テレビ

「ゴロウデラックス」打切ち終了の理由や真相はジャニーズ事務所の圧力?

TBSの深夜番組であった「ゴロウデラックス」が2019年の4月で打ち切りとなることが決定、発表されました。

8年続いた他に類を見ない番組構成で、根強いファンを獲得していました。

元SMAPメンバーの番組が相次いで打ち切りとなり、ジャニーズ事務所の圧力では?と話題になっています。

「ゴロウデラックス」打切ち終了の理由や真相はジャニーズ事務所の圧力について

気になったので調べてみました。

ゴロウ・デラックスとは?

業界唯一無二のブックバラエティとして、様々なジャンルの本を深く紹介する番組です。

元SMAPメンバーである稲垣吾郎さんが、作家・漫画家・経営者などの方をスタジオにお招きしなかなか聞けない話を引き出すという読者好きの方にはたまらない番組でした。

 

ゴロウ・デラックス終了はジャニーズ事務所の圧力かとSNSの声

一部のファンからは、番組改編時期のたびに終了を恐れる声が上がっていました。

香取慎吾さんの「SMAstation!!」、草なぎ剛さんの「ぷっすま」に引き続き、ジャニーズ事務所を離れた元SMAPメンバーが出演していた民放の番組が相次いで終了となり、最後に残ったのが「ゴロウデラックス」でした。

ジャニーズ事務所に残った中居正広さんの番組も2つこの春で終了となります。

それも元SMAPメンバーとはまだ仲が良く、テレビ局にメンバーを起用して欲しいと口利きをしたための制裁なのでは?と噂されています。

ゴロウデラックス存続希望のハッシュタグも!

ついには、ツイッターで「#ゴロウデラックス存続希望」まで出始めました。

「ゴロウデラックス」打切ち終了の理由や真相はジャニーズ事務所の圧力?まとめ

深夜番組ではあるため、視聴率はとてもいいわけではないでしょうが、これだけ声が上がる番組も珍しいのではないでしょうか?

民放のテレビ局も、今や様々なコンテンツに押され、収益的にも厳しい状況だと思います。

シビアな対応で、視聴率が取れない番組を終了していくこともあるでしょう。

しかし、これまでのもとSMAPメンバーの番組打ち切りの連鎖から見ても、ジャニーズ事務所の圧力ととられても仕方がない状況ではあると思います。

深夜番組にも関わらず、せっかくこれだけ熱烈なファンがいる番組を終わらせてしまうのは、とても残念ですね。

Youtubeで番組を開設したり、NetflixやAbemaTVで引き継いでもらえないんでしょうか?

そういう番組の存続も期待できるのでは?と思います!

RELATED POST