ニュース

ジャニー喜多川が病院へ救急搬送!容態や症状は?持病・体調は悪かったのか調査

緊急ニュースがTwitterで報じられています。

ジャニーズ事務所のジャニーさんこと、ジャニー喜多川氏が病院へ緊急搬送されたと話題になっています。

しかし、情報の出所がはっきりしないのとジャニーズ事務所からの返答で、このニュースが本当なのか?と話題になっていました。

明けて19日にジャニーズ事務所から入院を認めるコメントがあったようです。

ジャニー喜多川が病院へ救急搬送!

これについてトカナがメディア関係者に確認したところ「救急車で都内の大病院に搬送されたと聞いた」との返事が返ってきた。

さらに「最近は、イベントの現場でもタッキーは見かけたけど、ジャニーさんは見ないという声も聞いていた」というから、今年で87歳となるジャニー氏の様態が心配だ。

ジャニー喜多川氏といえば、SMAPや嵐など大人気アイドルグループが多数所属する大手芸能事務所ジャニーズのトップ。「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」や「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」などのギネス記録を持つ一方、素顔を公表せずに裏方に徹する姿勢を見せ、とにかくフットワークが軽いことでも知られている。

「ジャニーさんは、80オーバーとは思えないほどの身軽さで、所属タレントのコンサートや芝居、ミュージカルなどに顔を出します。時期によっては幾つものコンサートや芝居が重なることもありますが、多くの現場に足を運んでいるんです。年齢から考えると、これだけでもすごいことです」(コンサート関係者)

それだけに、前述した“最近見なくなった”という話は心配だ。

引用:https://tocana.jp/2019/06/post_99993_entry.html


続々と色々なメディア、メディア関係の人物のツイッターでジャニー喜多川さんの救急搬送が報じられています。

ジャニー喜多川のwiki経歴・プロフィール

名前ジョン・ヒロム・キタガワ(John Hiromu Kitagawa)
日本名喜多川 擴(きたがわ ひろむ)
生年月日1931年10月23日(2019年6月現在:87歳)
出生地アメリカ合衆国カリフォルニア・ロサンゼルス

ジャニー 喜多川(ジャニー きたがわ、Johnny H. Kitagawa、本名: ジョン・ヒロム・キタガワ (John Hiromu Kitagawa)、漢字表記: 喜多川 擴〈きたがわ ひろむ〉、1931年〈昭和6年〉10月23日[注釈 1] – )は、日本の実業家・芸能プロモーター・音楽プロデューサーで、ジャニーズ事務所、ジェイ・ドリーム、ジャニーズ出版、ヤング・コミュニケーション、つづきスタジオの代表取締役である。

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。4人姉弟でメリー喜多川は姉。

父親は日本仏教・高野山真言宗米国別院の僧侶(第3代主監)で、1946年(昭和21年)2月から1948年(昭和23年)2月までプロ野球チーム「ゴールドスター(1947年に「金星スターズ」に改称)」のマネージャーだった喜多川諦道。諦道の次男として、1931年(昭和6年)10月23日にアメリカ・ロサンゼルスに生まれる。姉はメリー喜多川、兄はNASAでアポロの設計もしていた科学者だったが1980年代に50代半ばで死去している。

1933年(昭和8年)、喜多川一家は日本へ渡航し、大阪市で生活した。しかし間もなくして母親が死去、やがて第二次世界大戦が勃発すると子供たちだけで和歌山県東牟婁郡那智勝浦町に疎開した。

日本の敗戦後、1947年(昭和22年)に子供たちだけでロサンゼルスに帰国し、現地の高校に入学した。高校時代にはロサンゼルスの「アーニー・パイル・シアター」にて、ミュージックメイカーのアシスタントとして、アルバイトを経験している。

ロサンゼルスの高校を卒業後、姉と同じロサンゼルス・シティー・カレッジ[注釈 2]に進学。

1950年(昭和25年)、美空ひばりが育ての親・川田晴久と共にアメリカ公演を行ったが、ロサンゼルス公演の際、父の勤務先だった真宗大谷派東本願寺ロサンゼルス別院が会場となったため、ステージマネージメント全体を担当する。川田の知遇を得ると共に、ひばりとも親しく交流するようになった。このことが、日本芸能界への進出のきっかけとなる。

1952年(昭和27年)に再来日。駐日アメリカ合衆国大使館に陸軍犯罪捜査局 (USACIDC, CID) の情報員(通訳の助手)として勤務する。アメリカ軍関係の仕事の一環として、当時勃発していた朝鮮戦争による戦災孤児に英語を教授するために、日本でわずか11ヶ月で朝鮮語を習得し、すぐ米軍側の板門店に出向き、1年2ヶ月間に渡って子供たちに英語を教授した。

さらに、再来日後はアメリカ合衆国大使館軍事顧問団に勤務。その傍ら上智大学国際部(現在の国際教養学部の前進)に進学し、上智大学を卒業。大学在学中の1955年(昭和30年)、バンドを結成し芸能界へ参入した。以降は日本に永住している。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%83%BC%E5%96%9C%E5%A4%9A%E5%B7%9D

意外と知られていないジャニー喜多川さんの生い立ちも、色々と背景を知ると苦労されてきたのもよくわかりますね。

ジャニー喜多川が救急搬送はデマ?病院は?

6月18日夕方、一部メディアで、「ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が倒れ、病院に緊急搬送され、容態を確認中」だと報じられた。

いち早く情報をキャッチしていたマスコミ関係者が、「現在、都内の病院に殺到している」(スポーツ紙記者)という。一部報道では、「病院に救急車で運搬され、衰弱説や重病説も噂されていますが、ジャニーズ事務所は完全否定している」(前出のスポーツ紙記者)という。

「ジャニーさんは87歳とご高齢なので、定期的に病院に検査に行くこともあるでしょう。即重病とは判断できないと思います……」

と芸能プロ関係者は話すが、この話が本当ならば芸能界を揺るがす衝撃の大ニュース。

ネットでは、「え!? ジャニー喜多川氏が緊急搬送とか騒がれてるけど大丈夫なんかな?」「えっ 嘘。待って……ジャニーさん」「ジャニーさんのニュースは本当?」とジャニー氏を心配する声が数多く上がっている。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Taishu_66416/

都内の大病院に搬送されたと書かれています。

病院の名前は確定していませんが、芸能関係で良く使われる慶應義塾大学病院なのでは?という声もあります。まだどこの病院へ運ばれたのかは不明です。

ジャニー喜多川の容態や症状は?

ジャニー喜多川さんの容態や症状も不明ですが、もうご年齢が87歳ということなので心筋梗塞や脳卒中、脳溢血などで救急搬送されることがあってもおかしくはないでしょう。

しかし、病気や生死に関わる状態ではなく転倒して骨折や怪我などで救急車で運ばれただけということも考えられます。

ジャニーズ事務所からは、容態などについては発表がされていません。

命に別状がなければ、発表してもいいかとは思うのですが。

ジャニー喜多川に持病はあった?体調は悪かったのか?

ジャニー喜多川さんに持病があったという情報はありませんでした。

しかしながら、もう高齢で最近は車椅子で移動する姿もたびたび目撃されていたようです。

ここ数年は現場にも車椅子で来ることもあったようですが、逆に87歳で今だにジャニーズの仕事現場に顔を出しているというだけでも驚きですよね。

ジャニー喜多川が病院へ救急搬送にSNSの反応


ジャニーズファンが早くも情報を聞きつけて、心配の声が多く挙がっていますね。

ジャニー喜多川が病院へ救急搬送!容態や症状は?持病・体調は悪かったのか調査まとめ

今回はジャニー喜多川さんの救急搬送というニュースを受けて、現在わかっている情報についてまとめました。

ジャニーズ事務所からは詳細が明らかにされていませんが、いくつかのメディアはほぼ同時に救急搬送されたと報じられています。

容態や状態はわかりませんが、無事に回復していただきたいですね。滝沢秀明さんが跡を継がれるようですが、まだまだお元気でいて欲しいですよね。

心配です。

また何か情報があれば、追記していきます。

読んで頂きありがとうございました。

RELATED POST