雑学

Googleマップがゼンリン契約解除で劣化報告多数!変化前と後の比較や代わりに使える地図アプリ

Googleマップが突如、変化したという報告が相次いでいるようです。

家が道路にはみ出していたり、線路が消えていたりと各地で変化が報告されており使えないのでは?という心配の声が上がっています。

そこで、

  • Googleマップが変化したのはなぜ?
  • Googleマップとゼンリンとの契約解除で地図に変化が出た?
  • Googleマップでおかしいと報告が出ている箇所のまとめ
  • Googleマップからゼンリン契約解除で代わりに使えるアプリ
  • Googleマップからゼンリン撤退でユーザーの声

などについてまとめていきます!

Googleマップが変化したのはなぜ?

公式からの発表はありませんが、Googleマップの右下の表示からゼンリンという文字が消えております。

ゼンリンの文字削除と地図の表示が変化したため、ゼンリンとの契約が解除されて地図のデータが変わったのではないかと考えられます。

ゼンリンとは?

株式会社ゼンリンとは、日本国内では最大手の地図情報会社です。日本各地の地図情報の調査・制作・販売を行っている日本では最も有名な会社ですね。

日本国内で4社存在するデジタル地図調製業者のうちの1社でもあります。

これまでGoogleマップはベースとなる地図の情報はゼンリンのものを使用しており、そこにGoogleの技術と情報を付け加えてサービスとして提供していたということですね。

それが、ベースの情報を自社のものに変更したため、ゼンリンのデータにはあったものでもGoogleマップが持っている情報にはないもの間違っているものなどが指摘されています。

株式会社ゼンリンはGoogleとの契約解除が原因とみられる株価の暴落が起きていますね。それほど、大きな影響を与えるものだということですね。

オフラインマップなど新サービスのため

ゼンリンとの契約解除の理由は明らかにされていませんが、理由の一つとしてはオフラインマップが使用可能になることも挙げられるのではないかと言われています。

通常、Googleマップのナビはネットに繋がっていないと地図が見れません。しかし、事前にダウンロードすることで、ネットなどの通信環境でなくともマップが見れるというサービスです。

これは便利ですよね。

Googleマップとゼンリンとの契約解除で地図に変化が出た?

パッと見で大きく変化しているようには見えませんが、細かなところでの違いがあるようです。大多数に影響がなくとも、その違いが多大な影響になる人もいるので色々な声が上がり始めています。

Googleマップでおかしいと報告が出ている箇所のまとめ

バス停の表示関係の表示

バス停の表示が消えていたり、運行スケジュールに間違いがあるなど一部情報の混乱が見られるようですね。

線路や駅関係の表示

これは優先順位の問題かもしれませんが、都心部ではないところで線路の表示が無くなっていたり運行していないことになっているものもあるようです。

その他の表示

細かいところで修正が必要な箇所の問題点が多いようですね。これから人を使って足で修正していく必要があるような内容ばかりなので、その辺はもう割り切っていてやらないのか?

もしくは、費用と手間をかけてでも修正に尽力するのか、その点には注目ですね。

Googleマップからゼンリン契約解除で代わりに使えるアプリ

スマートフォンで使用する地図アプリで有名なものといえば、

  • Googleマップ
  • iPhoneに入っている地図アプリ
  • Yahoo!マップ

これらが挙げられます。

用途やユーザー層によって多少の違いがありますが、これまではGoogleマップがシェアのトップを占めていました。

引用:https://lab.testee.co/map4result

しかし、今回の変更で他の地図アプリを使ってみたいと思う人も出てくるでしょう。

そのため、代わりに使える地図アプリの特徴を簡単にまとめます。

Yahoo!マップ

カーナビ代わりに使用する人からの評価が高いようです!

ゼンリンの地図がベースデータとして使われており、今までGoogleマップを使用していた人は一番無理なく移行できるのではないでしょうか?

  • オービスの位置を通知
  • 渋滞の情報、避けるルート提案などが便利
  • 雨雲レーダーも観れる

機能が多機能でちょっと難しいと感じる人もいるようです。

運転中にカーナビ代わりに使う人にはおすすめですね。

 

Apple純正地図アプリ

シンプルでわかりやすい!

とにかくシンプルで使いやすいという声が多いです。

変な機能がついておらず、ルート検索では徒歩、電車やバス、乗り換え時間などが一目でわかりやすい。などバランスが良い印象ですね。

その反面、カーナビとしては表示速度や位置情報が正確ではないという声も見られました。

とにかくシンプルに使いたい人にはオススメですね。

NAVITIMEアプリ

元は乗換え案内のサービスからスタートしているので、電車の乗換えに関わるルート検索では満足度が高いです。

電車の車両番号や出口まで、所要時間と共に最短ルートを教えてくれます。

しかし、すべての機能を使用するためには有料となり、無料で使える機能は一部制限があります。

出張などで色々なところへ行く人や電車に良く乗る人にはオススメですね。

 

Googleマップの代わりに使える地図アプリまとめ

どのようなシチュエーションで地図アプリを使うことが多いのか?でお勧めできるアプリは変わってきますね。

Googleマップ特有のサービスである、ストリートビューやピンを挿して自分オリジナルのマップを作成できる機能などに変わるサービスはありません。

そのため、GoogleのIDと連動させて使っている人はGoogleマップ一択になるでしょう。それでも、大きな問題点はGoogleが徐々に修正していくと思いますけどね。

Googleマップからゼンリン撤退でユーザーの声

Googleマップ変化で悪くなったという声

まだまだ修正が必要な箇所は多そうですね。細かなところまで全て対応するとなると、かなりの尽力が必要かと思われますが、そこまでやってくれるのでしょうか?

Googleマップ変化で良くなったという声も

Googleマップの変化を見てみると、将来性を見据えたものとなっています。そのため、ユーザビリティ重視というGoogleの信念は変わらないように感じますね。

もともと、地図アプリはここ数年で一気に発達してきた技術ですし、これからもどんどん便利になっていくでしょうね。

Googleマップがゼンリン契約解除で劣化報告多数!変化前と後の比較や代わりに使える地図アプリまとめ

変更直後なので、まだまだユーザの不満点は出てくるでしょうし修正が必要なものも多くでてくるでしょうね。

しかし、Googleマップはこれまでも改善を重ねてきてユーザビリティを高めてきたサービスですからこのまま終わることはないでしょう。不満が多い点に関しては、改善されるはずです。

オフラインマップやAR機能など、これからもますます利便性を追求してくれることでしょう。

読んで頂きありがとうございました。

RELATED POST