ニュース

くら寿司バカッター不適切動画アルバイトに法的処置&損害賠償!被害額はいくらで対策は?

有名チェーン店の不適切動画が炎上して、各方面から様々な意見がでて炎上していますね。

すき家、くら寿司、ビッグエコー、ドミノピザ。

日本中で見かける有名店ばかりですが、ついにくら寿司は今回の件を法的措置をとることを決断したようです。

不適切動画バカッター&バカスタグラムまとめ!バイトテロ・客テロ炎上特定2019年になり、立て続けに不適切動画が炎上して話題になっています。 今年の流行語大賞に「不適切動画」や「バイトテロ」が受賞するの...

くら寿司アルバイトの不適切動画


「き○がいではないって」
という、コメント表示とともに、一度ゴミ箱に捨てた魚を再度まな板で調理するという動画をアップし、拡散されてしまいました。

アルバイトの不適切動画を受けてくら寿司の法的措置発表

他社でも不適切動画で炎上が続いており、客に不信感を与えてしまいました。その結果、企業の株価が下がり来店数も減ることが考えられます。

そうなると被害額は数千万から数億円となってもおかしくはないでしょう。

まだ具体的な被害総額は出ていませんが、相当額の賠償請求が行われるのではないかと考えられます。

アルバイトをしている学生のようなので、到底支払いきれる額ではないでしょうね。家族や親族にも迷惑をかけることになりそうですね。

アルバイトの不適切動画を受けて、くら寿司の対応・対策

素早い対応ですね!

早速、下記のような対応が行われました。

  • 法的措置の検討をしていることを発表
  • お客様の安全性に対する動画をアップ
  • 全店舗で勉強会を実施

他に炎上した企業と比べても、ただ謝罪するだけの企業に対してお客様の信頼回復に対する姿勢が特に強いと感じられます。

くら寿司バカッター不適切動画アルバイトに法的処置&損害賠償!被害額はいくらで対策まとめ

消費者側の立場からしても、今回の事件はくら寿司はどちらかといえば被害者ではないかと思います。

しかし、事態の深刻さを受けてこれだけの対応を迅速に行える企業は、他社の炎上騒ぎを見て比べても他にはいないのが明らかでしょう。

こういった姿勢が、「無添くら寿司」という安心・安全で美味しいものをお客様に届けようという真摯な姿勢に繋がっているようでしょうね。

ピンチはチャンス!というように、この事件をきっかけにくら寿司は一層、お客様の信頼を勝ち取る機会となったのかもしれませんね。

不適切動画バカッター&バカスタグラムまとめ!バイトテロ・客テロ炎上特定2019年になり、立て続けに不適切動画が炎上して話題になっています。 今年の流行語大賞に「不適切動画」や「バイトテロ」が受賞するの...
こちらの記事もよく読まれています



RELATED POST