ニュース

アイリスオーヤマ韓国工場設立で客離れ不買?社長は在日で製品の壊れやすい?

アイリスオーヤマが、嫌韓ムードのなかで韓国に新工場を設立して話題になっています。また、社長である大山晃弘氏の発言が物議を醸しています。

そこで今回は、アイリスオーヤマの新工場設立の経緯や社長は在日なのか?

社長の問題発言や、新工場設立や社長の発言に対しての消費者の反応をまとめてみます!

アイリスオーヤマが韓国工場を設立

【ソウル聯合ニュース】日本の生活用品製造卸、アイリスオーヤマ(仙台市)が、韓国・仁川経済自由区域の松島国際都市に小型家電と生活用品の製造・研究施設を新設した。

仁川経済自由区域庁は22日、松島にあるアイリスコリアの社屋で完工式を開催した。同社はアイリスオーヤマグループが100%出資した韓国法人だ。

世界各地に25の製造施設を持つアイリスオーヤマは、1億ドル(約110億円)を投資して松島・先端産業クラスター内の約2万7000平方メートルの敷地に製造・研究施設を建設した。

同社はグループ年間売上高が4750億円に上る小型家電・生活用品・発光ダイオード(LED)分野の大手メーカー。世界で初めてクリア収納ケースやフルカバーホースリールを開発した企業としても知られている。

完工式に出席した同社の大山健太郎会長は「アイリスの強みである革新的な製品を持続的に開発し、韓国の消費者にも認められるブランドになるよう最善を尽くす」と述べた。

松島国際都市は近ごろ、日本の先端企業が集積する革新クラスターとして急浮上している。

アイリスオーヤマ以外にオリンパス、アマダ、オークマ味の素、TOK(東京応化工業)など先端製造業分野の日本企業が入居を終えた。

これらの日本企業の投資規模は5億ドルに達し、3000人以上の雇用を創出した。

引用: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000048-yonh-kr

韓国が日本にとって色々な問題を投げかけてきている中で、日本では嫌韓ムードが最高潮に高まっています。

韓国国内では日本製品に対して、戦犯であるというシールを貼ったり不買・不使用の活動なども起きています。

その最中の新工場設立や雇用の創出ということで、韓国製になるのであれば購入はしたくないという消費者がでてきたということですね。

アイリスオーヤマ韓国工場設立で社長が問題発言

経営者自身が「消費者が気にしてないから」ということを発言してしまいました。

この発言は消費者の選択基準や思想に寄り添っておらず、「どうせ気にしないだろう」という慢心ともみられてもおかしくない発言にも捉えられますね。

韓国でもこれまで以上の製品が作れるなど、品質向上や販売価格への反映などポジティブな発言であればまだ良かったと思うのですが。

多くの消費者は、企業には韓国から撤退して欲しいと思う人もいるなかで、消費者の嫌韓意識の火に油を注いでしまった形になりましたね。

アイリスオーヤマ韓国工場設立と社長の問題発言で客離れ不買?

これまでも、アイリスオーヤマは数々のユニークな商品で話題になることが多かったです。他の家庭用品電機メーカーが作らないような物を作っており、支持する消費者も多いです。

しかし、今回の一件で今後は買いたくないという声も出てきました。

アイリスオーヤマの商品は、ユニークで安いが壊れやすい。値段相応の商品などという評価も見られました。

アイリスオーヤマの創業家は在日?

もともと、創業家の大山氏が在日の家系のようですね。

アイリスオーヤマ韓国工場設立で客離れ不買?社長は在日で製品の壊れやすいまとめ

大々的にニュースに流れたため、嫌韓意識の高い消費者が不買を宣言している人も多いです。

確かに、日本に対する数々の理不尽な行動の中で、韓国で製造というのはあまり応援したいとは思えませんよね。

企業としては、政治や思想よりも利益重視でしょうから、そうも言ってられないのかもしれません。

こちらの記事もよく読まれています



RELATED POST