テレビ

ピエール瀧のしょんないTVは薬物逮捕で打ち切りか!静岡朝日が損害賠償請求も検討

ピエール瀧さんの薬物使用逮捕は驚きました。

電気グルーヴとしてアーティスト活動も人気でしたが、近年はアウトレイジやNHKドラマ64など話題作に続々と出演されていました。

マルチタレントとしても人気で、地元静岡では自身の名前がついた番組「ピエール瀧のしょんないTV」が人気でした。

ピエール瀧さんの薬物使用逮捕で「ピエール瀧のしょんないTV」はどうなってしまうのでしょうか?

調べてみました!

ピエール瀧薬物使用で逮捕

 薬物を施用したとして、ミュージシャンで俳優のピエール瀧氏(51)が麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕された。自宅の捜索では薬物こそ発見されなかったが、尿検査で陽性反応が出た。容疑を認めているという。

ハリウッド俳優が使うなど「セレブドラッグ」とも呼ばれる薬物。犯罪モノの映画で描かれているように、粉状だとガラス板の上に並べて鼻から吸引し、固形のものだと火で炙ってガラス管で煙を吸ったり、水タバコで吸うやり方が通常だ。

陶酔感や活力感、多幸感などを覚え、刺激にも敏感になるが、せいぜい5~10分、長くても30分程度で効果が切れ、今度は鬱状態になり、それが嫌で繰り返し使うようになると言われている。失うものが多く、絶対に手を出さないほうが身のためだ。

わが国の場合、営利目的のない単なる薬物施用だと、最高刑は懲役7年だ。これから勾留の上で捜査が進められることになるだろうが、いつから、どの程度の頻度で、1回あたりどれくらいの量を施用していたのかといった薬物に対する常習性や親和性のほか、その動機、入手経路などが捜査のポイントになる。

ただ、この事件だけであれば、起訴後は保釈が認められるのではないか。初犯であり、所持の余罪もないとすれば、弁護側が薬物と手を切る具体的な方策を示すことで、裁判では懲役1年6月、執行猶予3年といった量刑となるだろう。

以前から「麻取(まとり)」こと厚生労働省関東信越厚生局の麻薬取締部からマークされていたようなので、すでに検挙されている密売人や施用仲間から何らかの情報提供があったのかもしれない。今後、芸能界関係者が芋づる式に検挙されるか否かも注目される。(了)

引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20190313-00118025/

薬物使用で逮捕されたピエール瀧の経歴・プロフィール

芸名 ピエール瀧
本名 瀧正則
生年月日 1967年4月8日(51歳)
出身地 静岡県静岡市葵区
職業 ミュージシャン
タレント
俳優
声優
ナレーター
ラジオパーソナリティ
所属グループ 電気グルーヴ
所属事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ

薬物使用で逮捕されたピエール瀧の過去の出演作品

ピエール瀧が出演した映画

  • HAPPY PEOPLE/ハッピー・ピープル(1997年、セアリズ)
  • SF サムライ・フィクション(1998年、シネカノン)
  • episode 2002 Stereo Future(2000年、東北新社)
  • RED SHADOW 赤影(2001年、東映)
  • 月の砂漠(2004年、レントラックジャパン)
  • DRIVE ドライブ(2001年、日本ヘラルド映画)
  • SF Short Films(2002年、ギャガ・コミュニケーションズ) – 出演、監督
  • 1980(イチキューハチマル)(2003年、東京テアトル)
  • アイデン&ティティ(2003年、東北新社)
  • 手を握る泥棒の物語(2004年、ブロードバンド映画)
  • 漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)(2004年、メディア・スーツ)
  • ローレライ(2005年、東宝) – 田口徳太郎 役
  • リンダ リンダ リンダ(2005年、ビターズ・エンド) – カメオ出演
  • ALWAYS 三丁目の夕日(2005年、東宝) – 氷屋 役
    • ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年)
    • ALWAYS 三丁目の夕日’64(2012年)
  • 日本沈没(2006年、東宝)
  • ゆれる(2006年、シネカノン)
  • 虹の女神(2006年、東宝)
  • 恋するマドリ(2007年)
  • ワルボロ(2007年、東映)
  • グミ・チョコレート・パイン(2007年)※電気グルーヴとしてED曲も担当
  • ユメ十夜 – オムニバス形式の映画で9話目(第九夜)に登場。
  • 犬と私の10の約束(2008年)
  • 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS(2008年)
  • 百万円と苦虫女(2008年)
  • ブタがいた教室(2008年)
  • ぼくはうみがみたくなりました(2009年8月公開)
  • 少年メリケンサック(2009年)
  • 長髪大怪獣ゲハラ(2009年)
  • わたし出すわ(2009年)
  • 落語物語(2010年)(第3回したまちコメディ映画祭in台東にて上映)
  • モテキ(2011年、東宝) – 本人 役
  • はやぶさ 遥かなる帰還(2012年)
  • 僕達急行 A列車で行こう(2012年) – 筑後雅也 役
  • ぱいかじ南海作戦(2012年7月14日)- マンボさん役
  • のぼうの城(2012年) – 留 役
  • 凶悪(2013年) – 須藤純次 役
  • そして父になる(2013年)
  • くじけないで(2013年)- 藤巻 役
  • 寄生獣 完結編(2015年4月25日、東宝) – 三木 役
  • 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2015年8月、東宝) – ソウダ 役
    • 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド(2015年9月、東宝) – ソウダ 役
  • の・ようなもの のようなもの(2016年1月16日、松竹) – 渡辺孝太郎 役
  • 珍遊記(2016年2月27日) – 変身前の山田太郎 役
  • エヴェレスト 神々の山嶺(2016年3月12日、東宝) – 宮川 役[22]
  • 日本で一番悪い奴ら(2016年6月25日) – 村井 役[23]
  • シン・ゴジラ(2016年7月29日、東宝) – 西郷隊長(自衛隊員) 役[24]
  • 怒り(2016年9月17日、東宝) – 南条邦久 役[25]
  • 海賊とよばれた男(2016年12月10日、東宝) – 藤本壮平 役[26]
  • アウトレイジ 最終章(2017年10月7日、ワーナー・ブラザース映画) – 花菱会 花田和弘 役[27]
  • サニー/32(2018年2月17日、日活) – 柏原 役
  • 孤狼の血(2018年5月12日、東映) – 瀧井銀次 役
  • 居眠り磐音(2019年5月9日、松竹) – 宍戸文六 役

テレビドラマ

  • カケオチのススメ(1995年、テレビ朝日)
  • 木更津キャッツアイ(2002年、TBS) – シガニー小池 役
  • 私立探偵 濱マイク(2002年、日本テレビ)
  • 人類滅亡と13のコント集(2004年、日本テレビ)
  • 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2007年、フジテレビ)
  • おじいさん先生(2007年、日本テレビ) – 主演・おじいさん先生 役(初主演
  • 大河ドラマ(NHK)
    • 龍馬伝(2010年) – 溝渕広之丞 役
    • 軍師官兵衛(2014年) – 蜂須賀小六 役
    • いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年) – 黒坂辛作 役[28]
  • SOIL(2010年、WOWOW)
  • 連続テレビ小説(NHK)
    • おひさま(2011年上半期) – 中村先生 役
    • あまちゃん(2013年上半期) – 梅頭 役
    • とと姉ちゃん(2016年上半期) – 森田宗吉 役
  • 探訪 巨大ターミナル (2013年9月28日、NHK BSプレミアム) – 本人 役 ※VTRドキュメント+ドラマ
  • 土曜ドラマ(NHK)
    • 55歳からのハローライフ(2014年) – 駒野 役
    • 64(ロクヨン)(2015年4月) – 主演・三上義信 役[29]
    • トットてれび(2016年6月18日)- カメラマン 役(最終話)
  • 怪奇恋愛作戦(2015年1 – 3月期 テレビ東京系) – ゲスト・悪魔ブイヨン 役(声の出演)
  • きんぴか(2016年2月13日 – 、WOWOW) – 大河原勲 役[30]
  • 陸王(2017年、TBS) – 小原賢治役

バラエティ番組

現在
  • ピエール瀧のしょんないTV(2010年10月 – 、静岡朝日テレビ)
  • 人生最高レストラン(2017年1月 – 、TBS) – 常連客
  • ゲンバビト(2018年4月1日 – 、CBCテレビ制作、TBS系列) – ナビゲーター
  • 世界の国境を歩いてみたら…(2018年4月6日 – 、BS11) – ナレーター

引用:wikipedia

ピエール瀧薬物使用逮捕でしょんないTVは放映中止と静岡朝日が発表

ピエール瀧容疑者(51)の冠番組「ピエール瀧のしょんないTV」(木曜深夜0時25分)を放送している静岡朝日テレビは13日午前、14日放送以降の同番組休止を発表した。

「ピエール瀧容疑者の逮捕は、『ピエール瀧のしょんないTV』を制作放送してきた当社としても大変遺憾なことです。現在、事実関係を確認中ですが、番組の放送は休止いたします。視聴者の皆様にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません」

番組ホームページ、ツイッターは、瀧容疑者の逮捕が確認された12日深夜に削除された。

同番組は、静岡市出身の瀧容疑者をメインに2010年10月にスタートした。「しょんない(静岡弁でしょうもないの意味)ことに真実がある」をキャッチフレーズに、ピエール瀧らが静岡県内のマニアックな場所、サブカルチャー的なスポットを巡る内容。県外の14局が、番組映像を購入して放送しており、全国的な人気番組になっていた。

瀧容疑者側への賠償金の請求などについて、同局では「検討中」としている。

引用:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903130000160.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp

ピエール瀧薬物使用逮捕でしょんないTVホームページ、ツイッターも削除

ホームページや公式ツイッターアカウントが削除されたということは、番組の打ち切りが決定した可能性も高いでしょうね。

たとえ、ピエール瀧さんに執行猶予がついたとしても逮捕されたことや使用を認めていることから番組の継続が難しいという判断でしょう。

 

ピエール瀧薬物使用逮捕でしょんないTV放送中止にSNSの反応

ピエール瀧のしょんないTVは薬物逮捕で打ち切りか!静岡朝日が損害賠償請求も検討まとめ

静岡の方は軒並み、しょんないTVはどうなるの?という声が多かったですね。

それだけ地元で愛されていたピエール瀧さんと番組、広瀬麻知子アナウンサーということだったようですね。静岡県民にとっては、より一層ショックが大きいのかもしれません。

ツイッターの声では、広瀬麻知子アナウンサーや番組によく出演していたハリウッドザコシショウさんでなんとか継続できないのか?という声も多くみられました。

しかし、ホームページの削除とツイッターの公式アカウントが削除されたとなると、継続は難しいという判断になったのでは?と考えられます。

とても残念なニュースとなってしまいましたね。

読んで頂きありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています