芸能

高田純次の交通事故相手はプロ当たり屋?当て逃げ疑惑も文春に音声売り炎上!

タレントの高田純次さんが交通事故を起こして話題になっています。

当て逃げをしようとしたとし、被害者とされる22歳のフリーターの男性から示談交渉の様子の音声を録音されていました。

その音声データが文春に売られて、公表されてしまったことで被害者である男性にも批判の声が高まっています。

高田純次が交通事故を起こしていた

 タレントの高田純次(72)が都内の首都高速道路で乗用車を運転中、衝突事故を起こし、運転していた相手の男性にケガをさせていたことが15日、分かった。

所属事務所によると、4月14日、浜崎橋ジャンクションの合流で、高田の車が男性の車の左後部に衝突。高田はぶつかったことに気付かず、10分間ほど運転を続けたという。そのまま男性も高田の車を追跡。天現寺出口から一般道に出たところで高田が車を降りると、男性からぶつかったことを知らされた。

男性は頸椎(けいつい)と腰椎の捻挫などで、全治2週間と診断された。高田は事故後、警察からの聞き取り調査に応じたという。現在は男性との間に代理人の弁護士を立てて示談交渉中という。

高田は09年にミニバイクと衝突事故を起こし、昨年3月にも信号待ちの車への追突事故を起こしている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000132-spnannex-ent

記事の内容によると、2019年4月に高田純次さんが運転する車が被害者の車に接触するも逃走し、被害者からぶつかったと指摘されて気づいたとされています。

高田純次さんがぶつけたことに気づいていて逃走したのか、本当に気づかなかったのかは不明です。

走行中の接触であれば、大きな音がすると思いますし擦っただけでもわからないことはないと思いますが・・・

かすった程度で気づかなかったとしたら、被害者の頚椎捻挫・腰椎捻挫という怪我の重症ぶりは説明がつかないと思います。

示談交渉の音声データはこちらで一部聞けます。

文春オンライン

高田純次の示談交渉音声データを文春砲が報じる

 タレントの高田純次が、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が怪我を負っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。

事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

高田は2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせている。この時には、「二度とこのような事故を起こさないよう慎重に行動し、努力していきたいと思います」とコメントしていた。また、昨年3月にも、信号待ちの車に追突事故を起こしている。

自身の運転について危うさを感じることはないのかを聞くと、「まあ、自分で(運転が)危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と回答した。

Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。

5月16日(木)発売の「週刊文春」では、事故の内容や“示談交渉”の中身、高田との一問一答などを報じる。また「週刊文春デジタル」では、高田の「ナッシング」音声などを公開する。

引用:https://bunshun.jp/articles/-/11919

一般的には、交通事故を起こした場合はすぐに警察に電話をするべきです。

怪我をしていれば、人身事故となりますし怪我がなければ物損事故となります。

運転手に怪我がなく、物損事故であれば違反や罰金とはならずに修理費負担などを保険会社を通して示談交渉となります。

今回の件では、被害者男性は頚椎捻挫・腰椎捻挫で全治2週間という怪我を負っています。これであれば立派な人身事故扱いとなりますね。

記事の内容だけでは詳細が不明ですが、事故後に警察の聞き取り調査に応じていると書かれており、示談交渉をしているということは事故直後には警察には連絡していない可能性もあります。

被害者男性も、その場で警察に電話をしなかったのでしょうか?

文春の報道では、高田純次さんと後ほど連絡がつかなくなったために弁護士を立てたと書かれています。

高田純次さんが示談で済ませたかったがために、警察へ連絡をしないように頼んだのでしょうか?

高田純次の交通事故相手はプロ当たり屋?文春に音声売りSNSでも炎上!

高田純次さんの交通事故の被害者と名乗る男性が、Twitterのアカウントを作成し事件について誤解がないように呟いており、それもツイッターで話題になっています。

交通事故被害者のアカウント

高田純次の交通事故についてSNSの反応

高田純次の交通事故相手はプロ当たり屋?当て逃げ疑惑も文春に音声売り炎上まとめ

今回の事件では、タレントの高田純次さんが交通事故を起こし、被害者男性と示談がうまくいかずに文春に売られるという結果になってしまいました。

事故の被害状況が不明ですが、現在判明している状況だけ見ると怪我の診断結果がちょっと重症ぎるのではないか?ということから、当たり屋なのでは?という声が高まってきています。

  • なぜ、警察を現場で呼ばなかったのか?
  • 腰椎捻挫・頚椎捻挫で全治2週間が不自然
  • 示談している最中の音声データをなぜ録ったのか?
  • 事故現場に父親が来た理由は?
  • 結果的に、文春に音声データを売った?
  • Twitterでアカウント開設

などなど、これらの疑問点から様々な推測が出て来てしまっています。

22歳の男性ということで、交通事故の経験もなくどうしていいのかわからなかった可能性もありますよね。

被害者の父親は、高田純次さんの対応があまりにも不誠実だと述べているので、そういった感情からかもしれません。

結果的には、事故を起こした直後にキチンと警察を呼んで対処しておけばよかったのではなかったのでしょうか?

双方にとってあまり良い結果になっていないような気がします。

読んで頂きありがとうございました。

RELATED POST