芸能

木下大維志君の母ジャガー横田の目は斜視?プロレスの影響や後遺症が原因か?

木下大維志君の受験企画が話題となりましたが、母親で女子プロレスラーでもあるジャガー横田さんにも注目が集まっています。

以前から、ジャガー横田さんの視線がたまにあってないように見え、斜視なのかな?と思ったことがあります。

気になったので、木下大維志君の母ジャガー横田の目は斜視?プロレスの影響や後遺症が原因か?について調べてみました。

ジャガー横田のプロフィール

芸名・リングネーム ジャガー横田
本名 木下利美
生年月日 1961年7月25日
身長・体重 160cm/58kg
出身地 東京都荒川区
所属 ワールド女子プロレス・ディアナ
パーフィットプロダクション

もう57歳になるんですね。それで現役のプロレスラーを続けておられるなんて、凄いですね。

体のケアもよっぽど気をつけておかないと、なかなか続けられるものではないですよね。

ジャガー横田の昔の写真画像

引用:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggJ67OZgl4eMzBHTC3A9micQ—x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/ans-374804521
引用:http://blog-imgs-88.fc2.com/e/b/i/ebishima3ku/IMG_5304.jpg

デビュー当時から美人女子レスラーとして人気だったようです。人気実力トップで、世界チャンピオンにもなられていますね!

目鼻立ちがくっきりしてて、確かに美人ですよね!!

ジャガー横田の最近の写真画像

引用:https://ameblo.jp/jaguar-taishi/

確かに、角度によってはちょっと目線がずれている時があるように見えます。

このころの大維志君、めちゃくちゃ可愛いですね〜!!

 

しかし、こう見ると昔の写真も目線がずれているのかな?とも思えますね。

2010年に出演した「魔女たちの22時」では、すっぴんからメイクをする企画がありその時の画像が話題になっていました。

「魔女たちの22時」でジャガー横田のすっぴん画像


引用:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggBFHAglqLkw4bib80sxjP_Q—x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-13154801533

正面を向いているショットだと思われますので、ジャガーさんにとっての左目が上を向いてしまう上斜視かもしれません。

ジャガー横田は斜視?

斜視とは?

斜視とは両眼の視線が合わなくなる病気です。斜視は人口の約3%にみられるとする統計もあり、決して珍しい病気ではありません。この斜視の患者さんの多くは、幼い子どものうちに症状が現れ、家族の方に連れられ眼科医のもとを訪れます。しかし、なかには家族の方が目の異常に気がつかなかったり、あまり大したことはないと考えたりして、眼科医にかからないままになってしまう患者さんもおられます。さらに、眼科医にかかっても眼鏡をかけて調子が良くなったり、斜視の手術をするとそれだけで治ってしまったと考え、治療や定期検診を中断される患者さんも多いようです。
大人の斜視にはこのような患者さんが多く含まれます。また、近視の強い人では目が寄ったり(図1.内斜視)、目を動かす神経や筋肉の異常のために目の位置がずれる患者さんもおられます。

引用:http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_otona.jsp

子供の頃からある一定数の割合で斜視の方がいるようですね。原因は神経や筋肉に問題があり、左右の目が同じ方向に向けないことのようです。

なぜそのようなことになるのかは分かっていないようですね。

また、大人の斜視は子供の頃はさほどひどくなくても、徐々に悪化していくことや交通事故などで神経が傷ついてしまうことで発症することもあるようです。

ジャガーさんも元々斜視の傾向があり、プロレスの衝撃などで悪化した可能性もありますね。

斜視は治療できる?

 よくある質問で「斜視の治療は子どものうちでないと無理で、大人になると斜視の治療はできないと聞いたのですか」と尋ねられることがあります。確かに斜視と関係の深い弱視は子どものうちでないと治療はできません。しかし、程度のひどい斜視なら年齢がいくつになっても手術することはできます。ただ、斜視の手術が少しでも効き過ぎるとかえって「ものが二重にだぶって見える」ことがあります。そのため、このような意見がでるようになってしまったわけですが、実際には少し少なめに手術すればそのようなことはまず起こりません。また、頭の中の血管が詰まって目を動かす神経が働かなくなった場合には3か月から半年で約8割の患者さんは治りますし、目の筋肉の異常で起こっている場合には飲み薬が効くこともあります。決してあきらめずに眼科医を受診してください。

引用:http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_otona.jsp

あまりに酷い場合は、頭痛や目の負担が大きくなるために手術をした方が良いようです。しかし、軽微な方は手術しない人も多いようです。

しかし、手術で治るようなので、特に自分が困っていなければ手術しないのかもしれませんね。

ジャガー横田の斜視はプロレスが原因で後遺症?

斜視は、どの筋肉に異常が生じるかなどで眼球が向く方向が変わる。正面を見た際、片方の黒目が内側に向く「内斜視」や外側に向く「外斜視」などがある。生まれつきの先天性に加え、交通事故や病気などで神経が傷んで斜視になる後天性がある。

後天性のうち、モノが2つに見える複視が起きやすいのが「まひ性斜視」だ。目の動きに関係する動眼神経、外転神経、滑車神経のいずれかがまひを起こし、関連する筋肉の働きが妨げられる。林教授は「糖尿病など生活習慣病が引き金となり発症する場合もある」と話す。ものが二重に見える場合は、脳内の血管が詰まっていることもあるので、早めに病院を受診することが大切だ。

引用:https://style.nikkei.com/article/DGXKZO85802640X10C15A4EL1P01

ジャガー横田さん自身が特に目のことは公表されていないようです。

そのため、プロレスや事故などで後発的に斜視になってしまったのか、若い時から斜視があったのかまではわかりませんでした。

ジャガー横田の目は斜視?プロレスの影響や後遺症が原因か?まとめ

テレビ番組などにも出演される機会が増えて、斜視かな?と思うことがありましたが、ご自身の口からはこれまで目のことについて語られたことはないようです。

昔の写真があまり多くなかったので、若い頃からそうだったのかまではわかりませんでしたが、プロレスが原因というわけではないのかなと思います。

元々斜視があったところに、プロレスなどで筋肉や神経に衝撃が加わることと老化によって悪化している可能性はあるのかなと思います。

最近はテレビ、ブログなどで写真を多くアップされているので、きになる方も増えたのかもしれません。

ご主人もお医者さんですし、手術や治療が必要であればすぐに何か対処されているでしょうしね。

お読み頂きありがとうございました!

RELATED POST