ニュース

G20大阪で水素水提供の理由は缶?メディアセンターにエセ科学商品で伊藤園不買炎上か

2019年6月28日に大阪で開催されているG20サミットで、各国のメディアが集まるメディアセンターに水素水が置かれており話題になっています。

水素水は数年前に、美容や健康にいいと一時期ブームになりました。しかし、科学的な根拠がないのでは?とエセ科学を非難する声も高まっていました。

ブームは一旦落ち着いたものの、まだコンビニやスーパーでは水素水という商品が売られています。

なぜ今回のG20大阪サミットでは、メディアセンターに水素水が置かれたのか?

G20大阪サミットで水素水が置かれただけで炎上した理由は?

などについて調べてみました。

大阪でG20サミットが開催

 G20サミットとは、メンバー国(下記参照)や招待国の首脳、国際機関など、37の国や機関が参加し、経済分野を主要議題として毎年開催される国際会議です。2019年は日本が議長国となり、大阪で開催されます。日本がこれまで経験したことのない大規模な国際会議となります。
メンバー国は、G7(フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ・欧州連合〔EU〕)のほか、アルゼンチン・オーストラリア・ブラジル・中国・インド・インドネシア・メキシコ・韓国・ロシア・サウジアラビア・南アフリカ・トルコ(アルファベット順)となっています。
また、招待国・国際機関は、オランダ、シンガポール、スペイン、ベトナム、ASEAN議長国(タイ)、AU議長国(エジプト)、チリ(APEC議長国)、セネガル(NEPAD議長国)、国連(UN)、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、世界貿易機関(WTO)、国際労働機関(ILO)、金融安定理事会(FSB)、経済協力開発機構(OECD)、アジア開発銀行(ADB)、世界保健機関(WHO)となっています。
近年取りあげられる議題として、世界経済、貿易・投資、開発、気候・エネルギー、雇用、テロ対策、移民・難民問題等があります。

引用:https://www.2019-g20-osaka.jp/summit.html

G7をはじめとする、世界各国の首脳が集まる会議です。

アメリカや中国の貿易問題など、シビアな問題も多く連日話題になっていますよね

G20大阪のメディアセンターでは日本のおもてなしで歓迎

いよいよ28日に開幕するG20サミット。国際メディアセンター(大阪市住之江区・インテックス大阪に設置)はすでに開幕に向けてオープンしていて、世界各国から続々とメディアが集結している。
今回のサミットには37の国と機関が参加しており、それだけのメディアが世界中から大阪に集まっているのだ。

政府としては、これらメディアなどに対して「日本・大阪」の魅力を存分に発揮する場にもしたい考えで、メディアセンター内に設置された「日本紹介ブース」には50を超える企業、自治体が「自慢の逸品」を展示しているほか、無料で三食を提供するダイニングブースも設置。
寿司を満喫していた外国人記者に、メディアセンターの感想を聞くと「2016年の中国でのサミットはなんにもなくて過去最悪だった。大阪ではこんなにたくさんの興味深い展示があって最高だ。食から伝統文化、最新技術まで、見ていてまったく飽きない!」と大絶賛だった。

たしかに…「こんなの見たことない!」と思わず感嘆のブースだらけだったのだった。

引用:https://www.fnn.jp/posts/00046997HDK

メディアセンターでは無料で三食提供されているなど、世界各地の報道機関に対してかなり手厚いサービスが提供されていますね。

技術や文化の情報発信の一環なのでしょう。

G20大阪メディアセンターでエセ科学商品水素水提供で炎上

こちらのTweetをきっかけに、国際メディアセンターにて水素水が配布されていることが続々とリツートされて炎上されていきました。

G20大阪で水素水提供の理由は缶?

こういったイベントや行事の際には大手飲料メーカーと契約をして、食品などが納入されていると思われます。

今回提供された水素水は伊藤園の商品です。

「お〜いお茶」なども度々国会で目にしますが、今回はサミットで世界中から人が来るということでミネラルウォーターを提供するものの一つとして選ばれたと思われます。

さらに、環境問題の面では今最も注目度が高い環境汚染源の一つであるマイクロプラスチックの海洋汚染があげられます。

そのため、出来るだけプラスチックの商品を減らそうということから、ペットボトルのミネラルウォーターではなくアルミ缶のミネラルウォーターを提供することにしたのは予想がつきます。

水素水を販売しているサイトなどでは、水素は抜けやすくペットボトルよりもアルミ缶やアルミのパウチの方が水素が抜けにくいとされています。

そのため、アルミ缶のミネラルウォーターは水素水が多いのでしょう。

 

  • アルミ缶のミネラルウォーター商品が、水素水の商品しかなかった
  • 水素水が健康にいいかどうかは別として、体に悪いものではない
  • 水素水ブームが終わって、水素水の在庫が大量に余っていた

考えられる理由はこのようなものでしょう。

G20大阪メディアセンターでエセ科学商品水素水提供にSNSの反応

SNSでは、エセ科学で健康によいという科学的根拠がない商品を世界中に提供するのはどうなのか?という意見が多くみられました。

G20大阪で水素水提供の理由は缶?メディアセンターにエセ科学商品で伊藤園を不買運動で炎上も


水素水を商品化しているという理由で、伊藤園の商品を一切買わない不買運動をされている方もいるようです。

伊勢志摩サミットの際にも、水素水が配られておりそれに対しても批判的な国民の意見が多くみられました。

G20大阪で水素水提供の理由は缶?メディアセンターにエセ科学商品で炎上かまとめ

今回は、G20大阪の国際メディアセンターで科学的根拠に乏しい水素水が提供されていることでSNSが炎上していることをまとめました。

個人的な意見としては、予算の面からも伊藤園がいくらで提供しているかにもよりますが、安く済んだのであれば水素水でも構わないのではないかなと思います。

マイクロプラスチックの環境汚染の問題では、日本の海洋汚染も酷く進んでいます。

本来であればこういったサミット時だけではなく、一般的に日本国内で製造・消費されるペットボトルの削減も推進していくべきでしょう。

しかし、諸外国では日本よりもプラスチック製品の削減を進めているところもあるはずです。そんな国からしたら、ミネラルウォーターを未だにペットボトルで提供しているのか?と思われる可能性もありますしね。

そういった面で言えば、水素が入っているというキャッチフレーズのただのミネラルウォーターであれば、詳細を知っても「飲みたくはない」とネガティブになるわけではありません。

それにしても、メディアセンターでの厚遇も凄いですね。。。。






RELATED POST