ニュース

【訃報】佐々木すみ江さんの死因は?お別れ会・偲ぶ会の日程や場所を調査

名脇役として女優で活躍をされていた佐々木すみ江さん(90歳)が、なくなっていたことが所属事務所から報じられました。

大河ドラマでは、「篤姫」や「西郷どん」でも素晴らしい演技を見せてくださっていました。

TBSドラマでは「花より男子2(リターンズ)」や「花のち晴れ」などでも味のある演技で若い人にも印象深い女優さんだったと思います。

お別れの会や偲ぶ会など、気になったので調べてみました。

佐々木すみ江さんの訃報

 名脇役として映画やテレビドラマなどで活躍した女優の佐々木すみ江(ささき・すみえ、本名・青木すみ江=あおき・すみえ)さんが17日に死去していたことが19日、分かった。90歳。

昭和27年、劇団民芸に入団。30年に「楡の木陰の欲望」で新劇演技賞を受賞し、48年には「移動」で紀伊国屋演劇賞に輝いた。映画は鈴木清順監督「ツィゴイネルワイゼン」、市川崑監督「幸福」、テレビでは「ふぞろいの林檎たち」など多くの作品に出演。NHK大河ドラマ「篤姫」で厳格な養育係を演じ、「女の道は一本道でございます」のせりふは話題となった。

夫は、産経新聞編集局長やフジ新聞社社長を歴任した筑波大名誉教授の故青木彰氏。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000563-san-movi

佐々木すみ江さんのプロフィール

佐々木すみ江 Sasaki Sumie

東京都出身。昭和26年、劇団民芸「その妹」(武者小路実篤作)で、初舞台を踏む。昭和46年同劇団退団まで数多くの舞台に出演。昭和30年、「楡の木陰の欲望」にて第5回新劇演技賞受賞。昭和48年、「移動」(別役実作)で第8回紀伊国屋演劇賞受賞。その後の舞台に、蜷川幸雄演出の「にごり江」(’84年、’85年)、「貧民倶楽部」(’87年)、「欲望という名の市電」(’88年)、井上ひさし作、木村光一演出「頭痛肩こり樋口一葉」(’92年)などがある。
舞台引退後、TV、映画中心に活躍。円熟した演技と年齢を重ねたこその包容力と優しさで様々な役柄を演じ続けている。
近年では、大河ドラマ「篤姫」(’08年)の厳格な養育係菊本役の「女の道は一本道でございます」という名台詞は記憶に新しい。また連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」(’10年)では、ヒロインを支える温かな貸本屋のお姑さん役が印象に残る。

引用:http://www.alpha-agency.com/artist/sasaki.html

佐々木すみ江さんの死因は?

佐々木すみ江さんの所属事務所、アルファエージェンシーから訃報は伝えられたのですが、亡くなった日は2月17日とのことです。

しかし、死因に関しては一切発表されていません。

また後日、明らかになるかもしれませんね。

情報がありしだい、追記していきます。

佐々木すみ江さんの訃報にSNSの反応

私、大好きでしたぁ~
味があってピリッとした感じが何とも上手くて、本当に残念です。
ご冥福をお祈りいたします。
沢山の映画やテレビに出演してくださり、私たちを楽しませてくれて、ありがとうございました。

 

この女優さんは姑さんの役をやらせたら上手かったし憎たらしかったことを覚えている。90歳ですかご愁傷さまでした。

 

篤姫の菊本役で輿入れのときの
女の道は一本道にございますが印象に残ります
その後、身分が低い自分が乳母では
障りがあるといけないので自害するんだけ
胸に迫るものがありました名優がまた旅立ちました

ご冥福をお祈りいたします

西郷どんで熊吉のお母さん役で出てらしてとても嬉しかった。
昔から頻繁にはドラマに出演しないのでテレビで見つけると必ずみてました。
存在感があってうまい女優さんでした。
坂の上の雲で武家のお女中役をやってらしてとてもはまり役でした。
ご冥福をお祈りします。

 

本当に、いつも素晴らしい演技で憎らしい役から愛らしい役まで、多くの作品で幅広く演じられていました。

佐々木すみ江さんを偲ぶ会・お別れの会

所属事務所からは、まだ何も情報が発表されていません。

まだ正式な日程などが決まっていない可能性があるので、発表があり次第追記していきます。

佐々木すみ江さんの死因は?お別れ会・偲ぶ会の日程や場所まとめ

まだまだ現役でお仕事されていましたが、もう90歳というご年齢だったのですね。

所属事務所からは詳細が発表されていませんが、風邪などから一気に体調を崩されたのかもしれませんね。

以前から体調を崩されていたという情報も特になかったようなので、はっきりとした原因は不明ですが出演された作品でまだ公開されていない作品があります。

宇野愛海さんと落合モトキさんの共演作「歩けない僕らは」が2019年内に公開される予定で佐々木すみ江さんの遺作となりますね。

ご冥福をお祈りいたします。

こちらの記事もよく読まれています



RELATED POST