不適切動画

吉野家紅ショウガ撒き散らし不適切動画で炎上!専修大学生がバカッター客テロ特定?

TwitterやInstagramのストーリーズで、次々に炎上している不適切動画ですが今回は牛丼の吉野家での客テロ動画が炎上しています。

キャップをかぶった男性が、意味不明に牛丼に紅ショウガを山盛りに乗せた後、それをお盆やテーブルに撒き散らした後、再び新しい紅ショウガを丼に乗せて遊んでいます。

顔も完全に映っていますね。

不適切動画バカッター&バカスタグラムまとめ!バイトテロ・客テロ炎上特定2019年になり、立て続けに不適切動画が炎上して話題になっています。 今年の流行語大賞に「不適切動画」や「バイトテロ」が受賞するの...

吉野家紅ショウガ撒き散らし不適切動画で炎上!

吉野家では卓上に紅ショウガが置いてあり、お客さんが好みで牛丼などの料理に乗せることができます。

お店がサービスとして置いてあり、食べ物で遊ぶために置いてあるわけではありません。

吉野家紅ショウガ撒き散らし不適切動画で炎上!専修大学生がバカッター客テロ

牛丼の上に紅ショウガを大量にかけた後、はしを使ってテーブルにまき散らす――吉野家の店舗内で、こんな若い男の様子を撮った動画がインスタグラムに投稿され、批判が殺到して炎上する騒ぎになっている。

アカウントはすでに削除されているが、吉野家では、損害賠償などは求めないとしながらも困惑しており、「こういうことは止めてほしい」と訴えた。

「賠償金として高額請求してもいい」との声も

黒い帽子を被った若い男は、右手に持ったはしで紅ショウガを器から取って丼に山盛りにした後、はしで次々に紅ショウガをまき散らし始める。

すると、紅ショウガは、お盆ばかりでなくテーブル上にも散乱した状態になった。仲間らが、スマホらしきカメラでその様子を動画に録っており、「ハハハハ…」などと大笑いする声が聞こえる。肉の切れ端も飛んだため、男は、「肉は回収」と言って丼に戻していた。

しかし、仲間らが「左に何かトッピングあるよ」と煽ると、男は、紅ショウガを取って丼に乗せ、再びまき散らし出した。周囲からは、写真を撮るシャッター音が響き、笑い声も漏れる。一方で、店員が接客する後ろのカウンターが気になったようで、男が左側に振り返ったところで、動画が終わっている。

この26秒の動画は、インスタにアップされた後、ツイッター上で2019年5月7日になって話題になり、疑問や批判が相次いでいる。

「なにが面白いんや」「これって迷惑じゃないの?」「不愉快だし、マナーが悪すぎる」「賠償金として高額請求してもいい」…

そもそも行儀が悪いとして、「箸の持ち方酷くてみっともない」などの指摘も出ていた。

インスタのアカウントは削除

動画が投稿されたインスタのアカウントは、炎上したことを受けてか、5月8日までに削除されていた。

吉野家の広報担当者は8日、紅ショウガをまき散らす動画内容について、「マナーに欠ける行為で非常に残念です」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

動画に映っていた店舗はすでに特定されたとしたが、動画の男については身元が分かっていないとした。「こういうことは止めてほしい。反省することを願います」と訴えたが、動画がすでに削除されていることから、損害賠償を求めたり警察に刑事告訴したりすることまでは考えていないという。

紅ショウガを使った同様な迷惑行為は、吉野家で過去にあったとは聞いていないとしている。

動画投稿のインスタのアカウントには、東京都内などにキャンパスがある私立大学の学生とプロフィールで紹介されていた。

そこで、この大学の広報課に8日に取材すると、動画の男が在籍する学生であるかなど事実関係を調査中だと答えた。ただ、ネット上では、この大学の名前が広まっているため、「評判を落とすことになりますので、困っています」と話した。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/16428739/

吉野家は該当の専修大学生に対して、特に被害・賠償請求などはしないということですね。

吉野家紅ショウガ撒き散らし不適切動画で炎上!専修大学生だと特定

すでにこのストーリーズの動画がアップされたInstagramのアカウントは、削除されているようです。

しかし、削除前のアカウント情報から専修大学だということが特定されてしまっているようです。

まだ、個人名などまでは特定されていませんが、顔がバッチリ映っており特定されるのも時間の問題かもしれませんね。

吉野家紅ショウガ撒き散らし不適切動画で炎上!専修大学生がバカッターにSNSの反応

吉野家紅ショウガ撒き散らし不適切動画で炎上!専修大学生がバカッター客テロ特定まとめ

こういった動画がアップされる飲食店は、回転寿司やファーストフード、セルフサービスのお店や卓上におかわり自由の物が置いてあるお店のチェーン店ばかりです。

せっかく、お客様のためとお店の効率化を考えて、こういったセルフサービスがあるのにも関わらずこういった不適切動画が増えるとこういったサービスが減るかもしれませんね。

そうなると、お店の手間が増えて人件費なども増加するため商品の価格にも反映される可能性もあるのです。

今回は、吉野家の広報は賠償請求などはしないということですが、このような動画を遊び半分でアップすることで、数千万円の賠償請求へと発展することもあります。

ツイッターバイトテロ投稿その後|炎上閉店&営業停止で損害賠償請求の過去実例2019年に入ってから、各チェーン店のバカッター&バカスタグラムの不適切動画が立て続けに炎上して話題になっています。 バイトテロと...

だからと言ってではなく、人の迷惑になる行為なので絶対にやめましょう。。。。

不適切動画バカッター&バカスタグラムまとめ!バイトテロ・客テロ炎上特定2019年になり、立て続けに不適切動画が炎上して話題になっています。 今年の流行語大賞に「不適切動画」や「バイトテロ」が受賞するの...
こちらの記事もよく読まれています