映画

映画キングダムにエンドロール後のおまけ動画はある?ネタバレ無し感想

大人気漫画のコミックス「キングダム」の実写映画がついに公開されましたね!

各地で、初日から鑑賞に訪れる人が多いようで人気の様子が伺えます。

映画の内容自体は、ぜひ鑑賞して欲しいので伏せますがひとまず感想や気になった点をネタバレ無しで書いていきたいと思います。

映画「キングダム」の感想

実は、何を隠そう私自身漫画のキングダムを全て読んではいません。

以前から、色々な人が人気の漫画として挙げているのを知ってはいましたが、なかなか読む機会に恵まれずにいました。

映画の実写化を知り、まず数巻読んでみました。その後に実写映画「キングダム」の鑑賞となりました。

結果的に、映画の舞台となった5巻までを読んでいたので、ストーリーやキャラクターなどは良くわかりました。

映画のストーリーもほぼ、原作に忠実に描かれていましたね。

細かいところで、多少の違いはありつつも原作をかなり意識したストーリー、衣装、キャスト、セリフだったように思います。

結果的に、映画「キングダム」は、原作を知っている人も読んだことない人も楽しめる作品だったと思います。

むしろ、漫画を読んでない人は映画を見てから、漫画を読み始めても十分に楽しめると思います!!

そして何と言っても、エンドロールに流れるONE OK ROCKの「Wasted Nights」がいい!!

日本を代表するロックアーティストであるONE OK ROCKですが、映画舞台となる中国の壮大さを感じさせるいい曲です。

映画「キングダム」キャスティングの感想

先に言うと、今の日本の俳優さんの中ではベストなキャスティングだったのではないかと思いました。

信(しん)山崎賢人
嬴政(えいせい)/漂(ひょう)吉沢亮
楊端和(ようたんわ)長澤まさみ
河了貂(かりょうてん)橋本環奈
成蟜(せいきょう)本郷奏多
王騎(おうき)大沢たかお
騰(とう)要潤
壁(へき)満島真之介
昌文君(しょうぶんくん)高嶋政宏
バジオウ阿部進之介

映画「キングダム」のキャスティングは、かなり良かったと思います!

当然、物語の中心人物となる信と嬴政の二人は言うことなしでした。

信のまっすぐだけどちょっとおバカっぽいところは、山﨑賢人さんにピッタリだったと思います。

漂と嬴政を演じた、吉沢亮さんも原作の雰囲気を全く壊すことなく、凛々しくも賢さが溢れる演技で素晴らしかったと思います。

 

そしておそらく、この映画で一番キャストが難しかったのが河了貂(かりょうてん)ではないでしょうか?w

映画を見て、ちょっとハスキーな声なのに可愛らしい橋本環奈さん。河了貂(かりょうてん)は橋本環奈さん以外に、この役を演じられる人はいなかったでしょうね。

王騎を演じた大沢たかおさんが、予想以上に雰囲気があって驚きました。王騎らしい不敵な笑みを浮かべる表情など、素晴らしかったと思います。

体つきも、かなりビルドアップされたのでしょう。力強い雰囲気で他を圧倒する王騎らしさが醸し出されていました。

多分、まだ映画「キングダム」を見ていない人が気になるのは、王騎(おうき)のセリフ回し、言葉遣いではないでしょうか?w

それはここでは伏せることにしますね。

 

成蟜を演じた本郷奏多さんも、性格が悪そうな成蟜がハマってました。

個人的な意見としては、楊端和役の長澤まさみさんも良かったのですが、原作のビジュアルイメージなどからで言えば天海祐希さんなどでもいい感じになったのではないかと思いました。

なんか、途中で長澤まさみさんがジブリ映画「もののけ姫」のサンのようにも見えてきてしまいました。

強いて言うのであればストーリー上、仕方ない部分もあるのでしょうが山の民はもうちょっと体つきが良い人を集めてもよかったのかなと思います。

原作に比べると、山の民の強さがあまり引き立っていないように感じられる部分もありました。

総じて、原作のイメージを守ったキャスティングだったと思います。

映画「キングダム」のエンドロール後におまけ動画はある?

最近では、エンドロールクレジット後に次作を匂わせる映像などが挟んであることも多々ありますよね。

しかし、映画「キングダム」では、エンドロール後におまけの映像や動画はありませんでした。エンドロール前に、短い映像がありますがこれは見逃すことはないと思います。

このエンドロール前の内容が、次作を匂わせるような雰囲気もありつつ・・・

映画「キングダム」に続編はあるのか?

映画「キングダム」の日本の入が良ければ、続編は大いにあり得るのではないでしょうか。おそらく、現時点では決定していないと思われます。

しかし、観客数や評判次第ですぐに続編が決定するのではないかと思います!

オリジナルに沿ったクオリティ、出演者の旬などを考えても十分にあり得ると思います。日テレもそれだけ見据えて、力を入れていたのではないかなと思います。

日本の実写映画は、当たり外れが大きいので先に続編が決まっていることは早々ないでしょう。近年では、映画「進撃の巨人」が原作との違いやキャストが大不評で大コケしましたがw

今回、映画「キングダム」を見て、原作である漫画もまだまだ読み進めたいなと思いましたし、続編があればぜひ見たいなと思いました!!

漫画・アニメ「キングダム」を無料で読む・見る方法

「キングダム」は、U-NEXTの無料キャンペーンを利用してポイントを使って読むことができます。現在、U-NEXTは31日間の無料キャンペーンを実施中です。

31日間の無料キャンペーンに申し込めば、600ポイント付与されます。

漫画はそのポイントで読むことができます!アニメは、公開されている第2シーズンまでポイントを使用することなく無料で見ることができます。

見ることができるアニメの種類も豊富なので、ぜひこの無料トライアルキャンペーンを見逃さないようにしてください!

2019年4月現在のキャンペーンなので、いつキャンペーンが終わるかわかりませんので興味がある方は無料既刊のお試しをしてみてください。

U-NEXTの無料トライアル

読んで頂きありがとうございました。

https://gomachannel.net/marvel-movie-fixedamount/

RELATED POST