テレビ

吉本闇営業芸人でアメトーク&ロンハーどうなる?番組打切り謹慎中代役か宮迫がクビにならない理由は

吉本興業所属の芸人が反社会勢力との闇営業で関与した11人を謹慎処分にすると発表しました。

先日から続いていたこの一件ですが、仲介役とみられる元カラテカの入江慎也さんが契約解除になっていました。

しかし、それ以外の参加していた芸人には特に処罰や対処などがなく、厳重注意で止まっており世間からは厳しい意見が多くみられていました。

吉本興業が闇営業芸人で宮迫博之・田村亮含む11名を謹慎処分と発表

吉本興業は24日、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら芸人11名を当面の間、活動休止の謹慎処分とすることを発表した。宮迫らは詐欺グループの催しに事務所を通さない“闇営業”で参加し問題となっているが、これまで本人たちが否定してきた現場での金銭授受が認められ、処分に至った。

【写真】雨上がり・蛍原、トレードマークのおかっぱから大胆イメチェン

同社は書面で「本件は、5年ほど前に、上記芸人が特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していたとするものです。弊社が、複数回にわたり、該当タレントへのヒアリングや各自の記憶の整理、確認を丁寧に行った結果、該当する芸人において、反社会的勢力主催の会合であるとの認識はなく、また、報じられていたような金額ではありませんでしたが、会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められました」と説明。

「弊社は、日頃より所属芸人・タレント、及び、社員に向けたコンプライアンス研修を通じ、コンプライアンス遵守や意識の向上を徹底してまいりました。弊社にとって、今回の事実確認結果は、重大な問題であると考え、今回の処分に至り、弊社としてもその責任を痛感するものであります」とした上で「関係各位、ファンのみなさまには多大なるご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び致しますと共に、今後、所属タレントへのコンプライアンス研修の一層の強化を図り、二度とこのような事態が起こらないよう、全社一丸となって、社内意識の徹底を行ってまいります」と伝えた。

宮迫は「この度は世間の皆様、関係者の皆様、並びに番組・スポンサーの皆様に大変なご迷惑をおかけし申し訳ございません。そういった場所へ足を運んでしまい、間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」とコメント。

「相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです。詐欺集団、そのパーティーに出演し盛り上げている自身の動画を目の当たりにして、情けなく、気づけなかった自身の認識の甘さに反省しかございません」。

「どれぐらいの期間になるか分かりませんが、謹慎という期間を無駄にせず、皆さんのお役に立てる人間になれるよう精進したいと思います。改めて誠に申し訳ございませんでした」と記した。

このほか、活動停止・謹慎処分となったのは、ロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)、レイザーラモンHG(住谷正樹 43)、ガリットチュウ・福島善成(41)、くまだまさし(46)、ザ・パンチ・パンチ浜崎(38)、天津・木村卓寛(43)、ムーディ勝山(39)、2700の八十島宏行(35)、2700・常道裕史(36)、ストロベビー・ディエゴ(41)。

■コメント全文

ロンドンブーツ1号2号 田村亮
「特殊詐欺グループの開いた会に、私ロンドンブーツ1号2号田村亮が参加した件で、金銭の受け取りがございました。自分の都合のいいように考えてしまい、世間の皆様に虚偽の説明をしてしまった事を謝罪させて頂きます。私を信用してくれていた世間の方々、番組スタッフ、関係者、吉本興業、先輩方、そして淳を裏切ってしまった事は謝っても謝り切れないです。ただ、特殊詐欺グループとは本当に知りませんでした。そこだけは信じて頂きたいです。このような行動をとった自分が恥ずかしくて堪らないです。謹慎期間を通して、自分を見つめ直し二度とこんな行動をしない人間になるようにします」

レイザーラモンHG
「この度は、自分の認識の甘さによる軽率な行動で多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまったことを深くお詫び申し上げます。この謹慎でしっかりと自分と向き合い、これからの人生を覚悟を持って生きていきます。申し訳ございませんでした」

ガリットチュウ・福島善成
「5年前とはいえ、反社会勢力と知らず、そこで芸をして出演料を頂きました。そのお金が悪いことをして集められたお金とは知らず、生活費にあてました。報道のような高額ではありませんが受け取ったことは事実ですので、深く反省し二度とこのようなことがないようにします。いつも応援してくださるみなさま、関係者のみなさま、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした」

くまだまさし
「この度は、私の自覚不足、認識の甘さによる行動で、ファンのみなさま、関係者のみなさま、先輩、後輩の芸人、多くの方々にご迷惑をおかけしましたことを心から深くお詫び申し上げたいと思います。深く反省し、二度とこのようなことがないようにします。本当に申し訳ございません」

ザ・パンチ・パンチ浜崎
「この度は、関係者のみなさま、先輩、後輩の芸人、多くの方々にご迷惑をおかけしたことを心から深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございません。二度とこのようなことがないように致します」

天津・木村卓寛
「この度は、ファンの皆様・関係者の皆様・日頃お力添えを頂いている皆様にご迷惑をおかけする形となり、本当に申し訳ございませんでした。心より深くお詫び申し上げます。私の認識不足でございました。二度と、このような事がないように深く反省致します。今後は少しでも世の中のためになっていけるように、しっかりと精進していきたいと思います。本当に、申し訳ございませんでした」

ムーディ勝山
「この度は、今回の件でご迷惑をお掛けしました皆様、心より深くお詫び申し上げたいと思います。近年地方でも応援してくださっている方がたくさんいる中、自分の認識不足により、このようなことになってしまい本当に申し訳ございませんでした。また精進できるよう、深く反省し二度とこのようなことがないように致します。本当に申し訳ございませんでした」

2700・八十島宏行
「今回の謹慎処分を受け、今頭が真っ白の状態です。関係者の皆様、ファンの皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。これからの期間で自分を見つめ直そうと思います」

2700・常道裕史
「この度は私の認識の甘さ、確認不足によりあってはならない関わりが生じてしまいました。ファンの皆さま、関係者の皆さま、先輩・後輩芸人、多くの方々にご迷惑をおかけしましたことを心から深くお詫び申し上げたいと思います。深く反省し二度とこのような事がないようにします。本当に申し訳ございません」

ストロベビー・ディエゴ
「私の認識の甘さから、多くの方々に多大なご迷惑、ご心配をおかけしました。真摯に受け止め、深く反省しております。本当に申し訳ございませんでした」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000357-oric-ent

今回の反社会勢力の闇営業に関与した芸人11名が謹慎処分となりました。

事件発覚後から、当初は金銭授受はなかったと発表していましたが、報道では金銭授受があったという内容の証言なども飛び出しており世間からも疑いの目で見られていました。

宮迫博之レギュラー・出演番組の対応

 吉本興業は24日午後3時過ぎ、雨上がり決死隊・宮迫博之(49)ら振り込め詐欺グループとの闇営業に参加した所属タレント11日人を当面の間、謹慎処分にすると発表した。テレビ各局は当該タレント出演の番組について、放送を中止し差し替えたり、出演場面をカットして再編集で放送することを発表するなど、大混乱に陥った。特に宮迫は多数のレギュラー番組や冠番組を持つだけに、各局は対応に追われている。

【MBS】

宮迫が出演し24日深夜に放送予定だった準レギュラー番組「痛快!明石家電視台」(月曜、後11・56)について、差し替えを発表。宮迫が出演していない回の再放送に差し替える。次週はもともと宮迫が出ていない回のため、そのまま放送するが、7月1日以降については未定。

広報部は吉本側に宮迫の出演について、今後は「無理です」と出演が不可能であることを通達したことも明かした。一方で、「降板ではない」とも説明。謹慎処分が解けた後の復帰時期については「未定」とした。

火曜レギュラーを務めるMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜、後10時。土曜、深夜0時)の公式サイトからは宮迫の写真が消えた。同局によると、吉本側の処分発表を受けて、局側で削除。25日の放送は吉田照美の別番組を放送する。

【ABCテレビ】

レギュラーを務める29日の「松本家の休日」(土曜、深夜0・10)の放送を中止し、別番組への差し替える。

【日本テレビ】

報道各社に書面を送付。「当該タレントについては、今後の出演を見合わせるとともにすでに収録済みの番組は、出演部分に関して、可能な限り配慮して放送いたいします」とコメント。7月7日、14日の「行列のできる法律相談所」(日曜、後9・00)が収録済みで、レギュラーである宮迫も出演しているが「配慮して放送」とし、出演場面をカットするなど再編集する。

【TBS】

レギュラー番組「炎の体育会TV」(土曜、後7・00)は再編集し、宮迫の出演場面をカットして放送へ。

【フジテレビ】

「さんまのお笑い向上委員会」(土曜、後11・10)は現時点で宮迫の出演分で収録済みのものはなし。「世界の何だコレ!?ミステリー」(水曜、後7・00)は宮迫の出演部分についてはカットするなど再編集して放送へ。

宮迫はほかにもテレビ朝日「アメトーーク!」(木曜、後11・20)、カンテレ(関西テレビ)「雨上がりのフォトぶら」(土曜、後6・30)、CBCテレビ「本能Z」(水曜、後11・56)のレギュラーを持っており、テレビ、ラジオ局は大混乱に陥っている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000102-dal-ent

  • 「痛快!明石家電視台」7/1以降未定
  • 「松本家の休日」6/29の放送中止、別番組振替
  • 「世界の何だコレ!?ミステリー」宮迫出演シーンカット
  • 「行列のできる法律相談所」7/7、7/14 再編集して宮迫出演シーンカット
  • 「炎の体育会TV」再編集して宮迫出演シーンカット
  • MBSラジオ「アッパレやってまーす!」6/25は別番組を放送

吉本闇営業でアメトーク&ロンハーどうなる?番組打切り謹慎中代役か

アメトークは打ち切り?

人気番組であるアメトークでは、番組CMにACのCMが多くなっており、大手スポンサーが続々と降りて行っているのではとも報道されていました。

6/21アメトークCM少なく宮迫闇営業でスポンサー撤退?番組終了かと話題に吉本芸人の闇営業が発覚し、その中の一人として雨上がり決死隊の宮迫博之さんが金銭を受け取っていないといいながらも、世間からは厳しい目がまだ...

アメトークをはじめとして、宮迫博之さんが出演する番組は「行列のできる法律相談所(定期)」などもあり、影響は大きいでしょうね。

アメトークに関しては、まだどうなるかの発表はありません。

謹慎としているだけなので当面は雨上がり決死隊の相方である蛍原徹さんが一人でMCを務めるか、島田紳助さんが芸能界引退で降板した「行列のできる法律相談所」のように芸人さんが交代でMCに入る可能性もあります。

しかし、この影響でアメトークの視聴率に影響が出ると、スポンサーも降りてしまいそのまま番組打ち切りということもあり得るでしょう。

ロンドンハーツは打ち切り?継続?

田村亮さんが出演されているロンドンハーツも存続が心配されています。

ただ、ロンドンハーツに限っては、田村亮さんが謹慎になっても番組の構成上はあまり問題がないかもしれませんね。

相方の田村淳さんが主に仕切っておられるので、代わりのMCなども必要ないでしょう。

しかし、ロンドンブーツ1号2号というコンビという意味では、イメージが悪くなってしまったことに変わりはありません。

もともとあまり番組の好感度が高い方ではなかったので、これをきっかけにスポンサーが降りれば打ち切りということもあり得るでしょう。

 

闇営業発覚で反社会勢力と金銭授受が発覚しても宮迫がクビにならない理由は?

宮迫博之さんがクビ・契約解除にならないのはなぜなのでしょうか?

闇営業、反社会勢力との繋がりが発覚した時点で、すぐに仲介役の入江慎也さんは契約が解除になりました。

当初は、吉本興業もトカゲの尻尾切りで誰かが責任を取れば済むと思っていたのかもしれませんね。

入江慎也さんがすぐに契約解除になった理由

トカゲの尻尾に入江慎也さんが選ばれた理由としては、

  • 経営している会社の売上がそれなりにある
  • 吉本の仕事がなくなっても生活に困らない
  • 吉本興業も入江慎也さんが居なくなっても、売上にはさほど影響しない
  • 反社会勢力と直接繋がりがあった仲介役であった

などでしょう。

宮迫博之がクビにならない理由

これに比べて、宮迫博之さんはレギュラー番組も多く、その番組についているスポンサーも大手で多いでしょう。

そのため、入江慎也さんの時のように簡単には割り切れないところがあるでしょう。

  • 吉本興業へのこれまでの貢献度
  • 現在出演している番組や仕事への影響
  • 今回の一件以外の闇営業の影響

吉本興業へのこれまでの貢献度

これまで宮迫博之さんが稼いできたギャラの一部は、吉本興業の売上にもなっています。

そのため、宮迫博之さんが売れているということは吉本興業にとっても大切な売上を稼ぐ商品的な役割があります。

これまで多大な売上を上げているでしょうし、今後も売上単価が高い芸人としては手放さなくて良いなら手放したくないのが本音でしょう。

現在出演している番組への影響

今回の事件、反社会勢力の闇営業がきっかけで謹慎となれば、関わる番組やスポンサーに迷惑をかけることになります。

相手や状況によっては、損害賠償などとなる可能性もあるでしょう。

先日、逮捕されたピエール瀧さんもディズニーのオラフ役の声優も務めており、違約金も莫大になるのでは?という噂もありました。

宮迫博之さんも、不倫疑惑と立て続けで反社会勢力との事件でイメージが悪くなれば今後の番組ではリスクが大きくスポンサーがつきにくいでしょう。

さらに、現在宮迫博之さんはアベンジャーズシリーズのホークアイ役(ジェレミー・レナー)の声優も務めています。

DVDなどの声優の切り替えが必要になってくれば、その損害金や費用が請求される可能性もあります。

今回の一件以外の闇営業の影響

今回の反社会勢力との関わりが問題になっていますが、同じ団体の他の時期にやっていた闇営業や他の反社会勢力とは一切なかったのか?という点も問題になってくるでしょう。

そうなると、吉本興業所属の芸人がさらに関わっている可能性もあります。

それら全てに関わっていた芸人全てを解雇にするとなると、莫大な損害を被る可能性が高いです。

それらを避けるためにも、今回の一件をできるだけ大ごとにせずに済ませたかったというのが吉本興業の思惑、本音ではないでしょうか。

吉本興業が闇営業で宮迫博之・田村亮含む11名を謹慎処分発表に世間の声

知らないし、ノーギャラだといってたのに今更白々しく謝罪ってかえって問題だと思うが?嘘をついていたと言うことですね?もちろん知らないはずはないし、ノーギャラはあり得ないと分かっていた。そんな説明に納得せよという方に無理があった気がする。いつも事実を曖昧にして誤魔化す宮迫のモラルは問題があると思う。入江だけ解雇でこの男がただの謹慎ならばさらに問題だと思う。良い機会だから反社会勢力がらみであることも考慮して宮迫もっと厳しい処分をするよう願う。

 

最初から潔く認めて謝罪してれば多少は救われたかも…
宮迫さんら芸人が悪いのはもちろんですが、
吉本興業にも大いに問題アリですね。
このイメージダウン払拭するのは無理かもしれない。
特に宮迫さんはね。

 

誤報といった吉本はなんだったのだろう。
そこまで守ろうとしてる意味がわからない。

 

吉本闇営業芸人でアメトーク&ロンハーどうなる?番組打切り謹慎中代役か宮迫がクビにならない理由まとめ

今回は、吉本興業が闇営業芸人11人を謹慎処分発表というニュースを受けて、アメトークやロンドンハーツはどうなるのか?

なぜ処分が謹慎のみで、宮迫博之はクビにならないのか?についてまとめてみました。

おそらく、もともと吉本興業も食べていけいない芸人のためということもあり、結婚式や企業の忘年会などの直営業は見て見ぬ振りをしていたのでしょう。

売れない芸人や、テレビに出始めの芸人などにとっては、それが生活を支える大きな収入の一つだったのかもしれません。

そういう事情もあり、闇営業や直営業は蔓延していき今回のような反社会勢力にまでつながって行ったのでしょう。

吉本興業側にも管理不足という意味で責任がありますし、食っていけない芸人に対してのフォローが足りてなかったのかもしれません。

芸人さんも食べていけれていれば、わざわざリスクのあるところで営業することもないでしょう。芸人さんや繋がりから来た仕事は、吉本興業と芸人の取り分を変えるなどの対応が必要でしょう。

直営業を許可するのか、しないのかとともに、コンプライアンスに準じた対応が必要でしょうね。

読んで頂きありがとうございました。

RELATED POST