テレビ

エビカマのネット通販・購入方法&カニカマとの違いはある?この差って何ですか?

2019年6月24日に放映される「この差って何ですか?」ではエビカマが取り上げられるようです。

カニカマはどのスーパーでも売られていますが、エビカマってそういえば見たことも聞いたこともないですよね。

そこで、今回はエビカマという商品は存在するのか?

もし購入するのであれば、どこでどのようにして購入することができるのかを調査してみました。

この差って何ですか?で「エビカマ」が取り上げられる

火曜のよる7時に、世の中の様々な差に着目して、MCの加藤浩次と川田裕美が、なぜその差が生じているかを解き明かすバラエティ。
レギュラーパネラーの土田晃之、上地雄輔、準レギュラーの指原莉乃に加え、ゲストに和田アキ子、IKKOのモノマネで人気のチョコレートプラネット・松尾駿を迎えて、賑やかにお送りする。

注目は、暑い夏に気になる!昔と今の健康常識の差。
健康に関する研究も日進月歩。かつては常識と思われていたものも、今ではまったくの間違いというものがあるという。
そこで今回は「睡眠」にまつわる昔と今の健康常識の差にスポットを当てる。
例えば、22時〜2時は“睡眠のゴールデンタイム”といわれ、疲労回復や壊れた細胞の修復を促す成長ホルモンが多く分泌されるので、この時間に寝ると良いとされてきた。
しかし実は、この“ゴールデンタイム”神話はまったくの嘘!ということが判明。スタジオも騒然となった。
さらに、次の健康常識は今でも正しいのか? 間違いなのか?
➀寝る前に温かいホットミルクを飲むと、寝つきがよくなる
➁昼寝をすると夜に寝つきが悪くなる
➂枕やマットは自分の体にフィットするものがいい
➃90分の倍数で目覚ましを合わせるとスッキリと目覚めることができる
実はこれ、全部間違い!!これまで信じてきた様々な情報はいったい何だったのか…。
これから「質のいい睡眠」を目指すなら、番組で紹介する新常識をぜひ試してほしい。

そして、人気コーナー「外国人がわかならい日本の差」では、新鮮な魚類が集まる東京・築地場外市場で魚にまつわる差を考える。
注目は戦後の3大発明食品のひとつであるカニ風味のかまぼこ「カニカマ」にまつわる差。
カニカマはあるのに、エビカマがない…この差って何?
そんなこと日本人も考えたことないが、調べてみたら仰天!実はかつて、「エビカマ」は存在していた!
さらに、元々「カニカマ」は「カニ」の類似商品を作りたくて出来たものではなく、ある別の食材の類似商品を開発していた途中で、偶然生まれたものだった。
世界で初めてカニカマを作った、水産加工メーカー・スギヨを舞台に、六平直政出演の再現ドラマ「カニカマ誕生物語」をご覧いただく。
お楽しみに!

【レギュラー】
土田晃之
上地雄輔

【準レギュラー】
指原莉乃

【パネラーゲスト(50音順)】
松尾駿(チョコレートプラネット)
和田アキ子

【VTRゲスト】
六平直政

【専門家ゲスト(50音順)】
潮田博之(スギヨ築地店 店長)
梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック 院長)
斉藤又雄(斉藤水産 社長)
島寛明(株式会社スギヨ 開発本部 部長)
野田實(株式会社スギヨ 開発本部長)

引用:http://www.tbs.co.jp/konosa/

カニカマ開発の元は、石川県にあるスギヨ3代目社長の杉野芳人が人口クラゲを作ろうとして、失敗してできたものらしいですよ。

たまたまできたものがカニっぽかったので、そのままカニの蒲鉾として認知度を高めて行ったというのはすごい話ですよね。

エビカマに関する情報

類似の商品として「えびかま」と「ほたて風味かまぼこ焼ほたて風味かまぼこ)」があるが、風味付けをした商品も本物のすり身を使っている商品も同じ名称を使っていて、名前のみでの区別は不可能である。それでも基本的には、エビカマはカニカマ同様、蒲鉾(魚のすり身)にエビの風味を付けたもの、ホタテ風味カマボコは、蒲鉾(魚のすり身)に焼きほたて(焼いたホタテガイ)の風味を付けたものである。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%9E

エビカマはお店で買える?ネット通販・購入方法

エビカマに関する商品を調べてみましたが、残念ながら現在の日本で購入できるところを見つけることはできませんでした。

日本で販売されているエビカマという商品があったのはあったのですが、駄菓子のようなもどきの商品しか見つけることができませんでした。

 

海外では、エビカマの商品があるようです。

ドイツや東南アジア、台湾では販売されているところがあるようです。

ドイツでは、大きな海老の形をしたすり身として商品が販売されていました。

菜種油やガーリックオイルなどに漬けられて販売されています。

ドイツのエビカマ

タイのバンコクやパタヤでは屋台で食べられるところがあるようですよ!写真で見る限り、普通のエビにしか見えませんが、正真正銘エビカマのようです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#Repost Thanks to @joycolorplanet #chalawangrill ・・・ 夕飯の後にセンタンに寄ったら。。。 ※ ワニの丸焼きが‼️😱😱 ※ ワニの肉は、カンボジアで食べたことあったのですが😅 さすがに、ワニの丸焼きは初めて‼️‼️ ※ けっこうコラーゲンたっぷりな感じで美味しそう🤩 ただ、お腹いっぱいで食べるのは断念😭😭 ※ そして、 エビカマも発見‼️カニカマより美味しそう❤️ ※ 次回、機会があれば食べたいな~😊✨✨✨ ※ ※ #タイ#thailand#パタヤ#pattaya #センタン#centralworld #ワニ肉 #丸焼き #カニカマじゃなく #エビカマ #美味しいそう

CHALAWAN GRILL (THAILAND)さん(@chalawangrill)がシェアした投稿 –

エビカマのネット通販・購入方法&カニカマとの違いはある?この差って何ですか?まとめ

今回は「この差って何ですか?」で取り上げられるエビカマについて調べてみました。残念ながら、日本では商品として流通はしていなさそうです。

しかし、Twitterなどでは海老アレルギーの人が、海老っぽいものを食べたいと書いてある投稿などもありました。

日本では、安いエビも流通してるためにわざわざエビカマのような商品はニーズがないのかもしれません。

東南アジアでは流通しているというのも不思議な話ですが・・・・

また技術の発展や商品開発次第では、日本でもエビカマが流通する可能性もありそうですよね。

読んで頂きありがとうございました。

RELATED POST