テレビ

大河ドラマいだてんが史上最低・最速視聴率!口コミ・感想から見る低い理由や原因は?

毎年楽しみにされている方も多いNHKの大河ドラマですが、現在放映中の大河ドラマ「いだてん」の視聴率の低さが話題になっています。

初回の視聴率もワースト3位という不名誉な記録を残してしまった。

大河ドラマいだてんが史上最低・最速視聴率!口コミ・感想から見る低い理由や原因についてまとめてみました。

「いだてん」大河ドラマワースト3位の低視聴率

「今月11日(月)は祝日だったため12日火曜の朝9時に金、土、日、月の4日分の視聴率がまとめて発表されました。その瞬間、編成局や制作局のドラマ担当者から悲鳴にも似たどよめきが起こったんです。ある幹部は頭を抱えてその場にヘナヘナと座り込んでしまうほど……。これはただ事ではないと思いました」(制作関係者)

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」が早くも崖っぷちに立たされている。10日に放送された第6話が大河ドラマ史上最速で視聴率9・9%(関東地区/関西地区は8.0% ビデオリサーチ調べ)とシングル視聴率を叩き出した。過去、大河で平均視聴率1ケタを記録したのは、「平清盛」(12年)、「花燃ゆ」(15年)、「西郷どん」(18年)の3作品のみ。驚くのはそればかりではない。

「最初にシングルを叩き出したのは『平清盛』が8月5日OAの7.8%、『花燃ゆ』が4月12日OAの9.8%、『西郷どん』が10月7日OAの9.9%。だが、『いだてん』は2月10日でシングルを出してしまったんです。これはヤバいですよ。平均視聴率も過去最低になる可能性もはらんでいる。そればかりか今後は打ち切りについても真剣に検討する必要性もあるということです。大河の制作費は一本1億円以上。受信料と税金を投入して制作しているんです。視聴者に支持されないドラマに大金を投入していい訳がなく、また受信料不払い運動を加速させる原因になりかねない」(NHK関係者)

引用:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/247601/2

「いだてん」以前の大河ドラマ視聴率

初回視聴率のワースト3は、

  1. 1989年「春日局」
  2. 2018年「西郷どん」
  3. 2019年「いだてん」

ワースト1位の「春日局」は過去放映作品の中で唯一、初回放送が元旦だったといこともあります。

その後は、大河史上歴代3位の高視聴率を誇るまでになったそうです。そういう意味では、昨年の「西郷どん」に続くワーストランキングに名を連ねてしまいましたね。

さらに、以前は平均視聴率が20%は当たり前でしたが、「いだてん」は2月中の第5話で早くも10%を下回る視聴率となってしまいました。

「西郷どん」でも、10%を切ったのが8月に放映された第37話のみでした。

タイトル 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
真田丸 19.9% 20.1% 18.3% 17.8% 19.0% 16.9%
直虎 16.9% 15.5% 14.3% 16.0% 16.0% 14.5%
西郷どん 15.4% 15.4% 14.2% 14.8% 15.5% 15.1%
いだてん 15.5% 12.0% 13.2% 11.6% 10.2% 9.9%

確かに、初回から視聴率は右下がりですね。

「西郷どん」はなんとかずっと踏みとどまりましたが、「いだてん」はかなり厳しい状況にNHKも焦っているようです。

大河ドラマ「いだてん」に対する視聴者の感想・口コミ

大河ドラマ「いだてん」が面白いという感想・口コミ

 

大河ドラマ「いだてん」がつまらないという感想・口コミ

長年戦国時代や幕末ものを続けてきたので、そういう固定層をつかんでいた。
日本史の好きな姉も、毎週どの番組よりも楽しみにしていた。
そういう今までの時代劇ファンからすれば、今回の東京オリムピックは見る気になれないだろう。
全国のじいちゃん、ばあちゃんの多くも楽しみがなくなり、がっかりしていることと思う。
次の「明智光秀」は、その分期待が大きい。
光秀が本能寺の変を起こした理由ははっきりとはわかっていない。
秀吉の陰謀説等々、そこに想像の余地がある。
ぜひおもしろいもの作って、今年の不評を挽回してくれ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190216-00010000-spht-ent

 

主人公の五輪の事件は有名だけど偉業というよりも当時は恥とされていたしね。
東京五輪に無理やりコラボするための政治臭さが嫌だ。
演出やシナリオはなかなか凝っているんだけど、話に魅力が薄いのは致命的。
豪華キャストがこれでもかと登場するんだが、勿体無いなぁ。
としか思えない。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190216-00010000-spht-ent

 

韋駄天はストーリーや俳優が悪いのではなく、見せる場所が悪かったのではないかと思う。つまり、大河ドラマではなくて朝ドラであったらよかったのではないかと思う。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190216-00010000-spht-ent

 

もしかすると、実際には大河がだだ下がりの状況なので、NHK自体の放送の構成に問題があるのではないかと思う。これまでは硬い方面だったNHKで自分の得意分野であるNHK特集にドラマ性を加えた大河ドラマだったので見る人が増えたのかもしれないが、テレビ離れがあるとはいえ、NHKの特性が他の会社とあまり変わらない現状になった状況で、視聴率を大きくあげようとしても難しいのかもしれない。人々が興味を引く内容だったらNHKの視聴料を文句言う人もいないと思うのに、現状では高コストで税金同様の扱い。受ける側が呆れ返っている状況で、このような問題をぶち上げても実際のところ諦めどころが必要なのかもしれない。もしかすると、史上初、明智光秀繰り上げ長期化なんてこともあるのでは?坂の上の雲みたいに3年やっても視聴率が落ちなかったこともあるのになぁ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190216-00010000-spht-ent

 

視聴率の遷移見ると、最初は大河ファン含めて流れで見たけど、段々とこれは期待している大河とは違うなと離れていき、一桁の数字はそれでも見ている人が残ったと言う感じだろうね。
金栗四三、オリンピック、脚本のクドカンとなったら、大河=歴史物としている固定客は大いに違和感感じて離れるだろうし、局も大河のテイストではなくなるなと予想していたよね。
それでも大河枠に入れて来たのは、来年の東京オリンピック開催を盛り上げるという大義名分のもと判断してのことだろう。
番組自体はしっかり作ってあるから成立しているが、果たして「大河枠」とすべきだったのか、また、数字取れなくても施策的意義からやむを得ないと腹をくくれていたのかに関しては疑問が残る。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190216-00010000-spht-ent

 

従来の歴史ファン以外も取り込みたかったのかな…個人的には題材もキャスティングもいいと思うけど、とにかく話の流れがわかりづらい。古今亭さんがなぜナレーションをやるのか??(金栗さんやオリンピックと関係があるのか?)普通のナレーションでいいと思うんだけど。
まあ、まだ始まったばかりだし、今後に期待です。個人的には毎週見てるし好きですよ。従来の大河ファンはがっかりかもですが、こういう新境地を開いたり、冒険ができるのがNHKのいいところ。民放ならワンクールか、もっと早く打ち切りでしょう。視聴率きにせずに頑張ってほしい。
作品そのものは斬新でいいと思うよ。楽しみにしてます

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190216-00010000-spht-ent

 

そもそも視聴者の層と、この番組のテーマ、五輪というごますりテーマがミスマッチで支離滅裂の流れに落入ているのだ、、。

何を主張したい番組なの、、。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190216-00010000-spht-ent

 

最近は時代劇が少なく、かろうじてゴールデンで残ってたのが大河ドラマだった。
時代劇を見たい人は多くはないが一定数はいるわけで、その人達が離れちゃったかなと思う。
逆に言えば、歴史物は高視聴率は望めないがある程度の視聴率は期待できるとも思う。
ゆえに、新作の時代劇に各局が挑戦しても良いのではないだろうか。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190216-00010000-spht-ent

大河ドラマ「いだてん」の視聴率が低い原因

大河ドラマ「いだてん」は、いつもの大河ドラマらしくない

感想や口コミを見ていると、わかりにくいや知らない俳優が多く出ているなどという声も上がっていました。

主人公の知名度

今回の題材となる舞台が近代史であることや、主人公である金栗四三の知名度がそもそも高くないといのもあるように思います。

そのため、ドラマを見ていても大筋の内容がわからない人が離脱すている可能性もありますね。

時代の移り変わりの早さ

特に初回の放送で、時代が何度か展開して語られる部分がありました。

古今亭志ん生(ビートたけし)の若かりしころを、森山未來が演じており同一人物だと思わなかった人も!?

これまでの大河では、主人公の幼少期から順を追って描かれることが多かったので、ドラマ性を求めるが故の時代背景を並べて描かれるという手法がマッチしなかったのかもしれません。

大河ドラマ「いだてん」のビートたけしの古今亭志ん生がイマイチ

ビートたけしさんが古今亭志ん生を演じていることに嫌悪感を感じている人も一定数いるようです。

実際に、古今亭志ん生さんも滑舌はよくはなかったようですが、ドラマという舞台の中でそこをリアルにしてしまうと視聴者はちょっと戸惑ってしまうかもしれませんね。
聞き取ることに集中して、ドラマに集中できないという声もありましたし。

大河ドラマ「いだてん」宮藤官九郎の脚本

宮藤官九郎さんの脚本ということで、若い人や朝ドラを見ていた人たちは楽しみにしていた人たちも多くいました。

しかし、それ以外のこれまで長年大河ドラマを見続けてきた、年配の方々にとっては展開についていけないのでは?という意見も多く見られました。

大河ドラマ「いだてん」今後の視聴率はどうなるのか?

このままだとどこかで下げ止まりにはなるでしょうが、例年通りの数字にはならなそうですね。一度下がった視聴率をあげるのも簡単ではないでしょうね。

これまでの不満点で、解消できる点を解消するために解説を入れた特番で流れを再確認することや、過去放送のダイジェストなどを放映して新規層を獲得していくことが必要ではないでしょうか?

また、金栗四三のヒストリー番組などで興味を持ってもらうことなどでも興味は引けると思います。

大河ドラマ「いだてん」視聴率が低い理由や原因まとめ

視聴者の口コミや感想を調べてみて、予想外にドラマを楽しみにしている人が多いことに驚きました。

視聴率低下と聞くと、ドラマの内容がイマイチなのかなと思ってしまいますが、そうではなさそうですね。

  • 大河ドラマのリピーター
  • ドラマ好き
  • その他

これまでの大河ドラマは、どちらかというと年配の毎年大河ドラマを見ている人達が主であり、それに大河にかかわらずドラマ好きや一般のテレビ視聴者が加わって視聴率を押し上げていたと考えられます。

しかし、今回の「いだてん」では、近代史ということや宮藤官九郎さん脚本ということで、ドラマ好きや一般のテレビ視聴者はドラマ内容に概ね満足している。

ただし、これまでの年配層の大河ドラマリピーターが付いていけずに、徐々に離脱している。という図式なのかなと感じました。

視聴率だけで見れば、歴代の大河ドラマとは全く違う視聴者層が見ているということではないかと思われますが、数字は下がる。

さらに、日曜8時は他局も視聴率がいい番組「イッテQ:平均視聴率17.2%」や「ポツンと一軒家:15.2%」があるので厳しいですよね。

今「いだてん」を見ている視聴者の中にも満足度が高く、毎回楽しみに見ているという「いだてんの大ファン」もいる中で、NHKはテコいれで方針転換を図るのでしょうか?

視聴者層の開拓をする中で、既存の視聴者層が離れていっているであろう事実をどう対応するのか。

今後、「いだてん」がどのような展開を見せるのか、ドラマの内容とともに気になるところです。

大河ドラマ「いだてん」の天狗倶楽部は実在したスポーツ社交団体だった。今年もついに大河ドラマが始まりましたね! 昨年の西郷どんでは、主演の鈴木亮平さんの役者魂が感じられる素晴らしい作品でした。2019...
こちらの記事もよく読まれています



RELATED POST