テレビ

マツコの知らない再現ふりかけの世界|番組紹介商品ネット通販購入方法!10月15日放送見逃し配信

毎週様々なマニアックな世界を紹介してくれる番組である『マツコの知らない世界』ですが、2019年10月15日は『マツコの知らない再現ふりかけの世界』です。

これまでも様々なジャンルの商品、食品が紹介されている『マツコの知らない世界』ですが、ついにふりかけが登場です!

といっても、ただのふりかけではなく再現ふりかけ?

再現ふりかけとは???

『マツコの知らない世界』動画
Paraviで過去放送分を配信中!

『マツコの知らない世界』
動画を無料視聴する

Paraviで『マツコの知らない世界』を完全無料視聴可能です。

2週間無料視聴期間中に解約すれば、一切費用はかかりません。

  • ドラマ、バラエティ、アニメなど他にはないコンテンツが盛りだくさん!
    (水曜日のダウンタウン、凪のお暇、パパジャニWESTなど)
  • 初回の登録後2週間は無料お試し期間で視聴可能!
  • 映画や現在放映中の話題のドラマも盛りだくさん!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新情報はParaviのホームページでご確認ください。

『マツコの知らない再現ふりかけの世界』に松江慎太郎が登場!

10月15日(火)よる8時57分から放送!

▼「マツコの知らない再現ふりかけの世界」

ご飯のお供として日本人に愛され続けている“ふりかけ”。
今回「ふりかけの世界」を語ってくれるのは、世界にふりかけの世界を発信する男
松江慎太郎さん。

元プロ競輪選手だった父親の影響で、その道を目指し、
高校時代は毎日2合の米を食べていたという。
そんな毎日のご飯を彩ってくれた“ふりかけ”に興味を持ち、
今では「国際ふりかけ協議会代表理事」として“ふりかけグランプリ”などの
イベントも開催している。

番組では「安い」「簡単」「便利」な“ふりかけ”の歴史から、最新事情を伺いながら、
松江さん選りすぐりの“ふりかけ”をマツコが食べ尽くす!!
すごく再現性の高いふりかけ、そして、ご飯以外に“ふりかけ”できる変わり種まで
続々と登場する。

▼「飼わなくても虜になる!ネコ画像の世界」

2000年頃にネコ鍋で大ブームを巻き起こしたネコ画像。
今も人気は右肩上がり!
フォトコンテストの審査員まで務める
ネコ画像のスペシャリスト夫婦・湯沢祐介さん、小川晃代さんが
飼わなくても一目見ただけで虜になる最強に可愛いネコ画像をご紹介!

様々なタイプの猫じゃらしを駆使して、一瞬の表情を引き出す技にマツコが挑戦!
どこを切り取っても可愛い子猫たちの魅力に、マツコの母性が目覚める!!

引用:マツコの知らない世界HPより

松江慎太郎は国際ふりかけ協議会代表理事

松江慎太郎の経歴・プロフィール

名前松江慎太郎
生年月日1977年?
出身地熊本県
職業
SNSFacebook

今回『マツコの知らない再現ふりかけの世界』で、ふりかけを紹介されるのは国際ふりかけ協議会の代表理事をされている松江慎太郎さんです。

ふりかけ発祥の地と言われている熊本県在住の、会社経営者ですね。

国際ふりかけ協議会とは?

平成25年5月、「ふりかけ」をテーマにしたイベント『ふりかけグランプリ®in熊本』を「ふりかけ」発祥の地といわれる熊本にて開催。それをきっかけに、5月下旬にタイで開催された国内最大の食品展示会『THAIFEX2013』で熊本の「ふりかけ」を世界に向けて紹介しました。
今まで知られていなかった日本の食文化の一つである「ふりかけ」に対し、来場した飲食店オーナーや世界各国のバイヤーたちの反応は良く、ご飯にかけるだけという簡単さ、栄養価の高さなどから、米食文化のあるタイの食卓に受け入れられるであろうという手応えを感じると共に、ASEAN諸国の子どもたちに不足している栄養分の補給に「ふりかけ」は最適ではないかと考えました。また同年、福島県いわき市で開催された『ふりかけグランプリ®in福島県いわき市』では、震災による風評被害で苦しむ福島県産米の普及啓発活動にも賛同し、熊本のふりかけメーカーと共に支援活動を行いました。

この様な活動を経て、平成25年8月に『国際ふりかけ協議会』を任意団体として発足。タイやラオスなど、ASEAN諸国の学校への「ふりかけ支援活動」を行うと共に、10月下旬には初の全国大会である『全国ふりかけグランプリ®2014』を開催。2日間で約30,000人の来場者があり、日本国内での更なるふりかけの可能性を実感するに至りました。
そしてこの度平成27年2月2日より『国際ふりかけ協議会』は『一般社団法人 国際ふりかけ協議会』となりました。
これからも私たちは小さな「ふりかけ」から、大きな夢の実現を目指して活動を行っていきます。

引用:国際ふりかけ協議会HPより

国際ふりかけ協議会のFacebookページはこちら

ふりかけ発祥の地熊本で、地域振興や地域活性化やふりかけの普及をメインにした団体のようですね。

ふりかけグランプリというイベントも開催されているようで、海外に向けても普及や啓蒙活動を熱心にされているようです。

『マツコの知らない再現ふりかけの世界』で紹介される予定の再現ふりかけ

タレふりかけ うなぎ

超ふりかけカレー

ペヤング焼きそばふりかけ

ご飯がススムキムチふりかけ


かつ丼ふりかけ

天丼ふりかけ

うなぎふりかけ

塩さばふりかけ

じゃがバターふりかけ

松屋牛めし味ふりかけ

www.matsuyafoods.co.jp
「松屋牛めし味ふりかけ」発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2019/08/01/5102/
松屋フーズの最新情報 「松屋牛めし味ふりかけ」発売!のページです。

トースト専用 昆布 大脇昆布

サラダ用ふりかけ 無限サラダ


御飯の友

その他番組内で紹介された再現ふりかけ

追って、放送後に追記いたします。

マツコの知らない再現ふりかけの世界|番組紹介商品まとめ!10月15日放送見逃し配信まとめ

今回は、『マツコの知らない再現ふりかけの世界』で紹介される再現ふりかけをまとめて見ました。

ふりかけって発祥地が熊本だったのですね。その縁もあってか、熊本県の松江慎太郎さんがふりかけの普及活動をされているようですね。

一昔前だと、ふりかけといえば「ゆかり」や「わかめ」「のりたま」くらいだったと思うのですが、私の幼少期には「すき焼き」があったのを思い出しましたw

おそらく、それぞれのご家庭の食卓にあったふりかけを幼い頃に食べていた思い出があるのではないでしょうか?

その味って、いつまで経っても色あせないものですよね!

今回紹介された数々の商品は、また新たな家庭の味を子供に感じさせるものになるかもしれませんね。

今の子供達が大人になった時に、うなぎのふりかけが懐かしい!とか、かつ丼のふりかけをよく食べていた。なんていう話に花が咲く日が来るかもしれません。

お米が美味しいと、ふりかけは邪道だという人もいるかもしれませんが、子供なんかはやっぱりふりかけご飯って好きですしね。

どれも試して見たい味のふりかけばかりだったので、気になったものは購入してみようと思います。

番組の影響で、すぐに品切れになってしまうかもしれませんが・・・

 

『マツコの知らない世界』
動画を無料視聴する

RELATED POST