スポーツ

サニブラウン日本新記録更新レース動画!9秒97で米NCAA選手権3位も桐生祥秀を超えた

サニブラウン選手が、全米大学選手権で絶好調です!

100mでは日本新記録を更新しました!!桐生祥秀選手が記録した9秒98を0.01秒更新されました!

リレーでも4×100mリレーで2走を務め、37秒97で優勝!

200mは20秒08という日本歴代2位の記録で3位と素晴らしい成績を収めています。

特に気になったのが、日本新記録を達成した100m男子決勝のレースの動画がないのか、気になったで調べてみました。

サニブラウン日本新記録更新!米NCAA選手権100m9秒97で3位も桐生祥秀を超えた

 陸上の全米大学選手権は7日(日本時間8日午前)、米テキサス州オースティンで行われ、男子100メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(20)=フロリダ大=が9秒97(追い風0・8メートル)の日本新記録で3位に入った。

【写真】男子100M決勝、9秒97の日本新記録でゴールするサニブラウン

従来の日本記録は、17年9月に桐生祥秀がマークした、9秒98。サニブラウンは今年5月に9秒99をマークし、日本勢2人目の9秒台突入を果たしていた。陸上大国の学生チャンピオンを決める一発勝負で確かな力を発揮し、今秋のドーハ世界陸上、さらに20年東京五輪での表彰台へ可能性が膨らんだ。

「正直、タイムはあまり気にしていない」。9秒台に入る前から、サニブラウンが貫いてきた姿勢だ。10秒足らずの間、いかに正確な動きを出せるかに集中して力を発揮してきた。課題だったスタート部分は、今春の室内シーズンで日本タイ記録の6秒54を出して修正の手応えも得た。17年秋から拠点を置く米フロリダ大で着実に力を伸ばした20歳が、日本最速の称号を手にするのは必然だった。

今月末には、ドーハ世界陸上の代表選考を兼ねた日本選手権(27~30日、福岡)が控える。10秒0台を連発して好調を維持する桐生、自己記録10秒00の山県亮太(セイコー)、5月に10秒04を出した小池祐貴(住友電工)らがそろい、史上初の9秒台決着も現実味を帯びてきた。日本選手権で世陸内定を得られるのは、参加標準記録(10秒10)を突破した優勝者のみ。日本最速の座を手にしたサニブラウン。次は日本最強を目指す。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000085-sph-spo

日本の短距離男子はいま、物凄くレベルが高くなってきていますね!!

桐生選手に続いて、9秒台を達成してさらに桐生選手の9秒98を上回る9秒97という日本新記録(追い風参考)をマークされました。

さらに、45分後に行われた200mでも日本歴代2位の記録を打ち立てるなど好成績を連発しています。

 陸上の全米大学選手権は7日(日本時間8日)、男子200メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒08(追い風0.8メートル)で3位。自己ベストを0秒05更新し、末続慎吾が持つ日本記録20秒03に迫る日本歴代2位の好記録となった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190608-00063044-theanswer-spo

サニブラウン日本新記録更新の動画!9秒97で米NCAA選手権男子100M決勝レース3位

日本新記録でも3位って・・・

アメリカの大学陸上界はとんでもないレベルなんですねw

サニブラウン日本新記録更新にSNSの反応

でた~、サニブラ、新記録、おめでとう。
時間の問題と思っていたが、凄い選手ですね。

ついに出た!
おめでとうございます!
これで陸上界も新時代到来!さらなる飛躍を期待しています!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000085-sph-spo

まだまだ記録が伸びると思います。
期待してます

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000085-sph-spo


多くのファンがついにきたか!!という感じですね!

桐生選手に続いてサニブラウン選手も9秒台ということで、まだまだ日本の陸上短距離界は伸び代がかなりありそうですよね。

サニブラウン日本新記録更新の動画!9秒97で米NCAA選手権3位も桐生祥秀を超えたまとめ

今回はサニブラウン選手が日本新記録を更新したということで、その瞬間のレース動画を調査しました。

来年の東京オリンピックに向けて、いいニュースが飛び込んできましたね。

日本新記録となる9秒97という好成績にも関わらず、そのレースの順位は3位ととてつもなくレベルの高いところで自分に磨きをかけられていますね。

リレーでは国際大会でも度々メダルを取ってますが、個人でもメダルが狙えるように頑張って欲しいですね。

RELATED POST