ニュース

NGT48山口真帆(まほほん)暴行事件後の本人アカ「いいね」から今の本心を読み解く

山口真帆さんの暴行被害事件後、報道されることが少なくなってきました。

NGT48のメンバーも、関係がありそうなメンバーはSNSなどの発信も控えているようです。今回の事件の当事者である山口真帆さんも、ツイートやライブ配信などはまだ再開していません。

今の心境はどのような思いなのでしょうか?

一連のAKS(運営会社)の対応には、世間からも批判の声が高まっていましたが、その後これといって動きが見られない状況です。

当事者である山口真帆さんは、恐らくツイートや会見などは運営会社からストップするように言われていると思われ、まだまだ意見や言葉を発信できないであろうと考えられます。

しかし、ツイッターでは山口真帆さんのアカウントで「いいね」がつけられています。

その「いいね」の内容から、今の心境を勝手に予想してみました。

あくまで予想、個人的な想定でありご本人の意思とは関係ありません。

山口真帆さんの自宅にファン二人が押しかけ、暴行

事の経緯を整理すると、1月9日のニュースで山口真帆さんが昨年12月男性ファン2人に襲われたと報じました。

新潟を拠点に活動しているアイドルグループ「NGT48」のメンバー、山口真帆さんのファンの男2人が先月、新潟市内にある山口さんの自宅の玄関先に押しかけていたことが、警察などへの取材でわかりました。2人は山口さんの顔をつかんだなどとして暴行の疑いで逮捕され、「話がしたかった」と供述していたということですが、その後、不起訴になり釈放されています。

警察によりますと、先月8日、「NGT48」のメンバー、山口真帆さんの新潟市内にある自宅の玄関先にファンの男2人が押しかけ、帰宅した山口さんの顔をつかむなどしたとして、暴行の疑いで逮捕されました。

2人はいずれも25歳の無職と男子大学生で、調べに対し「山口さんと話がしたかった。大ごとになるとは思わなかった」と供述する一方、暴行の容疑については否認していたということで、その後、不起訴になり釈放されています。

山口さんが9日朝、ツイッターで「先月、公演が終わり帰宅時に男2人に襲われました。暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました」と報告したことから、ネット上では心配するファンなどの投稿が相次いでいます。

所属先の事務所は担当者が不在で、電話がつながらない状態が続いています。

「NGT48」は、「AKB48」の姉妹グループで4年前から新潟を拠点に活動していて、メンバー1期生の山口さんは11人でつくる「チームG」の副キャプテンも務めています。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190109/k10011772051000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

 

SHOWROOMまほほんの動画

山口真帆(まほほん)Twitterのいいね履歴

事件が発覚した1月8日以降、山口真帆さんのツイッターアカウントからはツイートはまだありません。

しかし、いいねはしている履歴があります。

その内容から今の心境、本心が伺えるように思えます。

以下が全て「いいね」していたツイートです!

少なくとも、「いいね」している内容には共感や感謝の気持ちがあるのでしょう。

運営会社、元支配人である今村悦朗氏が約束した関与したメンバーの処分は果たされておらず、保身に走っている運営に対する不安や不満であるようにも感じられます。

 

関わったであろうメンバーが今のまま残って、これまでと同じように活動できるのでしょうか?

また、関与したメンバーがいるかも?という疑いが残ったまま、ファンは心からNGT48を応援できるでしょうか?

NGT48山口真帆(まほほん)暴行事件後の本人アカ「いいね」から今の本心を読み解くまとめ

事件直後に比べると、報道されることが少なくなった今回の事件ですが、まだ何も解決していないように感じます。

第三者委員会を設置すると言われていましたが、その後の進捗は不明です。

週刊文春が有料記事などで支配人の音声などを後悔していますが、週刊文春は今回の実行犯と接点があったという話もあります。

そのため、都合の良い内容のみを並べて問題の本質をすり替えようとしているようにも見えます。

自分たちには被害が及ばないような報道にしているという声も聞かれます。

 

今回のツイッターでのいいねの内容を見ていると、運営側が隠蔽しようとしていることやこのままでは変わらないという不安も感じられますよね。

その場しのぎの対策で、今後も運営側は消費者や多くのファンからの支持を得られるのでしょうか?

テレビ、新聞、週刊誌などが取り上げる頻度も下がってきただけに、今後の動向に注意が必要だとも感じます。

山口真帆さんが笑顔で活動できる日は、いつになったら来るのでしょうか?

RELATED POST