シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

ドラマ『シロクロ』常連客キャスト中島きよし役・松浦祐也の経歴&プロフィール

2020年1月12日(日)にスタートする日本テレビ系新日曜ドラマは、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』です。
この物語主人公は2人。清野菜名さん演じる囲碁棋士・川田レンと、横浜流星さん演じるメンタリストの森島直輝です。

【Mr.ノーコンプライアンス】の指示の元、メンタリストの森島直輝が川田レンをコントロールし、世の中の様々な“グレーゾーン”にシロクロつける謎の存在【ミスパンダ】に仕立て上げ、警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を大胆に暴いていくという物語です。

このドラマで清野菜名さん演じる囲碁棋士・川田レンがアルバイトをする囲碁喫茶「GOBAN」の常連客の1人である中島きよしを演じるのは、松浦祐也さんです。

今回は、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』で、中島きよしを演じる松浦祐也さんの経歴やプロフィールについてまとめてみました!

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』常連客キャスト中島きよし役で松浦祐也が出演

読売テレビ・日本テレビ系で放送される2020年1月期新日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」で、ダブル主演をつとめる清野菜名と横浜流星。
清野は、囲碁棋士の川田レンと、世間を騒がせる謎の存在・ミスパンダという2つの顔を演じる。横浜は、表向きは大学で精神医学を学ぶ傍ら、メンタリストNとしてもテレビ出演する医学生だが、裏ではミスパンダの【飼育員さん】となる森島直輝を演じる。
普段はネガティブで弱気なレンだが、直輝から、あるきっかけを与えられると、ミスパンダに変貌。直輝は、飼育員さんとして彼女と行動を共にする。
放送に先駆けて、囲碁棋士の川田レンと、飼育員さんとなった森島直輝のビジュアルを公開。レンは、ごく普通の女性のスタイルで、ミスパンダのスタイルとのギャップにも注目していただきたい。一方、直輝は、素朴な作業着姿に鋭いまなざしを光らせ、冷静沈着にミスパンダを操って目的を遂行するという魅力的なキャラクターとなる。
さらに、ミスパンダと飼育員さんのアクションシーンでは、清野と横浜が持ち前の高い身体能力を駆使して、見ごたえ十分のアクションを披露する。
暴れまくるミスパンダとクールな飼育員さん、対照的な2人の活躍が繰り広げられる「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」にご期待ください!

引用:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/topics/#topics_id_1

松浦祐也の演じる常連客・中島きよしの役どころと出演者相関図



松浦祐也さんが演じる、中島きよしは主人公の一人である天才棋士・川田レン(清野菜名)がアルバイトをする囲碁喫茶「GOBAN」の常連客という役柄です。

主人公である川田レン(清野菜名)が天才棋士という設定であり、他にも棋士が登場すると書かれているので度々この囲碁喫茶「GOBAN」は出てきそうですね。

松浦祐也さんが演じる、中島きよしはただの常連客なのか、はたまた事件にも関わってくるような人物なのか?

常連客キャスト中島きよし役・松浦祐也の経歴&プロフィール

 

名前松浦祐也
生年月日1981年4月14日
出身地埼玉県
所属事務所バードレーベル
公式サイト・SNS公式HPTwitter

松浦祐也さんは1981年4月14日生まれ、埼玉県出身の俳優さんです。

俳優や映画プロデューサーとして活動した曽根晴美さんの付き人を経て、俳優となりました。

2003年、城定秀夫監督映画『味見したい人妻たち』で俳優デビューした後は、映画を中心に数々の作品に出演されています。

テレビドラマへの出演は、ゲスト出演が殆どの為「松浦祐也」という俳優を認識している方も少ないかと思いますが、実はCM出演も多く、最近では富士通のLIFEBOOK「あおげる!パソコン」のCMなどに出演しています。

松浦祐也の代表作・出演履歴

映画

  • 2004年『フレンズ』
  • 2005年『東京ゾンビ』
  • 2005年『妻たちの告白』
  • 2005年『狂愛~死ぬまでにしたい4つのこと~』
  • 2005年『義母と義姉の秘密』
  • 2005年『眺めのいい部屋』
  • 2005年『うなじ美人』
  • 2005年『美しき覚醒』
  • 2005年『ロシア義母・湯上がり美人』
  • 2005年『さちこの幸』
  • 2005年『何処へ』
  • 2005年『押入れ』
  • 2005年『ヒモのヒロシ』
  • 2005年『キレイになりたい』
  • 2005年『舞う指は誰と踊る』
  • 2005年『短距離TOBI-UO』
  • 2005年『昨日はいつまで今日はいつから』
  • 2006年『初恋』
  • 2006年『パイルドライバー』
  • 2006年『檻 PrisonGirl』
  • 2006年『ロトセックス』
  • 2006年『ギネスの女房』
  • 2006年『妹・綾香』
  • 2007年『TRY-トライ-』
  • 2007年『キトキト』
  • 2007年『それでも僕はやっていない』
  • 2007年『FM89.3MHz』
  • 2008年『ドロップ』
  • 2008年『実録・連合赤軍あさま山荘への道程』
  • 2008年『八月の軽い豚』
  • 2008年『ガチバンⅡ最凶決戦』
  • 2008年『ガチバン』
  • 2009年『美代子阿佐ヶ谷気分』
  • 2009年『新宿区歌舞伎町保育園』
  • 2009年『デメキング』
  • 2009年『秘書-黒蜥蜴の誘惑-』
  • 2009年『ACACIA-アカシア-』
  • 2009年『インスタント沼』
  • 2009年『クジラ 極道の食卓』
  • 2010年『真夜中の羊』
  • 2010年『ヒーローショー』
  • 2010年『かずら』
  • 2010年『アメイジンググレイス 儚き男たちへの詩』
  • 2010年『ハシッシ・ギャング』
  • 2011年『マイ・バック・ページ』
  • 2011年『死に行く妻との旅路』
  • 2011年『終わっている』
  • 2011年『PANORAMA』
  • 2011年『ガチバン アルティメイタム』
  • 2011年『電人ザボーガー』
  • 2011年『NINIFUMI』
  • 2011年『DEPTHS』
  • 2012年『惑星ミズサ』
  • 2012年『トリハダ-劇場版-』
  • 2012年『苦役列車』
  • 2012年『莫逆家族-バクギャクファミーリア-』
  • 2013年『旅立ちの島唄 十五の春』
  • 2013年『R100』
  • 2014年『超能力研究部の3人』
  • 2014年『昼も夜も』
  • 2014年『クローズ EXPLODE』
  • 2014年『シュトルム・ウント・ドランクッ』
  • 2015年『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
  • 2015年『ローリング』
  • 2015年『聞き屋』
  • 2016年『バースデーカード』
  • 2016年『太陽を掴め』
  • 2016年『闇金ウシジマくん Part3』
  • 2016年『ぼくのおじさん』
  • 2016年『エミアビのはじまりとはじまり』
  • 2016年『ディアスポリス-異邦警察-』
  • 2016年『知らない町』
  • 2016年『ディストラクション・ベイビーズ』
  • 2016年『セーラー服と機関銃~卒業~』
  • 2016年『怒り』
  • 2016年『断食芸人』
  • 2016年『悪食配信』
  • 2016年『101回目のベッド・イン』
  • 2017年『AMY SAID エイミー・セッド』
  • 2017年『夏の娘たち?ひめごと?』
  • 2017年『禅と骨』
  • 2017年『丸』
  • 2017年『女流闘牌伝 aki』
  • 2017年『おっさんのケーフェイ』
  • 2017年『まんが島』
  • 2018年『来る』
  • 2018年『泣き虫しょったん奇跡』
  • 2018年『止められるか、俺たちを』
  • 2018年『船長さんのかわいい奥さん』
  • 2018年『少女邂逅』
  • 2018年『素敵なダイナマイトスキャンダル』
  • 2018年『ゼニガタ』
  • 2018年『ひとひら』
  • 2018年『ラーメン食いてぇ!』
  • 2018年『カレーライス Curry and Rice』
  • 2018年『ハード・コア』
  • 2019年『楽園』
  • 2019年『ウィーアーリトルゾンビーズ』
  • 2019年『さよならくちびる』
  • 2019年『空母いぶき』
  • 2019年『岬の兄妹』
  • 2019年『おっさんのケーフェイ』
  • 2020年『踊ってミタ』
  • 2020年『そこににいた男』

舞台

  • 2009年『食卓ロマン』
  • 2010年『それで、』
  • 2010年『狂人日記』
  • 2011年 ポツドール『夢の城』
  • 2011年 ポツドール『おしまいのとき』
  • 2013年 昨日の祝賀会『冬の短編』
  • 2015年 サンプル『蒲団と達磨』
  • 2016年『命を弄ぶ男ふたり』
  • 2017年『鳥の名前』

テレビドラマ

  • 2006年『イグザンプラードラマ』
  • 2008年『週刊 真木よう子』
  • 2008年『瞳』
  • 2009年『オルトロスの犬』
  • 2011年『モウソウ刑事!』
  • 2010年『もやしもん』
  • 2012年『ヒトリシズカ』(WOWOW)
  • 2012年『エアーズロック』(東名阪ネット6系列)
  • 2013年『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』
  • 2013年『ハクバノ王子サマ 純愛適齢期』
  • 2014年『撃墜 3人のパイロット』(NHK BSプレミアム)
  • 2014年『リバースエッジ大川端探偵社』
  • 2016年『CATSと聖夜の殺人者』(NHK BSプレミアム)
  • 2017年『デッドストック~未知への挑戦~』
  • 2017年『江戸城無血開城(』NHK BSプレミアム)
  • 2018年『60 誤判対策室』(WOWOW)
  • 2018年『相棒 season16』
  • 2018年『オモヒデ座(』NHK BSプレミアム)
  • 2018年『監査役 野崎修平』(WOWOW)

松浦祐也さんは、脇役として出演されることが殆どなのですが、2019年に公開された映画『岬の兄妹』は主演作品となります。

かなり、衝撃的な内容でまだ観ていないのですが、ちょっと観てみたくなる内容ではあります。足に障害がある兄と、自閉症の妹が繰り広げる物語で、犯罪に手を染めながらも訪れる心の変化を描いた内容になっているようです。

年末には、DVDとBlu-rayが発売になりました。観るには、若干、覚悟が必要そうな映画です。


ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の番組情報

ドラマ名シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。
放送日時毎週日曜 よる10時半
主演清野菜名・横浜流星のW主演
スタッフチーフプロデューサー:岡本浩一
プロデューサー:福田浩之、馬場三輝、千葉行利
演出:遠藤光貴、松永洋一、汐口武史
脚本:佐藤友治、蛭田直美 ほか
原作ドラマオリジナル
公式サイト・SNS公式サイトTwitterInstagramLINE

このドラマの見どころとしては、ミスパンダと飼育員は闇に消えた真相をどう暴いていくのか、そしてなぜこの二人がバディを組む事になったのか、何のためにこんな事をしているのか、というところだと思います。

果たしてミスパンダと飼育員は本当に正義のヒーローなのでしょうか。

謎だらけのこのドラマがどう展開していくのか、とても楽しみです。

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』常連客キャスト中島きよし役・松浦祐也の経歴&プロフィールまとめ

今回の記事では、2020年1月スタートのNHKのドラマ10『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に清野菜名さん演じる囲碁棋士・川田レンがアルバイトをする囲碁喫茶「GOBAN」の常連客・中島きよし役で出演予定の松浦祐也さんの経歴やプロフィールについて調べてみました。

囲碁喫茶「GOBAN」の店主役は升毅さん、店主の奥さん役は椿鬼奴さんです。

「GOBAN」は、川田レンのアルバイト先というだけではなく店主夫婦がレンの親代わりでもあるようです。囲碁という独特な世界なだけに、喫茶店の他の常連客たちも、なかなか個性的な感じです。

メインストーリーはシリアスな内容だと思いますが、出演者から想像してもコメディーな要素も多そうなドラマなので、楽しんで観れそうですね!

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、2020年1月12日(日)にスタートです。もうしばらく待ちましょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。|ドラマキャストや原作あらすじは?清野菜名&横浜流星W主演2020年1月からスタートする日本テレビ系列の日曜ドラマは、清野菜名さんと2019年大ブレイクした横浜流星さんのダブル主演で送られる『シ...
2020年冬ドラマ|1月スタート番組一覧まとめ!月9や高視聴率などおすすめはコレ2020年1月スタートのドラマも面白そうな作品が盛り沢山ですね! この記事では、月曜日から日曜日の順番で民放ゴールデンタイムに放送...
2019年秋ドラマ|全話視聴率ランキングまとめ!首位はドクターX注目はグランメゾン東京と同期のサクラ2019年10月スタートのドラマも面白そうな作品が盛り沢山ですね! この記事では、月曜日から日曜日に放送されているドラマの順番で、...
RELATED POST