Uber

【速報】ついにUberが福岡でライドシェアをスタート予定!?

たまたま以前ダウンロードしたアプリを見ていたら、内容が変わっていて驚きました!

なんと、ライドシェアのサービスで世界的に有名なUber (ウーバー)が福岡でサービスをスタートするかもしれません。

Uber (ウーバー)とは?

Uberは2009年3月にトラビス・カラニックとギャレット・キャンプにより設立。2015年の予約売上は108億4000万ドル(約1兆3000億円)と推定されている。

引用:wikipediaより

Uber (ウーバー)のサービス内容

ライドシェアと呼ばれるサービスを展開しており、一般の自家用車を持った人がUber (ウーバー)にドライバーとして登録をして、Uberのアプリによって乗車希望の客とマッチングをさせるサービスです。

支払い方法は、乗車希望者がUber (ウーバー)アプリにて事前に登録したクレジットカードによって決済が行われます。

Uber (ウーバー)の特徴

タクシーではなく、一般の登録ドライバーが自分の車に希望者を乗せることから、ライドシェアと呼ばれます。

ドライバー、乗客が共に個人情報をUber (ウーバー)のアプリに登録してあり、金銭のやり取りは全てアプリ上で行われる。そのため、小銭などのやり取りが発生しないこともUber (ウーバー)のメリットの一つですね。

また、ドライバーは乗客を、乗客はドライバーを評価するシステムとなっており、相互の評価を見ることができるので安心して使えます。

日本でのUber (ウーバー)の状況

2013年に日本法人Uber Japanを設立しました。翌年の2014年からはタクシーの配車サービスをスタートさせています。

ライドシェアのサービスは、2015年に実験的に福岡でスタートしたものの、国土交通省が白タクに該当するとのことでサービスの中止を指導しました。

その後も、タクシー業界からの反発などもありライドシェアとしてのサービスは開始できずにいました。日本ではまだ進捗があったかどうかは公にされていません。

Uber Eatsが福岡でもスタート

先日、Uber Eats (ウーバーイーツ)という飲食店のデリバリー代行サービスを福岡でスタートすると発表しました。

10月24日現在、まだサービスの開始日は具体的になっていませんが、配達員の登録募集と説明会は開催されています。

Uber (ウーバー) が福岡でもスタート!?

そして、ついにUber (ウーバー)のアプリでも福岡でドライバーの登録募集が開始されていました!

アプリでは「福岡で」となっていますが、まだ残念ながら実際にUber (ウーバー)のアプリを使うことはできませんでした。

しかし、Uber Eats (ウーバーイーツ)も公になる前に配達人の募集のメールが来たことを考えるとUber (ウーバー)もスタートする予定があると考えられるでしょうね。

まとめ

こっそりとドライバーの登録者を募っていますが、ドライバーを募集するということはサービスを開始する目処が立ったと考えられます。

まだ公にはできないのかもしれませんが、募集を開始していることから考えると一般に発表されるのも時間の問題かと思います。

海外ではタクシーよりも気軽に使える新たな交通手段として人気のUber (ウーバー)。日本ではスタートまでかなり時間がかかりましたが、政府との調整やタクシー業界との調整なども影では進んでいたのかもしれませんね。

副業も話題になっている今、サービスとしてのUber(ウーバー)と共に、副業としての(ウーバー)のドライバーの動向にも注目が集まりそうですね。

また新たな情報が入り次第、情報をまとめていきたいと思います。
今後の情報に期待です!

こちらの記事もよく読まれています