テレビ

しぜんの国保育園の募集状況や費用は?セブンルール出演の齋藤美和園長

2019年4月13日のセブンルールでは、しぜんの国保育園の園長である齋藤美和さんが出演されます。

普通の保育園とは全く違い、自然が多く動物がたくさんいる保育園ということで人気の保育園のようです。園長として働く齋藤美和さんはどのような思いで、日々子供と向き合っているのでしょうか?

自然の国保育園の園長である齋藤美和がセブンルールに出演

東京・町田市にある「しぜんの国保育園」。約1000坪の雑木林に囲まれた敷地内では、162人の園児達が自由に遊び回り、園内で飼育している羊と豚に触れ合うこともできる。その環境に魅力を感じて近くに引っ越してくる家庭があるほどの人気を誇り、時には海外の保育関係者が見学に訪れるほどだ。この保育園で園長を務める齋藤美和(37)が、今回の主人公だ。

『子どもに“今”を思う存分生きて欲しい』

大学時代に出版社でアルバイトを経験し、卒業後に念願だった編集者としてキャリアをスタートさせた齋藤。その頃、ミュージシャンをしながら、現在は実家の寺で副住職を務める夫の紘良(こうりょう)さんと出会う。紘良さんと結婚した彼女は、編集の仕事を続けながら、現在の住職である義理の父が敷地内で開園した「しぜんの国保育園」を手伝うように。その後、長男を出産する時に体験したある大きな出来事を機に、保育への思いがより強くなり、0から勉強して保育士の資格を取得した。

大人の都合を押し付けず、子ども中心の保育を行う「しぜんの国保育園」。園内には“ままごと・研究・建築・音楽・アトリエ”などとテーマ別の部屋があり、子どもが思い思いの日々を過ごしている。そして、時にはその道のプロを呼び、絵を書くことや洋服作りなどを行う。一人一人の子どもの“今”を尊重し、思う存分楽しんでほしいと、齋藤は願う。

保育の道に進んで14年。去年の秋、夫から園長の肩書きを引き継いだ齋藤が、園長として初めて臨んだ先日の卒園式。彼女が子ども達とその家族に伝えたいこととは?

引用:https://www.ktv.jp/7rules/program/190416.html

しぜんの国保育園とは?

しぜんの国について

こどもを中心に語り合おう。
こどもとこども、こどもとおとな、おとなとおとな。
さまざまな想いや関係が交差する場を温めよう。

しぜんの国は、社会福祉法人東香会が運営するいくつかの保育園の総称です。
この名前は同時に、「保育の枠組みにとらわれず、こどもを中心とした話題を膨らませる場」を象徴するコンセプトもでもあります。

このサイトでは、日々の保育から生まれるエピソードや対話の数々から浮かび上がってくる、こどもたちの世界を発信していきます。暮らしの中で「こども」に思いを馳せる時間がちょっとだけ膨らむ。こどもとおとなの関わり合いがもっと深まる。そんなことを目指しています。

引用:https://sizen-no-kuni.net/about/#about

今回セブンルールで特集される齋藤美和さんが園長を勤めるのは、町田のしぜんの国保育園です。しかし、しぜんの国保育園は渋谷東と上町にも保育園を経営しているようですね。

それぞれの立地を生かして、子供の個性を生かす保育をされているようですね。渋谷東や上町の保育園は都心部にあるため、中心地で働いている人たちにとっても安心して預けることができるでしょうね。

町田 しぜんの国保育園– small village –

にぎやかな街並みから少し離れた忠生の里山。
その高台にある当園は、「small village (スモール・ヴィレッジ)」という愛称のとおり、
小さな村のように連なった白い三角屋根の建物が目印です。みどり豊かなしぜん谷に包まれて、こどもたちとおとなたちの落ち着いた日々の暮らしが営まれています。

引用:https://sizen-no-kuni.net/place/#place

 

にぎやかな街並みから少し離れた忠生の里山。
その高台にある当園は、
「small village (スモール・ヴィレッジ)」という愛称のとおり、
小さな村のように連なった白い三角屋根の建物が目印です。
みどり豊かなしぜん谷に包まれて、
こどもたちとおとなたちの
落ち着いた日々の暮らしが営まれています。

特色

こどもたちの「今日は何をしよう?」から生まれる保育を大切にしています。
自分で何をするのか決めた日は、自信を持ち、自己を肯定することができる一日になります。

こどもとの関わり

こどもたち個人の能力を引き出すことに重点をおきながら、それが集団の中で十分に発揮できるようじっくりと寄り添います。「クラス」「ワークショップ」「しぜん谷」という三つの時間を柱としています。

しぜん谷の冒険

こどもたちは、日々の生活の中で、人やモノや場所、時間など様々な関係性を深めています。園内ではもちろんのこと、園外に出歩くことでさらに関係性は多様になります。世界が広がり身体能力が膨らむ様子を、園と保護者、地域の方々と共に分かち合うのがしぜん谷の冒険です。

しぜん谷マーケット

生活の中で、子どもたちはモノとの対話を行なっています。マーケットでは、大人とともに、様々なモノを制作して販売するという一連の営み、公共の場を保つということを楽しみながら体験し、社会への興味を育みます。

こども美術館

こどもたちはあらゆる活動の中に芸術の気配を感じ、芸術の断片を積み上げています。その断片を大人が丁寧に汲み上げ、それらの過程とともに展示します。

園長

齋藤 美和(さいとう みわ)

齋藤 美和(さいとう みわ)

書籍や雑誌の編集、執筆の仕事を経て、2005年より「しぜんの国保育園」で働きはじめる。主に子育て支援を担当し、地域の親子のためのプログラムを企画運営する。2017年当園の副園長となる。また保育実践を重ねていくと共に『保育の友』『遊育』『edu』などで「こども」をテーマにした執筆やインタビューを行う。2015年には初の翻訳絵本『自然のとびら』(アノニマスタジオ)が第5回「街の本屋さんが選んだ絵本大賞」第2位、第7回ようちえん絵本大賞を受賞。山崎小学校スクールボード理事。町田市接続カリキュラム検討委員。

概要

しぜんの国保育園 - small village -
しぜんの国保育園 - small village -
しぜんの国保育園 - small village -
名称しぜんの国保育園– small village –
所在〒194-0035 東京都町田市忠生2-5-3
TEL042-793-4169
FAX042-793-4170
開園1979年4月1日
敷地1379.70㎡
総定員162名
入所定員0歳児/19名、1歳児/22名、2歳児/29名、3歳児/30名、4歳児/31名、5歳児/31名
開園時間7:00~20:00(基本時間8:30~4:30)
引用:https://sizen-no-kuni.net/place/machida-small-village/

渋谷東しぜんの国こども園– small alley-

渋谷駅と代官山駅をかつて繋いでいた線路跡地に建つ東急ブリッジA棟内に「small alley(スモール・アレー)」はあります。長細い路地のような外観に、3層に重なるフロアが目印です。路地のように人々が交差する場所で、街との関係性を深め、豊かな出会いを育みます。

引用:https://sizen-no-kuni.net/place/#place

 

渋谷駅と代官山駅をかつて繋いでいた線路跡地に建つ
東急ブリッジA棟内に
「small alley(スモール・アレー)」はあります。
長細い路地のような外観に、
3層に重なるフロアが目印です。
路地のように人々が交差する場所で、
街との関係性を深め、豊かな出会いを育みます。

特色

こどもたちの「今日は何をしよう?」から生まれる保育を大切にしています。
自分で何をするのか決めた日は、自信を持ち、自己を肯定することができる一日になります。

こどもとの関わり

こどもたち個人の能力を引き出すことに重点をおきながら、それが集団の中で十分に発揮できるようじっくりと寄り添います。

まち歩き

こどもたちは、日々の生活の中で、人やモノや場所、時間など様々な関係性を深めています。園内ではもちろんのこと、園外に出歩くことでさらに関係性は多様になります。路地や街を歩くことで、自らの行動範囲を広げ、様々な事象と出会うきっかけの日として、ろじまち歩きがあります。

こども美術館

生活の中で、子どもたちは、モノや環境や事象との出会いを繰り返します。その生活の積み重ねの中で生まれてきた軌跡を、作品として披露する場がこども美術館です。作品も大切ですが、至ったプロセスこそ丁寧に記録してゆきます。

small alley festival

大人と子どもが、日常とは違うハレの時間を共に楽しみ分かち合う日です。準備や企画を考える中で、様々な学びの要素が膨らんでゆきます。

園長

齋藤 紘良(さいとう こうりょう)

齋藤 紘良(さいとう こうりょう)

幼稚園事務を経験し、2008年よりしぜんの国保育園に勤務。2010年に同園の園長となり、2018年10月より渋谷東しぜんの国こども園の代表となる。保育園では、表現と自然現象、そして食を基盤とした保育実践を行う傍ら、作曲家として、映像番組への楽曲提供や様々な場所でのワークショップ、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションを行う。子どもと大人を文化でつなぐレーベルsaitocnoや齋藤紘良&ミラージュ楽団などを主催、チルドレンミュージックバンドCOINNメンバー、季刊誌BALLADをプロデュース。
和光高校「保育と教育」非常勤講師。
東向山簗田寺副住職。

渋谷東しぜんの国こども園 - small alley -
渋谷東しぜんの国こども園 - small alley -
渋谷東しぜんの国こども園 - small alley -
名称渋谷東しぜんの国こども園– small alley –
所在〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-1 渋谷ブリッジA棟
TEL03-3406-4169
FAX03-3406-4170
開園2018年10月1日
敷地約1280㎡
総定員114名(内1号児6名)
入所定員0歳児/6名、1歳児/12名、2歳児/18名、3歳児/24名(内2名)、4歳児/25名、5歳児/25名(内2名)
開園時間7:30〜20:30(基本時間9:00〜17:00)

引用:https://sizen-no-kuni.net/place/shibuya-small-alley/

上町しぜんの国保育園– small pond-

「small pond(スモール・ポンド)」とは小さな泉のこと。もとの敷地にあった井戸や、面していた川などの環境を手掛かりに「様々な人・もの・ことが、子どもという存在を中心にして湧き上がる」ことをイメージしています。

引用:https://sizen-no-kuni.net/place/#place

 

「small pond(スモール・ポンド)」とは小さな泉のこと。
もとの敷地にあった井戸や、
面していた川などの環境を手掛かりに
「様々な人・もの・ことが、
子どもという存在を中心にして湧き上がる」ことを
イメージしています。

わたしたちの保育

特色

おとながどう育てたいかではなく、子ども一人ひとりがどう育ちたいか。それに耳を澄まして、子どもとおとなが生き生きと暮らし合う場所です。

こどもとの関わり

言葉にならない子どもたちの声に耳をすましてていねいに関わっていきます。また4歳児以上では、子どもたちの対話の時間「ミーティング」を通して、子どもたち自らが保育をつくりだしていきます。

さまざまな祭典

上町ぼうけんDAY

おもいきり体を動かすこと。それは子どもでも、おとなでも、心を開放してくれます。おとなが練習させて、やらせる運動会ではなく、4,5歳児は自分たちでミーティング(対話)を通して、やることを考えていきます。

small pond festival

いつもの場所で、いつもとはちょっと時間を、子どももおとなもぐちゃぐちゃ混じり合いながら楽しむ日です。保護者も、保育者も、ともに園の一日を子どもと楽しみながら作り上げていきましょう。

園長

青山 誠(あおやま まこと)

青山 誠(あおやま まこと)

保育の傍ら、執筆活動や企画などを行う。対話をもとにした保育実践を重ね、保育雑誌への寄稿、講師活動を通して幅広く発信している。第46回「わたしの保育記録」大賞受賞。子どもに関わる人の対話と交流の場「サタデーナイト」主催。著書に「あなたも保育者になれる」(小学館)、「子どもたちのミーティング ~りんごの木の保育実践から」(共著・りんごの木)など。関東学院大学非常勤講師。

概要

しぜんの国保育園 - small village -
しぜんの国保育園 - small village -
しぜんの国保育園 - small village -
写真:矢野紀行
名称
上町しぜんの国保育園– small pond –
所在
〒154-0017 東京都世田谷区世田谷2-10-10
TEL
03-3420-4169
FAX
03-3420-4170
開園
2019年4月1日
敷地
約730㎡
総定員
105名
入所定員
0歳児/12名、1歳児/15名、2歳児/18名、3歳児/20名、4歳児/20名、5歳児/20名
開園時間
7:15~20:15(基本時間9:00~17:00)

引用:https://sizen-no-kuni.net/place/kamimachi-small-pond/

3箇所、それぞれの立地を生かしつつも子供が子供らしくあるための設備が整っていそうですね。
写真を見ると、どこの保育所も無垢材の木がたくさん使われていて裸足で過ごすと気持ち良さそうですよね。

食育、建築、音楽など
他の保育園では見られないジャンルの遊びに触れることができ、子供達の興味をくすぐるような仕組みがたくさんあるようです。

しぜんの国保育園の口コミ・感想

保護者 / 2014年入学

子どもが強くなれる場所
  • 総合評価
    やはりこどもの成長を一番実感しやすい「子どもの生きる力」を伸ばすような自主性にとんだ見守り方がとても魅力的だった。ほとんどの先生たちが体当たりで育ててくれていた。
  • 方針・理念
    泥だらけになっても外で探求することを第一に大切にする方針がとても魅力的だと思う。また、子供の行動と選択を尊重すること。
  • 先生
    とても充実していると思う。子どもが悩んだ時や行き詰まりを感じているときにはいつもそばで、寄り添ってくれていたが、ほどよい手助けしかしない。自分で解決するすべを学ばせてくれていた。
  • 保育・教育内容
    保護者が先生と話をする機会や、いないときにあったエピソード等をとても詳しく教えてくれる。また、発表や日常の活動の様子を参観する機会がとても豊富にあったことだ。
保育園について
  • 父母会の内容
    こどもの日常の様子や、 発表、懇親のさいには、親も例えば、園長先生と楽器を演奏したり、とにかく親と先生が親密な様子だ。協力体制は強かった。
  • イベント
    園の周辺の自然環境をそのまま生かした探検など、野趣あふれる行事が印象的です。親と子どもが協力して何かを仕上げるような行事が多かった。
入園に関して
  • 保育園を選んだ理由
    その傘下の保育所に一年間いて、気に入ったから、そのまま上がることを希望した。

引用:https://www.minkou.jp/kinder/school/review/65169/

 

皆のびのびしています 年長になると自然体験プログラムや音遊びや文字遊び イロともなどあそびながら学習したりしています 二歳からクッキングも始まり確か四歳には先生と一緒に包丁を使ったりしてます 梅干しやらっきょうなど自分達で収穫して作ったり給食で使う野菜の下ごしらえを手伝ったりといろんなことをしています

引用:http://women.benesse.ne.jp/kensaku/nursery/41352/s54.html

 

緑あふれ、職員数もほかの保育園よりも多く、手厚いと思います。   のびのびと成長してほしい という趣旨であればぜひお勧めします。

ドロ汚れが半端ではないです。

環境がすばらしいです。   ぜひ見て判断してください。

引用:http://women.benesse.ne.jp/kensaku/nursery/41352/s54.html

 

食育に力を入れているところ。 物語メニューのほかに、野菜やお米、お茶なども園児が作ります。 プログラムが多彩でいろいろな体験をさせてくれる。 緑に囲まれているので、子供達が毎日泥だらけになって遊べます

0歳、1歳は分園で過ごします。 2歳から本園に移ります。 本園は築30年近いので古いですが、掃除や増改築などの 必要なメンテナンスはされているので気になりません。 木を使った建物で落ちついた感じです 園庭が広くて運動会もできます 運営しているお寺の境内(林)とつながっていて 緑が豊かです。 園内に動物村があり

引用:http://women.benesse.ne.jp/kensaku/nursery/41352/s54.html

総じて、満足度が高い親御さんが多いようですね。

何と言っても、自然豊かな環境や保育士の先生方の評判も良いようです。

しぜんの国保育園の募集状況や費用は?

色々と調べてみたのですが、上町のしぜんの国保育園はこの4月からオープンされたばかりのようですね。

入所費用や募集状況については、町田市の保育のページにて保育料のシミュレーションができます。

最新の保育所等園児募集人数もこちらのページで随時更新されています。

興味がおありの方はぜひご確認の上で、一度しぜんの国保育園へ行ってみて体で感じてみてくださいね。

しぜんの国保育園の募集状況や費用は?セブンルール出演の齋藤美和園長まとめ

都心にありながらも、自然や動物と身近に触れ合うことができてあくまで子供を自立させることが目的の保育園のようですね。

ただ子どもを預かるのではなく、子供の感性を磨き育てるという観点が素晴らしいと思いました。

きっと、しぜんの国保育園の子供たちを見れば、誰しも自分の子供を預けたいと思うのではないでしょうか。

読んで頂きありがとうございました。

RELATED POST