スポーツ

猫ひろし東京オリンピック出場条件は?東京マラソンで自己ベスト3位のタイム完走!

お笑い芸人でマラソンランナーでもある猫ひろしさんが、2019東京マラソンに出場して話題になっています。

なんと、今回は外国人枠での出場だったそうですw

日本人で最も期待されていた大迫傑選手が29キロ地点で棄権するなど、雨と低気温というハードコンディションの中でも好タイムでゴールした猫ひろしさん。

カンボジア国籍を取得して、リオデジャネイロオリンピックにも参加されましたが次回の東京オリンピックへの出場も目指しているようです!

猫ひろしさんが東京オリンピックへ出場するには、どのような条件があるのでしょうか?

猫ひろしさんは東京オリンピックへ出場できるのでしょうか?

気になったので調べてみました!

猫ひろしが2019東京マラソンで自己ベスト3位のタイム完走!

 カンボジア国籍を取得している、タレントでマラソンランナーの猫ひろし(41)が3日、都内で行われた「東京マラソン 2019」(東京都庁~東京駅前)に出場。2時間29分51秒(速報値)の好タイムでゴールした。

ゴールの瞬間は、定番の一発ギャグ「ニャー!」のポーズで迎えた。だが、目標は自己ベストの2時間27分48秒の更新に置いていただけに「マラソンはからかった。甘くないっすね。40キロから上げていく練習をしていたんですが、足が動かなくて…」と冗談交じりに悔しさをにじませた。

それでも、日本記録保持者の大迫傑(27=ナイキ)が29キロ地点で棄権するなど、タフなコンディションの中、スタート直後から100人以上を抜いて146位。タイムも自己3位の記録をマークし、「優秀なブリーダーに育ててもらってるんで」と胸を張った。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000059-dal-spo

猫ひろしさん、東京マラソン2019に出場されていたのですね!

さらに、結構過酷なコンディションの中でも好タイムを残されているのが凄いですね。

猫ひろしのプロフィール

芸名 猫ひろし
本名 瀧﨑 邦明
生年月日 1977年8月8日生
身長/体重 身長147cm 体重46kg
出身地 千葉県市原市
職業 世界史上初 オリンピック芸人、芸人、足の速い芸人、外国人タレント、動物タレント、カンボジアマラソン選手、低身長芸人、ギャグ芸人、作家、役者、歌手、カンボジア芸人、カンボジアランナー、オリンピック選手、市民ランナー、ラジオパーソナリティー、走れるリポーター、ゲストランニャー、包茎手術芸人、国籍変えた芸人
趣味 とにかく走ること、ご当地カレー、格闘技観戦、猫グッズ集め(300体以上)
所属事務所 WAHAHA本舗
マラソン 2016リオオリンピック男子マラソンカンボジア代表
(ベストタイム・2015年東京マラソン2時間27分52秒)
2020年東京オリンピック出場

30歳を過ぎてから陸上をはじめ、2010年にはフルマラソン3時間切りのサブスリーランナーとなる。
2011年11月カンボジアにてオリンピック代表になるべく国籍を変更する。
一度、カンボジア代表でロンドンオリンピック出場決定となるが、IOCより参加資格を満たしてないと判断され、オリンピック消滅となった。
それでも走り続け、4年後のリオオリンピック出場を果たした!

引用:https://neko-hiroshi.com/

有言実行というか、決して体格的に恵まれているわけでもなく、年齢も厳しい条件の中で国籍変えてまで本当にオリンピック出場してしまうなんて本当にすごいですね。

さらに、マイナースポーツではなく陸上の中でも花形のマラソンでオリンピックに30代から競技を始めて出場するなんて猫ひろしさん凄すぎます!!

そして、来年の東京オリンピックにまで出場目指しているなんて素敵ですね。

40歳を過ぎてもトップアスリートであり続けるなんて、本当に猫ひろしさん尊敬します。

猫ひろしは現在でもカンボジア国籍で代表

 現在、活動の拠点は日本で、1年のうち3カ月ほどはカンボジアでトレーニングを中心の生活を送る。40代を迎えて「寝てても、一晩に3回はトイレに起きちゃう。老いは隠せないです」としつつも、年齢に合わせた独自のメニューでさらなる進化を続けている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000059-dal-spo

カンボジアという国が陸上選手が少ないために、代表になりやすいために選んだのでしょうがそれでもすごいですよね。

猫ひろし東京オリンピック出場条件は?

 カンボジアでは「ハーフでは負けているけど、フルマラソンではずっと1位」だという。11月末から12月に行われる東南アジア競技大会でメダルを取れば、カンボジア代表として東京五輪への切符はほぼ手中にする。約9カ月後の大目標に向け、「今回は、もうちょっと行きたかったけど、次に繋がるレースになりました。何とか東京五輪に出たいので、頑張ります!」と力強く語った。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000059-dal-spo

カンボジア国内では、フルマラソンではトップを維持しているようです!ハーフではもっと速い選手もいるようですが、凄いですよね。

2019年の11月末から行われる東南アジア競技大会で、メダルを取るのが条件となるようです。

2017年の東南アジア競技大会にも出場していたようで、その時はマラソンで6位だったようです!

 2017年8月19日、マーレシアで開催された、11カ国が競う東南アジアのオリンピック『2017 東南アジア競技大会』で、カンボジアの代表として出場した、猫ひろし選手は、第6位で入賞した。

入賞後のインタビューで、猫ひろし選手は、下記のように答えた。

今日の調子は? 「調子は可もなく不可もなく、いつもどおりにスタートラインに立てた。しかし横っ腹が痛くなってしまって。途中ペースを下げて忍耐勝負でしたね。しばらく我慢して走り続けたらなんとか調子が戻ってきたので、後半2人くらい追い上げることができました。あと一人抜きたかったですね。マレーシア大会はマラソンが初日なんで、メダル獲ってカンボジアの他の競技にも繋げたかった。そこは悔しいけども、今回全部出し切りました」

今後は? 「今回で東南アジア大会4回目、アジア大会、オリンピック。6回カンボジア代表として出させていただいて“感謝感激カンボジア”なんですけども。思い起こせば初回のインドネシアで2時間37分というタイムは今考えたらあの暑さであのタイムは凄かったなと改めて思いました。あの時は必死でした。出し切ったと思います」

東京オリンピックは? 「ちょうど40歳になって、マラソン始めて10年、芸人として16年なんです。東京オリンピックではカンボジアに対して、どういう関りができるのか、いい区切りとして考えたいです。現役選手としてできるのか、違う関り方になるのか。僕は選手であってもそうでなくてもずっとカンボジア人なんで、東京オリンピックで、カンボジアに猫の恩返しをしていきたいと思いますニャー」

今したいことは? 「宿泊しているホテルにプールがあるので、ザブーンってしたいですね。とにかく全身が痛くて、まずは疲れと熱を取りたいですかね。あとはアイス食べたい。どか食いはできないですね」

引用:http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4514&&country=6&&p=2

猫ひろしがマラソンを始めたきっかけ

そもそも、お笑い芸人だった猫ひろしさんが、フルマラソンを始めたきっかけはなんだったのでしょうか?

先日出演されたラジオ番組で、お話しされていました!

猫さんは、もともとTV番組の企画でランニングを始めました。

:子どものときから走るのは早かったので、(企画で)走ったら1位になるなと思ったら活躍して、そこからです。だけど試合に出ると、僕より年上のおじさんとかに抜かれたりして、「何でだろう」と思っていたんです。そんなときに、第2回の東京マラソンで「走りませんか?」とお仕事をいただいて。「速いのは知っているので、芸能人でトップを獲ってください」と言われたんです。フルマラソンは未経験。キツいと聞いていたから、恥をかくと思って、初めてコーチをつけました。今もそのコーチについてもらっています。コーチをつけるとどんどん速くなりますね。
クリス:どんなところが違ったのでしょう?
:練習のやり方が全然違うんです。最初の東京マラソンが3時間48分、2回目は3時間15分、次が2時間55分で3時間を切って、今は2時間27分。新幹線が速くなる歴史より僕が速くなる歴史のほうが早いです。
クリス:それだけ成長されるというのは、合っていたということでしょうか。
:マラソンは努力しただけタイムに結果が表れるんです。それが自分の性格に合っていて。普段「にゃー」とか「昇龍拳!」とかやってるけど、けっこう真面目なんですよ。コーチがきちっと教えてくれる人だったのでどんどんハマって行っちゃいましたね。

猫さんは、2020年の東京オリンピックへの出場も目指しています。

:今度の東京マラソンで自己ベストを更新しようと思っていて、いい感じです。ただ、どんどん痩せてきて脂肪がなくなると「クリス松村さんにそっくりだ」と。ランナーあるあるで、痩せてくるとクリス松村さんか、片岡鶴太郎さんに似てきます(笑)。

引用:https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2019/03/228-6610.html

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時-16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

猫ひろし東京マラソン出場に向けてのSNSでの反応

ふつうに凄いなと思う。
41歳で、2時間半切るってなかなかできない。

頑張ってる人は応援してあげたい

この歳だと東京オリンピックがラストチャンスかな。とにかく頑張ってほしい。

 

マラソンファンにも応援されている方が多いようですね!

年齢にも負けず、オリンピック目指している姿が好感を得ているようですね。

たとえ優勝を目指せなくても、目標に向かってネコまっしぐらで突き進む姿をみていると応援したくなりますよね!

猫ひろし東京オリンピック出場条件は?東京マラソンで自己ベスト3位のタイム完走!まとめ

今回の東京マラソンで久々に猫ひろしさんを見た!という方も多いかもしれませんね。

来年の東京オリンピックでもぜひ、都内をネコまっしぐらで突き進む姿を見せてほしいものですね。

そのためには、2019年11月末に行われれる東南アジア競技大会に向けて、一層頑張られることでしょう。

みんなで東京オリンピック出場へ向けて、猫ひろしさんを応援しましょう〜!!

頑張ってください!

 

 

こちらの記事もよく読まれています