ゲーム

久美沙織ドラクエV小説作者の経歴・プロフィールや顔画像!リュカ無断使用で提訴

映画『ドラゴンクエスト ユアストーリー』が公開されましたね!

映画が公開されたばかりですが、ドラゴンクエストVのノベライズ版の作者である久美沙織さんが映画の制作者委員会相手に民事訴訟を起こしたようです。

ドラクエVの小説原作者久美沙織が映画制作者委員会をリュカ無断使用で提訴

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の制作者委員会を相手取り、小説家の久美(くみ)沙織さんが民事訴訟を起こしたことが2019年8月2日、分かった。

久美さんは『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の原作であるゲーム「ドラゴンクエストV」の、ノベライズ版の作者。小説のキャラクターの名前が無断で使用されたなどとして、映画のクレジットに自身の名前の掲載などを求めている。

「水を差すこともしたくはなかった」

人気ゲーム「ドラゴンクエスト」の映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が、8月2日に公開された。

久美さんは同日、ツイッターで自身の著書『小説ドラゴンクエスト5―天空の花嫁』(エニックス<現スクウェア・エニックス>)の主人公の略称「リュカ」を無断で使用され、本名の一部も改変されたとして、使用許諾契約の締結や映画のクレジットへの自身の名前の掲載などを求め、長野地裁に提訴したと発表した。訴状は8月2日付。

久美さんは報道向けの発表文で、「ドラゴンクエストVを映画化するにあたり、主人公の名にリュカを使うとしたら、それは私の小説が存在したゆえで、また、その読者のかたがたが多数おられたからだと思われました」と提訴に踏み切った理由を説明。

続けて、「訴訟の請求事項は名誉回復のみであり、金銭賠償の請求はしておりません。また、映画の上映差し止めも請求しておりません。楽しい映画ですから、多くのかたにご覧頂きたいと、心底、思っております。本当は本件訴訟のような水を差すこともしたくはなかったのです」と心境を明かし、「ファンのみなさまにおかけするご迷惑ができるだけ少ない方法で、事後承諾でいいので、契約し、クレジットしていただければ十分です」と要望した。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/16871573/

ドラゴンクエストを始め、RPG(ロールプレイングゲーム)は基本的に主人公に名前がついていません。

主人公の名前を、プレイヤーが決める所からゲームが始まりますよね。

そのため、ノベライズが作られるときに主人公の名前を久美沙織さんが『リュカ』と名付けられたのにも関わらず、映画で『リュカ』という名前を無断で使用したということのようです。

一言、報告や相談があればこういったことにはならなかったと思うのですが・・・

契約関係のトラブルでしょうか。

小説を依頼・販売した際に、キャラクター著作権の管理をどうするのかが明確に決められていなかったということですね。

久美沙織ドラクエV小説原作者の経歴・プロフィールや顔画像!

名前久美沙織(くみさおり)
本名波多野稲子(旧姓:菅原)
生年月日1959年4月30日
出身地岩手県盛岡市
出身校上智大学文学部
職業小説家
サイトTwitterHP

実績

  • MOTHER
    任天堂の人気RPGである『MOTHER』のノベライズ。続編である『MOTHER2 ギーグの逆襲』も久美沙織によりノベライズされている。
  • 小説ドラゴンクエストIV
    人気RPGである『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』のノベライズ。各章の各主人公に合わせて文体・一人称・三人称を使い分けるという実験的な試みが行なわれている。久美沙織はこのほか、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』、『ドラゴンクエストVI 幻の大地』など、他のドラゴンクエストシリーズのノベライズも手がけている(『CDシアター ドラゴンクエストIV』では声優としてゲスト出演)。
  • ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説
  • 『小説アンジェリーク異聞 剣豪倉菱無関心之助』光栄 1996年
  • 『天地創造- Light in the darkness』

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E7%BE%8E%E6%B2%99%E7%B9%94

ドラゴンクエストシリーズでは、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』だけではなく、『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』や『ドラゴンクエストVI 幻の大地』などもノベライズを手がけているようですね。

久美沙織ドラクエV小説原作者の経歴・プロフィールや顔画像!リュカ無断使用で提訴にSNSの反応

久美沙織ドラクエV小説原作者の経歴・プロフィールや顔画像!リュカ無断使用で提訴

映画の公開日である2019年8月2日に久美沙織さんから、提訴したというツイートが出たということは、公開日まで何かしらかの連絡が来ることを待っていたのではないでしょうか?

提訴の内容も、金銭を請求するような内容ではありません。

映画のエンドクレジットに名前を加えてほしいという、作者としては当然の内容ですよね。

ドラゴンクエストの映画作製者側は、ノベライズで作成したあとの著作権などは全て引き取ったという認識だったのでしょうか?

ドラクエファンの詳しい方は、久美沙織さんのこともご存知の方が多いようですね。

久美沙織さんが書かれたノベライズ版の『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』を読まれた方も多いようです。

コミュニケーション不足というか、配慮がなかったというか、とても残念なニュースとなってしまいましたね。

RELATED POST