雑学

宅ふぁいる便の代わりに使える!安全なファイル送信無料サービス一覧

無料で使えるファイル転送サービス「宅ふぁいる便」が不正アクセスで約480万人の会員個人情報が流出したと話題になっています。

高画質の写真データや、動画データなどを送る際に利用される方も多いファイル転送サービス。

無料で使用できるものも多いですが、今回個人情報が流出した「宅ふぁいる便」を使用していた人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は宅ふぁいる便に変わる安全なファイル送信無料サービスをご紹介、より安全にファイル送信サービスを使う方法についてまとめてみました。

宅ふぁいる便の情報漏洩事件

このたびはファイル転送サービス「宅ふぁいる便」の一部サーバーに対する外部からの不正アクセスにより、約480万件のお客さま情報が外部に漏洩し、ご利用の皆さまに多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます。
調査の過程で、特定期間においてのみ取得をしていたお客さま情報などについても漏洩していることがわかりましたので、お知らせいたします。漏洩したお客さまの総数に変りはございません。
なお、現時点で個人情報漏洩による二次被害は確認されておりませんが、引き続き第三者を含めた調査を行っており、詳細判明次第、対象となるお客さまにはメールなどにより、順次お知らせいたします。

1.現時点で漏洩が確定したお客さま情報 (下線部分は新たに漏洩が確定した情報)
(1)2005年以降、全期間を通じてお客さまにご回答いただいている情報

・氏名(ふりがな)、ログイン用メールアドレス、ログインパスワード、生年月日、性別、 職業・業種・職種※、居住地の都道府県名、メールアドレス2、メールアドレス3

(2)上記に加えて、2005年~2012年の期間でのみ、お客さまに回答いただいていた情報

・居住地の郵便番号、勤務先の都道府県名、勤務先の郵便番号、配偶者※、子供※
※該当する選択肢番号を選ぶ形式のため、具体的な職業・業種・職種、配偶者や子供の有無などは明記されていません。

2.お客さまへのお願い
・「宅ふぁいる便」と同一のユーザーID(メールアドレス)、ログインパスワードを用いて他のウェブサービスをご利用されているお客さまにおかれましては、誠にご面倒ではございますが、ログインパスワードを変更いただきますようお願いいたします。
・1月13日から1月23日まで、「宅ふぁいる便」のサービスをご利用いただいたお客さまにおかれましては、送信されたファイルをお届けできていない可能性がありますので、ご確認をお願いいたします。

3.宅ふぁいる便を装うフィッシング等の偽装メールにご注意ください。
当社は以下のような行為を実施しておりませんので、メールが届いても、絶対に対応しないでください。

(例)
・宅ふぁいる便に登録された皆様の会員情報の提供
・パスワードの再発行
・口座番号の確認

お客さまの大切な情報が漏洩する事態となり、大変なご迷惑、ご心配をおかけすることになりましたことを重ねてお詫び申し上げます。

4. ご質問一覧

以上

<本件に関するお問い合わせ先>
1月29日よりフリーダイヤル(通話料無料)を開設いたします。
0120-858640
(土日祝含む 9:00~17:45)

一部IP電話等で上記ダイヤルにつながらない場合(有料)
株式会社オージス総研 専用受付
06-6584-0097
(土日祝含む 9:00~17:45)
お問い合わせメールアドレス :bs_inquiry_takufile@ogis-ri.co.jp
※返信は、「shiroyagi2@filesend.to」からとなります。ご注意ください。

宅ふぁいる便の代わりに使える安全な無料ファイル送信サービス

ギガファイル便

容量 100GB
保存期間 7日、14日、21日、30日から選択が可能
パスワード 設定あり
会員登録 なし

正直、ファイル転送サービスはこれだけで十分だと思います。

私もファイル転送サービスを使用する際は、このサービスをよく使っています。

ギガファイル便の使い方

  1. ファイルをドラッグ&ドロップでサイト上でアップロード
  2. ファイルにパスワードをかけてURLを作成
  3. URLとパスワードをメールもしくはサイトで送信

たった、これだけです。

保存期限も自分で4パターン(7日、14日、21日、30日)から選べます。

何と言っても容量が100GBまでと他のサービスと比べても断トツに多いです。もちろん、アップロード、ダウンロードする容量が大きくなればそれだけ掛かる時間も増えます。

それを差し置いても、十分に活用できるサイトですね。

FileMail

容量 50GB
保存期間 7日間
パスワード 設定あり(有料版のみ)
会員登録 無し(登録もできる)

高速、簡単、安全を売りにしている海外のファイル転送サービスです。日本語版があるので、日本人でも問題なく使えると思います。

FileMailの使い方

  • 宛先、送信者、件名、メッセージを打ち込む or (リンク(URL)を作成する)
  • ファイルを添付する
  • 送信するボタンを押す(リンクをメールなどで送る)

有料版と無料版とあり、無料版では使える機能に制限があります。

ただ、ギガファイル便とは違い無料版ではパスワードの設定ができません

しかし、使い方はWebメールを送るように簡単なので使いやすくおすすめです。

 

ファイル送信サービスの仕組み

  • サイトに送りたいデータをアップロード
  • ダウンロード用のURLを作成
  • URLからデータをダウンロードする

メールで送るには重いデータを外部のサイトにアップロードして、一度仮に保存をしてもらいます。

そして、URLを倉庫の住所代わりに受取手がサイトからダウンロードをするというサービスです。

つまりは、外部サービスにデータ自体は一度預けることになりますので、そこにアップロードされたデータはサイトのセキュリティ次第です。

ファイル送信サービスを安全に使う方法

ファイル送信サービスは基本的には極秘の文書やデータの利用には向きません。ただ、ちょっと重めのデータをすぐに送りたい時には非常に便利なサービスです。

外部サービスに一旦データを預けるという点においては、リスクがあります。

そこを除いて個人で安全に利用する方法としては、

  • パスワードを掛ける
  • 送り先のメールアドレスを間違えない
  • パスワードとURLは別に送る

これらの工夫が安全性を高めます。

最近は、SNSのメッセージなどでも気軽にやり取りができるので、普段やり取りしている相手なら良いのですが、初めて送る際などは相手に間違えがないか確認してから送りましょう。

ファイル送信サービスを使わずに大容量データを共有する方法

外部にデータを預けるのが怖いとなれば、クラウドのファイルを共有する方法もあります。

グーグルドライブやドロップボックスを使っている人であれば、フォルダを作成して共有することができます。

共有されたフォルダの中にあるデータは、そのファイルにアクセスできる人なら権限を設定して使うことができます。

  • データ作成と編集
  • 閲覧のみ

など、権限によってできることも制限できるので便利ですよ!

また、外部にデータを預けるわけではないので、安心して使っていただけるかと思います。

宅ふぁいる便の代わりに使える!安全なファイル送信無料サービス一覧まとめ

今回は、宅ふぁいる便の個人情報漏洩の事件を踏まえて、安全なファイル送信無料サービスについてまとめました。

宅ふぁいる便では、登録されている個人情報が漏洩してしまったということだったので個人情報の登録が不要なサービスのみに絞りました。

便利になる一方で、こういった事件も増えていくと思います。個人で使用するIDやパスワードも年々増えていきますよね。。。。

パスワードの使い回しなどしていると、1つのアカウント情報がバレただけで芋づる式に個人情報が使われる恐れもあります。

無闇矢鱈に使い回しをしないこと、IDとパスワードを増やさないこと。これらも立派なセキュリティ対策と言えますね。

 

参考にされてみてくださいね。

読んで頂きありがとうございました!

こちらの記事もよく読まれています



RELATED POST