スポーツ

ラグビー日本代表・ウイング|アタアタ・モエアキオラ選手の経歴・プロフィール

ラグビー日本代表・ウイング|アタアタ・モエアキオラ選手の経歴・プロフィール

名前アタアタ・モエアキオラ
生年月日1996年2月6日
身長・体重185㎝/114㎏
出身中学目黒学院中学校
出身高校目黒学院高校
出身大学東海大学
所属チーム2019~ 神戸製鋼コベルコスティラーズ
SNSInstagram

ラグビー日本代表ウイング アタアタ・モエアキオラ選手のラグビー歴

アタアタ・モエアキオラ選手はトンガ出身です。

12歳の頃、トンガでラグビーを始め、15歳の時にチームメイトのテビダ・タタフ選手と一緒に目黒学院中学に転入してきました。

高校時代編

2014年 目黒学院高校に進学し、高校2年のとき、花園で目黒学院高校の22年ぶりの勝利を貢献しています。

目黒学院高校とは中学の一貫教育コースもあるラグビーの名門高校です。ラグビーは昭和34年創部、優勝5回のラグビー名門高校です。

最近は低迷が続くのでアタアタ・モエアキオラ選手たち外国からの選手の活躍は名門復活の起爆剤となりそうです。

大学編

アタアタ・モエアキオラ選手は2016年、東海大学へ進学しました。

その年4月のアジアジャパンラグビーチャンピオンシップの韓国戦で日本代表としてトライを決め、勝利に貢献しています。これが初代表戦となりました。

さらに、6月にイングランドで開催されたU20では対アフリカ戦で3トライを決めて、世界の注目を集めました。

2017年 大学2年でサンウルブズのスコットに選出されるも、練習中に右肩の負傷で離脱しています。その年の夏合宿明けにも、右膝の半月板を痛めて手術をしました。

2018年 大学4年で東海大初の外国人主将となりました。関東大学リーグで優勝、大学選手権は準優勝を成し遂げました。

社会人編

2019年に神戸製鋼コベルコスティラーズに入団が決まると同時に、チーフスに入団が決まりました。

チーフスとは、スーパーラグビーに参戦するニュージーランドのチームです。最近は低迷してますが、かつてはリーチ・マイケル主将も所属していました。

アタアタ・モエアキオラ選手は日本の大学からそのままスーパーラグビーに入団した、初めての選手でその実力の大きさがわかります。

2019年シーズンでは、スーパーラグビーの強豪であるワイカトチーフスに所属し、スーパーラグビーデビューもしています。

ワイカトチーフスは、以前マイケルリーチ選手や山下選手も所属していました。

今回のW杯では、残念ながら怪我で選ばれませんでしたがオールブラックスの若きエース候補であるダミアン・マッケンジー選手とバックスリーで組んでいます。

ワイカトチーフスでの経験は、他には替え難いものになるでしょうね。

ラグビー日本代表ウイング アタアタ・モエアキオラ選手の注目ポイント

アタアタ・モエアキオラ選手はスピードとスキルを兼ね添えたプレーが見所です。

ポジションはウイングですが、SH以外はこなせるBKの万能選手と評価の高いです。

そのためベンチにいるだけで安心と言われる事もあるようです。

怪我も多く、代表に呼ばれなくなる時期もあって、今回の復帰はうれしいことでしょう。

ですが、ジョセフヘッドコーチからの期待はまだまだ薄いようで、これからどのようなアピールとスキルアップをして代表をもぎ取るのか、アタアタ・モエアキオラ選手の注目ポイントです。

ラグビー日本代ウイング アタアタ・モエアキオラ選手のプライベートなこと

アタアタ・モエアキオラ選手はトンガ出身ですが、流暢な日本語を話します。東海大学では主将として部員数約200人をまとめていましたね。

どのように日本語を勉強したのでしょうか?

目黒学院中学校に転入してから日本語を勉強したそうです。寮にこもってテレビを見ながらタタフ選手と一緒に猛勉強をしたそうです。日本語検定4級を取得しています。

トンガは南大西洋に浮かぶ170からなる島国です。美味しい海鮮物がありそうですが、お寿司のネタはマグロとサーモンが好きなネタだそうです。

余談ですが、トンガでは魚の事を「イカ」というそうです。

アタアタ・モエアキオラ選手が好きなミュージシャンは小田和正さんだそうです。

意外ですよねw

トンガアカデミーではオーストラリアのチームに希望をしていましたが、オファーが無かったため日本に来日しました。でも今では日本が大好きなようです。

もっと日本を好きになってブレイブ・ブロッサムのメンバーとしてワールドカップでの活躍を期待したいです。

ラグビー日本代表・ウイング|アタアタ・モエアキオラ選手の経歴・プロフィールまとめ

今回の記事では、ラグビー日本代表の若きトライゲッターであるアタアタ・モエアキオラ選手について調べてみました。

日本代表のウィングは、福岡堅樹選手やレメキ・ロマノラヴァ選手などライバルも多いですが、ぜひともアタアタ・モエアキオラ選手にも活躍して欲しいですね。

スピードとフィジカルを活かして、大胆なプレーで魅了してほしいものです。

RELATED POST