ニュース

NGT48まほほん(山口真帆)ストーカーレイプ未遂事件の真犯人を運営が隠蔽?関与しているメンバー

2019年の1月9日未明、配信アプリSHOWROOMにてNGT48のメンバーであるまほほんこと山口真帆が配信中に突如配信が切られました。

配信中に、山口真帆さんがNGT48の内部告発をしようとして、NGTの運営スタッフによって打ち切られたのでは?とする予想がSNSで飛び交っています。

山口真帆さんの自宅にファン二人が押しかけ、暴行

事の経緯を整理すると、1月9日のニュースで山口真帆さんが昨年12月男性ファン2人に襲われたと報じました。

新潟を拠点に活動しているアイドルグループ「NGT48」のメンバー、山口真帆さんのファンの男2人が先月、新潟市内にある山口さんの自宅の玄関先に押しかけていたことが、警察などへの取材でわかりました。2人は山口さんの顔をつかんだなどとして暴行の疑いで逮捕され、「話がしたかった」と供述していたということですが、その後、不起訴になり釈放されています。

警察によりますと、先月8日、「NGT48」のメンバー、山口真帆さんの新潟市内にある自宅の玄関先にファンの男2人が押しかけ、帰宅した山口さんの顔をつかむなどしたとして、暴行の疑いで逮捕されました。

2人はいずれも25歳の無職と男子大学生で、調べに対し「山口さんと話がしたかった。大ごとになるとは思わなかった」と供述する一方、暴行の容疑については否認していたということで、その後、不起訴になり釈放されています。

山口さんが9日朝、ツイッターで「先月、公演が終わり帰宅時に男2人に襲われました。暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました」と報告したことから、ネット上では心配するファンなどの投稿が相次いでいます。

所属先の事務所は担当者が不在で、電話がつながらない状態が続いています。

「NGT48」は、「AKB48」の姉妹グループで4年前から新潟を拠点に活動していて、メンバー1期生の山口さんは11人でつくる「チームG」の副キャプテンも務めています。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190109/k10011772051000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

 

NGTのメンバーが自宅をバラし、家に行くように示唆したと告白

これらが全て事実だとすれば、かなりの大問題でしょう。

ただのファンの暴走ではなく、同じNGT48のメンバーが事件に関わっていることになります。さらに、運営側もまだ何の対処していないということです。

容疑者はすでに逮捕されていて、釈放されているようです。

SHOWROOMまほほんの動画

関与したメンバーは、西潟茉莉奈・太野彩香 説

関与したメンバーは、中井りか・佐藤杏樹 説

 

あくまで、本人のアカウントのフォローの状況や非公開アカウントからのいいねの状況だけでファンが推測で書いているだけのようですね。

これがどれだけ信憑性があるのかは、なんとも言いがたいところではありますね。

メンバー中井りかからの発言

NGT48のメンバー荻野由佳も襲われたことがあった

支配人の今村悦郎氏とは?

NGT48劇場支配人の今村悦郎氏ですが、現在今回の事件に関しては口を閉ざしているようです。

山口真帆さんは事件のことで、支配人である今村氏に相談したが結局何もしてくれなかったと述べています。

今回の事件で住所を漏らしたとされるメンバーについて、警察からも話を聞いているとのことだったが処分をすると言って何もしてくれなかった。

山口真帆 暴行事件まとめ

NGT48というアイドルグループの寮に男性ファン二人が乗り込んで、女性アイドルの顔を摑みかかるというとんでもない事件が発生してしまいました。

しかも、その住所を漏らし、行くように差し向けたのが同じメンバーだと被害者である山口真帆さんが語っています。

そのメンバーもわかっていて、劇場支配人である今村悦郎氏は何も対処してくれないとSNSや配信アプリで告発しようとし、アカウントが止められています。

現状では、運営側からの公式発表は何もないので発表があり次第追記していきます。

しかし、メンバー間の不仲からこのような事件にまで発展するとは、ちょっと考え難いですね。さらに、男性二人で不法侵入、暴行をしておいて不起訴になるというのも不可解です。

アイドルグループというブランドイメージを守るために、なにかの力が働いているのでしょうか?

まだまだ不明な点が多く、山口真帆さん側からのメッセージのみなので今後の運営の公式発表が待たれますね。

いずれにしても、事件の被害者となってしまった山口真帆さんは、かなり怖い思いをされたでしょうね。

このような悲しい事件はもう起きないように、予防策をしっかりと取ってほしいものですね。

RELATED POST