ニュース

新元号令和の貨幣はいつから?硬貨・お札に製造年が刻印&流通するのは夏7月以降

2019年4月1日、平成の後となる新元号の発表が行われましたね。

平成の後は「令和」となることが決まり、平成の終わりとともに新たなスタートを感じさせられました。

元号が変わることで、色々な影響があるかと思いますが一番身近なのは日常的に使用するお金、特に硬貨ではないでしょうか?

平成31年の硬貨は4ヶ月しか製造期間がなく、こちらも非常にレアな硬貨となりますが新元号「令和」の刻まれた硬貨はいつから流通し始めるのでしょうか?

気になったので調べてみました。

新元号「令和」の貨幣はいつから?硬貨に製造年が刻印されるのは夏以降

 5月の改元に伴い、10円玉や100円玉などの硬貨にも新元号が刻印されることになる。ただ、新しい硬貨の金型を製造する必要があるため、新元号が記された硬貨が流通し始めるのは夏ごろとなる見通しだ。発行する財務省によると、西暦への表記変更は「全く検討していない」という。
造幣局(大阪市)によると、硬貨に製造年が刻印されるのは、毎年金や銀の含有量を測定して品質保証をしていた金本位制時代の名残だという。現在は記念貨幣以外に金貨や銀貨は作られていないため、規定通りの重さかどうかを確かめるだけで、金属の含有量は計測していない。日本銀行が発行する紙幣は金属を含んでいないので、発行年はもともと記されていない。

「平成元年」が刻印された硬貨の打ち初め式(造幣局提供)

元号の硬貨を最初に製造する際は、関係者を招いて「打ち初め式」というセレモニーを行うのが慣例だ。平成の代替わりの際には昭和天皇の逝去から約1カ月後の1989年2月10日に行われ、今回も時期は未定だが実施する予定。硬貨とは別に、皇太子さまの即位に合わせた記念貨幣の発行準備も進められており、2019年10月22日の「即位礼正殿の儀」の時期に合わせて発行される。
金型の製造に時間がかかるため、新元号の硬貨が出回るのは早くても約3カ月後。しかし「肝心の元号が公表されないと作りようがない」(担当者)ため、関係者は公表の時期をめぐってやきもきしている。

引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010100012&g=soc

 

 皇太子さまが新天皇に即位される5月1日の改元に伴い、政府が新元号を刻印した硬貨を7月にも発行する方針を固めたことが20日、分かった。需要が高い百円玉と五百円玉を優先し、製造作業を進める。

硬貨の製造は、政府が新元号を4月1日に決定、公表した後に開始する。独立行政法人造幣局の本局(大阪市)が硬貨の金型を製造し、優先度の高い2種類から新元号の刻印を行う。

発行まで3カ月半程度を見込んでおり、7月中旬以降に新元号が刻印された硬貨が日銀に引き渡され、金融機関などを経由して市場に出回る見通しだ。

発行年が記載されていない紙幣は新元号に伴う特別な措置はないという。

引用:https://www.sankei.com/life/news/190221/lif1902210003-n1.html

新元号「令和」の貨幣・硬貨はどれから?

貨幣や硬貨は流通量に応じて、毎年財務省が決定します。造幣局が製造し、財務大臣が日本銀行に交付することで市場へと流通していきます。

平成30年度の貨幣の製造枚数

平成30年度の貨幣製造計画は下記のとおりです。

                                        (単位:千枚、千円)
種類枚数金額
一万円40400,000
千円248248,000
五百円234,000117,000,000
百円537,00053,700,000
五十円36,0001,800,000
十円290,0002,900,000
五円12,00060,000
一円1,0001,000
1,110,288176,109,000

(注1) 貨幣は、独立行政法人造幣局が製造し(独立行政法人造幣局法第11条第1項第1号)、財務大臣が日本銀行に製造済の貨幣を交付することにより発行される(通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律第4条第3項)。
造幣局は、貨幣の製造については、財務大臣の定める製造計画に従って行わなければならない(独立行政法人造幣局法第12条)。

引用:https://www.mof.go.jp/currency/coin/lot/2018kaheikeikaku.html

平成30年は1万円札がたったの40枚しか印刷されていないのですね。非常にレアですよね。

100円硬貨、10円硬貨が製造量が多く、それらに次いで500円硬貨が多いです。

新元号「令和」の元号が入った硬貨も、まずは100円硬貨と500円硬貨から製造されます。

7月中旬以降とのことなので、7月下旬ごろに金融機関へ行けば新元号の貨幣を手に入れることができそうですね。

「令和元年」という文字が入った硬貨、なんかまだ違和感がありますがいずれ慣れていくんでしょうねw

新元号「令和」の貨幣はいつから?硬貨に製造年が刻印されるのは夏以降まとめ

新元号である「令和」が発表され、一気に平成の終わりが現実的に感じられるようになってきましたね。平成も31年となりあっという間だった気もしますが、終わるとなると寂しいですね。

私は昭和生まれなので、今の30歳以下の世代は全て平成世代です。

いずれ、令和世代が時代を作り、平成世代も古いと言われる時代が来るのかと思うと恐ろしいですw

AIやロボット、通信技術などが発達している中で、アナログなものはあまり変わっていないような気もします。

昭和時代に創造された21世紀とはまた違う世界となっていますが、昔ながらの良さも残しつつ新たな技術で地球と共存していけるようにしたいですね。

読んで頂きありがとうございました。

RELATED POST