛いげな姿見て、胸が張り裂けそうになっていました。

しかもあまりにもソニンの気が狂った母親役がうますぎて、余計に緊迫する状況が演出されていたと思います。

その母親の奈央が橘の説得で、彼女自身が虐待を受けていたことや、歩君を救おうと本当のママの姿に戻ったときは、奈央もこれまで辛かったんだろうなあと同情する一方で本当にホッとしました。

しかし、樋口の到着の時には、歩君は何者かに連れ去れたという大どんでん返しには、歩君が本当に助かるのか、ハラハラドキドキが止まりせんでした。

それに、樋口が犯人に毒をもられ、殺されそうになるシーンはどうなっちゃうの?っとめちゃくちゃハラハラしましたが、わざと罠にかかっていたという、機転の利く発想で、すごく爽快な結末で良かったです。

40代女性りんご
40代女性りんご
助けをよぶ電話をかけてきた子供が洗濯機の中でかくれているシーンは心配ではらはらしました。

母親がみつけそうで助かるのか、それとも警官が部屋にたどり着けるのが先なのか、画面から目が離せませんでした。子供を洗濯機の中に見つけた母親が洗濯機の上からのぞき込むシーンはぞくぞくしました。

すごくリアルでした。こんなかくれんぼは絶対にしたくないと心底思いました。

母親にあなたも虐待されていたのでしょうとつげる女性警官はかっこよかったですが、母親はけっこうすんなりと説得されてしまったので実際にこんなにうまくいくのかとちょっと拍子抜けしました。班長が暴行されるシーンは痛そうだし、命の危険がせまっていて、見ていられませんでした。

50代男性みずゆう
50代男性みずゆう
母親(ソニン)に刺されて洗濯機の中に隠れている歩(正垣)の演技が、緊迫感があって素晴らしかったです。

橘(真木)が風鈴の音に気がつくことができず、樋口(唐沢)と石川(増田)が、歩の家をなかなか見つけられないシーンが長く続いたため、やきもきしました。

特に、歩が携帯電話を落としてそれに母親が気づくシーンや、洗濯機のホースから歩の血が流れ出して母親がそれを見つけて洗濯機の蓋越しにのぞき込むシーンは、「もうだめだ!」と思いました。

最後は、樋口と石川が歩を助け出すことができてよかったです。また、今回は、情報屋から妻を殺した犯人の情報を得た樋口がエンディングで大勢に襲われるシーンで終わったため、何が起こるのか、第6話も楽しみです。

 

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第6話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第6話のネタバレ感想

30代男性かっつん
30代男性かっつん
沖原は真犯人と共犯の悪い警官だと思っていましたが、実は脅されていただけで、本当は正義感の強い人間だったというのが意外な展開でした。

沖原が娘に電話しているシーンあたりから絶対に今回殺されるだろうなと思っていたので、最後は、やはりという感じで見ていました。

樋口は拘束されてる状態から自ら拘束を解くだなんてなんて化け物だと思いました。サンドバッグ状態でも相手を倒せてしまうとか驚愕です。

しかも、その後カチカチ男を追う力が残っているだなんて、無茶苦茶です。

次回以降はついに真犯人が明らかになって、樋口と真犯人の直接対決の時が近づいてくるのではないかと思います。

なにより樋口の子供が危ない目に遭って欲しくないです。

30代男性たんたん
30代男性たんたん
6話の始まりは班長が襲われて、公務執行妨害事件が発生、監禁事件から幕が上がりました。

そこで、ついに奥さんを殺したカチカチ野郎=真犯人と、初対面しました。6話で1体1の直接対決することで、緊張感が生まれました。

これからは、黒幕や内通者など、場外乱闘部分が多く描かれて、最終決戦へ進んでいくのだと思います。

また、強行犯の係長沖原は班長を助けたように見せかせ、犯人を逃してしまいました。

そして、黒幕から沖原が脅されているシーンもあったので、沖原なりの葛藤があることも、同情の余地が生まれました。

しかし、脅されている内容が美人局の動画というのは、急に安いドラマになってしまった印象をうけて、少し残念でした。

そのような男のプライドのためだけに、捜査妨害したというのは理由が弱いと思いました。

娘の命が危ないとか、臓器移植待ちなど、誰もが同情できる内容の方が良かったと思います。

急に生まれ変わったように、捜査に乗り出して、単身でイリュージュまで行くのは、振れ幅がすごかったですそこから、最後は真犯人を思わせるジュニアが登場し、沖原を殴り殺すのは衝撃の展開でした。

50代女性みつき
50代女性みつき
新田を殺した犯人は、上杉だったので、樋口の妻とひかりの父親をハンマーで殺した犯人は上杉だとばかり思っていたのですが、黒いコートのカチカチ男は実は上杉の弟だと分かりました。

それも上杉はカジノの施設を作ろうとしていた会長の息子で、息子を海外に逃亡させようとしていただなんて、極悪人の親だから、子供たちも極悪人なのかなと思いました。

樋口の妻の裁判のひかりが音声データの偽造をした警察関係の協力者はいったい誰なのでしょうか?

沖原のように何か、真犯人に脅されて協力したのでしょうか?

つかまってしまった沖原の運命はどうなるのでしょうか?

それから、電話中に襲われた石川は無事なのでしょうか?心配になってしまいました。次回も楽しみにしています。

20代女性yri
20代女性yri
唐沢寿明のアクション演技場面に感動しました。

そして妻の為に真犯人を必ず捕まえたいという気持ちや、製糸場で監禁された時、自分をはめた人まで先に解放するという樋口の優しさにグッときました。

これこそ、強くもあり心から人の為に動くことができる、優しい人だと感じました。

そして人を何人も殺しても捕まらない犯人。死んだりせず、生きて罪を償って欲しいと願います。

また、緊急司令室の橘と緊急出動班の樋口たちの互いの信頼関係が、どんどん増していることが目に見てわかるのでとても嬉しいです。

仕事は信頼関係なしには成り立たないなと学びました。次回、沖原刑事がどうなってしまうのか、正義の為に戦ってくれる人は死ぬべきではない、ぜひ助かって欲しいと思います。

40代男性しょうた
40代男性しょうた
事件だけでなく様々な陰謀がようやく見えてきました。

実際にこんな同時進行だと手が回らないことは確実なのですが、無茶なりに事件は展開しています。

狂犬というより不死身の樋口といったほうが良いでしょう。

午前中から事件で走り回って、午後にはつかまったボロボロに。さらに自力で脱出して大立ち回りを演じます。

その後病院に行ったのでしょうがすぐに捜査に復帰。夕方には病院に駆けつけるというとんでもないスケジュールです。

見ているほうが付いていけない展開。

毎回コールゼロが発信されますがあまり意味ないでしょう。事件が起きた時間は分かりますが日付があいまいですね。

本当に前回と今回がつながっているのでしたら日本版「24」と言ったドラマです。無茶苦茶ではありますがアクションは派手でがんばっているのは伝わってきます。

こういったドラマは貴重ですので。今後のためにもノウハウを取得してもらいたいです。

30代女性しーたん
30代女性しーたん
今回はカチカチ男やその周囲の人間関係が次々と明らかになっていって、とても楽しい内容でした。

でも、危険な人間が続々と出てくるのでいつも以上にハラハラするないようでドキドキが止まりませんでした。

沖原はカチカチ男を追い詰めて、逆に襲われてしまいますが、そりゃそうでしょと思いました。

ちゃんと樋口とひかりを待ってから突入していこうよ、という気持ちでした。

沖原が殺されてしまい、樋口がカチカチ男やその周囲にいる黒幕の男に対する憎しみはさらに増してきて、今後さらに熱い思いを持って犯人を追っていくのではないかなと思うのですが、そうすると次回以降はさらにハラハラの展開が期待できそうです。

それにしてもカチカチ男を兄と呼ぶ男は一体何者なんでしょう。気になります。

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第7話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第7話のネタバレ感想

20代女性yri
20代女性yri
本当のカチカチ野郎、真犯人が今まで人を殺した時に使用した砲丸を、名前とセットで家にコレクションしていたシーンには驚きました。

ここまでいくと本当に頭の狂った人だなと…。最後、まだ使用していない砲丸をカバンに入れる姿がありました。

樋口警部を殺す気なのでしょうか。また樋口警部の妻が不倫していた可能性も出てきて、残酷でなりません。

亡くなって数年、妻の仇を取りたくて、そして真実が知りたくて警察官として生きてきた樋口警部の人生が無駄になってしまうと思うと心が痛みます。

社会的弱者の方々も平等に、健康にお仕事ができる世の中になって欲しいとも思いました。

こんな現実がきっと世の中にあると思うと辛いし、自分に何ができるかと考えるきっかけにもなりました。

20代女性神奈
20代女性神奈
前回の回で死亡フラグは立っていましたが、やはり沖原は殺されてしまっていて悲しいです。

真犯人である雫が殺した人間の血が付いたままの鉄球をコレクションしていてかなりヤバイやつだなと感じました。

しかも自分の兄にもアキレス腱を切り、罪をなすりつけようと自分と同じように顎の骨が鳴るように金槌を思い切り振り落としていて本当に狂っています。

食事をしようという時に、涼しい顔をしながら上杉の手をフォークでぶっ刺すシーンもあり、とても恐ろしいです。

樋口とひかりが裏切り者を警戒する気持ちもすごく分かりますがECUのメンバーが信用されていないことを感じ、少しショックを受けていて可哀想に思いました。

見ているこっちもモヤモヤしますし早く裏切り者を見つけだして欲しいなと思います。いつかは殺されてしまうのだろうなと思いましたが、今回のラストで上杉もやはり殺されてしまっていて容赦ないなと思いました。

色々な謎がまだたくさん残っているので早く解き明かして欲しいです。

30代女性のりさん
30代女性のりさん
本郷兄弟のやりとりや、下請けの人の自殺など、ハラハラする場面が続き、目が離せませんでした。

真犯人の本郷雫の義理の兄といよいよ樋口が接触することになります。

しかし樋口と会う前に兄はそのことを知った弟に殺され、真実はまだ分からないままになってしまいます。

樋口を心配にきたひかりは真犯人の本郷雫に命を狙われそうになります。なんとか命は助かったひかりでしたが、真犯人はひかりを人質に樋口を呼びこむのでは、ないのでしょうか。

樋口の殺された妻みきさんはもしかしたら、早川という男を探すために殺されたかもしれないと知っても、その男とみきの関係が分からなくても、やはり真犯人を捕まえると決心して本郷の元へ向かうのでは、ないでしょうか。

40代女性ゆう
40代女性ゆう
荻原の死はかなりショッキングだった
電話の音を頼りに
発見しちゃうのもすごいけど
橘さんもショックだったろうね

上杉も変だけど
兄はかなり黒いね
フォークで刺すとか普通じゃない
弟をなんだと思ってんだろうね
あんな奴の下で生きてきたなんて
上杉もちょっとかわいそうなのかもね

暴走しだす樋口
上杉の狙いは殺すことなのに
単独行動は危なすぎる

奥さんのことが絡むとやはり抑えられないものがあるのね
みきさんは愛されていたんだね
樋口もすごく愛情深かったみたいだし
なんで浮気なんかしたんだろう

本当にあの声はみきさんのものなのかな
謎の声は携帯?
上杉死んじゃった
本当のことを知っている人が
いなくなってしまったね。

警察の内通者
が上杉を殺したか
それとも兄が?
真実はどこにあるんだろうね

30代男性タンバリン
30代男性タンバリン
ついに黒幕の正体が明らかになった。

正体がわかってから、一気に殺人事件がエスカレートしきたように思える。今まで明かされてこなかった、黒幕である雫の産まれてきた背景や、キャラクターが描かれていた。

撲殺した砲丸をコレクションして飾ったり、兄を襲い、足と顎を潰したのも衝撃であった。

本ドラマの真犯人・本郷雫は、かなり精神的にイカれたキャラクターであり、猟奇的な殺人だと感じた。

兄である上杉が、弟に対して脅しをかけるが、あっという間に返されてしまうシーンも怖くて震えた。

フォークで人の手を指してしまうのであれば、身の回りのもの全てが凶器になりそうで怖い。

肝心の上杉兄が死んでしまったので、今後殺人事件が発生すれば黒幕の正体がバレるはず。少しは警察側も優位に立てるように思う。

40代女性みさと
40代女性みさと
やっと、未希と上杉が経営していたクローバーフレンズとの関係が分かり、ストーリーが大きく動きそうでおもしろくなりました。

それにしても、真犯人である本郷雫(伊勢谷友介)が、あんな裕福な生活ができるのか不思議でなりません。

しかも、自分が殺害に使った鉄球をコレクションしているなんて、正に猟奇的で怖すぎです。

そして、なぜ彼の尻拭いを兄のとおる(手塚とおる)がしなければならないのか、こんな兄弟関係が、どうしてできてしまったかも気になります。

またその父親の本郷辰夫が、金に物言を言わせて雫を全面的に匿っているなんて、ひどい父親です!

でも、なぜにここまで囲まっているのでしょうか?

樋口は果たして、真犯人の雫に辿りついて、本郷グループをぶちのめすことができるのか、これからが見どころです。

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第8話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第8話のネタバレ感想

30代女性めい。
30代女性めい。
手塚さんが殺される所から始まったので、伊勢谷さんが何故唐沢さんを殺害しないんだと逃げるつもりだったんだろうと放った言葉に、

手塚さんが恐怖でいると鈍器で殴られて殺されて益々怖く感じました。伊勢谷さんの自宅の部屋に父親の伊武さんが来たという事で、

次の殺害されるのは伊武さんなのかと思いながら、朝食の場所で伊勢谷さんの食事であったお肉にフォークで刺した所がドキドキしました。

恐ろしい親子関係で、父親の言葉一つで県警署長である小市さんが操られていて今の署長の席まで昇れたのも伊武さんのお陰で言いなりになる

県警に怖く感じました。他殺では困ると唐沢さんの行動を監視カメラで塞ぎ、その後の増田さんのお陰で隠蔽された書類を渡したことで

唐沢さんが解放されたところに安堵しました!

増田さんと伊勢谷さんの関係が何かしら繋がっているようで犯人像は分かっていてもその内密とした所がとても見どころです。

20代女性安藤
20代女性安藤
ここに来て石川が内通者かもしれないとの疑惑が浮上してきて驚いています。

あんなにも樋口を兄貴と慕い様々な事件でも活躍してくれていたのに戸惑ってしまいます。ひかりの家まで雫が来た時何故ドアを開けて外に出てしまったのかと疑問でなりません。

あれほど残酷な殺人鬼であると分かっているはずなのにあまりにも軽率な行動だったのではないかと考えてしまいます。

樋口が来てくれて本当に良かったと安心しました。

雫が回を増すごとにいかに異常な殺人鬼であるかが伝わってきて恐怖を覚えます。

わざわざ危険を冒してまで樋口とひかりに会いに来て、何をしても捕まらないからと樋口を挑発し楽しんでいてぶっ飛んでいるなと改めて思いました。

石川の過去に何があったのかとても気になります。

50代女性みつき
50代女性みつき
上杉を雫が殺した中、未希の声が流されていましたが、それは未希が樋口を裏切ったわけではなく、雫が加工していたことが分かり、安心しました。

未希は本郷ホールディングスが事件の何らかの真実を知って、犯人に殺されてしまったのです。

やはり、刑事の妻は正義感があると思いました。未希の音声データを調べる中、ひかりは真犯人に殺されそうになりますが、樋口が助けに来てくれて良かったと思いました。

雫はやはり口封じの為にひかりを殺そうと企んでいたのだと思います。

そして、雫が田所を訪ねてきた時に父親を殺したのは、雫だと確信したのですが、逮捕出来ない樋口は必ず捕まえると宣言します。

最終回には、願いが叶い、捕まえられて未希の無念が晴らされるような気がします。

事件が解決して樋口とひかりに笑顔が戻るといいなと思いました。

30代男性たんたん
30代男性たんたん
冒頭のシーンが、渉が弟・雫に、殺されたというシーンは衝撃でありました。

自らの殺人欲求を満たすために、路上生活者を集めていたという、サイコリックな性格が明らかになってきた犯人の雫。

室長も雫も、本郷雫と直接対面するシーンもありました。雫も樋口にだけ犯人だと認めるような発見がありました。

明確な真犯人がわかった状態で進んでいくストーリーが大変楽しみです。

今までわからなかった黒幕が明かされた事で、更なる展開を期待できそうです。雫がさらに性格が崩壊していきそうです。

父親である本郷会長にも反抗しているシーンがあったので、さらに殺人が加速していきそうです。しかし、黒幕の顔が分かっている以上、優秀な警察側も追い込んでいく事に期待しております。

30代男性バティー
30代男性バティー
樋口は妻を殺害した犯人の手掛かりをしている上杉に一人で会いに行きましたが、遺体で見つかったのは衝撃でした。

ようやく真犯人に近付いたと思っていましたが、まさかの口封じされてしまうとはショックです。

橘と協力して、樋口は真相を突き止めようとする姿勢はかっこいいと感じました。所長は本郷の言いなりになってしまい、次々と樋口達を妨害するのは許しがたいです。

樋口は警察官としての立場も危うくなり、一体どうなるのか心配でした。しかし、石川の尽力もあって不利な立場を逆転したので安心しました。てっきり、石川が内通者の人だと思っていたので意外です。

彼は雫とどのような関係で、過去に何があったのか気になります。橘や樋口に近付いてきた雫が次にどのような行動を取るのでしょうか。真犯人としての証拠を見つけ出す事が出来るのか、注目しています。

40代女性りんご
40代女性りんご
真犯人がカチカチやろうを殺すシーンは残虐でなぜこんなことができるのかと思いました。

結局彼はいいように使われてしまっただけなのかと気の毒に思いました。

樋口が殺された奥さんの声を聞いて、動揺し、取り乱してしまう気持ちはよくわかりました。あんな声を聞いたら冷静でいられるはずがないと思いました。

建設会社の社長は警察の人事にまで介入できるのかとちょっと疑問に思いました。ひかりが一人で部屋にいるのに、不審者が近づいてきているとすぐにわかり、驚きました。

そこまで耳がいいとは思ってもいませんでした。真犯人はとても頭がよく、常に自信たっぷりで、人を殺すことを何とも思っていないようなので、とてもこわいと思いました。

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第9話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第9話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第10話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第10話のネタバレ感想

ドラマ『ボイス110緊急指令室』第1話についてSNSの反応


結構、感想を見ると怖いという感想が多かったですね。

韓国版のオリジナルドラマを見ている方も多いようで、韓国版との比較の感想も多いですね。

韓国版にかなり忠実なようですが、韓国版の方がグロそうです。

真木よう子滑舌悪すぎ?ドラマ『ボイス』で演技下手と話題炎上!原因や病気説も2019年7月にスタートしたドラマ『ボイス 110緊急指令室』ですが、初回の放送が終わりメインキャストの橘ひかり役の真木よう子さんの滑舌...

『ボイス110緊急指令室』1話〜見逃し動画の全話無料視聴&ネタバレ感想!再放送予定まとめ

このページでは、日テレのドラマ『ボイス110緊急指令室』の第5話8月10日放送分を見逃し動画で無料視聴する方法についてまとめました。

放送終了後1週間以内であれば、Tverと日テレオンデマンドで視聴可能です!

ドラマ『ボイス110緊急指令室』最新話の見逃し動画を視聴する

視聴サービス視聴期限
Tverで視聴する次の放送開始直前(金) 21:59まで
日テレ無料で視聴する次の放送開始直前(金) 21:59まで
Huluで視聴するなし

 

放送終了後1週間を過ぎている場合は、公式のドラマ配信サイトであるHuluでの視聴がお勧めです。

違法アップロードサイトでも、ドラマ『ボイス110緊急指令室』がアップされていることがありますが、自覚がないままにウィルスに感染していることもあります。

 

そういったリスクもあるので、あくまで自己責任での視聴となりますのでお気をつけくださいね。

ドラマが見たくてHuluでアカウントを作ったのに、他のドラマや映画にハマってしまう人も少なくないようですw

今なら、ワイルドスピードシリーズ新作『天気の子』で話題の新海誠監督の過去作品なども視聴可能です。

ドラマ『ボイス110緊急指令室』をHuluで見逃し動画を視聴する

Huluでは、本放送終了直後から視聴が可能です。

  • 月額費用が1,026円(税込)(税抜き)
  • 2週間の無料0円トライアル期間がある
  • 無料0円トライアル期間中に解約しても費用は一切かからない
  • 広告やCMが入らない
  • アニメやバラエティなどのコンテンツも豊富

 

 

RELATED POST