ニュース

飯塚幸三が逮捕されない理由がヤバい! 池袋プリウス暴走犯人はクボタ元副社長・勲章受章者の上級国民だから?

またもや痛ましい事件が起きてしまいました。

2019年4月19日の昼間に、87歳と高齢の男性が運転していた車が次々に人をはね、母親と三歳の女の子が亡くなりました。

ただの交通事故では済まずに謎の深い事件となっており話題になっています。

なんとこの車を運転していた人物は現行犯で逮捕されておらず、なぜ現行犯で逮捕されていないのかが話題になっています。

その後、わかってきたのが加害者である人物が大企業の元役員であり、勲章受章者の元役人ということが明らかになってきました。

マスコミでも実名で報道をしてないところもあり、飯塚幸三容疑者ではなく飯塚幸三さんとさん付けで呼んでいることに事件の揉み消しや隠蔽をしているのではないか?という疑惑の目が向けられています。

池袋プリウス暴走犯人はクボタ元副社長・勲章受章者の飯塚幸三氏はなぜ逮捕されないのか?についてまとめてみました。

池袋で暴走犯人はクボタ元副社長・勲章受章者の飯塚幸三

 東京・池袋で19日昼、87歳の男性が運転する車に通行人が次々とはねられ、31歳の母親と3歳の娘が死亡した。運転していた飯塚幸三さんは周囲に運転をやめる意思を示したことがあったという。

【写真】事故現場には車の破片や帽子などが残されていた

飯塚さんと同じマンションの住人男性は今年、飯塚さんが駐車場にうまく車を止められず、前後に何度も動かす様子を見たという。「奥さんが外に出て『もっとハンドル切って』などとやっていた」。男性は「事故を心配していた。ショックです」。飯塚さんは1年ほど前、男性に「運転をやめる」と話していたといい、最近は足を悪くし、杖を使って外出していたという。関係者によると、飯塚さんは旧通産省の元工業技術院長で、農機大手クボタの副社長も務めていた。

目撃者は事故前後の様子を証言した。

午後0時20分すぎ、近くの自動車販売店に勤務する女性(24)は、「キーッ」というタイヤと路面がこすれるような音を聞いた。店内からガラス越しに、シルバーの乗用車が走っていくのが見えた。「警察にでも追われているのかと思うほど、スピードが出ていた」

近くに住む会社役員の男性(26)によると、乗用車はごみ収集車と衝突し、2~3メートルはね飛ばされた。区内の美容師の女性(33)は飯塚さんについて「運転席から救急隊員が2人がかりで引っ張り出していた」と語った。両脇を抱えられながら力なく歩いていたが、意識ははっきりしているように見えたという。

現場近くにいた千葉県松戸市の団体職員の男性(39)は、道路上で複数の人が負傷し、交差点の真ん中で幼い子どもが自転車の後部座席に収まった状態のまま倒れているのを見た。自転車は真っ二つに壊れていたという。「事故の衝撃で吹き飛ばされたんだと思う。自分にも同じ年頃の子がいる。言葉にならない」と話した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000075-asahi-soci

私も、最初にこのニュースを見たときには、あぁまた高齢者の交通事故か・・・

アクセルとブレーキを踏み間違える老人も増えているし、容疑者は87歳なら踏み間違えだろうなと思っていました。

しかし、この事件は他の交通事故とは違う様子で話題になっています。

池袋のプリウス暴走犯人のクボタ元副社長・勲章受章者飯塚幸三はなぜか現行犯で逮捕されていない

東京都豊島区東池袋4丁目の都道で乗用車が暴走し10人が死傷した事故で、警視庁は19日、心肺停止状態だった松永真菜さん(31)=豊島区=と長女の莉子ちゃん(3)が死亡したと明らかにした。運転していた男性(87)=板橋区=は「アクセルが戻らなくなった」と説明。同庁は、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、当時の状況を詳しく調べている。

 警視庁によると、乗用車は約150メートルにわたって暴走。ドライブレコーダーの画像から、この間にあった乗用車側の二つの信号はともに赤だったとみられる。

 警視庁は証拠隠滅の恐れがないと判断、男性を逮捕せず任意で捜査を進める。

引用:https://this.kiji.is/491880325461312609

警視庁は証拠隠滅の恐れがないと判断し、逮捕せずに任意で捜査を進めるという到底理解できない捜査方針を打ち出し、未だに容疑者である飯塚幸三容疑者は逮捕されていないのです。

証拠隠滅どころか現行犯であり、若い親子が亡くなるという痛ましい事故となったのにも関わらず逮捕されないことがあり得るのでしょうか?

飯塚幸三容疑者は事故直後に息子に電話をして、SNSアカウントの削除やマスコミへの圧力なども指示していた疑いもあるようです。

轢いてしまった怪我人や倒れた人の心配や救護をする前に、自分の保身のために電話をしていたのでは?ということから、批判の声が上がってきています。

飯塚幸三が逮捕されない理由はアクセルの不具合だったのか?

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4の都道で、板橋区の無職、飯塚幸三さん(87)の乗用車が約150メートルにわたって暴走し、歩行者らを次々とはね、自転車の母と娘2人が死亡、飯塚さんを含む40~90代の男女8人が重軽傷を負った。

【150mの暴走の経緯を図解】当時の信号や被害者の位置

飯塚さんの車に設置されていたドライブレコーダーには、事故直前の様子が記録されていた。

警視庁によると、事故現場に至る左カーブの辺りで、同乗の妻が「危ないよ、どうしたの」と声を上げた。飯塚さんは「あー、どうしたんだろう」と応じており、直後に車道左側の金属製の柵に接触したとみられる。その後、スピードを上げたまま交差点に突入していた。事故直後には飯塚さんが動揺した様子で息子に「アクセルが戻らなくて、人をいっぱいひいちゃった」と電話している様子が映っていた。

これまでのところ車の異常は確認されておらず、同庁は原因を慎重に調べている。【安藤いく子】

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000105-mai-soci

アクセルが戻らないという意味がよくわからないのですが、ブレーキは踏んでいなかったのでしょうか?

高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違える事故は多発しています。スピードもかなりでていたようなので、おそらくブレーキと間違えてアクセルを踏み続けていた可能性もあると考えられます。

池袋プリウス暴走犯人クボタ元副社長・勲章受章者の飯塚幸三が逮捕されていない理由

事故直後、飯塚幸三氏は事故の影響で怪我をしており入院しておりました。

入院していること、高齢者であることから逃亡の恐れがないために体調を考慮してい逮捕をしていないという報道もありました。

しかし、他の高齢者の交通事故で同じようなケースは聞いたことがありません。

※5/20 飯塚幸三氏が退院後、任意の取り調べとなっています。任意の取り調べには応じているようですが、事故の原因は車の問題であると主張しており容疑を認めてはいないようです。

退院しても、任意の取り調べに応じていれば逃亡の恐れがないということで逮捕されないのでしょうか?

やはり、何か腑に落ちません。。。

池袋プリウス暴走犯人クボタ元副社長・勲章受章者の飯塚幸三が逮捕されていないことにSNSでは

残された夫の会見

19日、東京・東池袋で車が暴走し10人の死傷者を出した事故で、娘の松永莉子ちゃん(3)と妻の松永真菜さん(31)を亡くした夫が24日に会見を開いた。

「まず最初に、事故現場の献花台に溢れるほどの花を手向けてくださった皆様、妻と娘に寄り添い心を痛めてくださっている皆様の温かい心に、本当に感謝しています」と感謝を述べた夫は、続けて「最愛の妻と娘を突然失い、ただただ涙することしかできず、絶望しています。娘がこの先どんどん成長し、大人になり、妻と私の元を離れ、妻と寿命尽きるまで一緒にいる。そう信じていましたが、たった一瞬で私たちの未来は奪われてしまいました。悔しくて悔しくて仕方がありません。この悔しさはどれだけ時間が経っても消えないでしょう」と心境を吐露。

また、妻と娘の写真を公開した経緯について「妻と娘は本当に優しく、人を恨むような性格ではありませんでした。私も2人を尊重し、本来ならばそうしたいです。ですが、私の最愛の2人の命を奪ったという、その罪を償ってほしいです。この数日間、何度もこの先生きていく意味があるのかと自問自答しました。しかし同時に、今回の事故での妻と娘のような被害者と私のような悲しむ遺族を今後絶対に出してはいけないとも思いました。そのために、私は妻と娘の画像を公開することを決断しました。妻はとても恥ずかしがり屋で、Facebookなどで顔を公開することもないような控えめな性格でした。そのため苦渋の決断でした」と説明

そして、「この画像を見ていただき、必死に生きていた若い女性と、たった3年しか生きられなかった命があったんだということを現実的に感じていただきたいです。現実的に感じていただければ、運転に不安があることを自覚したうえでの運転や、飲酒運転、煽り運転、運転中の携帯電話の使用などの危険運転をしそうになった時に、亡くなった2人を思い出して思いとどまってくれるかもしれない。そうすれば、亡くならなくていい人が亡くならずに済むかもしれない、そう思ったのです。それぞれのご家庭で、事情があることは重々承知しておりますが、少しでも運転に不安がある人は、車を運転しないという選択肢を考えてほしい。また、周囲の方も本人に働きかけてほしい。家族の中に運転に不安がある方がいるならば、いま一度家族内で考えてほしい。それが世の中に広がれば、交通事故による犠牲者を減らせるかもしれない。そうすれば、妻と娘も少しはうかばれるのではないかと思います。今回の事件をきっかけに様々な議論がなされ、少しでも交通事故による犠牲者がいなくなる未来になってほしいです」と訴えた。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00010024-abema-soci

飯塚幸三が逮捕されない理由! 池袋プリウス暴走犯人はクボタ元副社長・勲章受章者の上級国民だから?まとめ

SNSを中心に逮捕をしない警察、実名報道をしない&さん付けで報道をする新聞社やマスコミに対して、不信感が高まっています。

マスコミのとしては、逮捕されていないため「容疑者」という呼称を使わないというスタンスのようです。

警察としては、逃走や証拠隠滅の恐れがない限りは現行犯で逮捕しないこともあるようです。

かなり激しい事故の直後で、運転手である飯塚幸三氏が高齢で入院をしているということもあり逮捕には至ってないようですが、体調の回復を見つつ自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で事情聴取を行うようです。

しかし、事故時のドライブレコーダーの動画が公開されていないこと、事故直後に息子に電話をしてSNSが即時に削除されていたこと、元官僚で人脈があるであろうことなどから罪を逃れようとしているのでは?という疑惑の声が多く出ているようです。

 

読んでいただきありがとうございました。

滋賀大津交通事故のレイモンド淡海保育園長先生の会見の意味や理由は?マスゴミに炎上!2019年5月8日に滋賀県の大津市にある交差点で、保育園児が巻き込まれる交通事故がありました。 亡くなった園児もおり、多くの重軽傷...
こちらの記事もよく読まれています