ニュース

津田梅子とは?新紙幣5千円札の肖像画候補の画像&偉業や歴史まとめ

平成も2019年4月で終わり、2019年5月からは令和元年となりますね。平成の終わりとともに、紙幣の肖像画の変更も検討されているという報道が流れています。

新紙幣における肖像画の候補は、1万円札に渋沢栄一、5千円札に津田梅子、1千円札に北里柴三郎ということです。

この中でも、特に渋沢栄一と津田梅子はよくわからないと言う方も多いのではないでしょうか?

ということで、今回は津田梅子がどのような人物なのか簡単にまとめてみました。

渋沢栄一の偉業や歴史は?新紙幣1万円札肖像画候補が設立に関わった会社まとめ平成も2019年4月で終わり、2019年5月からは令和元年となりますね。平成の終わりとともに、紙幣の肖像画の変更も検討されているという報...

津田梅子が新紙幣5千円札の肖像画候補

 政府は数年後をめどに、1万円などの紙幣の肖像画を変える準備に入った。肖像画の変更は2004年以来となる。政府関係者が9日未明、明らかにした。

【5000円札・津田梅子、1000円札・北里柴三郎、どんな人物?】

1万円札は第一国立銀行や東京証券取引所など多くの企業を設立、経営した実業家、渋沢栄一▽5000円札は津田塾大学の創始者、津田梅子▽1000円札は「近代日本医学の父」として知られ、ペスト菌を発見するなど医学の発展に貢献した北里柴三郎の肖像画を使用することを検討している。

1万円札の肖像は1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来の変更となる。5000円札の肖像は04年に新渡戸稲造から日本で戦後初めて女性の樋口一葉になり、1000円札の肖像は同年に夏目漱石から野口英世に変わっていた。

紙幣の様式は通貨行政を担当している財務省、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局の3者で協議し、日本銀行法に基づいて財務相が決める。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000002-mai-bus_all

数年後を目処にということなので、すぐにではないようですが紙幣が刷新される予定があるようです。

昭和世代の人間としては、2004年に千円札が夏目漱石から野口英世に変わり、5千円札が新渡戸稲造から樋口一葉に変わったばかりなのでもう変わるの?という気もします。

野口英世、樋口一葉は約15年での変更なるので短いスパンとなりますね。

福沢諭吉の1万円札のみ、1984年以降変わっていないということですね。

紙幣の刷新は偽札対策の最新技術が使われたりと、定期的に行われるのは仕方がないことですがこれも一つの時代の終焉ということでちょっと寂しい気もしますね。

津田梅子の偉業や歴史は?経歴やwikiプロフィール

津田 梅子(つだ うめこ、元治元年12月3日(1864年12月31日) – 昭和4年(1929年)8月16日)は、日本の教育者。日本における女子教育の先駆者と評価される。女子英学塾(のちの津田塾大学)創立者。

初名はうめ(「むめ」と書いた)で、明治35年(1902年)に漢字表記に改めて「梅子」とした。

梅子は、津田仙(旧幕臣・東京府士族)・初子夫妻の次女として、江戸の牛込南御徒町(現在の東京都新宿区南町)に生まれた。 父・仙は幕臣であったため、幕府崩壊とともに職を失ったが、明治2年(1869年)に築地のホテル館へ勤めはじめ、津田家は一家で向島へ移った。仙は西洋野菜の栽培なども手がけ、幼少時の梅子は手習いや踊などを学び、父の農園の手伝いもしている。

アメリカ留学

明治4年(1871年)、仙は明治政府の事業である北海道開拓使の嘱託となり、津田家は麻布へ移る。開拓使次官の黒田清隆は女子教育にも関心を持っていた人物で、仙は黒田が企画した女子留学生に梅子を応募させ、同年、岩倉使節団に随行して渡米。5人のうち最年少の満6歳であった。11月に横浜を出港し、サンフランシスコを経て、同年12月にワシントンへ到着。

渡米直後(明治4年(1871年))

アメリカではジョージタウンで日本弁務館書記で画家のチャールズ・ランマン (英語版)夫妻の家に預けられる。5月には森有礼の斡旋で、留学生はワシントン市内に住まわされるが10月には2名が帰国した。残った3人が梅子、山川捨松(のちの大山捨松)、永井繁子(のちの瓜生繁子)である。この3人は生涯親しくしており、梅子がのちに「女子英学塾」(現在の津田塾大学)を設立する際に二人は助力する。

梅子は再びランマン家に預けられ、十数年を過ごすことになる。梅子は英語、ピアノなどを学びはじめ、市内のコレジエト・インスティチュートへ通う。日本へ宛てる手紙も英文で書くようになる。この頃にはキリスト教への信仰も芽生え、ランマン夫妻には信仰を薦められていないが、明治6年(1873年)7月には特定の宗派に属さないフィラデルフィアの独立教会で洗礼を受ける。明治11年(1878年)にはコレジエト校を卒業し、私立の女学校であるアーチャー・インスティチュートへ進学。ラテン語、フランス語などの語学や英文学のほか、自然科学や心理学、芸術などを学ぶ。また、ランマン夫妻に連れ添われて休暇には各地を旅行している。明治14年(1881年)には開拓使から帰国命令が出るが、在学中であった山川捨松と梅子は延長を申請し、明治15年(1882年)7月に卒業。同年11月には日本へ帰国する。

帰国後の活動

梅子らは帰国したものの、儒学の価値観が色濃く残る日本においては女子留学生の活躍できる職業分野にも乏しく、山川捨松と永井繁子はそれぞれ軍人へ嫁した。また、幼少からの長い留学生活で日本語能力はむしろ通訳が必要なほどになってしまい、日本的風習にも不慣れであった。明治16年(1883年)には、外務卿・井上馨の邸で開かれた夜会に招待され、伊藤博文と再会し、華族子女を対象にした教育を行う私塾・桃夭女塾を開設していた下田歌子を紹介される。このころ父・仙との確執もあったことから、梅子は伊藤への英語指導や通訳のため雇われて伊藤家に滞在、歌子からは日本語を学び、「桃夭女塾」へ英語教師として通う。明治18年(1885年)には伊藤に推薦され、学習院女学部から独立して設立された華族女学校で英語教師として教えることとなった。 明治19年(1886年)には職制変更で嘱託となる。

梅子は華族女学校で3年余り教えているが、上流階級的気風には馴染めなかったと言われ、この頃には何度か薦められていた縁談も断っている。やがて梅子は「二度と結婚の話はしないでください。話を聞くだけでもうんざりです」と手紙にしたためたほど、日本の結婚観に辟易して生涯未婚を誓う。明治21年(1888年)には、留学時代の友人アリス・ベーコンが来日し、彼女に薦められて再度の留学を決意。父の仙の知人で、日本の商業教育に携わっていたウィリアム・コグスウェル・ホイットニーの娘・クララの仲介で留学希望を伝えて学費免除の承諾を得て、校長の西村茂樹から2年間の留学を許可される。明治22年(1889年)7月に再び渡米。

ふたたび留学

ブリンマー・カレッジ在学時(1890年(明治23年))

当時は進化論においてネオ・ラマルキズムが反響を呼んでおり、梅子はフィラデルフィア郊外のリベラル・アーツ・カレッジ、ブリンマー・カレッジ (英語版) で生物学を専攻する。3年間の課程を切り上げて終了させ、留学2年目には蛙の発生に関する論文を執筆。使命であった教授法に関する研究は州立のオズウィゴー師範学校で行う。梅子に留学を勧めたアリス・ベーコンは日本習俗に関心を持ち、日本女性に関する研究をしていた。ベーコンがアメリカへ帰国し、研究を出版(『日本の女性』)する際には手助けをしている。これは梅子が日本の女性教育に関心を持つきっかけになったとも言われており、留学を一年延長すると、梅子は日本女性留学のための奨学金設立を発起し、公演や募金活動などを行う。

教育者として

大学からはアメリカへ留まり学究を続けることを薦められるが、明治25年(1892年)8月に帰国。再び華族女学校に勤める。梅子は教師生活を続けるが、自宅で女学生を預かるなど積極的援助を行い、明治27年(1894年)には明治女学院でも講師を務める。明治31年(1898年)5月、女子高等師範学校教授を兼任する。成瀬仁蔵の女子大学創設運動や、明治32年(1899年)に高等女学校令、私立学校令がそれぞれ公布されて法整備が整い、女子教育への機運が高まると、明治33年(1900年)に官職を辞する。父の仙やアリス・ベーコン、大山、瓜生、桜井彦一郎らの協力者の助けを得て、同年7月に「女子英学塾」(現在の津田塾大学)の設立願を東京府知事に提出。認可を受けると東京麹町区に開校し、塾長となり、華族平民の別のない女子教育を志向して、一般女子の教育を始める。

旧友の再会
左から、梅子、アリス、繁子、捨松

女子英学塾は、それまでの行儀作法の延長の女子教育と違い、進歩的で自由なレベルの高い授業が評判となる(ただし、当初はあまりの厳しさから脱落者が相次いだという)。独自の教育方針を妨害されず貫き通すため、資金援助は極めて小規模にとどめられ、梅子やマラらの友人ははじめ無報酬で奉仕していたものの、学生や教師の増加、拡張のための土地・建物の購入費など経営は厳しかったと言われる。明治36年(1903年)には専門学校令が公布され、塾の基盤が整うと申請して塾を社団法人とする。

梅子は塾の創業期に健康を損ない、塾経営の基礎が整うと大正8年(1919年)1月に塾長を辞任する。鎌倉の別荘で長期の闘病後、昭和4年(1929年)に脳出血のため[5]64歳で死去する。生涯独身を貫いた。墓所は、東京都小平市に在る津田塾大学の構内にある。

女子英学塾は津田英学塾と改名するも、校舎は後に戦災で失われ、津田塾大学として正式に落成・開校したのは没後19年目の昭和23年(1948年)のことである。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E7%94%B0%E6%A2%85%E5%AD%90

津田梅子は近代日本で初の帰国子女とも言っていいのではないでしょうか?

6歳から岩倉使節団とともに渡米し、アメリカの家庭に預けられて学びを深めて行きました。日本に戻ってからも、日本文化や結婚の考え方などに疑問を持ち、女性の教育の生涯をかけて助力された人物ですね。

女性版福沢諭吉とも言われる津田梅子。

実績や私生活でも汚名や不名誉な点などもなく、生涯独身を貫き女性教育に尽力したという点でも紙幣の肖像画に相応しいと思われます。

津田塾大学を創設するなど、女性の社会進出に大きな貢献をした人物ですね。

津田梅子の偉業や歴史は?新紙幣5千円札肖像画候補まとめ

津田梅子が女性の教育に尽力したという点から、同じ教育者として尽力した福沢諭吉が変わるタイミングとしてはちょうどいいのではないでしょうか。

今だに男女平等が叫ばれている中で、女性の社会進出も課題ではあります。

そのため、今このタイミングで紙幣に津田梅子を採用し、令和の時代には女性が生きやすい日本に向かうためにも良い人物かと思われます。

1万円札は約35年ぶりということで、デザインがどのように変更になるのか非常に興味深いですね。

色味や大きさ、質感なども多少は変わる可能性がありますね。元号が令和になり、紙幣まで変わるとなると本当に時代の変化を感じますね。

色々な問題がある時代ですが、令和がどのような時代になるのか?今から楽しみです。

読んで頂きありがとうございました!

渋沢栄一の偉業や歴史は?新紙幣1万円札肖像画候補が設立に関わった会社まとめ平成も2019年4月で終わり、2019年5月からは令和元年となりますね。平成の終わりとともに、紙幣の肖像画の変更も検討されているという報...
新元号令和の貨幣はいつから?硬貨・お札に製造年が刻印&流通するのは夏7月以降2019年4月1日、平成の後となる新元号の発表が行われましたね。 平成の後は「令和」となることが決まり、平成の終わりとともに新たな...
こちらの記事もよく読まれています



RELATED POST