テレビ

ご長寿クイズはやらせ?2018感想も【嫌い・つまらないの声も】

ご長寿クイズとは?

1992年に放送開始し、2014年9月に終了した「さんまのスーパーからくりTV」。日曜の午後7時という週末のゴールデンタイムに20年以上放送していた人気番組でしたね。

さんまのスーパーからくりTV」内にて、人気コーナーの1つだったのがご長寿クイズでした。80歳以上の高齢者の方が早押しクイズを行い、正解数を争うコーナーでした。

その中での珍回答やマイペースな珍言動、そんな高齢の方々を相手に淡々とMCを務める鈴木史郎アナウンサーとの掛け合いが面白く話題を呼び大人気コーナーとなりました。

ご長寿クイズのコーナーは放送開始から、2003年の10月頃まで毎週放送されていました。しかし、11月以降は隔週、隔月と徐々に放送頻度が減っていきました。

2008年以降はコーナーがなくなり、それ以来放送されていなかった。それ以降は特番のスペシャル番組の際などに復活することがありました。

2016年の年末に「爆笑! 明石家さんまのご長寿グランプリ2016」として番組内で復活を果たしました。

2018年12月29日にも、「爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2018」として放送される!

ご長寿クイズの面白すぎる爆笑珍回答

2018年ご長寿クイズ 司会は鈴木史郎から山本匠晃アナウンサーにバトンタッチ

「爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2018」の放送開始が決まりました。

MCもフリーアナウンサーである鈴木史郎さんからTBSの山本匠晃アナウンサーに交代することも発表されました。

MCの交代は鈴木史郎さんご本人の意向だったようですね。

鈴木史郎さんは2018年の2月で80歳となり、「これを機に」ということで交代となったようです。

コーナー開始当初から鈴木史郎アナウンサーがMCを務めており、自由奔放な高齢者の方々と絶妙の掛け合いを見せてくれましたよね。

そんな鈴木史郎さんもご長寿クイズに出場される方と同じ年齢になったということで、自ら引き際を判断されたんでしょう。

これまでのご活躍に感謝ですね!!

鈴木史郎さんお疲れ様でした!

ご長寿クイズはやらせ?コーナーが終了した原因を推測

ご長寿クイズは、番組内でも人気コーナーであったにも関わらず途中で終了していました。

あまりにも面白い回答が出すぎているので、視聴者からは放送開始当初から「やらせでは?」という声も絶えなかったそうです。

ご長寿クイズ終了の原因

ご長寿クイズが終了した原因を推測すると下記のような原因が挙げられます。

  • やらせの声が高まったから
  • 面白い高齢者の人材不足
  • 収録時間と編集の手間
  • 高齢者の誤回答を笑うことへの不信感

人気コーナーで露出が多くなり見る人も増えれば、賛否両論出てくるのは仕方ないと思います。

それに伴って、あまりに出来過ぎな回答に対してやらせの疑惑が高まり、不信感を抱く視聴者が増えたのも事実のようです。

さらに、高齢者を笑いのネタにすることに対して嫌悪感を持つ視聴者も少なからずいるようです。

実際のところ、製作陣の声によると撮影の労力が原因の1つのようです。

このコーナーをやるにあたって、多くの高齢者をオーディションのように見ており、面白い回答ができる高齢の方を探していたようです。

さらに、高齢の方を集めてクイズを行うため収録の時間も長引くことが多かったようです。

1つの回答を得るために数十分掛かることもあったようです。毎週ロケをするのであれば、東京近郊に限られるでしょうし。

そういった労力と人材不足によって人気コーナーではあるものの、泣く泣く継続できなくなったというのが実際のところではないかと考えられます。

ご長寿クイズではカンペが出されている?

やらせかどうかはどこまでをボーダーラインとするかで判断が難しいでしょうが、視聴者の中にはカンペが出されているのでは?という声も上がっています。

回答が正解に近いため、何かしらのヒントが現場でカンペとして出されているのでは?という意見です。

そのヒントの出し方が、珍回答に結びついているということであれば、誘導はしているが実際にその言葉を発しているのは高齢者の方ということになります。

それであれば、やらせとは言い難いですね。

ヒントの出し方が秀逸なのかもしれませんw

ご長寿クイズが嫌いという声

ご長寿クイズが好きな人の意見

やらせだとしても、面白ければいいじゃないかというスタンスの視聴者も多いようです。

実際に、編集の際に回答のリズムやテンポは考えられているでしょうから、その編集力によってより面白くなっているとも言えるかもしれませんね。

今回のクイズでは、どんな珍回答が飛び出すのか?注目ですね!!

こちらの記事もよく読まれています



RELATED POST