ニュース

gram社(高田雄史社長)商標パクリ問題にやなせたかしのキャラも?

シンガポールのティラミス専門店、ティラミスヒーローズのキャラクターが日本の会社株式会社gramに登用されているのでは?と話題になっています。

炎上したことをきっかけに、シンガポールのティラミスヒーローズに似た商標関係は日本法人に商標利用権と譲渡すると発表しました。

しかし、株式会社gramは他にも多数商標を持っており、その商標が明らかに大手や人気店のものを狙っているのでは?とSNSで指摘されています。

シンガポールのティラミスヒーローズのパクリ問題

今回の件ではシンガポールのティラミスヒーローのロゴやコンセプト、商品などとそっくりなティラミスヒーローズが商標の盗用疑惑では?と話題になったことで明るみになりました。

【アントニオヒーローからの重要なおしらせ】

2012年にシンガポールでつくった

私達のオリジナルの「ブランドロゴ」がコピーされ、

只今日本で使用できなくなってしまいました。

私達が大好きな日本でこのような事が起きた事を、

大変残念に思っています。

でも、アントニオは負けません!

 

日本のみんなを元気にする為、

そして私達のオリジナル商品

“シンガポール生まれの瓶入りティラミス”を

引き続きお届けする為に、アントニオは立ち上がり、

自らヒーローになり【アントニオヒーロー】として

今までと同様、オリジナルの味をお届けいたします。

 

さらにアントニオヒーローは新しい称号を手に入れました。

その名は【ティラミススター】

 

現在、日本で私達のオリジナル商品は

【アントニオヒーロー】と【ティラミススター】だけです。

もちろんシンガポールのティラミスヒーロー並びカフェは

何も変わっていないので是非遊びにきてください。

引用:https://thetiramisuherojapan.com/

 

ティラミスヒーローズと株式会社gramのロゴ


そっくりどころか、完全にコピーしていますね。シンガポールで人気のブランドだからバレないとでも思ったのでしょうか。

イメージキャラクター三浦翔平さんのインスタグラムが炎上!

 

View this post on Instagram

 

イメージキャラクターになりました。ティラミスHERO’S表参道店本日オープンです。 www.hero-s.net/ #ティラミスhero

shohei miura/三浦翔平さん(@shohei.63)がシェアした投稿 –

ティラミスヒーローズ(株式会社gram)のイメージキャラクターになった三浦翔平さんのインスタのコメント欄にはクレームのコメントが殺到しています。

三浦翔平さんがこのようなことを知っていたとは考えにくいですが、とんでもない商品のイメージキャラクターになってしまいましたね。

三浦翔平さんのブランドイメージダウンになってしまいましたね。

キャラクターがやなせたかしさんのニャンダーかめんにそっくり!?

アンパンマンの原作者であるやなせたかしさんが作られたニャンダーかめんにもそっくりだと言われています。

人気パンケーキ店gramのパクリ問題

今回騒動となっている株式会社gramですが、そもそもこの会社名である「gram」も大阪で人気だったカフェの名前を先に勝手に商標登録し、奪い取ったものであると言われています。

その後、元々あったカフェである「gram」は、店舗名を変えざるを得ず、branc cafeとなり客足が遠のき、閉店しているようですね。

FLIPPER’S「奇跡のパンケーキ」の商標

奇跡のパンケーキも今やブランドとして名の知れた商品ですが、この名前も商標に登録している最中のようですね。

うっふぷりん「てぃらぷり」の商標

プリンとティラミクスをミックスした「てぃらぷり」という商品が大阪で人気のようですが、この「てぃらぷり」も商標の登録を取ろうとしているようです。

ローソンのプレミアムロールケーキ

コンビニスイーツの火付け役となったローソンのプレミアムロールケーキまでもターゲットに入れていたようです。

アイドルグループ ℃-ute

以前には、アイドルグループの名前に似たロゴも飲食物や飲食店で申請していたようですね。

SNSでは不買運動も

そもそもの社名からパクリでは?と言われている株式会社gramですが、gram関連の商品は買わないようにしょうという人も出てきています。

確かに、コツコツと積み上げて来てようやく売れ始めた頃に、商標を取っていなかったからといって、一生懸命考えた店名や商品名、ロゴを奪われてしまうなんて考えるだけでも恐ろしいですよね。

gram社(高田雄史社長)商標パクリ問題まとめ

ブランドは作り上げるのに多くの時間や労力が必要です。

商標という本来は事業者や個人の権利を守るべき仕組みを逆手にとって、ハゲタカのように人気が出てきたら奪い取るというビジネスモデルは確かに存在します。

しかし、法律上問題がないからといって人としてのモラルはどうでしょうか?

お店や販売者としてはどの商品がヒットするかわからないし、全ての商品名を商標登録するわけにはいきません。

また、商標も申請分野や内容によってできる範囲も限られていますし、費用も手間もかかります。

仕組みとして、このようなやり口から小規模事業者を守るための手段も考えて欲しいですね。

RELATED POST